インスタグラム ツイッター フェイスブック
 
  旅行記 >  Travel Report   【2017年12月‐2018年1月】クリスマスから年末年始・全旅程ビジネスクラスで行く世界半周16日間の旅 | 北欧クリスマス編   【2017年12月‐2018年1月】クリスマスから年末年始・全旅程ビジネスクラスで行く世界半周16日間の旅 | プロローグ・準備編   【2017年11月】一人片道9500円!エミレーツ航空で行くフランス・パリ個人旅行記   【2017年6月】往復22000円!エアアジアXの関空−ハワイ就航記念便で行く! 激安でも素敵なハワイ旅行記   【2017年8月お盆】ツアーより安い!片道9300円!お盆休みにエアアジアで個人旅行・プーケット&ピピ島格安旅行記   【2017年6月】大阪伊丹-アメリカサンフランシスコ 片道1万円!デルタ航空で行くアメリカ・サンフランシスコ旅行記   【2018年2月】スクート(SCOOT)&ハワイアン航空で行く一人往復2.2万円のハワイ離島・モロカイ島旅行記   【2017年5月ゴールデンウィーク】格安ビーチリゾート旅行記インドネシア ロンボク・ギリ島編   【2017年3月】個人手配で行く!カーニバルクルーズ「ロサンゼルス-メキシコ」&ディズニーランド格安旅行記   【2017年1月】両親にヨーロッパクルーズ旅行をプレゼント! てるみくらぶの冬の地中海クルーズ MSCスプレンディダ旅行記   【2016年11月】片道7600円!個人手配ならツアーより安い!シンガポールのクリスマスを見に行くロマンチックな格安旅行記   【2016年9月シルバーウィーク】雨季のベトナムってこんな感じ・個人手配でツアーより安い!ベトナム・フーコック島格安旅行記   【2016年7月】ツアーより安い個人旅行!ホテル代込2.9万円! LCCエアアジアで行く夫婦で格安タイ・パタヤ旅行記   【2016年5月ゴールデンウィーク】タイ航空のビジネスクラスで行く! オーストラリア・ゴールドコースト旅行記   【2016年2月】激安!69800円!てるみくらぶで行く! ヨーロッパクルーズ旅行 冬の地中海クルーズ MSCプレチオーサ旅行記   ... もっと見る   飛行機の座席&機内 >  Airline Seat Report   【ターキッシュエアラインズ】TK055便(シンガポールからイスタンブール:B770-300ER)ビジネスクラスの搭乗記レポート   【シンガポール航空】SQ615便(大阪からシンガポール:A330-300)ビジネスクラスの搭乗記レポート   【実体験レポート】エアアジアX・ハワイ線の機内の様子と座席シートの広さ / LCC AirAsia   ... もっと見る   格安航空券や激安ツアー、お得クーポン・セール情報 >  Travel Sale Information   【緊急!格安航空券情報】ジェットスターさんがオーストラリアまで2990円のセールやるよー!   【緊急!格安航空券情報】スクートがハワイ行き往復19990円のセールやってるよー!   【緊急!格安航空券情報】あけましておめでとう!エアアジアのお年玉セールでハワイ行きが安いよ!   【緊急!格安ツアー情報】ANA便でいく!格安ハワイツアー59,700円(驚)!   ... もっと見る   ゴールデンウィークに格安海外旅行に行く方法 >  How to get cheap abroad trip in GW   【実体験レポート】LCCエアアジア(AirAsia)の制限内持ち込み荷物(計7kg以内)だけで1週間の海外旅行に行く方法(中身公開)   【裏ワザ】格安でゴールデンウィークの海外旅行をゲットするには?   【2016年5月ゴールデンウィーク】タイ航空のビジネスクラスで行く! オーストラリア・ゴールドコースト旅行記   【2017年5月ゴールデンウィーク】格安ビーチリゾート旅行記インドネシア ロンボク・ギリ島編   旅行に便利なおすすめクレジットカード >  ADVANTAGE CARD FOR TRAVEL   マイル換算率トップレベル!モリオとミズキのメインカードはコレ。マイルがザクザク貯まる最強クレジットカード!   【凄い!】格安旅行の味方!夫婦2人分のプライオリティパスを楽天プレミアムカードよりも安く手に入れることができる方法!(キャンペーンあり)   【裏技】格安でプライオリティパス(空港のVIPラウンジにタダで入れるパス)を手に入れる裏技!(お得な期間限定キャンペーンあり)   【実体験レポート】70歳代でも新規発行が可能!貯めたポイントで旅行に行ける!お得なクレジットカード(5000ポイント貰えるキャンペーンあり)   【裏技】JALマイルがザクザク貯まるプライオリティパス付きの格安プラチナカード(期間限定入会キャンペーンあり)   ... もっと見る   クルーズ旅行 >  How to enjoy cruise trip   フランス・セーヌ川クルーズ「バトー・ムーシュ」のディナークルーズ乗船レビュー・ドレスコードも。   海外クルーズ旅行を個人手配する方法   安い値段で豪華客船のクルーズ旅行に行く方法…初級編   【実体験レポート】クルーズ旅行でのインターネット状況とおすすめwifi   【実体験レポート】クルーズ船の内側キャビン   クルーズ船でのドレスコード【写真あり】   クルーズ船のドレスコードはこれ1つで解決!(写真あり・男性編)   クルーズ船のメインダイニング   クルーズ船上のディスコ   ... もっと見る   空港ラウンジ >  Airport Lounges Information   【チャンギ国際空港ターミナル1】プライオリティパスで入れるSATSプレミアムラウンジ   【チャンギ国際空港ターミナル1】プライオリティパスで入れるDNATAラウンジ   【チャンギ国際空港ターミナル2】シンガポール航空 シルバークリスラウンジ   ... もっと見る   トリップメモ >  Notes for trip   【実体験レポート】女性必見!LCCで海外旅行・機内持ち込み制限内7kgの荷物の中身を公開!(女子編)これで1週間は余裕で行けるよ。   旅好き必見!航空会社のマイルがザクザク貯まる!モリオとミヅキが使っているホテル予約サイト。   【タンザニア情報】大阪のタンザニア名誉領事館でのシングルビザの取得方法   【実体験レポート】マレーシア国際空港KLIA2の夜のトランジット・おすすめトランジットホテル   【ユナイテッド航空マイレージプラス】マイルは一体どのぐらいの価値があるのか?ビジネスクラスの特典旅行で検証してみた。   デンマークの首都「コペンハーゲン」の治安調査   【ユナイテッド航空】予約している特典旅行のスケジュールが変更になった時どうすればいい?   【最新】アメリカやフランス・イギリス、スウェーデン、オランダ、メキシコの安い空港送迎!SuperShuttleスーパーシャトルのディスカウントクーポンDiscount Code最新情報!(随時更新中)   【実体験レポート】ハワイのお土産がプチプラで買える!スーパーマーケットでの買い物が更に安くお得になる方法・裏技   【実体験レポート】ハワイで格安でインターネットをするには・ハワイの格安SIMカードと格安レンタルwifiお得な方法と期間限定10%OFF〜20%OFFプラン   ... もっと見る   エアライン >  Airline Information   ターキッシュエアラインズ   シンガポール航空   デルタ航空   ... もっと見る   ミヅキの部屋 >  Mizuki Beauty Library   【外国人のような自然な金髪】ミヅキの金髪BlondHair(ブロンドヘア)の秘密   【外国人風の自然な金髪】1回1000円以内で綺麗なプラチナブロンドになる方法   ... もっと見る   YOUTUBE >  Measure Trip Youtube CH   モリオの部屋 >  Morio Memo Library   【旅行コラム】宿泊代だけで80万円掛かったのに、、、失敗談から学ぶ「満足感のある旅行」の作り方。   iPhone X 256GBをついに予約。予約開始時刻16:01には何やっても買えなかったけど(涙)   ... もっと見る   サイトについて >  Measure Trip Site Info.   プライバシーポリシー・著作権・免責事項   ... もっと見る   航空券の取得速報 >  Latest Our Flight Tickets News   3世代で行くハワイ旅行。エアアジアの2019年ハワイ行き格安航空券を一人往復2.6万円でゲット!   大阪〜オーストラリア・パースへのシンガポール航空・エコノミーチケットを「特典旅行」で無料でゲット!   ... もっと見る   海外旅行ライブ >  Now on live at travel   HOME >  Measure Trip - TOP

クルーズ船でのドレスコード【写真あり】

出展 : cruiseline.com

クルーズ船のドレスコード

 クルーズ旅行で一番気になるのが「ドレスコード」だ。ドレスコードとは、クルーズ船内において夕方以降に設定される、その場に合わせた「服装の格式」的なルールのことで、その日その日によって様々なドレスコードが設定される。クルーズ船自体にも「ラグジュアリー」「プレミアム」「カジュアル」といったクラス分けがあるが、たとえカジュアル船に乗ったとしても、ドレスコードは毎日必ず設定されている。そのため、クルーズ旅行に行く場合には、絶対に把握しておきたいルールの1つがこの「ドレスコード」というわけだ。


ドレスコードの種類

 ドレスコードの種類は大きく分けて3つ、「フォーマル」「セミフォーマル」「カジュアル」。まず、日本人が一番誤解しやすいドレスコードが「カジュアル」。カジュアルというと、ジーパンにTシャツとスニーカー、、、なんて想像してしまいそうだが、本来はNGで、最低襟付きのシャツや、女性ならワンピースなどが望ましい。つまり、少しカッチリした服装の枠組みの中での「カジュアル」ということになる。また、夕方以降はジーパンやスニーカーは原則禁止となる(カジュアル船では実際には履いていたりする人も居るが、、。)ので、荷物がかさばりがちなクルーズ旅行では、最初からジーパンなどは置いていくのがスマートだ。上の写真は、実際の「カジュアル」のドレスコードの日に撮影したもの。「カジュアル」のドレスコードの日は、言ってみれば、オシャレの手を抜く日ではなく、どれだけ人よりもオシャレに着飾るか、という日だと考えても良い。あまりオシャレが分からない、得意でない場合でも、男性ならジャケットなどを、女性ならワンピースを着用することをオススメしたい。

 続いてセミフォーマルのドレスコード。これは、男性なら落ち着いた色のスーツ、ジャケットにネクタイを、女性ならワンピースかスーツ、またはカクテルドレスなど。少しカチッとした感じの中に、例えばネクタイや身に付けるアクセサリー等で遊び心を演出すると良いだろう。

 また、その日によってカラーやテーマの指定(ホワイト、トリコロール、レトロ等)などもあるので、前もって色んなシチュエーションに合わせられるように、持参する小物にはバリエーションを用意すると乗船後困らない。もちろん、例えば「レッド」を指定された時に赤い服やアクセサリー等が無い場合、絶対に合わせないといけないルールはないので安心してほしい。しかし、クルーズ慣れしてそうなゲストは、びっくりするぐらいその日のテーマに合わせた服装を用意していたりする。私が乗ったクルーズ船で「60年代、70年代、80年代」というテーマが指定された日があったのだが、すれ違ったおばちゃんが、とてもレトロで素敵な服装をしていて「流石だなぁ」と感心した。このクルーズ船でのドレスコードは、一種のプチコスプレ。これを思う存分楽しめるかどうかが、クルーズ旅行の醍醐味の1つともいえる。


ドレスコード「フォーマル」

 フォーマルのドレスコードは、乗る船のクラスによってかなり趣が異なる。まず、カジュアル船の場合は、女性なら結婚式などで着ていくぐらいのドレッシーな格好を。フォーマルナイトではロングドレスの着用率も高くなる。が、あまり堅苦しくないので、ちょっと派手かな?と思うぐらい冒険したドレスなんかも目立ってオススメだ。男性はスーツにネクタイを。蝶ネクタイがあれば、着用することをオススメする。何千円もするような高価なものでなくて、1000円〜3000円程度の安いもので充分。(蝶ネクタイ・ボウタイは普通のネクタイよりも格式が高い。)上の写真はカジュアル船でのフォーマル指定の日の様子。男性は蝶ネクタイ率がグッと高くなる。

 続いてプレミアム船。こちらは、女性なら上質なカクテルドレスやロングドレスに、華やかなアクセサリー等を合わせると良い。清潔感と気品さの中に華やかさをプラスしたような感じが良いだろう。男性ならダークスーツやタキシードに蝶ネクタイを。

 最後に「ラグジュアリー船」。ここまでくると男性は服装もシックになり、タキシード率もかなり高い。女性ならゴージャスなロングドレスを。欧米では、正装というと必ずと言っていいほど肩を出すので、ドレスを着用するなら少々太かろうがなんだろうが、恥ずかしがらずに肩を出して自分をアピールすることが大事。女性なら「着物」を着るという選択肢もあるが、その場合は必ず正絹の格式の高い着物を選びたい。


結局何着ればいいの?

 、、、という人のために、実際にMORIOとMIZUKIがフォーマルナイトで着ていった服を参考までに。解説もついでに入れておく。まずMORIO(私)から。普段、スーツなんて着ないMORIOは、ジャケットはイオンの半額セールで購入(笑)。でもね、他の糞高いところも見たんだけど、意外とイオンの紳士服のスーツは、生地も上質で優秀。縫製も綺麗。他のとこの中途半端なブランドものより、物は良いんじゃないかと思う。あとはパンツは少し光沢のある上品で細めのものを、靴はエナメル風のものをチョイス。あんまり高いもの買っても普段使わないので、とりあえずそれっぽく見えるなんちゃってを揃えるだけで充分対応できる。あとは堂々としていれば、誰も安物だとは気が付かない(笑)。

 続いてMIZUKIのドレスはAMAZONさんで購入。4980円だったんだけど、同じドレスが楽天で半額くらいで売られているのを発見!デザインは肩が出て首に向かって細くなる、アメリカンスリーブタイプのロングドレスだ。肩幅の広いMIZUKIのような体型によく似合う。太っていたり、すこし体型が崩れてくると、どうしても女性は肌を隠す方向に向かうが、実はこれは余計にババ臭くなって悪い方向に向かうので要注意。特にクルーズでのディナー等、欧米系の社交場に足を運ぶなら、迷わず肩は出すこと。その潔さ(いさぎよさ)が女性の魅力を引き立たせる。せっかく楽しい非日常のクルーズ旅行に来たのだから、恥ずかしがらずにドレスアップを楽しんで欲しい。

 これを基本として、ラグジュアリー船なら、男性ならジャケットをタキシードにしたり、女性ならドレスの生地をより上質に、さらに腕周りにゴージャスなブレスレットをしたり、、とアレンジを。カジュアルのドレスコードの日なら、ボウタイの柄をカジュアルにしたり、シャツを柄物にしたりと崩し気味に調整すると対応できる。女性なら膝丈のドレスにしたりして、軽快さを出すなどすれば、カジュアル感が出て女性らしさを演出できるだろう。しっかりオシャレを楽しんで、忘れられない素敵な船旅の思い出を作って欲しい。

 最後に、私たちが実際にクルーズ旅行をした時の様子を詳しく書いた旅行記を下に載せているので、「海外のクルーズに行く時、みんなどんな服装で飛行機に乗っているんだろう?」とか「寄港地観光ってどんな風になっているんだろう?」とか「クルーズ船での過ごし方ってどんな感じなんだろう?」「クルーズ船内のお酒の値段はいくらくらいなんだろう?」「クルーズ船の中でインターネットするにはどうすればいいんだろう?お金はいくらぐらいかかるんだろう?」なんていう疑問がある人は私たちが細かくレポートしているので、ぜひ読んでみて欲しい。クルーズ船によって細かいことは違っては来るが、「クルーズ船ってこんな感じ」という大まかなイメージがつかめると思う。また、かなり年配の方になると「寄港地観光って歩けるだろうか?」とか「寄港地観光のスケジュールってハードなんだろうか?」なんていう心配がでてくるかもしれない。そんな時も「70代後半で海外旅行はじめての両親を連れてヨーロッパまで7日間のショートクルーズに行った旅行記」にいろいろ詳しく書いてあるし、両親のクルーズ船での服装とか他の人たちの服装も載せているのでそちらを読んで、参考にしていただけたらと思う。


おすすめ記事
情報
旅行記インデックス
その他
UPPER PAGE

※ 各航空会社、および各航空連合、並びに各会社のロゴマーク、及び名称は、各航空会社、各航空連合、各会社の商標登録、及びトレードマークです。
COPYRIGHT (c) Measure Trip ALL RIGHTS RESERVED
PAGE TOP