もっとお得に旅しよう! - 旅行ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
travel - 旅行記
更新日 2018年12月07日

【ロイヤルカリビアンのボイジャー・オブ・ザ・シーズで行くクルーズ ブログ 3】ロイヤルカリビアン・ボイジャーオブザシーズのキャビン選び。内側・窓付き・バルコニー付き・・・どこにしよう?

 
ロイヤルカリビアンのセール値段をチェック!

 今回クルーズを予約するのは、ロイヤルカリビアンの日本語サイトから。セール内容では、1人目は表示されている値段が適用され、2人目がこの値段から60%オフとなる(チップや公安税は対象外)。

 今回提示されている料金は、基本料金が内側客室(キャビン)769ドル、海側客室819ドル、バルコニー客室879ドル、スイート客室1,219ドル。2人目60%オフだから、2人合計ではこの料金を1.4倍したものがそれぞれのキャビンの料金になるわけだ。

 
出展:royalcaribbean.com
内側キャビン / 内側客室

 まず一番お安いお部屋が、内側キャビンのお部屋。窓が無いため、お部屋で海を眺めながら船旅を楽しむ・・・といった楽しみ方は出来ないが、まぁクルーズ旅行は毎日違う国や地域での観光が目白押しなので、客室の中で寛ぐ時間があるかどうかは結構微妙なところ。寄港地観光をせずに船内で過ごしたい人にはおすすめできないキャビンタイプではある。

【実体験レポート】クルーズ船の内側キャビン クルーズ船の内側キャビンの快適性はどうなのか?低コストでも魅力のある内側キャビンの様子を、実際使用した利用者の観点から紹介していきたい。

 ロイヤルカリビアンクルーズのボイジャー・オブ・ザ・シーズには、この内側キャビンにも「プロムナード(内側の豪華なプロムナードが見える部屋)」「スタンダード / バーチャルバルコニー(バルコニーがあるようなフェイク窓が付いた内側キャビン)」「スタンダード」の3タイプがあるので、他のクルーズ船に比べると、内側キャビンの充実度も高い(お値段は少しずつ違う)。

 今回提示されている内側キャビンのセール値段は二人合計で1076.6ドル〜。一人あたり538.3ドル。4泊5日のクルーズなので1泊あたり134.6ドル〜/一人(食事・エンターテイメント込)となる。

 
出展:royalcaribbean.com
海側キャビン / 窓付きの海側客室

 内側キャビンのひとつ上のキャビンクラスは海側キャビン / 窓付きの海側客室。この海側の窓付きキャビンも、ボイジャー・オブ・ザ・シーズにも、「ファミリー」「パノラマ(パノラミックな海の景色)」「ラジ(お部屋がちょっと広い)」「スタンダード」と、なんと4タイプのキャビンが用意されている。上の写真はロイヤルカリビアンの本サイトで見つけたものだが、多分これはスタンダードタイプの海側。

【実体験レポート】クルーズ船の窓付きキャビン(シービューキャビン) クルーズ船の窓付きキャビン(シービューキャビン)の快適性はどうなのか?ちょうどバルコニー付きキャビンと内側キャビンの中間のコストで利用できる、一番利用者の多いキャビンタイプである。その窓付きキャビンの様子を、実際使用した利用者の観点から紹介していきたい。

 窓が付いている分、部屋に滞在している時の開放感は大きい。しかし、客室の場所によって当たり外れの大きいキャビンタイプのお部屋でもある。今回の海側キャビンのセール値段は二人合計で1146.6ドル〜。一人あたり573.3ドル。1泊あたり143.3ドル〜/一人(食事・エンターテイメント込)となる。

 
出展:royalcaribbean.com
バルコニーキャビン / バルコニー付き客室

 そして、こちらがバルコニー付きキャビン。予算を考えないのであれば、このクラスの客室で決まりなカテゴリーのキャビンだ。このプライベートなバルコニーから眺める寄港地からの船出は、まさに絵に描いたようなクルーズ旅行そのものだ。朝早くに起きて、このバルコニーであったかいコーヒーを飲むのも最高のひととき。

【実体験レポート】クルーズ船のバルコニー付きキャビン クルーズ船で予算があれば一番泊まりたいお部屋といえば、やはりバルコニー付きキャビンだ。私達が実際に泊まった、MSCクルーズのスプレンディダ号のバルコニー付きキャビンの写真を使って、お部屋の様子などを紹介していきたい。

 今回のバルコニー付きキャビンのセール値段は二人合計で1230.6ドル〜。一人あたり615.3ドル。1泊あたり153.8ドル〜/一人(食事・エンターテイメント込)となる。

 
家族会議、再び

 このキャビンクラスのさらに上にはスイートクラスがあるが、そちらは1人1泊213.3ドルと、お値段がグッと上がってくるのでそれは候補から外すとして・・・この内側キャビン、海側キャビン、バルコニー付きキャビンの値段の差額は、最大で1泊1人あたり20ドル弱(2,200円程度)。意外と少ない。

モリオ:「こう考えると、意外とバルコニーと内側キャビンの差額って少ないよな。」

ミヅキ:「そうやね。。。でも、MSCとか、カーニバルクルーズは、バルコニー付きキャビンの値段はグッと上がってたから、このロイヤルカリビアンのクルーズの価格設定って、実は他のクルーズに比べてお得なのかも?」

モリオ:「そうかもしれん・・・じゃあ、やっぱりここは、ちょっと費用は増えるけど、バルコニー付きキャビンにしようか?クリスマス近いし。」

ミヅキ:「うんうん!ちょっと高くなるけど、航空券はマイルで交換したから良しとしよう♪」

モリオ:「OK。じゃあ、バルコニー付きキャビン、行くで?」

ミヅキ:「おー!」

 そうして今回は、ちょっと贅沢にバルコニー付きキャビンでのアジアンクルーズ旅行をすることに決めた。旅行が現実に変わっていくこのプロセス・・・ワクワクするなぁ。なお、このクルーズ旅行のキャビン選びについては、気になる人は下の記事も参考にどうぞ。

【クルーズ船のキャビンを比較】おすすめのキャビン(船室)は?メリットとデメリット クルーズ旅行を予約するとき、一番悩むのはキャビン(船室)選び。内側キャビン、窓付きキャビン、バルコニー付きキャビン。一体どの部屋が一番良いのか、全てのキャビンに滞在しクルーズ旅行を体験した私が、実体験を基にそれぞれのキャビンを徹底比較レビュー。

メジャートリップについて このサイトは、お得に旅する海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間40万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP