記事

【エアアジア】新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う予約の払い戻しについて

エアアジア:新型コロナウイルス感染拡大に伴う予約払い戻しについて

新型コロナウイルスのパンデミックに伴い、エアアジアは2020年4月現在、フライトのクレジットアカウントによる払い戻しの範囲を拡張させている。(最新情報はエアアジア公式サイトを参照)払い戻しの対象となるフライトは以下の通り。

  • 2020年3月23日以前に予約されたフライト
  • 旅程が2020年3月23日〜2020年5月31日の間に出発のフライト

この条件に合致するフライト予約に関しては、2020年10月31日までの同区間のフライトに無償で変更、もしくは365日間有効のクレジットアカウントに払い戻しの対応を行っている。なお、払い戻しの申請方法は「AIチャットのAvaちゃんを使ってね!」とのこと。ついでなので、どうやってクレジットアカウントへの請求をAIチャットを通して行うかも下で紹介しておきたい。


エアアジア - AIチャット経由での払い戻し申請方法

【エアアジア】新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う予約の払い戻しについて

では、エアアジア AIチャットのAvaちゃんを使っての払い戻し申請方法を行ってみよう。まずはエアアジアのサイトにアクセスして画面右下に現れるAvaちゃんのアイコンを押すか、スマホのアプリのメニューから「Chat with AVA」を選択してAIチャットを立ち上げよう。そこからの操作方法は以下の通り。

  1. 選択肢「コロナウイルス」を選択
  2. 選択肢「COVID-19の自発的なキャンセル」を選択
  3. 選択肢「クレジットアカウントでの払い戻し」を選択
  4. 選択肢「クレジット口座」を選択
  5. チャット欄に「6」を記入して送信(6:その他)
  6. チャット欄に「Covid-19自主キャンセル」と記入して送信(今回のクレジットアカウントへの払い戻しの件のタイトルを付ける)
  7. チャット欄に払い戻しを受けたい「予約番号」を記入して送信
  8. チャット欄に予約の際の「メールアドレス」を記入して送信
  9. チャット欄に予約の際の「氏名(英語:例 Morio Kanzaki)」を記入して送信
  10. 予約内容が合致すれば予約に含まれる旅程が表示されるので、キャンセルしたい予約番号の旅程の1つを選択して送信(往路、復路をそれぞれ申請すると重複になって処理が後回しにされるとのこと。もしも全旅程の選択肢がある場合はそちらを選択して送信 / ライブチャットで確認)
  11. フィードバックタグ「AVA - こちらをクリックして、ご利用経験についてお聞かせください。」をクリックして現れるフィードバックフォームに、氏名とクレジットアカウントを受け取るBIGメンバーIDを入力して送信。
    フォーム例:
    Morio Kanzaki
    1234567890
  12. フォーム送信が終わったらチャット欄に「y」を記入して送信
  13. 添付ファイルの有無を聞かれるので「n」を記入して送信
  14. 申請完了

以上となる。なお、クレジットアカウントへの払い戻しには30日程度の時間がかかるようなので、気長に待つしかない。なお申請状況は、エアアジアのサイトにログイン後、マイページメニューの「マイケース」からも確認できるので、合わせてチェックしてほしいと思う。

それにしても・・・エアアジアのサポートはもうAIチャットか、SNSによる問い合わせしかできないので本当に不便になったよなぁ(涙)私も、このエアアジアの払い戻しの申請を行っているので、また進捗があればお伝えしたいと思う。それでは皆さんの健闘を!

エアライン エアアジアで予約したフライトの変更は可能?日時変更の方法と手数料を公開【AirAsia - エアアジア / LCC】 エアアジアで予約した格安航空券。突然の予定変更でフライトの日時変更は可能なのか?実際に私達もエアアジア・ハワイ旅行の旅程を変更することになったので、その変更方法の詳細と、非常に気になる変更に際しての手数料 / 料金などを公開。エアアジアでフライト変更をしなくてはならない場合にはぜひ参考にしてほしい。 記事 航空代金(約10万円)は返ってこないけど…新型コロナで予定のプーケット旅行を全てキャンセル【新型コロナウイルス】 新型コロナウィルス(COVID-19)が国内外で感染拡大を続ける中、私達は予定していたタイ・プーケット旅行を全てキャンセルした。ホテルはまだ予約キャンセルが可能だったが、ノックスクート+エアアジア(LCC)の航空代金(約10万円)は返金不可。日本人に対するタイの入国時の検疫もかなり強化されているため、悩んだけれど、費用は無駄になるがやはり旅行を取りやめることにした。 旅行情報 飛行機・コロナウィルス対策でクレベリンは機内・預け荷物に持込不可! 新型コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大で、飛行機に持ち込める除菌・抗ウィルス対策アイテムを探している人も多いはず。しかし、有名な抗菌アイテム「クレベリン」は、置型・スプレーには二酸化塩素(飛行機に搭載禁止物質)が、ペンタイプには亜塩素酸ナトリウム(危険物指定)が含まれているため、機内・預け荷物どちらも持ち込み禁止なので注意してほしい。 記事 【2020年3月30日更新】コロナウィルスの感染拡大に伴うマリオットの予約キャンセル対応【Marriott Bonvoy - マリオット・ボンヴォイ】 新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大を受けて、マリオット・インターナショナルは声明を発表、更新した。4月30日までの既存予約のキャンセル、新規のホテル予約に対して、既存のキャンセルポリシーに関わらず「24時間前であればキャンセル料を免除する」ことになっている。マリオット・ボンヴォイホテルのキャンセル不可の予約を持っている人、これから新規の予約を考えている人はぜひチェックしてほしい。 エアライン 中国東方航空 新型コロナウィルスに伴う航空券の払い戻し方法 新型コロナウィルスの影響で、中国を経由したフライトで入国する外国人を入国拒否する国も出ている2020年2月現在。未だに感染拡大の収束が見込めない中、中国東方航空も航空券の払い戻しや変更を手数料無しで受付開始。私達も中国東方航空にて上海経由のモルディブ行きのチケットを持っていたので、かなり悩んだが今回の航空券は払い戻しをすることにした。その方法など、詳細をレポートしたいと思う。 記事 コロナでノックスクートがバンコク⇔日本のフライト予約をバウチャー交換開始! 新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大が続く中、タイのバンコク・ドンムアン空港を拠点とするLCC「ノックスクート」も、2月末から3月末までの日本⇔バンコクのフライト予約のキャンセル&6ヶ月有効のバウチャーに交換の対応を開始することになった。 iPhone 【写真 全削除の方法と注意点】1万枚以上を一括消去!iPhone内の写真を簡単に消す方法【写真 まとめて削除】 iPhone内に溜まりすぎた写真を一括で削除 / 消去する方法を公開。iPhoneの写真アプリを使ったやり方は一般的だが手間がかかりすぎるが、このやり方を行えば、1万枚以上の写真も僅か数ステップで一気に消すことが可能。削除方法と注意点を詳しく解説。 美容 【旅ブロガー直伝 ストロー無し】100均やコンビニでOK!旅行の化粧品を小分けする方法【化粧品 詰め替え 小さく】 持ち歩きの化粧品を小さくする方法です。ストローは漏れるので使いません。旅ブロガーが100均やコンビニで用意できるものを使って化粧品を驚くほどコンパクトに小分けする方法を伝授します!これで化粧品の持ち歩き悩むことはなくなります。参考にどうぞ。 記事 アップルストア@シンガポール・オーチャードでのiPhone購入方法 海外のアップルストアにて、サイレントモードにすると純正カメラアプリでもシャッター音が鳴らない海外製 iPhone 11 Pro を買ってきたので、そのアイフォン11Pro購入から、税金還付(TAXリファンド)、そしてApple Care(アップルケア)加入までの一部始終をレポート!今回、海外製iPhoneを購入したのは、シンガポール・オーチャード通りにあるアップルストア。そこではファストフードでハンバーガーを買うようにiPhoneが売れていた。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う予約払い戻しについて(旧)

【エアアジア】新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う予約の払い戻しについて
以下は2020年3月10日に発表されたものであるが、2020年4月2日現在は、2020年3月23日までに発券された2020年3月23日〜5月31日までのフライトが対象となっている。

2020年3月10日、エアアジアが新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的感染拡大に伴う予約のクレジットアカウントによる払い戻し措置の期間範囲の拡大を発表した(本文はエアアジア公式サイト / 英語を参照)。その内容は以下の通り。

2020年3月10日 - セパン時間
 エアアジアは、予約のクレジットアカウントによる払い戻し対象を「2020年4月30日までの中国、香港、マカオ、日本、韓国、台湾を出発地、および目的地とするフライト予約」を持つゲストに拡張することにしました。
 エアアジアはまた、渡航履歴や国籍、入国制限により旅行できなくなったゲストに対しても、以下のような対策を用意しております。
  1. フライトの変更:もともとの予約から90日以内の変更に対して変更手数料を免除(希望の代替フライトが利用可能な場合)
  2. クレジットアカウント:今後のエアアジアの予約に利用できるクレジットアカウント(ポイント)での予約の払い戻し。有効期限は発行から180日間 / クレジットアカウントを利用した予約日程は予約可能であれば有効期限外でもOK。
 ただし、この上記オプションに関しては、2020年3月8日より前に発券された2020年4月30日までの航空券が対象で、Airasia.com にて直接オンライン予約されたものが対象となります。旅行代理店などを通して予約された航空券については、その予約されたエージェントにお問い合わせください。
 ぜひ、COVID-19 払い戻し請求のガイドを参照し、お持ちの予約が対象であるかどうか、またどのように払い戻しを請求するかなどをご確認ください。(以下略)

上記の発表によると、2020年4月30日までの日本を含むフライトに関しては、予約のキャンセルとクレジットアカウント(有効期限180日)による払い戻しを行うということだ。なお、払い戻しの申請方法は「AIチャットのAvaちゃんを使ってね!」とのこと。ついでなので、どうやってクレジットアカウントへの請求をAIチャットを通して行うかも下で紹介しておきたい。