生活

【アプリ名に注意!】日本政府公式の「ワクチン接種証明書アプリ」ダウンロードと証明書発行方法

目次

  1. 新型コロナワクチン接種証明書アプリの使い方
  2. ワクチン接種証明書アプリのダウンロード
  3. 接種証明書アプリでの操作
    1. ワクチン証明の用途選択
    2. マイナンバーカードの暗証番号を入力
    3. マイナンバーカードの読み込み
    4. マイナンバーカード読み込み完了
    5. パスポートの読み込み
    6. パスポート読み込み完了
    7. 自治体の選択
    8. ワクチン接種記録の参照
    9. 新型コロナワクチン接種証明書の発行完了
  4. 新型コロナワクチン接種証明書の発行手順まとめ

新型コロナワクチン接種証明書アプリの使い方

日本政府公式の新型コロナワクチン接種証明書アプリが、2021年12月20日より運用開始となった。この証明書アプリは、スマホ(iPhone / Android)に接種証明書アプリをダウンロードし、マイナンバーカードを使って接種証明書を発行するというもので、日本国内用と海外用の接種証明書をスマホで発行することができる。

私達もこの政府公式の新型コロナワクチン接種証明書アプリをダウンロードし、実際にワクチン接種証明書を発行したので、そのワクチン接種証明書の発行方法をシェアしたいと思う。

なお、ワクチン接種証明書の発行には、日本国内用には「マイナンバーカード」と「マイナンバーカードが読み取れるスマホ(iPhone / Android)」、そして「マイナンバーカード用暗証番号」が必要となる。また海外用の証明書発行には上記に加え、マイナンバーカードと同じ氏名で有効期限内のパスポートが必要となる。


ワクチン接種証明書アプリのダウンロード

まずは「ワクチン接種証明書アプリ」をダウンロードしよう。普通にスマホのアプリストアから「ワクチン証明」などと検索すると、政府公式ではないアプリが一番に引っかかるので注意。本物の日本政府公式の「ワクチン接種証明書アプリ」はデジタル庁にてiPhone、AndoroidのアプリへのダウンロードURLがあるので、そちらからダウンロードしよう。

日本政府公式 iPhone用ワクチン接種証明書アプリ

日本政府公式 Android用ワクチン接種証明書アプリ


接種証明書アプリでの操作

【アプリ名に注意!】日本政府公式の「ワクチン接種証明書アプリ」ダウンロードと証明書発行方法

アプリをダウンロードしたら、ここからはアプリでの操作になる。ダウンロードした接種証明書アプリを立ち上げて操作を進めていこう。

アプリが立ち上がると上のような画面になるので「接種証明書を発行する」を押して手続きを進めていく。

ワクチン証明の用途選択

【アプリ名に注意!】日本政府公式の「ワクチン接種証明書アプリ」ダウンロードと証明書発行方法

次の画面では、ワクチン証明書の種類を選択する。「日本国内用」と「海外用」があるので、自分が欲しいワクチン証明書の種類にチェックを入れて次へと進もう。なお、日本国内用と海外用は同時に取得することができる。今回は両方を選択して操作を進めていく。

マイナンバーカードの暗証番号を入力

【アプリ名に注意!】日本政府公式の「ワクチン接種証明書アプリ」ダウンロードと証明書発行方法

続いてマイナンバーカードの暗証番号を入力。ここではマイナンバーカード登録時の4桁の数字を入力しよう。なお、3回連続で間違えてしまうとロックされてしまい、ロック解除には市区町村の区役所の窓口に行く必要があるので注意。

マイナンバーカードの読み込み

【アプリ名に注意!】日本政府公式の「ワクチン接種証明書アプリ」ダウンロードと証明書発行方法

暗証番号を入力し「次へ進む」を押すと、今度はスマホでマイナンバーカードの読み取りを行う。上の写真のようにマイナンバーカードの中央にスマホを置いて「読み取り開始」を押そう。

マイナンバーカード読み込み完了

【アプリ名に注意!】日本政府公式の「ワクチン接種証明書アプリ」ダウンロードと証明書発行方法

マイナンバーカードの読み込みと暗証番号の照合が無事終了したら、個人情報が画面に表示される。間違っていないことを確認したら「次へ進む」を押そう。

パスポートの読み込み

【アプリ名に注意!】日本政府公式の「ワクチン接種証明書アプリ」ダウンロードと証明書発行方法

続いてパスポートの読み込み(ワクチン証明書が日本国内用のみの場合は、このプロセスは省略となる)。パスポートの情報欄を開いて「読み込み開始」を押して、スマホの画面のオレンジの枠にパスポートの情報欄を入れて数秒間待機すると、パスポートが自動的に読み込まれる。

パスポート読み込み完了

【アプリ名に注意!】日本政府公式の「ワクチン接種証明書アプリ」ダウンロードと証明書発行方法

パスポートが読み込めたら、スマホの画面にはパスポート情報が表示されるので、確認して間違いがなければ「次へ進む」を押そう。なお、パスポートは有効期限内でマイナンバーカードと同一の名前で登録している必要がある。

自治体の選択

【アプリ名に注意!】日本政府公式の「ワクチン接種証明書アプリ」ダウンロードと証明書発行方法

ワクチン証明書発行もいよいよ大詰め。最後は自治体のワクチン接種データベースに自分のワクチン接種情報を検索する。自分が住んでいる都道府県と市区町村に間違いがないことを確認して「ワクチン接種記録を検索する」を押そう。

ワクチン接種記録の参照

【アプリ名に注意!】日本政府公式の「ワクチン接種証明書アプリ」ダウンロードと証明書発行方法

自治体のデータベースを検索し、照合した自分のワクチン接種記録が表示される。接種した日付や新型コロナワクチンの種類などが書かれているのでザーっと目を通して、最後に「発行する」を押そう。

なお、ここでデータベースがうまく参照されない場合は、画面右下の「自治体を変更する」を押して、自分のワクチン接種情報が記録されていると思われる自治体を選択し直して再検索しよう。

新型コロナワクチン接種証明書の発行完了

【アプリ名に注意!】日本政府公式の「ワクチン接種証明書アプリ」ダウンロードと証明書発行方法

お疲れさまでした!これで新型コロナワクチンの接種証明書がアプリに発行完了となる。


新型コロナワクチン接種証明書の発行手順まとめ

【アプリ名に注意!】日本政府公式の「ワクチン接種証明書アプリ」ダウンロードと証明書発行方法

ワクチン接種証明書が発行されたら、今後はいつでもスマホでこのアプリを開けば、政府公認のワクチン接種証明書を表示できる。

アプリのダウンロードから、ワクチン接種証明の発行までは約5分ほど。マイナンバーカードさえあれば、日本国内用も海外用も、かなりスピーディーに証明書を発行できるのは嬉しいところだ。

今回のワクチン接種証明書は、私もミヅキも日本国内用と海外用のどちらも取得したが、この証明書さえあれば海外旅行に気軽に行ける・・・なんて日が、早く訪れてくれたらいいのになぁと切に願うばかりだ。