もっとお得に旅しよう! - 旅行ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
beauty - 美容
更新日 2018年11月18日

【旅ブロガー直伝】旅行の化粧品を驚くほど小さく超コンパクトに持ち運び【詰め替え】

 
旅行に行くときの化粧品をできるだけ小さくしたい!

 「旅行に持っていく化粧品をできるだけ小さくしたい!」と思っている人へ、2ヶ月に1回は海外旅行に行っているミヅキが【日頃使っている化粧品を超コンパクトにして旅行に持っていく方法】を伝授するので、ぜひ参考にしてね!

 「化粧品コーナーで貰う試供品を持っていく!」というようなのではなくて、「基礎化粧品やファンデーション、コンシーラーまで、、、日頃使っている自分の化粧品を旅先に持って行く方法」なので「普段使ってない試供品とかを持っていくのは肌に合わないかもしれないし嫌だなぁ」なんて言う人も安心してね。

 それでは、化粧品コンパクト大作戦いってみようー♪

 

 
トラベル用の詰め替え容器を使わない理由

 普段、自分が使っている基礎化粧品を100円ショップ(100均)で売っているトラベル用のミニケースに詰め替えて旅行に行く人が多いと思うけど、私はこの小さな詰替容器やケースは使わない。

 なぜかと言うと、、、ポーチの中でバラバラになってどれがどれだかわからなくなてしまうから。基礎化粧品が1〜2週類だけなら迷うこともないと思うけど、私の場合は、基礎化粧品だけで朝用、夜用、美容液、、、と、何種類もあるので、それを全部このトラベル用の小さな容器に詰め替えると、どれがどれだかわからなくなってしまう(汗)。

 もちろん、色分けしてみたり、蓋にマジックで中身を書いてみたり、、、と今まで色々やってみたけど、結局ポーチの中でゴチャゴチャしてしまって、わかりにくい。更に、飛行機で移動をすると気圧の関係でこの小さな容器に移し替えたクリームとかが漏れ出してしまっていることもあったりして、、、化粧ポーチの中がベチョベチョになって悲惨なことになったりしたことも(悲)。なので、私はこの旅行用のミニ容器は使わないようになった。

 じゃぁ、何を使っているかと言うと、、、写真の右側に写っているキティーちゃんが書いてある容器にクリームなんかを入れている。実はこれ、100円ショップで売っているコンタクトレンズを入れるケースなのだ。このコンタクトの保存ケースは液体を入れることを想定して作られているので、クリームが漏れ出すこともなくとても快適に使うことが出来る。

 コンタクトのケースは右目用と左目用とがくっついているので、ポーチの中でバラバラになって行方不明になることもないし、右目用と左目用を間違えないようにちゃんとわかりやすく色分けしてあったりLとかRとか文字が書いてあったりしているので、見分けが付きやすくすごく便利なのだ。

 私は白い方にナイトパックのクリームを詰めて、赤い方には日焼け止め効果があるオールインワンクリームを詰めて持ち歩いている。夜のクリームは白、昼間用のクリームは赤とイメージ付けして覚えているので、忘れっぽい私でも文字を書いたりすることも無く持ち歩くことができるw

 少し前までは、このコンタクトケースを使ってたんだけど、ちょっと前にもっと便利なケースを見つけたので、今は全部その新しいケースの方に変更している。

 
鏡付きのコンタクトのケース

 私が現在、海外旅行に行くときに化粧品を詰め替えている容器はこれ。これも100円ショップで売っているコンタクトのケース。これはダイソーのもの。

 6cm×7cmほどの鏡付きの小さなケースの中にコンタクトのレンズを入れる丸いケースと保存液を入れることが出来る筒型の容器、ピンセットがついている。

 化粧品を入れて使うときにはピンセットは必要ないので、私はピンセットは外して、筒型の液体用容器とレンズ保存容器と外側のケースを使っている。

 

 
コンタクトのケースなのでLとRの表示が書いてある

 さっきのキティーちゃんのケースは白と赤でわかりやすく色分けがされてたけど、こちらのケースはモノトーンで黒い蓋と白い蓋。そして蓋にLとRという文字が書かれているので、この蓋の色と文字を頼りに中身を分けていく。

 私は黒いLの方にナイトパック、白いRの方はオールインワンクリーム、そして液体を入れることが出来る筒型の容器には美容液を入れて持ち歩いている。

 
これだけの大きさがこんなにコンパクトになる!

 普段使っている容器はかなり大きくてかさばるけれど、こうやってコンタクトの保存容器に入れてやると驚くほどコンパクトになる。

 コンタクトの容器はかなり小さく見えるので、「えー!こんなに小さな容器だったら足らないよー!」と思うかもしれないけれど、実は毎日使うクリームの量はそんな山盛り使うわけじゃないので、このケースに入るだけの量で1週間位の旅行なら余裕で行ける。

 

 
基礎化粧品はこれだけ

 旅行中の基礎化粧品は、このコンタクトケースの中に入れたクリームと、小分けした美容液パックだけ。こんなにコンパクトで小さいのに、いつもと同じお手入れをすることができるのは優秀!

 更に、鏡がない場所だったとしてもこのケースに鏡が付いてるので、問題なし。

 
ファンデーションも同じような容量で容器に詰めていく

 そして、基礎化粧品だけでなくファンデーションもこんな感じでコンタクトの容器に詰め替えていく。私はコンシーラーを左のL、チューブ状のファンデーションを右側のRの方に詰め替え。

 
液体用の筒状の容器にはリキッドファンデーション

 筒状になっている液体用の容器にはリキッドファンデーションを詰めている。こんな感じで上の蓋が取り外せるのでリキッドファンデーションを入れるのも簡単だ。

 
ファンデーションもこんなに小さく、コンパクトに!

 詰め替えたファンデーション。こんな感じでものすごくコンパクトに!もちろん、ファンデーションもこの容器に入れたもので1週間くらいの旅行なら十分足りる。というか、ファンデーションは10日くらいでも余裕。

 
ファンデーション関係はたったこれだけ

 下地に塗るリキッドファンデやコンシーラーなんかもぜ~んぶ持ってもこれだけ。右側の黒いケースに入っているのはファミリーマート(コンビニ)で売っている500円くらいのミニファンデーション。上の丸い白いケースのものは仕上げのパウダー。両方を使うことはあまりないんだけど、その時の肌の状態の合わせてパウダーだけにするか、ファンデーションの方を使うかを決めるので両方を持ち歩いているけど、荷物を減らしたいときはどちらか1個だけ持つようにしたりもしてる。

 このコンタクトのケースにリキッドファンデやコンシーラーなんかをまとめることで、大きなチューブやケースを持ち歩かなくても良くなるし、更に化粧ポーチの中でもあちこちにバラバラになることがないのでものすごく使いやすくて便利。

 旅行に行く前に準備する荷物はできるだけ少なくコンパクトにすることが旅を楽しむための大事なポイント。事前の荷物が少ないと旅先で見つけた可愛いものや美味しいものなんかもあれこれ買って帰れるし。

 旅行のときに化粧品をできるだけ小さくコンパクトにしたい人は【コンタクトの保存ケースに化粧品を入れる方法】を試してみてね。それでは、素敵な旅を♪

【実体験レポート】女性必見!LCCで海外旅行・機内持ち込み制限内7kgの荷物の中身公開!(女子編)これで1週間は余裕! LCCの手荷物7kg制限の女性の手荷物はこんな感じ。化粧品から洋服まで写真付きで中身を公開。8日間程度の荷物です。ぜひ参考にしてね。

メジャートリップについて このサイトは、お得に旅する海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間40万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP