もっとお得に旅しよう! - 旅行ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
English
hotel - ホテル
更新日 2019年04月09日

翠嵐(すいらん)ラグジュアリーコレクションホテル 京都を実体験レポート! / マリオット&SPG ホテル宿泊レビュー vol.11

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都

 京都の人気の観光地「嵐山」に佇む、マリオット&SPGのラグジュアリーコレクションホテル「翠嵐 - Suiran - a Luxury Collection Hotel - Kyoto」を実体験レポート!

 この翠嵐はマリオットでも最高のホテルランク8に属しているラグジュアリーホテルで、京都のピークシーズン(春・秋)では一番安いお部屋でも軽く一泊10万円以上になるほど人気の宿。しかし、マリオット・ボンボイ / ボンヴォイ・ポイントでの宿泊も可能(一泊85,000ポイント)となっているので、今回私達は、以前に予約したロイヤルハワイアンホテルをキャンセルし、

サムネイル hotel 感激!憧れのピンクパレス・ロイヤルハワイアンホテルが無料!5泊してもホテル代タダ♪【マリオット / SPG】 感激!憧れのロイヤルハワイアンにゴールデンウィークの5泊予約完了!全部ポイントで予約したから無料!まさかハワイの高級ホテル代を無料に出来るとは!ロイヤルハワイアンは夢だったからすごく嬉しい!もうこれは感激を超えてアンビリーバボーだ!

サムネイル hotel マリオット・ボンボイ / ボンヴォイ・ポイントで予約したホテルはキャンセル出来る?【マリオット&SPG】  マリオット&SPGのホテルは、貯めたMarriott Bonvoy Points(マリオット・ボンボイ / ボンヴォイ・ポイント)を使って無料宿泊することが出来る。では、予定の変更があり一旦キャンセルしたくなった時、一旦ポイント予約したホテルを気軽にキャンセル出来るのか?試してみた。

京都の桜が咲き始めた超ピークシーズにポイントを使って翠嵐に一泊してきたので、その時の実体験をもとに、この超ラグジュアリーホテルを詳しくレビューしてみたいと思う。

今回のお話の舞台場所は...

 
京都嵐山・翠嵐の場所

 「翠嵐 - Suiran - a Luxury Collection Hotel - Kyoto」の場所は、嵐山の保津川(桂川)のほとり。賑やかな嵐山の中心エリアからは少しだけ離れた場所にあり、保津川(桂川)を挟んで反対側には、京都の四季を彩る嵐山が間近に見える。

 翠嵐へのアクセス方法としては、嵐山各駅(嵯峨嵐山駅、京福電鉄嵐山線 / 嵐電・嵐山駅、阪急嵐山駅)から片道無料の人力車での送迎サービス、JR京都駅からの片道タクシー無料送迎サービスが利用可能となっており、滞在が近付くとホテルからの送迎案内が記されたEメールが届くので、送迎希望の場合は手配をするといいだろう。

ホテル前には駐車場

 また、ホテルの門前には翠嵐専用の駐車場も用意されている。利用は1日1,000円とリーズナブル。京都の観光をドライブで楽しみながら、翠嵐までやってくるのもおすすめだ。なお、駐車場は限りがあるので、もしも駐車場を利用したい場合は、事前に電話予約しておくのが安心だ。

 
門をくぐると日本庭園

 翠嵐(ラグジュアリーコレクション / Suiran - a Luxury Collection Hotel - Kyoto)の門をくぐると、目の前には、落ち着いた純和風の日本庭園が現れてくる。

 
茶寮 八翠(はっすい)

 日本庭園の中に佇む藁葺き屋根の建物があるが、これは「茶寮 八翠 - はっすい」。築100年を超える歴史的建造物 旧「八賞軒」の歴史を今に継承する建物で、歴史上の多くの貴人が愛した保津川や、四季によって変化する嵐山の景色をテラスから望める人気の茶寮となっている。

アフタヌーンティータイム

 この茶寮「八翠」の営業時間は11:00-17:00。ホテル「翠嵐」の宿泊者だけでなく、一般のゲストも利用可能。ただし、お店は非常に人気のため、利用の際には事前の予約がオススメだ。(茶寮 八翠の予約については翠嵐公式サイトを参照。)

 なお、このアフタヌーンティーの様子については、下の特集記事にて詳しく紹介しているので参考に。

サムネイル hotel 【翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都】京都 嵐山の穴場 和風カフェ♪ 茶房「八翠」でのアフタヌーンティーを実体験レポート! 京都・嵐山のマリオット・ラグジュアリコレクション・ホテル - 翠嵐の茶房 / カフェ「八翠」でいただけるアフタヌーンティータイムを実体験レポート!この八翠のアフタヌーンティーは翠嵐の宿泊者以外でも利用OKとなっているので、嵐山の観光ついでに訪れてみるのもおすすめだ。

和のアフタヌーンティー

 ちょっとだけ八翠のメニューをピックアップ。こちらは茶寮 八翠と、京都の老舗和菓子・鶴屋吉信がコラボして提供している「和のアフタヌーンティー」(2019.3.1 ~ 4.30まで / 4200円)。お食事とスイーツがセットになった、個性的な和の軽食セットとなっている。

シャンパンディライト

 そして茶寮 八翠の一般営業時間が終了する17時から19時までは、翠嵐の宿泊者限定タイム「シャンパンデライト」が催される。この時間帯には、シャンパンや日本酒、ワイン、ジュースなどが、お菓子と共に提供されるスペシャルタイムだ。もちろん飲み放題。こちらのシャンパンデライトの様子については下の特集ページにて、私の失態を含めて(汗)詳細をお伝えしたいと思う。

サムネイル hotel シャンパンディライト@翠嵐の茶房「八翠」を実体験レポート!【翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都】 翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都の茶房「八翠」で夕方から開催される「シャンパンディライト」を実体験レポート!このシャンパンディライト(Champagne Delight)は宿泊者全員が参加できる無料のお酒飲み放題の時間帯で、ラウンジの無い翠嵐がそのかわりとして提供しているサービスだ。

 
翠嵐の中庭

 入り口の日本庭園をもう少し奥に進むと、松の木や紅葉(もみじ)などが植えられた、情緒豊かな中庭が現れる。写真奥の建物は、翠嵐のメインレストラン「京 翠嵐」。この中庭の一番の見頃は、紅葉のシーズン(11月中頃)で、その時期になると京都・嵐山の紅葉をこの中庭でも楽しめる、というわけだ。

保津川のほとりにソファ

 また、中庭の外縁エリアには保津川(桂川)を眺めてリラックスできるソファスペースも用意されている。夏の暑い時期用に日よけのパラソルも設置されている。

 
ホテル「翠嵐」のエントランスへ

 翠嵐の日本式のお庭を見たところで、いよいよ翠嵐のレセプションのあるエントランスロビーへと向かう。観光客があふれかえる嵐山の中にあって、この別世界のような静けさのあるホテル「翠嵐」。一体どんな滞在が待っているのか、非常に楽しみだ。

入口付近には傘も置かれている

 レセプションの入口付近には宿泊者専用の傘も用意されている。ここ京都は盆地故に雨も降るときには降る気候なので、こうしてたくさんの傘が用意されているのは非常に嬉しいところ。翠嵐に泊まる際は、傘の用意はしなくてOKだ。

 
翠嵐のレセプション

 こちらが翠嵐のレセプションカウンター。ゲストはここでチェックインを済ませてカードキーを受け取る。マリオット・ボンボイ / ボンヴォイのラグジュアリーコレクションブランドのホテルだけあって、チェックインはこの背もたれの高いソファチェアに座って行うことになる。

レストランの予約なども行える

 レセプションのチェックイン時には滞在中のレストランの予約なども行うことができる。翠嵐には、最初に紹介した茶寮 八翠の他、メインダイニングレストランの「京 翠嵐」、そしてその中の一角にある鉄板焼 観山(かんざん)がある。私達もチェックイン時に「京 翠嵐」のコースを予約。(だが・・食事前にちょっとしたハプニングがあって、ミヅキだけが食事をすることに・・・汗。詳細は後ほど、別記事にて・笑)

ウェルカムドリンク

 レセプションでのチェックイン時には、おしぼりと季節のお茶「桜茶」が用意された。私達が訪れたのは3月と4月の季節の変わり目。そう、ここ京都・嵐山でも桜が見頃を迎える時期。この季節の雰囲気を大事にする京都・翠嵐のおもてなしは最高だ。

ロビースペース

 翠嵐のレセプションエリア横にはソファが置かれたロビーエリアも用意されている。翠嵐のレセプションはガラス張りになっているので、非常に明るい雰囲気で、外にあるお庭の風景がリラックスした雰囲気を演出してくれる。

 
レストラン「京 翠嵐」

 レセプションの扉を入ってすぐの場所には翠嵐のメインレストランである「京 翠嵐」のエントランス。この通路を入っていくと、客席60席のレストランが現れる。

京 翠嵐での朝食

 私達はこの「京 翠嵐」にて和食の朝食をいただくことになるが、朝食はビュッフェではなく、ちゃんとした食事メニューとなっており、和食 or 洋食を選ぶと、ウェイティングスタッフがお盆で席まで食事を運んでくれる。お値段は一人4,000円(サービス料15%+税は別)であるが、マリオット・ボンボイ / ボンヴォイのプラチナメンバー以上であれば、朝食を無料でいただくこともできる。(翠嵐の朝食の詳細は下の特集ページを参照)

サムネイル hotel 【翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都】メインダイニング「京 翠嵐」でいただく朝食を実体験レポート! 京都・嵐山のマリオット・ラグジュアリーコレクションホテル「翠嵐」でいただける朝食を実体験レポート!翠嵐の朝食はビュッフェ形式ではなく、和食と洋食のどちらかを選択すると、ウェイティングスタッフがプレートで運んできてくれるレストランスタイルの朝食となっている。

レストランからの中庭ビュー

 こちらはレストラン「京 翠嵐」からの中庭ビュー。奥には桜の花、手前には紅葉が美しいもみじ、そして松の木が植えられていて、本当に美しい日本のお庭を眺めながらの食事が楽しめる。

京 翠嵐のコースディナー

 また、京 翠嵐のレストランでは、ディナーではコースメニュー(紫翠 / しすい:16,000円、錦繍 / きんしゅう:21,000円)やアラカルトメニューがいただける。今回の滞在では、ミヅキが紫翠 / しすい:16,000円(サービス料15%+税は別)をいただいたので、そちらのディナー詳細については下の「京 翠嵐 - ディナー」の特集記事を参考にしてほしいと思う。

サムネイル hotel 翠嵐(すいらん)ラグジュアリーコレクションホテル 京都のレストラン「京 翠嵐」のディナー コース料理を実体験レビュー! マリオットグループ(旧SPG)の最高ランク「カテゴリー8」のホテル【翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都】のレストラン【京 翠嵐】のコースディナーを実体験レビュー!一人で行っても大丈夫?お値段は?雰囲気は?ラグジュアリーホテルならではのおもてなしを堪能!

 
チェックイン後の翠嵐・スペシャルサービス

 さて、翠嵐でのチェックインを終えた私達は、翠嵐さんが宿泊者全員に提供してくれるとっておきのスペシャルサービスを堪能してきたいと思う。それは・・・

人力車での京都・嵐山観光!

 なんと!人力車で京都・嵐山を観光することができるサービスなのだ!人力車は京都・嵐山で20年以上、人力車サービスを行っている「えびす屋」さんが担当。

 この人力車のスペシャルサービスは、上でも紹介した嵐山の各駅から翠嵐までの送迎サービで利用できる他、私達のように車でやってきたゲストにも12分間の京都・人力車観光を提供してもらえるのだ。京都・嵐山観光を人力車で堪能できるなんて、本当にスペシャルなサービスだなぁ。

「竹林の小径」観光もできる

 この人力車は、宿泊に無料で付いてくる12分間コースでは、翠嵐近所の保津川(桂川)周辺の観光しかできないが、追加料金(5,000円)を支払って30分コースにすると、京都・嵐山の景勝地である、あの「竹林の小径」を観光することもできる。人力車で行く嵐山の「竹林の小径」では、徒歩では入ることの出来ない人力車専用の竹林コースを行くことができるので、翠嵐で人力車観光をする時は、ぜひ追加料金を払ってこの人力車での「竹林の小径」観光を楽しんでほしいと思う。(嵐山の人力車観光の詳細は下の特集ページを参照)

サムネイル kyoto 【京都・嵐山観光】えびす屋さんの人力車で京都・嵐山観光、そして京都の四季を満喫!【実体験レビュー】 京都・嵐山の人力車観光(えびす屋さん)を楽しんできたので、その様子などを実体験レポート!今回私達は30分コースを利用し、宿泊ホテルの翠嵐から竹林の小径(しょうけい)を回って帰ってくるルートを散策。春だったので桜が見頃を迎えていたが、秋には紅葉など、年間を通して京都・嵐山の四季を楽しめる観光になっている。

 
人力車観光を終えて再び「翠嵐」の門前へ

 人力車のスペシャル嵐山観光を終えて、再び戻ってきた「翠嵐」の門前。いやぁそれにしても、純和風のこの門構えは貫禄があるなぁ。

中庭の小道

 中庭の小道を抜けて、翠嵐レセプションへと向かう。写真の右手に見えているのが、ゲストが宿泊する3階建ての宿泊館となる。嵐山の風情あふれる公園の麓にあるホテルだけあって、建物は低階層になっている。

 
レセプション奥のガラス戸から宿泊館へ

 レセプションエリアに入ると、スタッフがルームキーを持って私達の帰りを待っていた。スタッフの後ろに付いて、いよいよ今回私達が宿泊するお部屋へと案内される。なお、このガラス戸はルームキーをかざすと開くようになっており、宿泊ゲスト以外は入れないようになっている。

 
客室に向かう途中にも日本庭園

 宿泊館へと向かう途中にも、日本庭園が設置されている。

京都の四季を感じられる中庭

 この宿泊館へと向かう日本庭園も、京都の四季が感じられるようになっており、私達が訪れた春先には枝垂れ桜が咲き始めていた。また、写真で葉をまだ付けていない木は紅葉(もみじ)で、秋には見事な紅葉を見せてくれる。この翠嵐の中庭も、京都の四季を存分に堪能できる見事なお庭だ。

 
エレベーターで宿泊館3階へ

 さて、私達のお部屋は宿泊館の3階なのだが、上のフロアには階段だけでなく、エレベーターを使ってのアクセスも可能となっている。

客室へ向かう通路

 こちらは客室へと向かう通路の様子。こちらも木目が優しい、純和風の作りとなっている。

 
316号室のスイートルーム「玉兎」

 そしてやってきました!今回私達が宿泊する316号室のスイートルーム「玉兎」。今回の私達の翠嵐滞在はポイント宿泊なので、一番下のランクのお部屋を予約していたのだが、ここでチタンエリート会員の超絶お部屋アップグレードが発動し、なんと!翠嵐に一室しか無いガーデンスイートルーム「玉兎」に宿泊できることになったのだ!写真は、そのスイートルームの玄関入り口。

スイートルームの奥には露天風呂施設

 スイートルーム「玉兎」の通路の奥には、プライベートな露天風呂スパ「洛(らく)」と「庵(あん)」があり、宿泊者は1回1組45分3,500円(完全予約制)で利用することができる。この露天風呂スパの中には、露天風呂(嵐山温泉)が備わっている。

 嵐山温泉は2004年に開湯された温泉で、アルカリ性で滑らかな泉質が特徴。神経痛や関節痛、慢性消化器病、疲労回復などに効果があるといわれている。

 
スイートルーム「玉兎」

 そしてこちらが、私達が宿泊したスイートルーム「玉兎」。中は純和風のインテリアになっており、お部屋の窓の向こうには、なんと!このお部屋の宿泊者しか堪能できない、日本庭園が用意されているのだ!

スイートルーム「玉兎」のお部屋の日本庭園

 こちらが、そのガーデンスイートルーム「玉兎」のお庭の様子。写真ではミヅキがお庭に立っているが、こんな感じで、本当にプライベートな日本庭園が用意されている。もう・・・ほんと、最高すぎて言葉が出ない。

お部屋には嵐山温泉の露天風呂

 そしてこのスイートルーム「玉兎」には、日本庭園を愛でながら楽しめる、嵐山温泉の露天風呂も用意されている。この露天風呂は常時41度に保たれていて、思う存分いつでもプライベートな露天風呂を楽しむことができるようになっている。またお風呂のお湯は、さっきのプライベート温泉スパと同じ嵐山温泉の湯。この景色を独り占めしながら滞在できるスイートルーム「玉兎」。ヤバいですわ。(お部屋の詳細については下の特集記事を参照)

サムネイル hotel 【翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都】超絶アップグレードでスイートルーム「玉兎」に宿泊! 京都・嵐山のマリオット・ラグジュアリーコレクションホテル「翠嵐(すいらん)」にポイント宿泊した際、マリオット・ボンボイ / ボンヴォイのチタンエリート会員特典が威力を発揮し、なんと!翠嵐の露天風呂(嵐山温泉)付きガーデンテラススイートルーム「玉兎」に宿泊することが出来たので、そのスイートルームのお部屋の中を実体験レポート!

 
京都・嵐山を堪能できるラグジュアリーホテル「翠嵐」

 京都・嵐山の奥にあり、京都が誇る四季を堪能できるラグジュアリーコレクションホテル「翠嵐 - Suiran - a Luxury Collection Hotel - Kyoto」。超高級なホテルなので、宿泊費用はかなり高いが、マリオット・ボンボイ / ボンヴォイ・ポイントを貯めれば、レギュラーシーズンで85,000ポイント / 1泊で宿泊することもできるので、ぜひSPGアメックスカードでマリオットのポイントを貯めて、この京都の四季を感じられる、京都・嵐山をお得にラグジュアリーに滞在してほしいと思う。

 なお、私達の泊まったスイートルーム「玉兎」は、マリオット・プラチナ会員以上がアップグレード対象となっているので、もしもこの超絶アップグレードに挑戦したい場合は、SPGアメックスカードを作った後に、さらに下の「マリオット・プラチナチャレンジ」でプラチナメンバー資格を取得する必要があるので、興味がある人は是非参考にしてほしいと思う。私達もプラチナチャレンジをしてチタンメンバーになった。

サムネイル hotel 【マリオット / SPG】プログラム統合後・最新のプラチナチャレンジの詳細を公開!【2018年9月-2021年末まで】 マリオット / SPG のプログラム統合後の最新プラチナチャレンジの情報を公開!一番新しいプラチナチャレンジの達成条件や期間などを、できるだけ詳しくまとめているので、これからプラチナチャレンジにトライしてみようと思っている人は是非参考にして欲しい。

 なお、SPGアメックスカードは、宿泊実績が0泊であっても、カードを手にしたその日からゴールドエリート会員になれる超オトクなクレジットカードだ。(通常、ゴールドエリート会員になるには25泊以上の宿泊実績が必要)

 この翠嵐では、マリオットのゴールドエリート会員は、当日空きがあれば温泉付きのデラックスルームにアップグレードをしてもらえたりもするし、ホテル内の飲食は15%OFF(プラチナ会員以上は20%OFF)と、持っていればお得になることが多いので、ラグジュアリーなホテルライフをお得に楽しみたい人は、SPGアメックスカードについてメリットやデメリットなど詳しく説明しているのでぜひ参考にしてみて欲しい。

サムネイル card 【実体験】SPGアメックスを半年使って分かったメリットとデメリットを告白。 SPGアメックスを実際に半年使ってみて分かったメリットとデメリットを報告。このクレジットカードを作ろうかどうしようか悩んでいる人は、まずは利用者である私達のレビューを参考にしてみてほしい。

 
SPGアメックスカード&お得に申し込めるお友達紹介キャンペーン

 なお、今回の記事に登場しているマリオット系列のホテル(旧:マリオット、SPG、リッツ・カールトン)に宿泊する場合は、私達も普段のメインカードとして愛用している「SPGアメックスカード」があると、マリオット・ボンボイ(ボンヴォイ)のゴールド会員になることができ、お部屋のアップグレード、ボーナスポイント、ポイントを貯めての無料宿泊など、飲食代の割引など様々なメリット(特典)を受けられるのでおすすめ。(詳細は下の記事も参照) サムネイル card 【SPGアメックスカード】世界中を優雅にお得に旅行しよう【マリオット&SPG統合後・最新版】 SPGアメックスカード(正式名称:スターウッド・プリファード・ゲスト アメリカン・エキスプレスカード)の魅力を、このカードに惹かれ、実際の旅行でこのカードの特典をフル活用している私達夫婦が紹介しよう。年会費は決して安くはないが、このカードが持つ特典はそのコストを遥かに上回るので、旅行好きな人には是非持って欲しいカードだ。 サムネイル hotel マリオット / SPG のゴールドエリート会員特典をまとめてみた!【マリオット・ボンボイ統合後・最新】 SPGアメックスカードを作るとなれるマリオット / SPG のゴールドエリート会員の特典(メリット)をまとめてみた。この特典は2018年8月のマリオットとSPGの会員プログラム統合後の最新情報。一体どんな特典があるのか、クレジットカードを作る価値はあるのか?調べてみた。  SPGアメックスカードはマリオットホテルグループの上級会員資格が付属していたり、ポイントが貯まりやすかったり、航空券(特典航空券)にもホテル代(ポイント宿泊)にもできたり、カード更新時にはホテル1泊分の無料宿泊ポイントが貰えたり、、、と、かなりお得なクレジットカードのため、【初年度年会費無料】のような年会費が無料になったり割引になったりするようなキャンペーンは無いけれど、入会時にたくさんのポイントが貰えるお得なキャンペーンをやっている。
 ただ、入会方法によって貰えるポイントがかなり変わってくるので、少しでもお得に入会したい人は下のお得に入会できる方法を参考にして欲しい。

 このSPGアメックスカードを最大限お得に作る方法は以下の2通り。

  1. お友達紹介を使ってSPGアメックスカードを申し込む方法。初回入会ボーナス特典は最大36,000ポイント+カード利用3,000ポイントで【合計39,000ポイント】獲得という太っ腹キャンペーン。現時点で一番オトクに入会できる方法だ。私達のお友達紹介プログラムを使って入会したい人は下のFACEBOOKのページに【SPGアメックスカード・お友達紹介プログラム専用のシークレットページへのリンク】があるのでそちらからどうぞ。 私達のお友達紹介を適用したSPGアメックスカードの申し込みリンク(Facebookのページ)
  2. 下に表示しているバナーからアメックスの本サイトにアクセスして本サイトから申し込む方法。初回入会ボーナス特典は最大30,000ポイント(カード発行より3ヶ月以内に10万円以上SPGアメックスカード利用)+カード利用3,000ポイントで【合計33,000ポイント】獲得。
 SPGアメックスカードを作って【超お得な初回カード入会特典】を貰いつつ、これから始まる優雅なマリオット・ホテル滞在を楽しみたい場合は、お得な方法で申込んでたくさんポイントを貰ってね♪

メジャートリップについて お得に旅する国内&海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間50万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP