もっとお得に海外旅行 - 旅行記ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
TOP 旅行記一覧 片道7600円!個人手配で激安!シンガポールのクリスマス格安海外旅行記 【片道7600円!ベトナム航空で行く常夏のクリスマス・シンガポール格安旅行記 9】シンガポール旅行に出発!機内での服装(写真あり)
travel - 旅行記

【片道7600円!ベトナム航空で行く常夏のクリスマス・シンガポール格安旅行記 9】シンガポール旅行に出発!機内での服装(写真あり)【前編】

 
関西国際空港に到着

 今日はいよいよシンガポールに向けて出発の日。今日もいつものMKタクシーの乗り合いシャトルバスで関空へ。今回のシンガポールは赤道直下ということでとにかく暑い。天気予報では今日の気温は31℃らしい。ここ関西の気温は「最高13℃ / 最低10℃」(京都)。。。ちょっと寒い。寒い季節に、温いところにいくのは服装が非常に困る。ダウンなんか着て行くと向こうで暑いし荷物になるし。かと言って、薄着で行くと往路で風邪ひきそうだし。。。

今回のお話の舞台場所は...

 
モリオの服装

 そこで、私(モリオ)が選んだ服装がこれ。テーマは「寒いのは我慢w」。寒すぎて写真にポーズを取ってみたw パーカーの下はTシャツ1枚。ズボンは七分丈のジーパン。そして靴はスリッポンタイプのスエード靴。シンガポールは意外にキッチリしてると聞いたので、今回はビーチサンダルは用意せず。今回利用する航空会社は、お馴染み「ベトナム航空」なので、スーツケース2つを用意。しかし、じつはこのスーツケース2つとも、7割ぐらいしか荷物は入っておらず、おみやげを十分詰め込める仕様になっている。レガシーキャリアは荷物の心配しなくていいから気が楽だ。持ち歩くカバンは斜め掛けのレザーショルダーをチョイス。

 
ミヅキの服装

 今回のミヅキの服装は「ロングスカート大作戦」。なんでもシンガポールはロングスカートのイメージなんだそうだ。なんか違う気もするが、、、まぁいいか。上に羽織っているダウンのジャケットは空港までの道中のみ着用。小さく折りたためる仕様になっていて、空港に着いたら脱いでトランクに収納する。カバンは革製のいっぱい入るショルダーを用意。(もう一つ、小さめのレザーショルダーもスーツケースに入っている)シンガポールは裕福そうで治安もすごく良さそう、、ということで、二人共きっちり目のカバンを用意した。

 
早速チェックイン

 早速チェックインカウンターに急ぐ。今回は激安「片道7600円」のチケットなので、事前の座席指定が出来ない。そのため、最初にWebチェックイン時に最低限2人並びの席を確保しつつ、カウンターでSKY PRIORITYをふりかざし(?)非常口の列をリクエストする作戦だ。

 
前回の旅行で学んだこと

 前回9月に出かけたベトナム・フーコック島旅行でも、このベトナム航空にお世話になったが、今回も同じ航空会社。前回のチェックインカウンターではチケットに書いてあった「エリートプラス」の会員資格を見落とされてしまい、もうちょっとでラウンジクーポンを貰えないアクシデントに見舞われそうになった。その時の教訓で、「なにはともあれカウンターに行ったらまずは堂々とエリート会員資格を見せろ」ということを覚えた。理想はチェックインチケット見せたらスタッフが「いつもありがとうございます。エリートプラスの方ですね」みたいに向こうから気がついて欲しいんだけど、そんなことはまず無理。海外だと絶対無理。私は日本人気質なところが結構強くて、なんか自分から権利を振りかざすみたいなのは「恥ずかしい」と思ったりするんだけど、海外だとそんな弱々しい態度では勝てない(何に勝つのかはさておき。。)。なので、こういう場面では堂々とスマホのアプリで「GOLD MEDALION」という証をちゃんと(恥ずかしがらずに)見せて事を進めて行くべきだ。

モリオ:「(エリートプラス証を見せながら)WEBチェックインは済ませたんですが、今日、非常口の列って空いてませんか?」

地上係員:「いつもありがとうございます。お調べします。(カタカタ...)ご利用いただけます。」

モリオ:「ではお願いします~。(やっぱりスムーズだ!)」

地上係員:「非常口をお使いの方は、緊急の際、お手伝い頂くことがございますが、英語かベトナム語は大丈夫でしょうか?」

モリオ:「英語ならいけますー。」

地上係員:「かしこまりました。それでは、こちらの注意事項もお渡ししますので、御覧ください。」

そうして、非常口に関する注意事項が英語で書かれたメモを渡されるので、後で目を通すことにする。内容は、ちゃんとスタッフの指示に従うことと、従わない場合は罰金が有る。。といった感じの内容になっている。これで無事非常口の席を確保完了だ。

 
サクララウンジ

 今回も出発前に利用できるラウンジはJALのサクララウンジ。ベトナム航空はANAとの提携を進めているが、まだラウンジはJALラウンジのままのようだ。。。ちゅうことは、今日もカレー食おうかなぁ?(私の頭ではサクララウンジというとカレーが食えるというイメージがデカいw)

COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP