もっとお得に旅しよう! - 旅行ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
travel - 旅行記

【スウェーデンとデンマーク 旅行記 ブログ | マイルでビジネスクラス無料!北欧のクリスマス 9】チャンギ国際空港の荷物預かり所。うーん、これ預ける値段+地下鉄代でバッグ買えそうじゃない?【前編】

 
荷物預かり場所

 ラウンジを出て荷物預けサービスへと向かう。シンガポールのチャンギ国際空港には各ターミナルごとに出国審査後のエアサイドエリアに荷物預り所がある。場所はこのターミナル2ではエアサイドへのゲートを抜けたすぐ隣。上に「Left baggage - 手荷物預り所」と何気に日本語での案内もあるのですぐに分かるはずだ。

今回のお話の舞台場所は...

 
荷物預りの料金

 預かり所に行くとすでに先客が荷物を預けていた。そういやここの預かり料金っていくらなんだろう?

モリオ:「えっと、、、小さい荷物、10kgまでが8 SGD(単位:シンガポールドル / 約700円)みたいやね。」

ミヅキ:「そっかぁ、、。あれ?そういえば地下鉄でオーチャードまで行ったらいくらだっけ?」

モリオ:「ええっと、、、たしか二人で5 SGDぐらいかな。あと乗り換えは2回かな。」

ミヅキ:「じゃあ往復で10 SGDかぁ。それとここで8 SGDでしょ。あとオーチャードって安いお店あったっけ?」

モリオ:「うーん、、、オーチャードは高いかもなぁ。。。安く買えるとしたらムスタファセンターか?」

ミヅキ:「ムスタファセンターってどうやって行くんだっけ?」

モリオ:「うん?レッドライン(オーチャードを通る地下鉄ルート)じゃないから、さらに乗り換え要るんちゃうか?」

 
シンガポールの地下鉄での乗り換え

 このシンガポールで地下鉄で繁華街(オーチャード)まで移動しようとすると実は2回ほど乗り換える必要があるのだ。所要時間は乗り換えなどを考慮にいれると40〜50分。余裕を見るなら片道1時間は考えておいたほうが良い。さらに安いショッピングセンターのムスタファセンターがあるのはリトルインディアで、そこまで行こうとすると、さらにもう一回乗り換えが必要となってくる。シンガポールが目的の旅行なら問題はないが、、、私たちは今回はただのトランジット。うーん、、、。

モリオ:「なんかさ、、、むちゃ面倒くさくなってきたんやけど、、、w」

ミヅキ:「、、、分かる。面倒くさい。」

モリオ:「でもバッグ破れてるしなぁ。代わりは絶対要るよな。。。」

ミヅキ:「、、、あ!ここ空港なんやし旅行バッグぐらい売ってるんじゃない?」

モリオ:「おお、そうやった。ここ空港やったなw とりあえず空港内のモール見てバッグ探すか?」

ミヅキ:「そうしよう!」

 一度は思い立ってシンガポール市内へと行こうと試みた私達ではあったが、やはり飛行機でちゃんと寝なかったのが祟っていて、どうもすぐにだるくなってしまい、やっぱり空港で事を済ませようという方向に流れていったわけだ、、、。なんか出だしグダグダな旅になってるな(汗)。まぁでもここって、まだ最初の目的地コペンハーゲンの1/3ぐらいの場所なわけだし、旅行期間も長いんだから、このぐらいダラダラやってもいいことにしておこう。。。

 
案内端末をもう一度確認

 最初のゲート確認から6時間ほど経っているので、そろそろ次の私達のターキッシュの便(TK055)のゲートも決まったんじゃないかと思い、その辺にある案内端末にボーディングパスをかざし、ゲートチェックをしてみる。(写真の下の赤く光ってるとこにチケットのバーコードをかざすとゲートが画面に表示される)すると画面には「D34」の案内が現れた。Dゲートはターミナル1。じゃあ、ターミナル1に向かいつつ、バッグを探して歩いてみるかな。

 
なかなかバッグは見つからない

 小物なんかが置いてあるキオスクや売店をあたってはみるが、大きめのバッグなどはあったが、お目当ての折りたためるバッグは見つからない。ターミナル内のセブンイレブンにも色々と旅行グッズはあったが、、、残念ながらバッグは「SINGAPORE」って大きく書かれたトートバッグしか無いwこれから北欧行くのに、シンガポール帰りの旅行者みたいな格好をしてもなぁ、、、、。ここは一旦ターミナル1に行ってみるかな。

メジャートリップについて このサイトは、お得に旅する海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間40万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP