もっとお得に海外旅行 - 旅行記ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
info - 情報
更新日 2018年05月23日

【家族4人夏休みハワイ旅行 1人10万円!】裏技で100万円も予算を節約!シェラトン オーシャンフロント5泊+飛行機込

 
夏休みのハワイ旅行

 激安のハワイ旅行の情報や、実際のハワイ旅行記を書いていると、「普段は休みが取れないので、家族で夏休みに安くでハワイ旅行に行けないでしょうか?」という質問をいただく。夏休みのハワイというと、もちろんマイルでの特典旅行の枠は殆ど無いし、ツアーを使うと、安いホテルだったとしても一人だいたい25万円ぐらいは必要になってくるという、恐ろしい超ハイシーズン。しかし、自分で手配するスキルさえあれば、実は憧れのシェラトンのオーシャンフロントに泊っても、うまくやれば家族4人で総額40万円以内で5泊して帰ってこれたりもする。その裏技を紹介する前に、まずは夏休みのハワイがどのぐらい値段がするのかリサーチするところから始めてみたい。

今回のお話の舞台場所は...

 
ツアーで予約してみる

 今回の夏休みハワイ旅行のモデルケースは、家族4人(夫婦+12歳未満の小学生の子供×2人)2018年7月28日発、5泊7日のシェラトンワイキキの宿泊プラン(一部屋利用)。とりあえず、てるみくらぶのような危ないツアー会社は避けてw、みんな安心のJTBで価格調査をしてみよう。検索をしてみるともう埋まりかけているツアーが出てくる。なになに、、、普通のファミリールームで一人343000円か、、、。合計値段を見るために画面を進めてみると、、、

 
予算は軽く100万円オーバーw

 このツアーの家族4人の合計金額はバッチリ余裕の100万円超え(汗)。シティビューの普通のファミリールームで約139万円、海を一望できる15階以上のオーシャンフロントルームになると約157万円とか。。。富裕層なら余裕かも知れないが、一般家庭でこの予算は頭が痛くなってくる。そりゃぁ「夏休みハワイに安く行けないか?」という質問もよく来るわけだ。

 
個人旅行で夏休みハワイの予算

 ツアーがそんなに高いのなら、安く抑えるにはやっぱり個人旅行するしかない。旅行というのは、お金を余分に払って人に手配してもらうか、その労力を自分でやって経費を浮かせるかの2タイプ。ツアー会社もたまに個人手配するよりも安いプランを出してくることもあるが、そういう安いツアーは大抵、学校がある日や仕事が休みではない日だったりする。ほとんどの場合、自分で全部やってしまったほうが安く抑えることが出来る。

 、、、とまぁ、前置きはこの辺にして、実際にシェラトンワイキキを、自分でホテルサイトで予約した場合どうなるか見てみよう。私達がいつも使っているBOOKING.COMでシェラトンを2018年7月28日から5泊予約した場合、通常のファミリールームが18万ちょい、オーシャンフロントルームが21万ちょいらしい。ふむふむ。

 
デルタの夏休みハワイ航空券

 続いて、JTBのツアーでもデルタ航空を使っていたので、デルタ航空本サイトにて往路 - 2018年7月28日関空発、復路 - 2018年8月2日ホノルル発のフライト検索をしてみた。なおこの値段は、同日の東京・成田発でもほぼ同じ。メインキャビン(エコノミー)で一人141,800円。やっぱり結構高いなぁ。

 さて、これで個人旅行する場合の大体の値段が出揃ったので、とりあえず個人手配で夏休みハワイを2018年7月28日出発、5泊7日の旅程で取った場合を計算してみると、航空券代が4人で56万7200円。これにホテル代がファミリールームだと183,428円で、ホテル+フライトは家族で合計75万628円 / オーシャンフロントルームだとホテル代21万167円だから、ホテル+フライトは家族で合計77万7367円、となる。高いけど、これでもツアーに比べて65万円~79万円ほどの節約となる。もちろん送迎などは自分で手配する必要があるがハワイの送迎が予約できるVELTRAで予約すれば簡単だ。ここに2万~3万円はプラスされるが、、、それでもかなり安い。

 
スクートさんで夏休みハワイ

 宿泊料金はまぁあのぐらいは掛かるとして、もうちょっと予算を絞れないかなぁ、、、ということで、LCCのスクートさんとエアアジアさんに同日程のフライト費用を聞いてみた。すると、エアアジアさんは往復で1人10万近く掛かってしまったのだが、スクートさんの場合は、なんと家族4人で往復166,600円(受託手荷物料金 / 一人往復7000円程度、座席指定 / 一人往復1000円前後は別料金)、一人往復4万1650円というかなり安い夏休みハワイのフライト航空券が出てくるではないか(汗)。このチケットを使えば、シェラトンに泊まって、ファミリールームなら総額35万28円、憧れのオーシャンフロントルームでも37万6767円、つまり送迎頼んでも40万円以内で夏休みど真ん中のハワイ旅行5泊7日が実現してしまうのだ。

 
セールを狙えばエアアジアさんでも激安でハワイ便が出てくることもある!

 この記事を書いたのは2018年3月12日だったのだが、2018年5月20日になんとエアアジアさんがBIGセールで夏休み中のハワイ行き爆安航空券を出してきた!それがコレ。お盆の時期は高めだったがお盆直後の2018年8月16日~8月21日の航空券は往路:12900円、復路:9110円。これは空港税や入国税も全て入ったコミコミの航空券代金だ。単純に運賃だけで言えば1人片道5000円。今まではいくらセールでもこんなに安い価格は無かったが、スクートさんと競合することでこの価格が出てくるようになったのだ。

 
家族4人の航空券代金の予算は88040円!

 大人2人、小学生くらいの子供2人の4人家族の場合、4人分の航空券代はなんと88040円!(受託手荷物料金 / 一人往復7000円程度、座席指定 / 一人往復1000円前後は別料金)これは、上で紹介したスクートさんの約半額だ(汗)。

 もちろん、いつもこんなに安い値段で販売されているわけではないが、セールをうまく使うと1人分の往復が22000円ほど、家族4人の航空券代を9万円弱で抑えることもできるのだ。

 
夏休みハワイに安くで行きたいなら

 誰もが憧れる、特に家族にとっては夢の様な夏休みのハワイ旅行。できるだけ安く、でも自慢できるような宿泊プランを確保するには、やっぱり個人旅行が一番、ということだ。デルタ航空のようなレガシーキャリアを使う場合でも、ツアーに比べれば70万円前後の節約、フライトをLCCのスクートさんにすれば、なんとツアーに比べて100万円近い節約になるのだ。もちろんお金が有り余っているならツアーに頼むのが楽ではあるが、普通ならこの100万円の差はかなりヤバいコストダウンではないかと思うのだ。LCCって狭いんじゃないの?快適じゃないんじゃないの?と心配しているお父さん、お母さん。安心して欲しい。食事とか毛布とか機内サービスは有料だからちょい高い気がするけれど、レガシーキャリアの料金に比べたらものすごくリーズナブルだし、肝心の座席の座り心地はレガシーキャリアとそんなに変わらない。(エアアジアのハワイ線座席レビューはこちら / スクートのハワイ線座席レビューはこちら)また、LCCのハワイ線を利用するためには関西国際空港を利用する必要があるので、東京方面の人は関西まで出向く必要はあるが、それでも出費は数万円程度に収まるので、ツアー使うよりはざくっと90万円ほど節約出来てしまうのだ。

 夏休みの家族4人でのハワイ旅行。ツアーを使えば100万円の予算を軽く超えてしまうプランだったとしても、個人旅行をしてしまえば、あのシェラトンのオーシャンフロントルームですら総額40万円で泊まれてしまう。ちなみに今書いている段階(2018年3月12日現在)では、上のプランはそのまま再現可能なものになっているので、もしも「これで行きたい!」という人は、スクート本サイトブッキングドットコムを使ってすぐにでも予約しよう。もちろん、ホテルのランクを高級ホテルではなく普通のホテルにすればもっと安く行ける。【夏休みに家族でハワイ旅行】は夢では無いのだ。 でも、やっぱり個人旅行って不安で手が出ない、、、、個人旅行の手配の仕方がわからない、、、そんな人のために、ハワイを個人旅行する手配方法を、出来るだけ詳しく紹介しているので下の関連記事を読んで個人手配で格安ハワイ旅行を実現しよう。

メジャートリップについて このサイトは、お得に旅する海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に活躍するクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間15万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP