お得に楽しい旅行&生活ブログ - メジャートリップ
TOP 豪華客船でのクルーズ旅行のまとめ 【実体験レポート】クルーズ船の窓付きキャビン(シービューキャビン)
cruise - クルーズ旅行

【実体験レポート】クルーズ船の窓付きキャビン(シービューキャビン)

Image
窓付きキャビン
 クルーズ船で最もゲストに選ばれることの多いタイプの客室が、この窓付きキャビン(シービューキャビン)。バルコニー付きキャビンよりもコストが抑えられ、それでいて航海の様子をその窓から眺められる、予算と快適性のバランスの一番良い客室タイムだ。その窓付きキャビンは一体どんな雰囲気になっているのか、私達がクルーズ旅行で実際に利用したカーニバルクルーズ船のカーニバルインスピレーションの窓付きキャビンを参考に、レビューしていきたいと思う。
 
 
Image
窓付きキャビンの最大の魅力
 この窓付きキャビンは、窓が付いている以外は、ほぼ内側キャビンと同じと考えて良い。しかし、その内側キャビンと最も違うのは「窓が付いている」こと。窓付きキャビンなんだから当たり前じゃないか。そう、当たり前なのだけれど、この窓が付いていることで、内側キャビンには無い開放感がお部屋にはあるのだ。内側キャビンは昼でも、電気を付けなくてはお部屋は真っ暗。しかし、窓付きキャビン(シービューキャビン)は、日中は太陽光がキャビンに入ってくるので、その開放感は計り知れない。
 
Image
窓付きキャビンの注意点
 ただ、この海が見えるとされる窓付きキャビンであるが、実は、船によっては、救命ボートが視界を遮ったりしてしまい、うまく海を眺められない、、、といったお部屋も存在する。その視界の悪い部屋があるので有名なクルーズ船の一つに、プレミアムクラスのプリンセスクルーズがある。窓付きキャビンで「あれ?このクルーズのお部屋、窓付きなのに割安♪」なんて時にはたいてい「Obstructed View - 遮られた視界」とかの注釈のあるキャビンの可能性も高い。(日本の代理店が売ってるクルーズ船のプランだと、こういう細かい注釈が無くて売りだしてたり、キャビンの部屋番号を決めることが出来ないプランだったりすることも多いので注意しよう。)まぁ、遮られたりしてるだけで、海が見えるのであればまぁ許容範囲だが、ひどい部屋になると、窓の向こうがゲストが歩く通路だったりして、窓を開けたら知らない人と目が合う・・・なんて悲劇も。そんなプライベート感が低い窓付きキャビンなら、いっそのこと窓のない内側キャビンのほうが快適・・・なんてこともあるので、この窓付きキャビンのお部屋というのは、当たり外れが結構高いので、部屋が選べない時はちょっと危険度が高い、ということを頭の片隅に置いておこう。なお、私が泊まったカーニバルクルーズの窓付きキャビン(シービューキャビンは)窓の向こうは海という、非常に快適な風景が広がっていた。
 
Image
窓付きキャビンの部屋の設備
 船によっては状況が異なることもあるが、この窓付きキャビン(シービューキャビン)の設備やアメニティー類というのは、内側キャビンとほぼ同じと考えておいてOKだ。備わっているものも、豪華さも内側キャビンとほぼ同じ。窓が付いているかどうかだけが、この窓付きキャビンと内側キャビンを隔てる違いとなる。
 
Image
客室キャビンのバスルームなど
 またバスルームの広さなども内側キャビンとほぼ同じ。一応私が乗ったカーニバルクルーズのバスルームや、セキュリティボックス、部屋の電源などの設備も写真で紹介しておこう。あ、余談ではあるが、通常クルーズ船というのは世界各国のゲストが乗り込むため、コンセントはほぼどんな国の人が乗り込んでも問題無いように、220Vと110Vの電源が用意されている。しかし日本のコンセントの規格は100Vなので、この船だと若干電圧が高いとかの誤差もあるので、乗り込むときは100~220V対応のものを持ってきたほうが良い。あと、湯沸し器やドライヤーは高電力になるので非常に危険なため、乗船時に取り上げられたりするので持って行かないように。。。。っと話がそれてしまったので元に戻そう。
 
Image
内側キャビンと窓付きキャビンどっちを選ぶ?
 これが窓付きキャビン(外側キャビン / シービューキャビン)の実体験レビューとなるがいかがだっただろうか。内側キャビンと、外側キャビンでどっちを選択したらいいかを選択する際、もしもちゃんと海の眺めを確保できるキャビンに泊まれるというのであれば、予算が許すのであれば、窓が付いている開放感というのは非常に心地よいので、迷わずこの窓付きキャビンをオススメしたいと思うが、もしも「ちょっと窓からの眺めが悪いお部屋です」なんて時には、通路が近くて人と目が合ったりする危険性もあるので、内側キャビンのほうがお値段も安いし、人によってはそっちの方が快適性が高いかもしれない。これからクルーズ船に乗り込む人で、もしもこの窓付きキャビンと内側キャビンで迷っていたら、この窓付きキャビンの実体験レビューが参考になれば幸いだ。それでは良い船旅を♪
更新記事
card card 【マリオット アメックス プレミアム】旅行をお得にアップグレード!Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード【紹介】 sale sale 【緊急!セール情報】7月4日20時から楽天お買い物マラソンがはじまります!50%オフクーポンあり! beauty beauty 【POLA リンクルショット 口コミとお得なキャンペーン情報】7月のお得なキャンペーン開催中!【ポーラ化粧品の効果とレビュー】 hotel hotel 【マリオット】ゴールドエリート会員特典まとめ!【Marriott Bonvoy】 restaurant restaurant 【リッツカールトン大阪】超高級!フランス料理レストラン ラベ - La Baie でドキドキのコースディナー!【高級レストランでの服装】 travel book - 1970年1月 travel book - 1970年1月 コロナ後初海外旅行!2022年夏のグアム旅行記 kyoto kyoto 【京都府民割 の使い方】京都魅力再発見 旅プロジェクトで宿泊代 実質無料!?【近県割 近畿ブロック】 system system メジャートリップの国内&海外 旅行の履歴 - トラベログ sale sale 【2022年 ウーバータクシー クーポン 6月28日最新】京都旅行にも最適!Uber タクシーのお得なプロモーションコード の使い方と最新のプロモーションまとめ【Uber Taxi】 info info 【コロナ後・最新】一番近い海外ビーチリゾート「グアム」への入国&日本帰国時のPCR検査場所などの情報まとめ【PCR検査】 sale sale 【ウーバータクシー プロモーションコード 6月28日最新】7月31日まで使える4000円お得になるクーポンコード【Uber タクシー】 card card 【MUFG】三菱UFJカード・プラチナ・アメックスの新カードが届いた!【家族カードにもプライオリティパスを発行できるプラチナカード】 hotel hotel 【フェアフィールド・バイ・マリオット 道の駅】全国のフェアフィールド・バイ・マリオットでスタンプを10個集めてオリジナルグラスを貰おう! card card 【MUFG】三菱UFJカード・プラチナ・アメックスを持ってわかったメリットとデメリット / 三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 更新記事をもっと見る
 
アクセスランキング
ranking 1 ranking 1 【ミラブルは効果なし?】ミラブルシャワーヘッドの効果を中年夫婦が本音レビュー【サイエンス】 ranking 2 ranking 2 シワ改善は本当?ポーラ リンクルショットの効果の写真と口コミ ranking 3 ranking 3 脱毛ラボ ホームエディションを半年使った効果を口コミレビュー! ranking 4 ranking 4 【2022年 ウーバータクシー クーポン 6月28日最新】京都旅行にも最適!Uber タクシーのお得なプロモーションコード の使い方と最新のプロモーションまとめ【Uber Taxi】 ranking 5 ranking 5 【マイナポイント 徹底解説】マイナポイントの申請におすすめの一番簡単な方法を紹介【マイナポイント第2段実施中】 ranking 6 ranking 6 【マリオット アメックス プレミアム】旅行をお得にアップグレード!Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード【紹介】 ranking 7 ranking 7 【MUFG】三菱UFJカード・プラチナ・アメックスを持ってわかったメリットとデメリット / 三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード ranking 8 ranking 8 モリオとミヅキの旅行記ブログ・全31タイトル ranking 9 ranking 9 【白髪を活かして金髪 シャンパンカラー グレイ ヘア・40代からの白髪とグレイヘア】ミヅキの髪色の秘密 ranking 10 ranking 10 【星空 撮影 アプリ】iPhoneで満天の星空の撮影方法・天の川も撮れる!【スマホ おすすめ アプリ】
マリオット アメックス プレミアムカード マリオット アメックス プレミアム 旅行がお得にアップグレード!モリオとミヅキが愛用する『最強』のクレジットカード - Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを紹介。 詳細記事へ
 
COPYRIGHT (c) 2015 - 2022 MEASURETRIP
ALL RIGHTS RESERVED
メニュー 生活 宿泊記 旅行記 ホーム