お得に楽しい旅行&生活ブログ - メジャートリップ
TOP 旅行記一覧 【オーストラリア 海外旅行記 ブログ】ゴールドコーストの絶景ビーチへ【GW ビジネスクラス】 【GWのビジネスクラスを無料で!はじめてのオーストラリア・ゴールドコースト旅行記 ブログ 29】4日目・ガソリン入れて帰ろう・・
travel - 旅行記

【GWのビジネスクラスを無料で!はじめてのオーストラリア・ゴールドコースト旅行記 ブログ 29】4日目・ガソリン入れて帰ろう・・【前編】

Image
少し走るだけで田舎の雰囲気に
 ゴールドコーストの中心から少し車を走らせるだけで、段々と田舎っぽい雰囲気の街並みに変わってくる。高層のマンションもところどころにはあるものの、建っている間隔が空いているので圧迫感がなく空も広い。
 
Image
マッサージはどこでも人気?
 旅行者用のホテルの下には、マッサージ店やタトゥー店も入っている。タトゥーはかなりの率で腕などに刻んでいる人が多いので、日本で言うところのピアスぐらいの感覚で入れているのではないかと思われる。旅行に来たついでに記念に入れていくか~みたいなノリで入れたりするのだろう。また、マッサージ店もいろんな場所で見かける。疲れた体をマッサージしてくれるのはとても気持ちがいいが、それは万国共通なのだろう。
 
Image
ガソリンが減ってきたので
 ガソリンがなくなってきたので(といっても半分切ったぐらいだが、私は半分切るとソワソワする小心者。。。)帰り際に入れていくことにする。ここゴールドコーストでは、ガソリンはセルフだが、支払いは店に入ってレジで行うシステム。(一部その場で自動で支払いできるところもあるらしいが未確認)また、ガソリンのことはオーストラリアでは「Gas」ではなく、イギリスと同じで「petrol」と呼ぶ。
 
Image
ガソリンはunleadedを入れる
 レンタカーにはunleaded(無鉛ガソリン)を入れなくてはならない。欧米ではスタンドによっては有鉛ガソリンが未だに売られているらしいが、日本では環境に悪いということで現在販売禁止になっている。ちなみに私が滞在中に立ち寄ったガソリンスタンドでは有鉛ガソリンは見かけなかった。
 。。。余談だが、実は最初にガソリンを入れようとした時、どうやってガソリンの給油口を開くか分からず(我が家のはドアのロックを開けると勝手にロックが外れる)、たまたまガソリンを入れにきた同じ車に載った旅行者のカップルに聞いて教えてもらった(笑)。どうやらカローラは運転席の右下(床)にレバーが付いているようだった。今度からは、借りるときに確認しとこう。。。
AdBlockを解除してページ更新すると、全てのコンテンツが表示されます。
Please remove AdBlock for displaying all contents.
SPGアメックス SPGアメックスカード 高級ホテルもポイントで無料宿泊!モリオとミヅキの旅行をアップグレードさせた『最強』のクレジットカード - SPGアメックスを紹介。 詳細記事へ MileagePlusセゾンカード MleagePlusセゾンカードはマイルがザクザク貯まって国内旅行にも強い。今なら最大3万マイルボーナスキャンペーンも!
 
COPYRIGHT (c) 2015 - 2021 MEASURETRIP
ALL RIGHTS RESERVED
メニュー 生活 宿泊記 旅行記 ホーム