もっとお得に海外旅行 - 旅行記ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
TOP トリップメモ 【旅行費用を節約するコツ・裏技 | ホテル選び編】宿泊先のホテルを決める際、旅費を抑えるための重要なポイントはここだ!
旅費を抑えるために / ホテル選び編

 海外旅行に行く時、飛行機代やホテル代はもちろん、実際に行った先での現地での交通費や食事代もバカにならない。特に西~北欧ヨーロッパやアメリカなどの先進国に行った場合は、食費だけで軽く夫婦2人で外で食事しただけなのに、支払金額が1万円を超えていることも珍しくない。お金が有り余っている場合はそれで構わないが、普通、例えば5泊の旅行で朝昼晩の3食、全てレストランで食事をした場合、夫婦2人で朝4000円、昼6000円、夜8000円だと、1日約2万円弱×5日=約10万円。せっかくお得な航空券を手に入れて渡航しても、こんなに食費が掛かってしまっては旅費がかなり高額なものになってしまう。

 そこで、メジャートリップでは、この現地でバカにならない飲食代を抑えるための、お得なホテル選びの裏技・コツを紹介していきたいと思う。これさえ読めば、あなたもきっと海外旅行お得トラベラーになれるはず♪

 
裏技その1・食事プランをチェック

 ホテル選びで旅費を安く抑えるまず最初のポイントは、ホテルが用意している「食事プラン」に注目することが重要となってくる。朝昼晩全てが付いているオールインクルーシブのホテル、もしくは朝と夜が付いているハーフボードのホテルはそんなに数は多くないが、朝食だけは付いているホテルは数が多い。朝食が付いているだけでも一人一日2000円~3000円の旅費の節約になる。家族4人になると、朝食が付いているだけで1日1万円前後の節約になるのだ。5泊もすれば5万円分の節約。これは一人分のハワイの往復のLCC飛行機代に匹敵する。東南アジアなら2人分がまかなえる値段だ。そのため、ホテルを決めるときは朝食があるかどうかだけでも気にして選ぶのがおすすめだ。

 
絞り込み検索

 Booking.comAgodaなどの、大手ホテル検索サイトの場合、エリアを指定してホテルを検索すると、検索結果の左側などに絞り込み条件が表示される。そこには朝食込みや、夕食込みなどの条件でホテルを振るい分けすることが出来る。ヨーロッパ圏の物価の高い国などで、夕食が付いているホテルが見つけられたら、一人あたり1日5000円~8000円前後の旅費節約効果が期待できる。

 しかし、ホテル検索サイトでは、食事プランはある程度細かいことが掲載されているが、じゃあ、ホテルのレストランで有料で食事した場合、どのぐらい料金が掛かって来るか、、、なんてことは記載されていることはほぼ無いので、もしもホテルで食事したらどのぐらいになるのか気になる場合は、ホテルの本サイトを見つけて、実際に英語でメールしてみるのもオススメだ。ちゃんとホスピタリティがしっかりしているホテルであれば、実際のメニュー表をPDF形式で送ってくれることも少なくない。こうした細かいやり取りを行うことで、そのホテルが安心して宿泊できる場所なのかどうなのかの目安にもなる。もちろん、こういうコンタクトは面倒くさい一手間ではあるが、こういうコミュニケーションを通すことで、例えば2つ泊まりたいホテルがあって悩んでいる時なんかは、1つの判断材料になるのは間違いない。

 
裏技その2・キッチンは付いているか?

 食事プランに満足できるホテルが見つからない。そんな場合は「キッチン設備」が備わっている部屋を探してみよう。キッチンの付いている部屋は、だいたいコンドミニアムタイプのホテルとなるため、食事プランが付いていないことが多くなってしまうが、その分、食材やパンなどを買ってきて朝食に食べたり、外食がしんどくなってきた時に、いつも食べている家庭の味を楽しめる(もちろん作る人はそれなりの労力はあるが)し、また今日はレストランだけど、明日は部屋で食事を作ろう、、、なんてメリハリのある滞在を楽しむことが出来る。実際、私達もホテルにキッチンが付いている方が、旅先での体調も良好だったりする。またもちろん、食費も浮かせることが可能。ただし、計画を持って自炊をしないと食材をうまく使えず残してしまうことにもなるので、あまり食材を買いすぎたりしないように注意しよう。このあたりは、最初は買いすぎて失敗したりすることも多いが、慣れてくると「◯日の滞在ならこのぐらいだな」とカンが冴えてくるので、失敗しても恐れずに、積極的に旅先での自炊にチャレンジしてみよう。

 なお、旅先での自炊をしたことがないと「え!せっかくの旅行なのに自分で料理作るの?」なんて思うかも知れないが、実は現地で売っている食材を買ってきて、その中で料理をするというのは、その土地の食文化を知る上では非常に有意義なことでもある。つまり、旅行先で自炊をするということは、現地の食文化体験という1つのアクティビティをやってるようなもので、食費は浮くし、現地の生活体験できるしで、2度美味しい体験が楽しめる。

 
裏技その3・冷蔵庫は付いているか?

 キッチン付きの部屋というのはメリットだらけなのだが、それが一番重要となってくる物価や外食のバカ高い西~北欧ヨーロッパでは、キッチン付きの部屋というのが、、、これまためちゃくちゃ少ない(汗)。そんなどうしようもないシチュエーションで最後に頼りになるのが「冷蔵庫付きのお部屋」。「え?冷蔵庫ってw」と思った方、冷蔵庫を侮ってはいけない。冷蔵庫があれば、その中にビールやワインを冷やしておける。例えばビール。外のレストランで飲めば8ドル前後するビール1本。これがスーパーで買ってくれば6本セットで6ドルとか。かなり安くなる。また、朝食用にサンドイッチやフルーツを買ってきて入れておけば、それだけで朝食代がかなり節約できる。まぁ、冷蔵庫付きの部屋もなかなか無い、、、という場合は、最低でもミニバーがあれば、ジュースかビール1~2本はスペースを工夫すれば冷やしておけるので、ミニバーが付いているだけでもありがたい場面も多々ある。

 
裏技その4・近所のレストランをチェック

 、、、とまぁ、旅費節約のためにホテルの部屋の設備についておすすめを紹介してきたわけではあるが、ホテル選びの最後のポイントとして重要なのは、ホテルのロケーションについてだ。いくら設備が整っていたとしても、スケジュール的に自炊できない場面も多い。そんな時にありがたいのは、近くにいろんなレストランがあるホテルだ。

 
ホテル近所のレストランの探し方

 「どうやってホテルの近くにレストランがあるか調べられない!」と思ったあなた。泊まりたいホテルをGoogle Mapで調べて地図で表示させ、検索窓に「レストラン」、もしくは「restaurant」と入力して検索してみよう。すると、地図の表示エリアにあるレストランがズラーっと出てくる。またそのレストランの情報や口コミなどももれなく表示されるので、そのレストランがどんなところか、価格帯はどのぐらい、といった情報はある程度リサーチ可能だ。またレストランだけでなく検索窓に「supermarket」と入れれば、もれなくスーパーマーケットもズラッと表示される。これで、そのホテルが便利な場所に建っているかどうか、ある程度のリサーチが出来るというわけだ。

 
お得なホテル選び

 以上が私が現地での旅費を抑えるためにやっているホテル選びのコツ・裏技だ。もちろんこの他にも、公共機関(電車・バスなど)が近いかどうかなどの立地条件も考慮に入れたり、宿泊者の口コミを参考にしたりはするが、だいたいこんな感じで絞り込んでいけば、旅費を浮かせつつ満足の行く滞在ができるホテルを見つけ出すことが出来るだろう。私は、旅行先でホテルを決める際は、そのエリアにある殆どのホテルをチェックして吟味する。もちろんそれにはそれ相応の労力と時間が必要になってくるが、その分、お得な穴場なホテルを見つけ出すことが出来たりもするわけだ。もしも旅行先での費用を節約したいなら、ホテル選びには十分時間を割いて、納得のいくホテルを選び出そう。そうして色んなリサーチをしておくことで、旅先での現地情報はある程度頭に入っているので、結果的に効率のよい旅程を立てたりすることも出来る、というわけだ。それでは、お得に旅費を節約しつつ、ちょっとでも多くの国や場所に、忘れられない思い出を作りに出掛けてみよう♪

COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP