旅行記 - 5月31日

[マリオット・プラチナチャレンジ物語52] 夜のルネッサンスリゾート・ホテル内施設を探検。

目次

  1. 夜のルネッサンスリゾートオキナワを探検
  2. 夜でもお土産が買える
  3. 三線(さんしん)
  4. 二階の奥にはサビーラウンジ
  5. 最後は最上階のラウンジで「泡盛古酒(クース)」

夜のルネッサンスリゾートオキナワを探検

[マリオット・プラチナチャレンジ物語52] 夜のルネッサンスリゾート・ホテル内施設を探検。

夜のルネッサンスリゾートオキナワを探検してみる。一階のレセプションの奥にコンビニやお土産ショップがあるのだが、その手前には、、、なんと私の大好きなパッションフルーツが売られていた。12個入ってお値段1800円。1個あたり150円。沖縄と言うとシークワーサーなどのフルーツがすぐに思い付くが、どうやらこのパッションフルーツも特産品となっているようだ。


夜でもお土産が買える

[マリオット・プラチナチャレンジ物語52] 夜のルネッサンスリゾート・ホテル内施設を探検。

また奥のお土産物屋さんでは、黒糖やちんすこうなどの「これぞ沖縄」な土産物を売っているので、夜の時間が空いた時にお土産を買っておけるので非常にに便利だ。


三線(さんしん)

[マリオット・プラチナチャレンジ物語52] 夜のルネッサンスリゾート・ホテル内施設を探検。

二階に上がってきた。ここにも沖縄の工芸品を売っているスペースがあり、ちょっと高価なところでは、この三線(沖縄三味線)も売られている。値段は3万円前後からだったかな?沖縄らしいヘビ柄もあれば、木目調、南国らしいモンステラのイラストが入ったものなど様々。


二階の奥にはサビーラウンジ

[マリオット・プラチナチャレンジ物語52] 夜のルネッサンスリゾート・ホテル内施設を探検。

この2階の奥には、Club Savvy(クラブサビー)ラウンジというラウンジも用意されている。この低階層にあるラウンジは、3連泊以上(繁忙期は4連泊以上)のゲストが使えるラウンジとなっており、最上階のラウンジよりもスペースが広い。食事やお酒などは上のラウンジのほうが充実しているが、こちらのラウンジのほうがコーヒーの種類が多かったり、沖縄特産のパイナップル酢などのドリンクも飲めるなど、また違ったラウンジ体験が楽しめる。

私たちは今日のエグゼクティブラウンジでのアフタヌーンティーの時に、スタッフの人が「是非下のサビーラウンジにもお越しください」と案内を受けて訪れてみたのだが、マリオットの上級会員特典なのか、そのスタッフの人の好意で使わせてもらったのかは不明。まぁ、オフシーズンだと、お天気が微妙な分、いろいろと良くしてくれるのかもしれない♪


最後は最上階のラウンジで「泡盛古酒(クース)」

[マリオット・プラチナチャレンジ物語52] 夜のルネッサンスリゾート・ホテル内施設を探検。

そして最後は、最上階のエグゼクティブラウンジで泡盛の古酒(クース / 3年以上寝かせた泡盛)をいただく。現在は夜のナイトキャップタイム。

ホテル 【ルネッサンス リゾート 沖縄】新しくなったエグゼクティブラウンジ!マリオットの上級会員は使えるの? ルネッサンスリゾートオキナワの最上階(11階)にあるエグゼクティブラウンジを実体験レポート!このルネッサンス沖縄のラウンジは、最上階11階のルネッサンスフロアに滞在のゲスト、およびマリオット・ボンヴォイ・プラチナエリート会員以上が利用可能となっている。

泡盛はタイ米で作る焼酎なので、焼酎独特の癖があるのだが、クースになると味がまろやかになって、焼酎というよりはブランデーみたい(いやブランデーあんまり飲まないから違うかもしれないが・・)な味になって、飲みやすい。濃いので酔っ払うが・・。いやぁ、それにしてもこのルネッサンスリゾートオキナワはリゾートホテルだけあって、施設も充実しててホテル内だけでも結構楽しめるので、雨の多いオフシーズンに来てもそれなりに楽しめるんじゃないかな?台風の時はやばそうだけど・・。