お得に楽しい旅行&生活ブログ - メジャートリップ
TOP 旅行記一覧 【シンガポール旅行記 ブログ】常夏のクリスマス!シンガポールのクリスマス旅行記 【シンガポール旅行記 ブログ | 片道7600円で常夏のクリスマスを満喫 18】え!?マジ?オーチャード通りビューじゃないの?
travel - 旅行記

【シンガポール旅行記 ブログ | 片道7600円で常夏のクリスマスを満喫 18】え!?マジ?オーチャード通りビューじゃないの?【前編】

Image
「D」の出口
 地図の案内に書かれている通り、地下鉄の「D」の出口からホテルジェン・シンガポールへと向かう。Dの出口はこんな感じで、ショッピングモールのOrchardgateway(オーチャードゲートウェイ)に直接繋がっている。現在夜の21時30分ごろ。既にショッピングモールの店舗は殆ど閉まっているが、明かりはしっかり付いている。人通りもソコソコある感じ。
今回のお話の舞台場所は...
 
Image
エレベーター発見
 そうしてウロチョロ歩いていると、ホテルジェンへ繋がるエレベーターを発見した。さすが都会のホテルだけあって、案内のデザインも今っぽい。
 
Image
レセプションは10階
 このホテルジェンは、ショッピングモールの中、というかその真上にあるホテル。そのため高級ホテルのように独立した建物もなく、レセプションは10階に位置している。実は、このエレベーターに乗った時、どこの階に行けば良いのか一瞬分からなかったが、よーく見るとちゃんと各階の案内がボタンの上に書いてあった。ちなみに5~8階はカーパーキングになっているようだ。
 
Image
案内がオシャレ
 10階のロビーエリアに着くと、こんな感じで案内が可愛らしく書かれている。こんなデザインセンスはさすが近代都市の中心にあるホテルならでは、といったところか。ホテル内はSHANGRI-LAグループが経営しているので豪華なのかなぁと思っていたが、どちらかと言うとシティホテル、ビジネスホテルに近い気がする。
 
Image
チェックイン
 そうして無事レセプションにたどり着き、チェックインを済ませる。チェックインは、日本で印刷してきたDeNAトラベルのバウチャーを持参。ただこのバウチャー、日本語で書かれているのでちゃんと分かるのかどうか心配だったが、、、レセプションのスタッフは慣れたもので、チャッチャとチェックイン作業を進めていく。それにしてもここのユニフォームは女性は赤のブラウスで、どこかエアアジアのCAさんの雰囲気に似ている気がした。
モリオ:「チェックインをお願いします」
スタッフ:「いらっしゃいませ。ありがとうございます。ではバウチャーをお持ちですか?」
モリオ:「はい、どうぞ。(日本語で書かれているけど分かるのかなぁ・・・)」
スタッフ:「(カタカタカタ・・・・)モリオ様ですね。ありがとうございます。パスポートもお持ちですか。」
モリオ:「はい。どうぞ。(パスポートを渡す)」
スタッフ:「11月23日~26日の3泊、シティービュールームをご予約ですね。」
モリオ:「はい。」
スタッフ:「今回、朝食は付いていないプランでご宿泊ですが、ここで朝食のオプションを加える事も出来ます。通常34ドル(ウル覚え)ですが、チェックイン時であればスペシャルプライスの25ドル・1人でお付けできます。いかがでしょう?」
モリオ:「3泊で25ドルですか?」
スタッフ:「いえ、1日です。」
ミヅキ:「げ、、、高いw 朝食だけで1日50ドル、、、4000円ってw」
モリオ:「高いよなぁwさすがシンガポールw・・・いえ、いらないです。朝食。」
スタッフ:「わかりました。ではここにサインをお願いします。」
モリオ:「どうぞ。」
スタッフ:「あと、デポジットとして300SGD頂きます。」
モリオ:「わかりました。このクレジットカードでお願いします。」
スタッフ:「ありがとうございます。ではチェックインが完了しました。では、お客様の部屋は1872号室です。18階です。(部屋のカードキーを貰う)あと、ここの施設についてですが、、、、(最初に客室エリアに行く際は、エレベーターにルームキーをかざして登録するとか、レストランは何時まで、プールは19階で何時までとかの説明を受ける。)」
こうして、高い朝食プランを断り、デポジット(保証金)300SGDをカードで切り無事チェックアウトが完了した。それにしても朝食だけで4000円取るか・・・さすがシンガポール・・・バブリーだ。ちなみに、そこそこ値段がするホテルではあるが、部屋まで荷物を運んでくれたりは一切しない。荷物をのせるカートはその辺にあるので自分で部屋まで持って行かなくてはならない。
AdBlockを解除してページ更新すると、全てのコンテンツが表示されます。
Please remove AdBlock for displaying all contents.
更新記事
card card 【 SPGアメックスカード 】高級ホテルもポイントで無料宿泊!最強の SPG アメックス のメリットとデメリットを告白! hotel hotel 【 JWマリオット奈良 スパ 】SPA BY JWのメニューや価格・お得情報・感想などを実体験レビュー【JW奈良 SPA 口コミ ブログ】 mini mini 【MINI / ミニ】MINI 大好きなモリオとミヅキの BMW MINI 特集ページ【車】 hotel hotel 【HIYORIチャプター京都 / トリビュート】ゆったり角部屋のHIYORIツイン / コーナーツインルームを実体験レポート!【滞在記 / 宿泊記】 hotel hotel 【ウェスティン 都ホテル 京都】ミニバー / インルームダイニングのメニュー&価格表【IRD】 hotel hotel 【リッツカールトン大阪】ラウンジアクセス付きのクラブスイートルーム【 滞在記 / 宿泊記 】 hotel hotel 【HIYORIチャプター京都 / トリビュート】一番お得なモデレートルーム(ユニットバス)の詳細レポート!【滞在記 / 宿泊記】 hotel hotel 【リッツカールトン大阪】インルームダイニング / ルームサービスのメニュー&料金表 hotel hotel 【W大阪】大阪のビル群を臨む「Marvelous - マーベラス」スイートルームの詳細レポート!【W OSAKA 滞在記 / 宿泊記】 beauty beauty 週1回のシャンプーだけで簡単に白髪染めできるって本当?レフィーネで染まらない人必見!【おすすめの白髪染めシャンプー / レフィーネ グローリン ワンクロス 口コミ】 hotel hotel 【 ホテルザ三井京都 SPA レビュー】ドクターズコスメのTHERA(テラ)とALAENA(アラエナ)で究極の極上スパ!至極のオールハンドトリートメントで小顔に【HOTEL THE MITSUI KYOTO】 hotel hotel 【リッツカールトン沖縄】インルームダイニングとミニバーのメニュー hotel hotel 【アンバサダーチャレンジ達成!】マリオット・ボンヴォイ・チタンエリートとアンバサダーエリートは何が違うの? card card 三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード( MUFG プラチナ )を持ってわかったメリットとデメリット 更新記事をもっと見る
 
アクセスランキング
ranking 1 ranking 1 【ミラブルは効果なし?】中年夫婦がミラブルを毎日使った効果は?サイエンス ミラブル プラス シャワーヘッドの良い点・悪い点【口コミ】 ranking 2 ranking 2 【POLA リンクルショット 口コミ】50代が実際に使ってみた正直な感想とレビュー写真【シワ改善の効果は?】 ranking 3 ranking 3 【 脱毛ラボ ホームエディション 】50代の中年夫婦が半年間使った効果と感想をレビュー【男女で使える 家庭用 全身脱毛器 口コミ 】 ranking 4 ranking 4 モリオとミヅキの旅行記ブログ・全31タイトル ranking 5 ranking 5 冬の沖縄・新型コロナウイルスに翻弄されて…リッツカールトン沖縄旅行記 2020 ranking 6 ranking 6 【 SPGアメックスカード 】高級ホテルもポイントで無料宿泊!最強の SPG アメックス のメリットとデメリットを告白! ranking 7 ranking 7 【星空 撮影 アプリ】iPhoneで満天の星空の撮影方法・天の川も撮れる!【スマホ おすすめ アプリ】 ranking 8 ranking 8 【美容整体 口コミ】骨盤調整で体のバランスを整えたら停滞していた体重に変化が!【カラダファクトリー レビュー】 ranking 9 ranking 9 【白髪を活かして金髪 シャンパンカラー グレイ ヘア・40代からの白髪とグレイヘア】ミヅキの髪色の秘密 ranking 10 ranking 10 三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード( MUFG プラチナ )を持ってわかったメリットとデメリット
SPGアメックス SPGアメックスカード 高級ホテルもポイントで無料宿泊!モリオとミヅキの旅行をアップグレードさせた『最強』のクレジットカード - SPGアメックスを紹介。 詳細記事へ MileagePlusセゾンカード MleagePlusセゾンカードはマイルがザクザク貯まって国内旅行にも強い。今なら最大3万マイルボーナスキャンペーンも!
COPYRIGHT (c) 2015 - 2021 MEASURETRIP
ALL RIGHTS RESERVED
メニュー 宿泊記 旅行記 上へ ホーム