沖縄旅行 -

旅ブロガーおすすめ!沖縄の観光スポット&やりたいこと10選【沖縄旅行 おすすめ】

目次

English
  1. 沖縄の絶対外せない!観光スポット・やりたいこと10選!
  2. 沖縄観光おすすめスポット1:ビーチ&海
    1. シュノーケルで熱帯魚
  3. 沖縄観光おすすめスポット2:沖縄 美ら海水族館
  4. 沖縄観光おすすめスポット3:世界遺産「今帰仁城跡(なきじんじょうあと)」
    1. 沖縄の桜の名所としての今帰仁城跡
  5. 沖縄観光おすすめスポット4:沖縄そば巡り
  6. 沖縄観光おすすめスポット5:読谷村 やちむんの里
  7. 沖縄観光おすすめスポット6:古宇利島
    1. 古宇利大橋から見る絶景
    2. おしゃれなカフェレストラン「L LOTA - エルロタ」
  8. 沖縄観光おすすめスポット7:沖縄ステーキ
  9. 沖縄観光おすすめスポット8:首里城
  10. 沖縄観光おすすめスポット9:国際通り
  11. 沖縄観光おすすめスポット10:琉球ガラス作り体験
    1. シーサー手作り体験
    2. 自分たちだけの守り神。オリジナルシーサー
  12. 沖縄のおすすめ観光スポット やりたいこと10選まとめ

沖縄の絶対外せない!観光スポット・やりたいこと10選!

プロもおすすめ!沖縄観光でやりたいこと10選!

沖縄旅行でどこへ行くか?何をすればいいか検索しても【沖縄の観光スポット30選!】とか【沖縄でやりたいこと40選】などいっぱいあって、結局どこ行けばいいの?と悩んでいる人も多いはず。

沖縄は海や史跡、グルメなどたくさんの見所や観光スポットがあるけれど、沖縄旅行は「2泊3日」や「3泊4日」といった旅行日程が多く、30や40など数多くの観光スポットを巡ろうと思ってもなかなか時間が足りないのが事実。

ということで!何度も沖縄に行っている旅ブロガーのモリオとミヅキが【沖縄旅行に行ったらここはいっとけ!】という観光名所や【沖縄旅行に行ったらこれはやっとけ!】といったアクティビティーを精査、沖縄旅行に行ったらまずは行ってみたい、やってみたいおすすめの沖縄観光スポットを厳選した10選を紹介したいと思う。

海、歴史、グルメ…などなど、沖縄の遊びや文化をよくばりに詰め込んだ沖縄観光のおすすめ10選。沖縄旅行を計画していて、どこに観光に行こうかな?と悩んでいるときは是非参考にどうぞ♪


沖縄観光おすすめスポット1:ビーチ&海

プロもおすすめ!沖縄観光でやりたいこと10選!

沖縄観光で絶対行きたいおすすめ観光スポットの最初はビーチ&海!

沖縄といえばやっぱり「海 / ビーチ」だろう。沖縄の海は透明度が高く、とてもキレイなことでも有名。実は私達はビーチが大好きで、世界中の美しいと言われる様々なビーチへ行って来たが、沖縄の海の美しさはそのなかでもトップクラスに近い美しさだと思う。

沖縄ではリゾートホテルが管理しているビーチが多いため、思う存分 海やビーチを楽しみたい場合は、ビーチが目の前のリゾートホテルに滞在するのがおすすめ。滞在しているホテルや宿泊施設が海から少し離れた場所でも、レンタカーやバスなどを使って気軽にビーチに行って楽しめるのが、沖縄の海の楽しみ方の一つだ。

そこでメジャートリップでも、沖縄旅行で行ってみたい沖縄本島のビーチを10ヶ所ピックアップ!各ビーチの場所については、各ビーチのリンク(GoogleMap)よりチェックしてほしい。

なお、沖縄の海は一部のビーチは年中やっていたりするけれど、基本的には4月~10月頃までが海水浴シーズンとなっている。ビーチや海を中心に沖縄旅行を楽しみたい場合は、4月~10月頃に旅行計画を立てるのがおすすめだ。

シュノーケルで熱帯魚

プロもおすすめ!沖縄観光でやりたいこと10選!

また海といえばマリンアクティビティで遊ぶのも楽しい。沖縄では、様々なマリンアクティビティが楽しめるが、その中でもおすすめしたいのは「シュノーケル」。

抜群の透明度を誇る沖縄の海で、たくさんの熱帯魚と珊瑚に囲まれながら海の中を楽しむシュノーケルは沖縄旅行のハイライトの一つ。私達も沖縄屈指のシュノーケルスポット「恩納村 青の洞窟」シュノーケルツアーに参加したことがあるが(写真はそのときのもの)、沖縄の海の透明度と美しさ、そしてそこに生きる海の生き物たちの躍動感には本当に心奪われる経験だ。

なお、沖縄でのシュノーケルは慣れている人であれば自分で海に行って個人でシュノーケルするのも有りだが、沖縄の海は海流が強く水難事故の危険もあるので、できれば以下のようなシュノーケルツアーに申し込むのが安心でおすすめだ。

【16%OFF】恩納村 青の洞窟シュノーケルツアー(楽天トラベル)

【25%OFF】恩納村 青の洞窟でファミリーシュノーケリング体験(楽天トラベル)

幻の島上陸+青の洞窟+ウミガメシュノーケリング(Veltra)icon

プロもおすすめ!沖縄観光でやりたいこと10選!

沖縄観光おすすめスポット2:沖縄 美ら海水族館

プロもおすすめ!沖縄観光でやりたいこと10選!

2つ目の沖縄のおすすめ観光スポットは「美ら海水族館」

美ら海水族館は、沖縄の海の中を再現し、ジンベイザメやマンタなどの海を代表する生き物たちも飼育されている見どころたっぷりの水族館だ。

沖縄 美ら海水族館
名称沖縄 美ら海水族館
場所沖縄県 国頭郡本部町字石川424番地
営業時間通常期:8:30 - 18:30(入園締切 17:30)
繁忙期:8:30 - 20:00(入園締切 19:00)
入園料大人 2,180円
高校生 1,440円
小中学生 710円
6歳未満 無料
電話番号0980-48-3748
行き方車で空港から高速道路経由で約2時間。バスは那覇空港から高速バス(1日約20便前後運行)で約3時間。おすすめはレンタカーを使ってのアクセス。
駐車場海洋博公園の駐車場は全て無料

入園チケットは美ら海水族館 公式サイトからネットで購入することができるが、水族館までのレンタカーが用意できない時や、那覇市内から簡単に美ら海水族館に観光に行きたい場合は、以下のような沖縄現地ツアーを利用するのも便利でおすすめだ。

美ら海水族館観光バスツアー 古宇利島+選べるコース「ナゴパイナップルパーク」又は「アメリカンビレッジ」をめぐる1日観光(Veltra)icon

美ら海水族館観光バスツアー 万座毛+御菓子御殿をめぐる1日観光 夕食付きプランもあり(Veltra)icon


沖縄観光おすすめスポット3:世界遺産「今帰仁城跡(なきじんじょうあと)」

プロもおすすめ!沖縄観光でやりたいこと10選!

3つ目の沖縄観光おすすめスポットは沖縄の世界遺産の一つ「今帰仁城跡(なきじんじょうあと)」観光だ。「なきじんぐすくあと」とも読む。

14世紀の沖縄は、沖縄本島は北部地域を北山、中部地域を中山、南部地域を南山がそれぞれ支配していた「グスク時代」と呼ばれている時代で、当時の北山王が今帰仁城を拠点に沖縄北部を支配下に治めて中国との貿易をしていた。その後、15世紀に入り中山王によって北山は滅ぼされてしまうのだが、中山はその後もこの今帰仁城を沖縄北部の監視拠点として使っていた。

そこから時代は流れ、1609年に薩摩軍による琉球侵攻で城は炎上、消失してしまうが、その後も沖縄の人たちの心の拠り所として、この今帰仁城跡は拝所として親しまれ、歴史を刻みながら今に至っている。

世界遺産「今帰仁城跡」
名称今帰仁城跡(読み方:なきじんじょうあと)
場所沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101番地
営業時間通常期:8:00 - 18:00(入場締切 17:30)
繁忙期:8:00 - 19:00(入場締切 18:30)
観覧料大人 600円
高校生 450円
小学生以下 無料
電話番号0980-56-4400
行き方車で空港から高速道路経由で約2時間45分。バス利用の場合は、やんばる急行バス、本部循環線を利用して「今帰仁村字泊今帰仁城趾入口」下車後、徒歩15分。レンタカーの利用がおすすめ。
駐車場無料(320台収容)

この史跡「世界遺産 今帰仁城跡」は、沖縄の歴史を知る上で非常に重要な場所となっており、歴史好きな人にはたまらない沖縄観光スポットの一つだ。

2つ目のおすすめ観光スポットとして紹介した美ら海水族館からは車で15分ほどの場所にあるので、この今帰仁城跡と美ら海水族館をセットで観光するとルート的にも無駄がないのでおすすめだ。

沖縄の桜の名所としての今帰仁城跡

プロもおすすめ!沖縄観光でやりたいこと10選!

また世界遺産「今帰仁城跡」は、実は沖縄の桜の名所としても有名で、毎年沖縄の桜の季節になると「今帰仁グスク 桜まつり」が開催される。

沖縄の桜は「寒桜」。本州よりもかなり早く、毎年1月下旬~2月上旬頃に見頃を迎える。

「今帰仁城跡」で開催される桜まつりにはたくさんの人が桜を見に訪れる。そんな「今帰仁グスク 桜まつり」についての詳細は下の記事を参考にどうぞ。

記事 【冬の沖縄 おすすめスポット】世界遺産「今帰仁城跡(なきじんぐすくあと)」で楽しむ桜 / お花見 今帰仁グスク桜まつり【冬の沖縄観光】 沖縄が誇る世界遺産「今帰仁城跡 / なきじんぐすくあと」の冬の風物詩の一つ「今帰仁グスク 桜まつり」を実体験レビュー! 今帰仁城の歴史の始まりは遡ること13世紀。その貴重な史跡の中で楽しむ、沖縄の桜まつり / お花見の情報をお届けします。

冬の時期の沖縄旅行はあまり注目されないが、1月末から2月にかけてはこの寒桜のシーズンにあたるため、沖縄でお花見をするなら実は非常に良い旅行シーズンでもある。もしも冬の沖縄に訪れる機会があれば、是非「今帰仁城跡の桜まつり」にも訪れてみよう。

プロもおすすめ!沖縄観光でやりたいこと10選!

沖縄観光おすすめスポット4:沖縄そば巡り

プロもおすすめ!沖縄観光でやりたいこと10選!

旅行といえばその土地ならでは「食事 / グルメ」も欠かせない。沖縄旅行のグルメといえば沖縄料理だが、その中でも「沖縄そば」の名店巡りは、有名な沖縄観光地巡りに負けないコンテンツとなっている。そう、4つ目のおすすめ観光スポットは「沖縄そば巡り」だ

ただ、沖縄そばの名店巡りというのは、旅行者が自分で探そうと思ってもなかなかうまくいかない。更にガイドブックに載っているお店に行って食べてみても「うん?」と思うことも多々あるのは事実。大きな声では言えないが、理由は簡単。お店側が広告料や宣伝料を払って載せている部分もあるからだ。では、どうやって本当に美味しいお店を見つければ良いのか?

そこで活用してほしいのが、自分が滞在しているホテルのスタッフや、お土産を買ったりしたお店の人への聞き込みだ。

旅行先で美味しいものを食べたいなら地元の人に聞くのが一番。私達も沖縄の名護に旅行に行った際、美味しい沖縄そばのお店をいくつか聞いて行ってみた。本当に驚くほど美味い沖縄そばを食べることができた。(詳細は下の記事にて)

記事 【沖縄そば ランキング1位!】地元の人に人気の通好みの沖縄そば「 いしぐふー 本店 」はマスト! 地元の人に教えてもらった、通好みの沖縄そばの老舗「いしぐふー」@やんばる店(本店)に行ってきたので、その詳細を実体験レポート!いしぐふーやんばる店は、昔ながらの沖縄そばスタイルである、卵焼きがのったいしぐふーそばや、本店限定のいしぐふー麺など、本店ならではの一杯が楽しめる。 記事 【沖縄そば おすすめ】地元の人に大人気!おすすめの沖縄そばのお店「幸ちゃんそば」【沖縄観光】 沖縄・名護の地元の人に聞いた、本当に美味しい沖縄そばのお店を実食レビュー。新鮮な沖縄県伊平屋島産の食材を使った本場の沖縄そばが食べられる、地元の人達に愛されている人気のお店に行ってみました。

地元の人に聞くと観光客相手ではなく地元の人に愛されている昔ながらのお店を教えてくれることが多く、本当の沖縄そばの味に出会うことが出来るはずだ。ぜひ地元の人とのコミュニケーションも楽しみつつ、あなただけのお気に入りの沖縄そばのお店を見つけてみよう!


沖縄観光おすすめスポット5:読谷村 やちむんの里

プロもおすすめ!沖縄観光でやりたいこと10選!

5つ目の沖縄おすすめ観光スポットは「読谷村(よみたんそん) やちむんの里」。

読谷村(読み方:よみたんそん)とは沖縄本島の中部に位置する日本の村としては最も人口の多い村で、その内陸部にあるのが「やちむん(沖縄の方言で「焼き物」の意味)の里」だ。

「やちむんの里」は、現在19の工房が集まって活動している昔ながらの工芸村で、やちむんの里の中には実際の工房や工房が設けた陶器の売店などがあり、お土産になりそうなものから個性的なものまで、様々な沖縄の焼き物を見つけることが出来る。

やちむんの里
名称やちむんの里
場所沖縄県中頭郡読谷村座喜味2653-1番地
営業時間お店により異なるが、夕方17時頃には閉まるお店も多いので、お昼間に出かけるのがおすすめ。
入場料無料
行き方車で空港から高速道路経由で約50分ほど。レンタカーを使ってのアクセスがおすすめ。
駐車場無料
プロもおすすめ!沖縄観光でやりたいこと10選!

「読谷村 やちむんの里」は、本当に様々な沖縄の焼き物を購入することができ、お店によってはクレジットカード利用が可能なお店もある(沖縄ではクレジットカードが使えないお店も多い)。また、購入したお店から自宅などまで購入した商品の配送も可能。

なお。「やちむんの里」については下の記事に詳しくまとめているので、合わせて参考にどうぞ。

記事 【沖縄 観光 おすすめ】器好きに絶対おすすめ!沖縄観光スポット「やちむんの里」【沖縄 読谷村】 沖縄の読谷村(よみたんそん)にある大人気の観光スポット「やちむんの里」にレンタカーで行ってきたので、そのアクセス方法や営業時間、そして訪れた工房や置かれている焼き物などの詳細をお届けしたいと思う。

沖縄観光おすすめスポット6:古宇利島

プロもおすすめ!沖縄観光でやりたいこと10選!

6つ目の沖縄観光おすすめスポットは、沖縄本島の今帰仁村(なきじんそん)から車で橋を渡って行ける離島「古宇利島」(読み方:こうりじま)。

この古宇利島は、人口約350人、農業と漁業が主な産業の小さな島で、美しい海とのどかなさとうきび畑の風景に心癒される、昔ながらの沖縄の景色が広がる離島だ。

「古宇利島」の観光スポットは、そののどかで美しい島の景色そのもの。目的も無く島をドライブしてみたり、時には車を降りてブラブラ歩いてみたりするだけでも、この古宇利島の美しい魅力が海風を通して伝わってくる。

古宇利島
名称古宇利島
場所沖縄県国頭郡今帰仁村
行き方車で空港から高速道路経由で約2時間~2時間30分ほど。レンタカーを使ってのアクセスがおすすめ。

古宇利大橋から見る絶景

プロもおすすめ!沖縄観光でやりたいこと10選!

沖縄本島から古宇利島へは、2005年に開通した全長1,960mの古宇利大橋(通行は無料)を渡って向かう。橋の両側には青く透き通る海の絶景が広がり、この橋を渡るためだけの目的でドライブを楽しみながら古宇利島を訪れていいくらいの絶景だ

晴れた日の古宇利大橋から見る景色は、沖縄旅行のハイライトになるくらいの絶景で本当に美しいので、レンタカーがあれは是非この古宇利大橋を渡りに沖縄ドライブ旅行を楽しもう!

沖縄で格安レンタカーを借りたい場合は下の記事を参考に。

沖縄観光 1日1000円!格安レンタカーの借り方 沖縄旅行 沖縄観光 1日1000円!格安レンタカーの借り方 沖縄で格安のレンタカーを借りてみた。お値段はなんと!4泊5日で5120円。1日1000円の格安レンタカー。沖縄旅行は移動にはレンタカーがあると非常に便利だが、こんなに安くていいのか?ちゃんとした車に乗れるのか?その気になる体験談をレポートしたい。

おしゃれなカフェレストラン「L LOTA - エルロタ」

プロもおすすめ!沖縄観光でやりたいこと10選!

またこの古宇利島は、小さい島ながらいくつかのおしゃれなカフェやレストランが存在する。

中でもおすすめしたいのが【コーヒーが美味しいカフェレストラン「L LOTA - エルロタ」(公式ホームページ)】。

私達が沖縄に滞在中、ホテルのスタッフに古宇利島に行くことを伝えると、「それならぜひここに行ってみて!」と、教えてもらったお店だ。

「L LOTA - エルロタ」は少し高台に建っているので、そこから広がる長閑な絶景を眺めながら飲むコーヒーは本当に最高!

営業はお昼12:00~夕方16:00頃、金土日のみディナー営業(18:30~20:30)をやっているお店なので、古宇利島にドライブにきて少し休憩がてら立ち寄ってみるといいだろう。


沖縄観光おすすめスポット7:沖縄ステーキ

プロもおすすめ!沖縄観光でやりたいこと10選!

「飲んだ後に〆のラーメン」ならぬ「飲んだ後に〆のステーキ」と言われるほどステーキを食べる食文化がある沖縄。

ということで、7つ目の沖縄おすすめ観光スポットは沖縄に旅行に来たら一度は食べておきたい沖縄のステーキ♪だ!

私は大の肉好きなので沖縄に行ったら必ずどこかでステーキを食べよう!と心がけているのだが(笑)、名護市の地元の人に教えてもらった美味しいステーキのお店があるので紹介しておきたいと思う。その美味しいステーキハウスは「ふりっぱー」という1971年創業の老舗店ふりっぱー公式HP)。

営業時間は11:00オープンで、クローズは混雑状況によって変わるのだけど、だいたいお昼の15:30頃には入店締切となってしまうという、お昼間にしかやってない時間限定のステーキハウス。

さらに支払いは現金のみ、予約も受け付けていないという、かなり限定的な感じのお店なのだが、「ふりっぱー」のフィレ肉のステーキ(3,000円 / お肉230g スープ+ライスorブレッド+コーヒーor紅茶orオレンジジュース付き)が噂通り非常に美味しくて感動レベル。お肉はスモールサイズもあり、ロブスターやハンバーグもあるのでお好みで。

また、沖縄は安くてコスパの非常に良い全国的ステーキハウスチェーン「やっぱりステーキ」発祥の地。

中心部の那覇市だけでも「やっぱりステーキ」は8店舗もあるので、安くて美味しいステーキを手軽に食べたい時は、「やっぱりステーキ」に立ち寄ってみるのもおすすめだ。

記事 沖縄といえばステーキ!1000円ステーキハウス「やっぱりステーキ」ってどうなの? 沖縄発のステーキハウスチェーン「やっぱりステーキ」。1000円でステーキが食べられて、サラダやご飯、スープが付いてお代わり自由という、とんでもなく激安のステーキハウスだ。名前はいきなり!ステーキによく似ててちょっと胡散臭い感じもするが(笑)、果たしてどんなステーキが食べられるのか、沖縄のイオン名護店にある『やっぱりステーキ』に行ってみた。

こんな感じで沖縄には様々なステーキハウスがあり、非常に奥深いグルメジャンルになっているので、お肉好きな人はぜひ沖縄ステーキを体験してみよう!


沖縄観光おすすめスポット8:首里城

プロもおすすめ!沖縄観光でやりたいこと10選!
Photo by CEphoto, Uwe Aranas

沖縄観光のおすすめスポット8番目は、沖縄観光の代名詞とも言える「首里城」観光だ。

沖縄観光として「首里城」はとてもベタな観光スポットではあるが、やはり沖縄に来たなら一度は見ておきたい、沖縄の歴史が積み重なった琉球王朝最大の建造物だ。

ただ、現在は正殿が2019年の大火災で消失してしまい、2026年に向けた再建工事の真っ只中という状況。工事中の歴史建造物を見ても…と思う反面、工事中の首里城を見られるのは今しかないとも言えるので、時間があればぜひ足を運んでみたい。

首里城
名称首里城
場所沖縄県那覇市首里金城町1−2
営業時間7月~9月 8:30 - 20:00(入場受付 19:30まで)
12月~3月 8:30 - 18:00(入場受付 17:30まで)
その他 8:30 - 19:00(入場受付 18:30まで)
入場料大人 400円
高校生 300円
小中学生 160円
6歳未満 無料
行き方車で空港から約40分ほど(道路の混雑状況による)。モノレール(ゆいレール)は空港駅から約15分で首里駅に到着後、そこから歩いて約15分程で到着。首里駅からは路線バスも運行されている。
駐車場小型車 400円
大型車 1,200円

沖縄観光おすすめスポット9:国際通り

プロもおすすめ!沖縄観光でやりたいこと10選!
663highland, CC BY-SA 3.0

9つ目の沖縄観光おすすめスポットは、沖縄最大の繁華街である「国際通り」(那覇国際通り商店街)。

国際通りとは、那覇市の県庁北口交差点から安里三叉路までの約1.6km(約1マイル)の通りで、沖縄で最も栄えている繁華街だ。

国際通りはデパート、レストラン、サービス、雑貨店、お土産物屋など、様々なお店が軒を連ねるとても賑やかな街で、日曜日の12時~18時には国際通りの約1,300mが歩行者天国になり、通り内ではオープンカフェやストリートパフォーマンスが催される。

そんな華やかな沖縄屈指の繁華街ではあるが、他の都市の街同様、専用駐車場などは無いのでレンタカーで訪れる場合は事前にコインパーキングを調べておく必要があるなど少し大変な面もあるので注意しよう。

国際通り
名称那覇国際通り商店街
場所沖縄県那覇市
営業時間9:30 - 22:00(お店により異なる)
定休日不定休(お店により異なる)
歩行者天国毎週日曜日 12:00 - 18:00
駐車場近くのコインパーキングを利用
行き方車で空港から約20分ほど(交通量により異なる)。ゆいレール利用の場合は、空港駅乗車後、県庁前駅、もしくは牧志駅で下車後、徒歩数分。

沖縄観光おすすめスポット10:琉球ガラス作り体験

プロもおすすめ!沖縄観光でやりたいこと10選!

沖縄観光おすすめスポットの10番目、最後を飾るのは、体験型観光「琉球ガラス作り体験」。

沖縄には昔ながらの琉球ガラスを作っている工房が点在しているが、いくつかの工房では琉球ガラス作りが体験できるサービスを提供している。

私達も沖縄旅行の際に、読谷村にある「源河源吉(読み:げんかげんきち)琉球ガラス工房」(公式HPはこちら)という工房で自分たちの沖縄旅行の思い出に琉球ガラス作りを体験し、世界に一つだけのオリジナルの琉球ガラスのグラスを作ってみた。

琉球ガラス職人さんに手ほどきを受けながら、ガラスを熱して息を吹き…ガラスを膨らませて、好みの色ガラスを足して溶かして…と、手間暇を掛けて自分だけの琉球ガラスのグラスを作っていくというのは、とても思い出に残るひとときだ。そうやって自分の手で作ったグラスは沖縄旅行の思い出として今は毎日食卓に上っている。

プロもおすすめ!沖縄観光でやりたいこと10選!

観光スポットというのは、観光地に行ってただ見るだけという受け身な体験になりがちだが、自分の手で物を作るという体験型観光は、きっと忘れられない旅行の思い出となるだろう。

「琉球ガラス作り体験」が出来るガラス工房というのはそんなに多くはないが、いくつかの工房を下にピックアップしておいたので、興味があれば各HPにアクセスして料金などを確認してみよう♪

なお「琉球ガラス作り体験」で出来上がったグラスはしっかりと冷まして、翌日以降に持ち帰ることが出来るが、お店に取りに行ける時間がなければ家まで配送してもらうことも可能なのでお店に相談してみよう。

シーサー手作り体験

プロもおすすめ!沖縄観光でやりたいこと10選!

手作り体験といえば、「シーサーの手作り体験」もおすすめ。

シーサーは琉球王国の時代から作られてきた沖縄の守り神であり、沖縄のシンボルだ。そんな守り神のシーサーを一から粘土で成形して自分で手作りすることもできる。

写真は、私達が「シーサー作り体験」をしたときのもの。1日目に粘土で成形し、翌日絵付け(色塗り)をした。

自分たちだけの守り神。オリジナルシーサー

プロもおすすめ!沖縄観光でやりたいこと10選!

一生懸命作ったこのシーサーたちは今は我が家の守り神。ユニークなシーサーたちを見るたびに沖縄旅行のことを思い出す(笑)。

シーサー作りはかなりたくさんの場所で体験できるので、時間があれば是非チャレンジしてみよう。

シーサー作りができるお店はアソビューで探すことが可能。

お店の選び方のポイントとしては、自分が滞在しているホテルの近くのお店を選ぶと落ち着いて作ることができる

時間があまりない人は素焼きしたシーサーに自分で色を塗る「シーサー絵付け体験」、ちょっと時間がある人は粘土や漆喰で成形して作る「シーサー作り体験」に挑戦してみよう。


沖縄のおすすめ観光スポット やりたいこと10選まとめ

プロもおすすめ!沖縄観光でやりたいこと10選!

旅行先の観光というと、名所と呼ばれる観光地を訪れて見て回るというのが多くなりがちだが、観光名所巡りだけでは、沖縄の本当の良さを感じることは出来ない。

今回の沖縄旅行のおすすめ観光スポット10選には、定番の沖縄観光地だけでなく、現地の人とコンタクトを取りながらお店を見つける探検型のグルメ観光や、沖縄の伝統的な物作りを自分で体験して形ある思い出も一緒に作るアクティブな体験観光なども盛り込んでいる。

限りある沖縄旅行の時間で、これらの全てを体験することは難しいかもしれないが、この沖縄観光おすすめ10選の中から、次の沖縄旅行に向けたヒントが見つかれば幸いだ。

沖縄で安いレンタカーを借りる方法など、その他沖縄情報については下のリンクからチェックしてお得に沖縄を楽しもう。それでは、オリジナルな沖縄旅行であなただけの忘れられない思い出を♪

沖縄観光情報のまとめページで沖縄旅行をチェック! 沖縄旅行 沖縄観光情報のまとめページで沖縄旅行をチェック! 沖縄旅行に行く前にチェックしておきたい!沖縄のおすすめスポットや観光情報、お得情報を旅行者目線でお届け。グルメもレジャーも観光もたっぷり!夏でも冬でも沖縄を楽しみつくそう♪