もっとお得に旅しよう! - 旅行ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
travel - 旅行記

【両親に海外旅行をプレゼント!ヨーロッパ 地中海 MSCクルーズ スプレンディダ旅行記 ブログ 6】パスポートの申請に必要な書類とお金

 
旅行に必要なものを少しずつそろえて行こう

 実家が近ければ、チョコチョコ実家に顔を出して旅行の準備の手伝いもできるけど、京都と愛媛は結構遠い。なので、どうしても電話でのやりとりになってしまう。用意をするのに時間がかかりそうなものから準備していくことにした。

ミヅキ:「まずは、パスポートを取ってきてね。ほんで、作れたら、旅券番号が出てるところをFAXして送って。旅行会社にデータの登録をせんとあかんから。」

母:「うんわかった。ところで、パスポートってとるとき何が要るん?」

そうか、はじめてパスポートをとるんだから、「何が要る」とかから伝えないとダメなのか(汗)。

 
パスポートの申請に必要なもの

1 書類を揃える

(1):一般旅券発給申請書…1通(申請書はパスポート申請窓口で入手できる)

(2):申請日前6カ月以内に作成された戸籍謄本(または戸籍抄本)…1通

(3):申請日前6カ月以内に作成された住民票の写し…1通

(4):写真…1葉

・縦45ミリメートル×横35ミリメートルの縁なしで、無背景(無地で淡い色)の写真。

・申請日前6カ月以内に撮影されたもの。

・無帽で正面を向き、頭頂からあごまでが34±2mmであるなど申請書に記載されている規格を満たしていること。

・写真の裏面には申請者の氏名を(表面に文字が浮かび出ないよう筆圧に注意して)記入。

(注)記入の際は表面にインクがにじまないように、また凸凹が出ないように注意すること。

(5):申請者本人に間違いないことを確認できる書類

・1点で良い書類…運転免許証、船員手帳、写真付き住基カードなど

・2点必要な書類(上記の書類がない場合)

AとBの各1点、又はAから2点を提示。

A:健康保険証、国民健康保険証、共済組合員証、船員保険証、後期高齢者医療被保険者証、国民年金証書(手帳)、厚生年金証書、船員保険年金証書、恩給証書、共済年金証書、印鑑登録証明書(この場合は登録した印鑑も必要)等

B:以下のもので写真が貼ってあるもの…学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書等

 
必要書類の用意ができたら住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で申請

■必要書類すべて揃ったら、各都道府県のパスポート申請窓口で申請する。

各都道府県のパスポートの申請先はこちら

■後日、受領。

パスポートを受け取る時には次のものを持って、本人が必ず交付(申請)窓口に向かうこと。

(1):申請の時に渡された受理票(受領証)

(2):手数料(必要額の収入証紙及び収入印紙を受領証に貼付)

手数料は下記を参考

※都道府県によっては、印紙ではなく現金払いとしているところもあるので確認をすること

10年間有効な旅券(20歳以上) 16,000円

5年間有効な旅券(12歳以上) 11,000円

5年間有効な旅券(12歳未満) 6,000円

 もっと詳しく知りたい場合は外務省のパスポートのページをどうぞ。

メジャートリップについて このサイトは、お得に旅する海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間40万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP