もっとお得に海外旅行 - 旅行記ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
English
travel - 旅行記
更新日 2018年02月01日

【クリスマス~年末年始海外旅行記・ビジネスクラスで世界半周16日間の旅 | 北欧のクリスマス編 20】ターキッシュエアラインズのビジネスクラス短距離線。2時間でもこんな料理が出てくるのか(汗)【前編】

 
TK1885便の搭乗

 イスタンブール発、オーストリア・ウィーン行きのフライトTK1885便に乗り込む。機材はA321-200。短距離路線でよく使われているA320シリーズの一番縦長の機体だ。搭乗するゲストはかなり多いようで、ボーディングブリッジは長蛇の列ができている。うぅ、さすがに外は寒いなぁ。。なお、ビジネスクラスの優先搭乗などは無し。やはりビジネスクラスの恩恵を一番感じられるのは長距離路線である。

 
A321-200のビジネスクラス

 さてさて、ようやく席に到着。こちらがターキッシュエアラインズのA321-200のビジネスクラス席。配列は2-2。エコノミー席は3-3の配列となっている。短距離線のフライトなので個人モニターは付いていないかなと思ったが、そのあたりはさすがはターキッシュさん。ちゃんと各座席に折りたたみ式のモニターを用意していた。(このターキッシュエアラインズ TK1885便のビジネスクラス詳細はこちら

 
席の座り心地

 席の座り心地は、短距離線としては十分な感じ。シートリクライニングはデータによると11インチ(約27cm)ということなので、シートを倒した時の後ろに出っ張る幅が11インチぐらい、、という感じなのかな?横幅もゆったりで、肘掛けも太め。

 
ウェルカムドリンク

 ボーディングが落ち着くと用意されたのがウェルカムドリンク。こちらは長距離線で用意されていたものと同じソフトドリンク。ターキッシュエアラインズのビジネスクラスに乗ると、必ず提供されるスペシャルドリンクなのだろう。

 
げ、、、ちゃんと食事出るやんw

 さて、、、2時間のフライトなので、食事は大したものが出ないだろうと、さっきのラウンジで好きなだけ食べちゃったんだけど、、、なんだ?このメインまで選べそうなメニューの内容は(汗)。食べられるのか?いや、食べないとアカンでしょ。。。

メジャートリップについて このサイトは、お得に旅する海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間40万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP