もっとお得に海外旅行 - 旅行記ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
travel - 旅行記
更新日 2017年11月28日

【片道9500円。エミレーツ航空で行くフランス・パリ個人旅行記 25】パリは夜中4時でも、ちゃんとUBERがすぐに捕まる。

 
クラブを出発

 盛り上がるフロアを後にする。店内はこのとおりまだまだ熱が冷めない状態で、とにかく元気がいいw 明日とかみんな休みなのかなぁ?学生も多いのかもしれない。

今回のお話の舞台場所は...

 
UBERを呼ぶ

 さて、クラブを出て外に出るまでの踊り場の所でUBERを呼ぶ。さすがに外に出て寒い中周りを気にしながら配車するのはさすがに不用心なので、この踊り場はそういう意味でうってつけの場所といえる。夜中ということでウーバーが走ってないかと心配したが、さすがは世界一の観光都市パリ。配車手配をすると1分もしないうちに、私達の車が決まった。夜中でもパリではウーバーは問題なく使用可能だ。

 
夜中の外の様子

 外に出てウーバーを待つ。外の様子がこちら。治安が悪いと噂されているフランス・パリではあるが、この辺りは至って普通で、クラブの外にはおしゃべりを楽しんでいたりと人影も多く、特に怖いといった印象はない。この中心エリアに限って言えば、もちろん気をつけることを前提ではあるが、そこまで治安に関して怖がる必要は無いかもしれない。夜遊びしたい人は、参考までに。

 
ウーバーは女性ドライバー

 さて私達のもとにウーバーの車がやってきた。ドライバーは女性の人。こんな夜中でも女の人がドライバーやっているのには驚いた。来るときのパリでの最初のウーバーは何だか怪しい雰囲気があったが、今回のウーバーは至って普通。すごく快適にホテルまで連れて帰ってくれた。最初が運が悪かっただけなのかなぁ。ま、いいや。さて、早く帰って寝よう。。。限界だ。

 
ホテルに到着

 ホテル・ダルビオンに到着。約5分〜6分ぐらいの距離で、値段は約6ユーロ。気軽に乗れるし、明日からの少し遠い場所への移動もウーバーが便利そうだなぁ。こんなに便利だから、そりゃぁタクシー業界もUBERを嫌うわけだ。さて、ホテルに帰ってくるとさすがにエントランスは閉まっていたのでブザーでスタッフの人を呼ぶ。すると、レセプションの奥のソファで寝ていたスタッフのオッチャンが起きてきて扉を開けてくれた。行く時にも担当してくれたオッチャンだ。きっと私達が帰ってくるのを下で待ってくれていたのだろう。ありがとう!こういう、何をやるにも人と人との関わりがあるのが、このフランスの特徴なのかもしれない。さぁて、、、寝よう。オヤスミナサイ。

メジャートリップについて このサイトは、お得に旅する海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間15万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP