もっとお得に旅しよう! - 旅行ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
hotel - ホテル
更新日 2019年04月08日

【翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都】京都 嵐山の穴場 和風カフェ♪ 茶房「八翠」でのアフタヌーンティーを実体験レポート!

和のアフタヌーンティー@翠嵐の茶房「八翠」

 京都・嵐山のマリオット・ラグジュアリコレクション・ホテル - 翠嵐の茶房「八翠」でいただけるアフタヌーンティータイムを実体験レポート!翠嵐の茶房「八翠」は嵐山と保津川(桂川)を眺められる、景観も非常に良い茶房 / カフェとなっており、そこで提供されるアフタヌーンティーは翠嵐の宿泊者以外でも利用OK。嵐山の観光ついでに訪れてみるのもおすすめだ。

 なお、この翠嵐の茶房 / カフェ「八翠」の営業時間は11時〜17時まで。メニューは各種飲み物、軽食(サンドイッチや鯛茶漬けなど)、ケーキセットなどが用意されている。中でもスペシャルメニューとなっている「八翠のおさんじ」(税別2,500円 / 15:00)、「和のアフタヌーンティー」(税別4,200円 / 11:00、13:00、15:00)を希望する場合は、事前予約することも可能(ネット、もしくは電話)となっている。

 今回私達は、15時からの「八翠のおさんじ」と「和のアフタヌーンティー」を事前予約して、翠嵐チェックイン前にいただいてきたので、そのスペシャルメニュー詳細や、八翠の雰囲気などを、利用者の目線でお伝えしていきたいと思う。

今回のお話の舞台場所は...

 
茶房 / カフェ「八翠」の中の様子

 翠嵐の茶房 / カフェ「八翠」の中の様子がこちら。建物は、築100年を超える歴史的建造物 旧「八賞軒」の伝統を今に残す作りとなっており純和風な内装となっているが、空調設備等はしっっかりしており非常に快適に過ごすことができる。屋内のテーブル座席数は28席とこじんまりとしたキャパシティのため、一番人が多くなる15時以降は、このようにほぼ満席となることも多い。

 冒頭でも紹介した「八翠のおさんじ」(税別2,500円 / 15:00)、「和のアフタヌーンティー」(税別4,200円 / 11:00、13:00、15:00)を予約する場合は、ネット、もしくは電話で事前予約も可能となっているため、確実に利用したい場合は、予約して訪れるのがおすすめだ。

テラス席も用意

 この八翠には、保津川(桂川)、そして嵐山の四季を風を感じながら楽しめるテラス席(12席)も用意されている。

京都・嵐山の四季を堪能

 この翠嵐の八翠が建っているのは、かつて亀山離宮の桟敷殿が存在したといわれる場所で、この京都・嵐山の風景を堪能できるシチュエーションとなっているため、時期によっては寒かったり、暑かったりすることもあるが、京都の自然を満喫しながらティータイムを楽しみたい場合は、このテラス席を利用するのもおすすめだ。

内側にも見事な生花

 八翠の店舗内にも見事な和の生花。季節によって移り変わる自然をコンパクトに収める「生花」の世界観は、この歴史ある茶房 / カフェ「八翠」の内装にしっくりと良く馴染んでいる。

 
八翠のアフタヌーンティー

 それでは、この翠嵐の茶房 / カフェ「八翠」で提供されている、飲み物や食事について詳細を見ていこう。今回私達はスペシャルメニューである「八翠のおさんじ」(税別2,500円)、「和のアフタヌーンティー」(税別4,200円)をそれぞれチョイスしているので、飲み物(コーヒー、紅茶など)は飲み放題となっているが、通常は、コーヒーや紅茶は一杯1,000円(税別)となっている。何気にスペシャルメニューを注文したほうが、好きな飲物を好きなだけ飲めるので非常に「お得」だ。

 また、SPGアメックスカードでマリオット・ゴールド会員になっていると、八翠の利用料金は15%オフになるので、翠嵐の八翠に行く際は、カードホルダーの人は忘れずに持っていくようにしよう。

サムネイル card 【SPGアメックスカード】世界中を優雅にお得に旅行しよう【マリオット&SPG統合後・最新版】 SPGアメックスカード(正式名称:スターウッド・プリファード・ゲスト アメリカン・エキスプレスカード)の魅力を、このカードに惹かれ、実際の旅行でこのカードの特典をフル活用している私達夫婦が紹介しよう。年会費は決して安くはないが、このカードが持つ特典はそのコストを遥かに上回るので、旅行好きな人には是非持って欲しいカードだ。

紅茶は全部で9種類

 店内の席に座ると、まずはドリンクメニューの注文から。スペシャルメニューをオーダーした人は、ドリンクメニューには、コーヒー、カプチーノ、カフェラテ、エスプレッソなどのコーヒー関連のもの、煎茶、ほうじ茶といった日本茶、そして紅茶(全部で9種類)から好きなものを選択できる。紅茶の種類は、実際にこの様にお茶の葉っぱを見せてくれて選ぶことができるので楽しい。

 なお、通常メニューには上記のメニューの他に、抹茶ラテ(税別1,100円)、柚子スカッシュ(税別1,100円)、ソーダ類(税別740円)、クラフトビール(税別1,350円)なども用意されているが、スペシャルメニューの人もこちらは別料金となっている。

 
八翠のおさんじ

 では、お待ちかねの食事内容を見ていこう。まずは税別2,500円(飲み物付き)の「八翠のおさんじ」から。セット内容は、3段スイーツタワー+野菜のスープ。スイーツタワーには一番上の段に大福餅2つ(抹茶とミルク)、中段にはガトーショコラ、下段には和三盆を使ったプリンが乗っている。

 付け添えの野菜のスープも、野菜本来の美味しさが引き出されたナチュラル感たっぷりの美味しいスープで、上に乗っているクルトンは、味噌を付けて丹念に焼き上げたパンが使用されている。

プッチンプリンのように小皿に盛って・・

 和三盆を使ったプリンは、プッチンプリンのように小皿に載せて楽しむことができる。このプリンのお味は、和三盆を使っているため、味わいは純和風で個性的。プリン特有の甘ったるさが無く、ほのかなあっさりとした甘さがクセになる美味しさだ。

 
和のアフタヌーンティー

 続いて、この八翠が一押しする「和のアフタヌーンティー」のメニュー。セット内容は3段のスイーツタワーと野菜スープ(八翠のおさんじと同じ)、そしてお重に和の軽食類を盛り付けた豪華な内容になっている。

お重の中身

 お重の中身は、お豆腐、スモークサーモンといちごのサンドイッチ、かんぴょうとハムのキッシュ、田舎風パイ、和え物、天ぷら、きゅうりの漬物、エビと桜の手まり寿司。どれも一口サイズで美味しく食べられる内容になっている。ちなみに、このお重の内容は時期により異なる。

スイーツタワーの和菓子は「鶴屋吉信」

 「和のアフタヌーンティー」のスイーツタワーに乗っている和菓子は、2ヶ月に1回変更となり、今回私達が食べた和のアフタヌーンティーセットでは、京菓子の老舗「鶴屋吉信」さんのお菓子が置かれていた。

サムネイル kyoto 【京都】老舗の有名店で職人さんが目の前で作ってくれる新鮮和菓子と抹茶を堪能 京都の有名和菓子屋さんで、職人さんが目の前で自分のために和菓子を作ってくれて、更にできたてホヤホヤの和菓子をお抹茶と一緒にいただける!おすすめの老舗和菓子屋さん。

 鶴屋吉信さんは、私達も和菓子のお土産が必要な時にはいつも利用させてもらっているおなじみの和菓子屋さんだが、まさかこんな場所で巡り会えるとは、ちょっと感激・・。

 さて、今回用意された内容は、一番上段には鶴屋吉信の明治初年からの代表銘菓である「柚餅」、中段には「春霞み」/ 漉し餡入りの薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう / ヤマノイモの根をすってしん粉と砂糖を加えたものを皮にしてあんを包んで蒸し上げた饅頭のこと)、下段には景勝地・嵐山の春の風景を再現した二重層のお菓子「嵐峡の春」の3種類。

嵐峡の春

 このスイーツタワーの一番下に乗っている「嵐峡の春」は、この翠嵐の八翠の外の風景そのもので、上の桜色のカステラは、春の桜で彩られた嵐山の風景を、下の緑の羊羹(ようかん)部分は、目の前の保津川(桂川)の緑色の風景を表している。実際の嵐山の春の景色を眺めながら、それを模した和菓子をいただくというシチュエーション。なんて贅沢なんだろう。ゆっくりと流れる景色を愛でながらの、とても心地が良いティータイムだ。

 なお、このスペシャルな和菓子のスイーツタワーは、「和のアフタヌーンティー」のセットメニューでのみいただける特別メニューとなっている。

 
飲み物をお代わり♪

 スペシャルメニューはコーヒーと紅茶が飲み放題。スイーツタワーには、和菓子がたくさん用意されているので、飲み物も一緒に2〜3杯ぐらいはお代わりできるのが嬉しいところだ。

 
支払いはクレカ&部屋付けもOK

 アフタヌーンティータイムを堪能した後は、玄関横のカウンターで精算。もちろんクレジットカードの利用もOKで、翠嵐宿泊者の場合は、部屋付にしてチェックアウト時に精算することも可能となっている。なお、料金には消費税の他、サービス料15%が加算される。

 
京都らしい「八翠」のアフタヌーンティー

 京都・嵐山のマリオット・ラグジュアリコレクション・ホテル - 翠嵐の茶房 / カフェ「八翠」でいただけるアフタヌーンティータイムは、京都の葉の雰囲気を存分に堪能できる、嵐山観光に来た際にはぜひ利用したいステキな内容となっていた。

 特に「和のアフタヌーンティー」のセットは、その時期にしか味わえない、京都の和菓子屋さんとのコラボスイーツが楽しめる。4200円というお値段は、お茶タイムとしては少し高めではあるが、嵐山観光の記念にいただくと素敵な思い出になるだろう。2人以上で訪れる場合は私達のように「八翠のおさんじ」(税別2,500円)と「和のアフタヌーンティー」(税別4,200円)を一つずつ注文すれば、色んなお菓子を楽しむことができて楽しかったりもするので、ぜひ参考にして欲しい。

 なお、時間帯によっては非常に込み合って席が無いこともあるので、スペシャルメニューを注文しようと思っている場合は、前もって翠嵐の八翠の本サイト、もしくはお電話で予約しておくのをおすすめしたいと思う。それでは、京都・嵐山の茶房 / カフェ「八翠」で、思い出に残る美味しいスイーツタイムを♪

メジャートリップについて お得に旅する国内&海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間50万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP