もっとお得に旅しよう! - 旅行ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
info - 情報
更新日 2019年05月09日

【世界基準】海外旅行 国際線は何時間前に空港に到着すればいい?チェックインの開始時間に注意【海外旅行の基本知識】

国際線は何時間前までに空港に到着するべき?

 海外旅行で飛行機に搭乗する際、一体いつまで / 何時間前までに空港に到着しておくべきか、予定を立てる時には悩んでしまいがちだ。日本出発の時はもちろん、海外旅行先の現地から日本に戻ってくるときは特に頭を悩ませる問題だ。

 そこで今回は、日本国内はもちろん、世界中の空港を使って分かった、空港到着に最適な時間を、ケースバイケースで紹介したいと思う。これさえ頭に入れておけば、空港到着の時間に頭を悩ませる心配は無い。

 
国際線の空港到着時間の基本!

 まず最初に、世界共通で「国際線」の空港到着時間は「飛行機の出発時刻の2時間前」が基本となる。ANAJALなどのレガシーキャリアはもちろん、エアアジアや、ベトジェットスクートといったLCCでも、出発2時間前に到着しておけば、よっぽどのことがない限り乗り遅れることは無い。

 この「空港到着は出発2時間前」というのは、パッケージツアーなどでも定番の待ち合わせ時間になっているので、とりあえず「国際線=2時間前」と頭に叩き込んでおけば問題ない。

国際線の空港到着時間(基本)
出発時刻の2時間前

 
国際線で日本からLCCを利用する場合

 次に、搭乗する飛行機がエアアジアやベトジェットなどのLCC(格安航空会社)の場合の空港到着時刻について。通常は何も考えなければ、上の「出発時刻の2時間前(基本)」で問題無いのだが、LCCはとにかくチェックインカウンターも混み合うことが多いので、チェックインの列であまり待ちたく無い場合は、遅くても出発時刻の3時間前までには空港に到着しておきたい。

 上の写真は、ゴールデンウィークの関西空港でのエアアジア・ハワイ便の出発時刻3時間15分前の様子だが、繁忙期+LCCの場合、3時間前に来てもかなり並ぶことになるのは覚悟しよう。なお、4時間前に来れば、なんとか列の前の方は確保できる。

国際線の空港到着時間:日本からLCCの場合
かなり並んでも良い
出発時刻の2時間前
あまり並びたくない
出発時刻の3時間前
最速でチェックインを済ませたい
出発時刻の4時間以上前

 ただし、3時間前にチェックインカウンターへ向かっても、フライトによっては出発時刻の2時間半前にならないとカウンターがオープンしていないこともあるが、チェックイン待ちの列の前の方には並ぶことができるので、列に並びつつ気長に待つことにしよう。

 
繁忙期(GW・夏休み・年末年始)の空港到着時刻

 繁忙期(GW・夏休み・年末年始)に日本から海外旅行へ行く場合の空港到着時刻は、人が多すぎることもあるので、余裕を持って「フライト出発時刻の3時間前」には空港に来ておくと安心してチェックインを済ませる事ができる。

 なお、JALやANAなどのレガシーキャリアなどでは事前のウェブチェックインを済ませておけば、より短時間でチェックイン作業を進めていくことができるので、ウェブチェックインが利用可能なフライトの場合は、繁忙期こそ、ぜひ活用したいところだ。

国際線の空港到着時間:繁忙期に日本から
遅くても・・・
出発時刻の2時間前
余裕を持ってチェックインしたい
出発時刻の3時間前

 
ラウンジ利用したい場合の空港到着時刻(日本・海外共通)

 お次は、ビジネスクラス利用の際や、プライオリティパスを使って空港ラウンジを利用したい場合の空港到着時刻について。こちらは、日本から、海外旅行先の空港でのどちらにも当てはまるが、思いっきり空港ラウンジを堪能したい場合は「フライト出発時刻の3時間前」には空港に到着しておきたいところだ。

 もちろん2時間前でもラウンジを利用する時間も無くはないが、時間的には空港が混み合ってない場合で〜1時間、混み合っていると30分ぐらいしかラウンジ滞在時間が確保できない。

ラウンジを利用したい場合の国際線の空港到着時間
出発時刻の3時間前

※ 空港のビジネスクラスラウンジが利用できるプライオリティパスをお得に作る方法は下の記事を参照。

サムネイル card MUFGカード・プラチナアメックスカードを持ってわかったメリットとデメリット プライオリティパスを格安で持てるクレジットカードMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを実際使ってみてわかったメリットとデメリットを詳しく解説。

サムネイル card MUFG プラチナ・アメックスカード | クレジットカードで夫婦のプライオリティパスが無料! クレジットカードのMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを徹底解説。プライオリティパスや旅行傷害保険、貯まるポイントと交換先、空港手荷物宅配サービス、そしてその他のホテルやレストラン特典など、MUFGカード・プラチナアメックスカードのメリット、デメリットも含めた全てが分かる。

 
番外編:プライオリティパスで「ぼてぢゅう」利用したいなら?

 ついでに、関西空港 / 関西国際空港を利用する場合に限られるが、プライオリティパスを利用して「ぼてぢゅう(ぼてじゅう)」で食事をしたい場合の空港到着時刻について。ぼてぢゅうは関空でも一番人気のプライオリティパスの利用場所としても知られるスポット。

サムネイル info 【プライオリティパスで関空のぼてぢゅう 無料】同伴の子供や赤ちゃんは?ぼてぢゅう - BOTEJYUの利用方法 価格 無料の範囲を詳しくレビュー 関西国際空港のランドサイド(保安エリアの外)、国際線ターミナル(4F)と国内線ターミナル(2F)のどちらからでもアクセスできるレストランエリアの「ぼてぢゅう(ぼてじゅう)- BOTEJYU」でプライオリティパスが使える!一体どのぐらいオーダーできるか実体験レポート♪

 そのため、いつ行っても待ち時間が30分前後は掛かってくるため、空港到着が出発時刻の2時間前だと、全然時間が足らなくなる。さらにぼてぢゅう利用には、Eチケットの控えではなく当日利用の搭乗券が必要になった(2019年5月現在)ので、流れとしては、チェックインカウンターのオープン(3時間前)に合わせてチェックインを済ませ、急いで下階のレストラン街にあるぼてぢゅうに行って並ぶ・・・ということが必要となるので覚えておこう。

ぼてぢゅう利用の際の関空到着時刻
出発時刻の3時間〜4時間前

 
海外旅行先での空港到着時刻 / 国際線

 続いて、海外旅行先で何時間前までに空港到着すればいいかも見ていきたい。海外旅行先の空港であっても、国際線の場合、基本となるのは「出発時刻の2時間前」。この空港到着時間についてはレガシーキャリア、LCCどちらであってもさほど違いは無い。

海外旅行先での空港到着時刻
出発時刻の2時間前

 
空港までの送迎を手配している場合

 海外旅行先での、空港までの送迎をインターネットなどで手配している場合は、だいたい送迎のシャトルやタクシーは、フライト出発時刻の2時間〜2時間30分前ぐらいに空港に到着するようにホテルまで送迎がやってくることがほとんど。迎えの時間帯については、自分でスケジュールを立てるのではなく、事前に送迎する業者が時間を指定してくるケースがほとんどなので、特に自分で空港到着時刻を気にする必要はない。

海外旅行先での送迎手配の場合
業者におまかせ

 
海外旅行先で国内線を利用する場合

 海外旅行先で、国内線を乗り継いで日本へと帰国するケースも多いが、この場合は「出発時刻の1時間前」ぐらいに空港に着いていれば問題なく飛行機に乗ることができる。小さい空港などになると、保安エリアに入るまでの荷物検査なども5分もかからず、1時間前に到着したけど、50分ほど待つことになってしまうこともある。ただまぁ勝手の分からない海外の空港なので、余裕を見て1時間前ぐらいに到着しておけば、何かトラブルがあったとしても対処しやすい。

海外旅行先で国内線乗り継ぎの場合
出発時刻の1時間前

 
例外:海外旅行先での地方空港の場合

 さて、海外旅行先で国際線の空港到着時刻は「出発の2時間前」が基本と上でも述べたが、一部の地方空港では、国際線であっても「出発の1時間前」にならないと出国審査場が開かないという空港も一部存在する。私達もインドネシアのギリ島に行った際に、ロンボク国際空港でそういったレアなケースに遭遇した。

サムネイル travelBook 【インドネシア ロンボク島 ギリ島 旅行記 ブログ】GWは格安で海外の絶景ビーチリゾートへ! 2016年6月のエアアジア「BIG SALE」で手に入れた、ゴールデンウィーク中の片道1万5000円の関空~ロンボク島のエアアジアのチケットを使って出かける、初めてのロンボク島&ギリ島への旅行記ブログ。

 国際空港なのに、国際線のエアサイド(保安エリア内)に入れるのが1時間前・・というのはなかなかイレギュラーな状況ではあるが、国が違えば状況も異なるので、そんな時はその地域ならではの空港の雰囲気を楽しみながら、ゲートが開くのを気長に待っていよう。まぁ、どんな小さな空港であっても、勝手がわからない時は、トラブルを避けるためにも、とりあえず出発時刻の2時間前には到着するようにしたいところだ。

 
国際線のチェックインカウンター受付終了時間

 以上で、国際線を利用の際の空港到着時間の目安は分かったと思うが、最後に「国際線のチェックインカウンターの受付終了時間」についても述べておこう。国際線でのチェックインカウンターの受付終了時間は、各航空会社により多少異なる場合もあるがおおよそ「出発時刻の1時間前」が基本となっている。(ピーチなどは出発50分前が締め切りの場合もある)

 出発1時間前といっても飛行機の搭乗が締め切られるのは出発10分〜20分前となるので、実質、飛行機に乗り込むまでの時間は40分程しか残っていない。チェックインカウンターで搭乗券を受け取って、出国審査を済ませ、保安検査を受けて出発ゲートまで行くことを考えると、かなりカツカツの時間となる。また北京や上海、チャンギ国際空港、ドバイ国際空港といった巨大空港になってくると、空港職員に声を掛けて優先的に出国審査や保安検査を抜けさせてもらったりしないと、乗り遅れてしまう可能性も否定できない。

 そんなわけで、飛行機のチェックインカウンターが出発1時間前まで空いているとは言え、やはり国際線を利用する場合は、出発の2時間前までには空港に到着しておくようにしよう。

国際線のチェックインカウンター受付終了時刻(目安)
出発時刻の1時間前

 
国際線の空港到着時刻

 国際線を利用する場合、何時間前に空港に到着したほうがいいかの目安は以下の通り。

国際線の空港到着時間
一般的な目安
出発時刻の2時間前
ラウンジ利用や繁忙期
出発時刻の3時間前

 空港で何か用事がある(ラウンジを利用したり食事をする場合)場合や、空港が混み合う繁忙期(GW・夏休み・年末年始など)は3時間前、何も予定がなくてただ飛行機に搭乗するだけなら2時間前に空港に到着していれば、トラブル無く飛行機に搭乗することができるはずだ。今度の海外旅行に行く際の予定の参考になれば幸いだ。それでは良い旅を!

SPG アメックス 有効期限無しでANAやJALのマイルも貯まる。ホテル代もタダになる。世界中を旅するモリオとミヅキの旅行をグレードアップさせた、普段遣いの最強クレジットカード「SPG アメックス」 詳細記事へ メジャートリップについて お得に旅する国内&海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間50万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP