インスタグラム ツイッター フェイスブック
 
  旅行記 >  Travel Report   【2017年12月‐2018年1月】クリスマスから年末年始・全旅程ビジネスクラスで行く世界半周16日間の旅 | 北欧クリスマス編   【2017年12月‐2018年1月】クリスマスから年末年始・全旅程ビジネスクラスで行く世界半周16日間の旅 | プロローグ・準備編   【2017年11月】一人片道9500円!エミレーツ航空で行くフランス・パリ個人旅行記   【2017年6月】往復22000円!エアアジアXの関空−ハワイ就航記念便で行く! 激安でも素敵なハワイ旅行記   【2017年8月お盆】ツアーより安い!片道9300円!お盆休みにエアアジアで個人旅行・プーケット&ピピ島格安旅行記   【2017年6月】大阪伊丹-アメリカサンフランシスコ 片道1万円!デルタ航空で行くアメリカ・サンフランシスコ旅行記   【2018年2月】スクート(SCOOT)&ハワイアン航空で行く一人往復2.2万円のハワイ離島・モロカイ島旅行記   【2017年5月ゴールデンウィーク】格安ビーチリゾート旅行記インドネシア ロンボク・ギリ島編   【2017年3月】個人手配で行く!カーニバルクルーズ「ロサンゼルス-メキシコ」&ディズニーランド格安旅行記   【2017年1月】両親にヨーロッパクルーズ旅行をプレゼント! てるみくらぶの冬の地中海クルーズ MSCスプレンディダ旅行記   【2016年11月】片道7600円!個人手配ならツアーより安い!シンガポールのクリスマスを見に行くロマンチックな格安旅行記   【2016年9月シルバーウィーク】雨季のベトナムってこんな感じ・個人手配でツアーより安い!ベトナム・フーコック島格安旅行記   【2016年7月】ツアーより安い個人旅行!ホテル代込2.9万円! LCCエアアジアで行く夫婦で格安タイ・パタヤ旅行記   【2016年5月ゴールデンウィーク】タイ航空のビジネスクラスで行く! オーストラリア・ゴールドコースト旅行記   【2016年2月】激安!69800円!てるみくらぶで行く! ヨーロッパクルーズ旅行 冬の地中海クルーズ MSCプレチオーサ旅行記   ... もっと見る   飛行機の座席&機内 >  Airline Seat Report   【ターキッシュエアラインズ】TK055便(シンガポールからイスタンブール:B770-300ER)ビジネスクラスの搭乗記レポート   【シンガポール航空】SQ615便(大阪からシンガポール:A330-300)ビジネスクラスの搭乗記レポート   【実体験レポート】エアアジアX・ハワイ線の機内の様子と座席シートの広さ / LCC AirAsia   ... もっと見る   格安航空券や激安ツアー、お得クーポン・セール情報 >  Travel Sale Information   【緊急!格安航空券情報】ジェットスターさんがオーストラリアまで2990円のセールやるよー!   【緊急!格安航空券情報】スクートがハワイ行き往復19990円のセールやってるよー!   【緊急!格安航空券情報】あけましておめでとう!エアアジアのお年玉セールでハワイ行きが安いよ!   【緊急!格安ツアー情報】ANA便でいく!格安ハワイツアー59,700円(驚)!   ... もっと見る   ゴールデンウィークに格安海外旅行に行く方法 >  How to get cheap abroad trip in GW   【実体験レポート】LCCエアアジア(AirAsia)の制限内持ち込み荷物(計7kg以内)だけで1週間の海外旅行に行く方法(中身公開)   【裏ワザ】格安でゴールデンウィークの海外旅行をゲットするには?   【2016年5月ゴールデンウィーク】タイ航空のビジネスクラスで行く! オーストラリア・ゴールドコースト旅行記   【2017年5月ゴールデンウィーク】格安ビーチリゾート旅行記インドネシア ロンボク・ギリ島編   旅行に便利なおすすめクレジットカード >  ADVANTAGE CARD FOR TRAVEL   マイル換算率トップレベル!モリオとミズキのメインカードはコレ。マイルがザクザク貯まる最強クレジットカード!   【凄い!】格安旅行の味方!夫婦2人分のプライオリティパスを楽天プレミアムカードよりも安く手に入れることができる方法!(キャンペーンあり)   【裏技】格安でプライオリティパス(空港のVIPラウンジにタダで入れるパス)を手に入れる裏技!(お得な期間限定キャンペーンあり)   【実体験レポート】70歳代でも新規発行が可能!貯めたポイントで旅行に行ける!お得なクレジットカード(5000ポイント貰えるキャンペーンあり)   【裏技】JALマイルがザクザク貯まるプライオリティパス付きの格安プラチナカード(期間限定入会キャンペーンあり)   ... もっと見る   クルーズ旅行 >  How to enjoy cruise trip   フランス・セーヌ川クルーズ「バトー・ムーシュ」のディナークルーズ乗船レビュー・ドレスコードも。   海外クルーズ旅行を個人手配する方法   安い値段で豪華客船のクルーズ旅行に行く方法…初級編   【実体験レポート】クルーズ旅行でのインターネット状況とおすすめwifi   【実体験レポート】クルーズ船の内側キャビン   クルーズ船でのドレスコード【写真あり】   クルーズ船のドレスコードはこれ1つで解決!(写真あり・男性編)   クルーズ船のメインダイニング   クルーズ船上のディスコ   ... もっと見る   空港ラウンジ >  Airport Lounges Information   【チャンギ国際空港ターミナル1】プライオリティパスで入れるSATSプレミアムラウンジ   【チャンギ国際空港ターミナル1】プライオリティパスで入れるDNATAラウンジ   【チャンギ国際空港ターミナル2】シンガポール航空 シルバークリスラウンジ   ... もっと見る   トリップメモ >  Notes for trip   【実体験レポート】女性必見!LCCで海外旅行・機内持ち込み制限内7kgの荷物の中身を公開!(女子編)これで1週間は余裕で行けるよ。   旅好き必見!航空会社のマイルがザクザク貯まる!モリオとミヅキが使っているホテル予約サイト。   【タンザニア情報】大阪のタンザニア名誉領事館でのシングルビザの取得方法   【実体験レポート】マレーシア国際空港KLIA2の夜のトランジット・おすすめトランジットホテル   【ユナイテッド航空マイレージプラス】マイルは一体どのぐらいの価値があるのか?ビジネスクラスの特典旅行で検証してみた。   デンマークの首都「コペンハーゲン」の治安調査   【ユナイテッド航空】予約している特典旅行のスケジュールが変更になった時どうすればいい?   【最新】アメリカやフランス・イギリス、スウェーデン、オランダ、メキシコの安い空港送迎!SuperShuttleスーパーシャトルのディスカウントクーポンDiscount Code最新情報!(随時更新中)   【実体験レポート】ハワイのお土産がプチプラで買える!スーパーマーケットでの買い物が更に安くお得になる方法・裏技   【実体験レポート】ハワイで格安でインターネットをするには・ハワイの格安SIMカードと格安レンタルwifiお得な方法と期間限定10%OFF〜20%OFFプラン   ... もっと見る   エアライン >  Airline Information   ターキッシュエアラインズ   シンガポール航空   デルタ航空   ... もっと見る   ミヅキの部屋 >  Mizuki Beauty Library   【外国人のような自然な金髪】ミヅキの金髪BlondHair(ブロンドヘア)の秘密   【外国人風の自然な金髪】1回1000円以内で綺麗なプラチナブロンドになる方法   ... もっと見る   YOUTUBE >  Measure Trip Youtube CH   モリオの部屋 >  Morio Memo Library   【旅行コラム】宿泊代だけで80万円掛かったのに、、、失敗談から学ぶ「満足感のある旅行」の作り方。   iPhone X 256GBをついに予約。予約開始時刻16:01には何やっても買えなかったけど(涙)   ... もっと見る   サイトについて >  Measure Trip Site Info.   プライバシーポリシー・著作権・免責事項   ... もっと見る   航空券の取得速報 >  Latest Our Flight Tickets News   3世代で行くハワイ旅行。エアアジアの2019年ハワイ行き格安航空券を一人往復2.6万円でゲット!   大阪〜オーストラリア・パースへのシンガポール航空・エコノミーチケットを「特典旅行」で無料でゲット!   ... もっと見る   海外旅行ライブ >  Now on live at travel   HOME >  Measure Trip - TOP

【実体験レポート】LCCエアアジア(AirAsia)の制限内持ち込み荷物(計7kg以内)だけで1週間の海外旅行に行く方法(中身公開)

2017年4月30日

持ち込み手荷物の厳格化

 エアアジアの持ち込み荷物は2017年の春頃から厳しくなり、現在、機内に持ち込むことが出来る手荷物は一人2個まで(免税品などの買い物袋も含む)。メインバッグの規格は「56×36×23cm」以内、さらにサブバッグは「40×30×10cm」以内、さらにこの2つのバッグ合計で7kg以内、、、と、かなり厳しい内容になっている。それまではサブバッグに関しての厳格な規定などは無くさらにサブバッグの重量制限も特に無かったため、重いものを全てサブバッグに入れてしまえばかなり余裕で重量制限がクリア出来たのだが、、、厳格化によりその抜け道は不可能となってしまった。

「じゃあ受託手荷物枠を1つ買ってしまえばいいじゃないか。」

この選択肢は非常に現実的な案で、確かに受託手荷物の枠を買ってしまえば、この荷物問題はすぐに解決する。しかし、この受託手荷物は価格にすると、大体往復で1万前後の追加料金が必要となる。片道1万前後の料金でチケットを買っている私(モリオ)のような人間にとって、この追加料金はつまりチケットが倍の値段になるのと等しい・・・。これは死活問題だ。ちょっとでも安く海外に行きたいから利用するLCCなのに、チケットが高くなってしまっては意味が無い。そこで!果たして本当に持ち込み手荷物7kg以内で海外旅行に行くことは出来るのか、7kgって一体どのぐらいの荷物が入るのか、2017年4月〜5月の1週間のインドネシア旅行(7泊8日の旅程)で実際にやってみたので、もしも機内持ち込み手荷物だけで海外旅行に行きたい人は参考にしてみて欲しい。

 ちなみにこのページは男性の荷物を視点に紹介している。女性の荷物はミヅキが同じくこちら(【実体験レポート】女子必見!LCCで海外旅行・機内持ち込み制限内7kgの荷物の中身を公開!(女性編)これで1週間は余裕で行けるよ)で詳しく公開しているのでぜひ参考にしてみてほしい。

バッグは2つ

 さてさて、私が実際にエアアジアに持ち込んだバッグはこの写真の2つ。まずはメインにはリュックサックには薄くて丈夫な「DAKINE(ダカイン)キャンバスリュック33L」を採用。この大きさでパンパンに詰めてしまうと7kgを超えてきてしまうので、このリュックに余裕を持って入る程度が手荷物の許容範囲内となる。間違えてもコロコロ付きハードケースは選ばないこと。コロコロ付きのハードケースは本体だけで無駄に重いし、間違いなくカウンターで荷物の重さを測られることになる。

 そしてサブバッグには小物類や財布などをまとめて入れられて、さらに機内と旅先のメインバッグとして使うことを目的とした革バッグを持ち込んだ。なお、これ本革なのでちょっと重い。このあたりも軽量ナイロンのバッグなどに変えれば、Tシャツをもう一枚増やす事ができるだろう。


サブバッグの中身

 サブバッグの中身がこちら。ワインレッドの袋の中には虫よけのバームやリップ、ミンティア、ヘッドフォン、膨らませるタイプのネックピロー、携帯充電バッテリー(13400mAh / ANKER)各種コードといった機内使用のガジェット類が入っている。また着いた先で使用する全世界対応のポケットWiFi「GlocalMe」、財布、パスポート、スマホ、コンデジカメラなども入っている。ここでポイントになるのは、重いけどポケットに入る携帯バッテリー、ポケットWiFi、スマホ、カメラは、重さを計る可能性のある空港のカウンター周辺ではポケットの中に入れている。(全て入れてしまうと7kgちょっと超えてしまうので)ポケットに入れているものに関しては何も咎められないので、こういった重くてポケットサイズのものは、普段はサブバッグ内にまとめておいて、荷物検査がありそうな場面ではポケットにしまうように心がけている。あ、あと着ていく服のズボンはカーゴパンツなど、ポケット数の多いものがオススメだ。


メインバッグの中身

 続いてメインバッグのバックパックの中身がこちら。まずはビーチリゾートでは欠かせないビーサンと水着、そして下着(ボクサーパンツタイプ)が4枚とスニーカー用の靴下2枚、すぐに鼻炎になるためソフトケースのティッシュペーパーに、機内や空港で活躍する流せるポケットティッシュ5セットほど、そして虫よけのどこでもベープ、歯磨きセットと石鹸、ウルトラダウンジャケット、小さい洗濯干し、充電やUSBなどの電子機器類(赤い袋)、そして最後に服類が入っている。写真のようにそれぞれ用途に合わせて袋に分けておくと中でぐちゃぐちゃにならず、さらにスマートに収納できる。


服の中身

 服も袋の中で、このようにクルクルとコンパクトに包められて入っている。こうやって丸めて入れることで、普通に畳んで入れるよりもかなりコンパクトに服を省スペースにしまえるのでオススメだ(ミヅキ直伝)。


服の内容

 そして服の中身がコチラ。これで約1週間乗り切る。暑い国、インドネシアのロンボク島、そのさらに離島のギリトラワンガンに出かけるための服なので、ズボンは全て短パン×2、服もTシャツ×1に、あとはタンクトップ×3というかなりの軽装になっている。最初はもう少し服が多かったのだが、それではどうしても7kgを超えてしまったために、ここまで軽装に絞った。シンガポールなどの町中に行く場合だと、長ズボンとか必要となりそうなので、7kg以内で収めるためには最初から長ズボンを履いて行ったり、ズボンを2重に履いたりするなどの工夫も必要となってくるだろう。


ガジェット類

 そして最後に、写真を撮ったり充電したりする際に必要となるガジェット類の袋の中身がコチラ。何気にこの赤い袋が一番重いのではないかと思われる。USBタップとか、電源タップとか何気に重い。ケーブル類もUSBを始めmicroUSB、iPhone用など各種用意。また現地SIMを使うことを考えてSIMピンやSIMアダプターも入っている。コンセントは全ての形状に対応でき、さらにかさばららない世界対応電源変換アダプターと3口に電源を分けられ日本のAタイプのコンセントがそのまま使えるタコ足タップをいつも各2個持って行っている。。。のだが、この変換アダプターとタコ足タップは1つずつ減らしても良いんじゃないかと最近思い始めている。これを減らすだけでもかなりの省スペースになる。


これだけ入れて7kg以内

 これらの荷物を全て入れてザクっと6.5kgぐらいになる。まだ500gぐらいの余裕がある。どうして余裕をもたせているかというと、それはビーサンとか水着とかが水に濡れたまま帰らないといけないとか、ちょっとだけ現地の虫よけとか買って帰りたいと思った時のためのゆとり部分として、500gほどの余裕をもたせている。これで本当に海外旅行に1週間行けるかどうかというと、案外余裕でやっていける。「あれ?この服、使わなかったな」なんていうのはよくある。結局最終的に必要なのは、パスポートとチケット類、そして情報集用のスマホぐらいあればあとはどうとでもなる。服なんて2日同じのも着ていても死にはしない。逆に色んな服を持って行ったところで、結局着ずに持って帰ってくるのが関の山だ。何が一番大事なのかさえ頭のなかで整理しておけば、実際の所、1週間ぐらいなら手荷物7kgぐらいで十分やっていける。そしてこのぐらい潔く荷物が少ないと、逆に荷物を測られることはあまりない。そして、出入国の際も荷物が出てくるのを延々待たなくていいので、非常に快適な海外旅行を楽しめる。7キロなんて、ムリゲーと思っていても実際やってみると身軽で快適なのでずっとこれでもいいんじゃないかとさえ思えてくる。LCCに乗る機会があれば、ぜひ一度、ゲーム感覚で楽しんでみて欲しい。


おすすめ記事
その他
UPPER PAGE

※ 各航空会社、および各航空連合、並びに各会社のロゴマーク、及び名称は、各航空会社、各航空連合、各会社の商標登録、及びトレードマークです。
COPYRIGHT (c) Measure Trip ALL RIGHTS RESERVED
PAGE TOP