旅行情報

JALマイルも貯まるプライオリティパス付き格安プラチナカード!

目次

  1. JALのマイルがザクザク貯まるクレジットカードのキャンペーン
  2. JALのプラチナカードよりもたくさんJALマイルが貯まるゴールドカード
  3. ゴールドカードの値段よりも安く維持しながら更に維持費を下げてJALのマイルをザクザク貯めるプラチナカード
  4. 追加料金無しで【JALのマイルがザクザク貯まる!】

JALのマイルがザクザク貯まるクレジットカードのキャンペーン

JALマイルも貯まるプライオリティパス付き格安プラチナカード!
JAL

陸マイラー(飛行機に乗ってマイルを貯めるのではなく、飛行機に乗らずにマイルを貯める人)であれば、少しでも効率よくマイルが貯まる方法というのはとても重要なことだと思う。私たちはユナイテッド航空のマイルを貯めていたので「ユナイテッド航空のマイルがザクザク貯まるクレジットカード」を使っているが、現在はホテル宿泊に使えたり、40以上のどの航空会社のマイルにも変更できる「SPGアメックスカード」を使っている

記事 メインカードをMileagePlusセゾンカードからマリオット アメックスカードに変更した理由 15年以上メインカードとして使い続けてきた【MileagePlusセゾンカード】をサブカードにすることにした。旅好きな私達にとってマイレージプラスカードよりも更にお得なクレジットカードを見つけてしまったからだ。変更の理由と変更後の劇的な変化など実体験を告白。

JALのサービスが好きで「JAL(日本航空)のマイル」を貯めている人も多いと思う。そんなJALマイラーさんに超おすすめのクレジットカードのキャンペーンが届いたのでお知らせ!


JALのプラチナカードよりもたくさんJALマイルが貯まるゴールドカード

JALマイルも貯まるプライオリティパス付き格安プラチナカード!
SAISON

JALのマイルを貯めるとなると、普通は「JALのカード」が一番効率よく貯められると思いがちだけど、実はJALのプラチナカードよりもたくさんマイルが貯まるカードがあるのだ。

例えば、年会費33,480円の「JALカード プラチナ」はカードを使って買い物をすると通常店舗では1000円の買い物で10マイル(1%)しかマイルが付かないんだけど、今日紹介する「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」は「SAISON MILE CLUB(年会費4000円)」に入会すると1000円の買い物で11.25JALマイル(1.125%)が貯まる。

普通にカードを使う状態で貯まるポイントは「永久不滅ポイント」だからJALマイルにするためにマイル移行の手続きをしないといけないんだけど、この「SAISON MILE CLUB(年会費4000円)」に入るとマイルの移行とか何もしなくてもショッピングのポイントが勝手にJALマイルになるからものすごく便利。

この「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」の国際ブランドは世界的にもステイタスの高いアメックス。なのでアメリカンエキスプレスの特典「アメリカン・エキスプレス・セレクト」(国内ホテルの宿泊料金が最大75%OFFになったり、国内や海外などのレストランの飲食代金が最大20%OFFになったり…いろいろお得なプランを利用できる)とか「年間最大200万円までのショッピング保険」、「コナミのスポーツクラブの優待」、「海外旅行からの帰国時に、空港から自宅まで、カード会員一人につきスーツケースなどの手荷物1個を無料で配」なんかの特典が利用ができる。そしてこの手荷物宅配無料の特典はなんと家族カードの人も利用できるのだ。夫が本会員で妻が家族カードの場合、夫も妻もそれぞれ1個ずつ手荷物の宅配を使えるのはとっても有り難い。空港から自宅までの手荷物の宅配は1個につき大体2000円〜2500円くらいなのでこれはかなり嬉しい。他にもいろいろお得な優待があるのでぜひ下のリンクから飛んでチェックをしてみて欲しい。

このカードは「アメックスブランド」だから国内では使いにくいのかな?と思う人も居るかもしれないけど、そんなことは無いのでご安心を。実はアメックスカードはJCBと提携をしているから「JCBのカードが使えるところならほとんどどこでもカードの使用が可能」なのだ。

JALのマイルをザクザク貯めるのに必要な経費は「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」の年会費1万円と「SAISON MILE CLUB」の年会費4000円の合計14000円。

今なら、メジャートリップのページから申し込みをすると初年度年会費無料のキャンペーンをしているので初年度のカード年会費はタダ!(「SAISON MILE CLUB」の年会費4000円は必要。)更に最大7000円分のポイントを手にすることができる!とってもお得なキャンペーン中だ。

初年度年会費無料で「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」を申し込みたい人は、「ここからセゾンカードの公式ページに飛んで申し込みをどうぞ!と言いたいところだけど、チョット待って!これよりももっとお得なカードがあるので、ぜひそれをぜひチェックしてから自分にあった1枚を選んでほしいと思う。


ゴールドカードの値段よりも安く維持しながら更に維持費を下げてJALのマイルをザクザク貯めるプラチナカード

JALマイルも貯まるプライオリティパス付き格安プラチナカード!

先程紹介したJALのマイルがJALのプラチナカードよりも貯まりやすいゴールドカード「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」でJALマイルをザクザク貯めるための維持費はカードの年会費が1万円と「SAISON MILE CLUB」の年会費4000円の合計14000円。毎年14000円の経費を払えばJALのマイルが「JALのプラチナカード(年会費33,480円)」よりもたくさん貯まる。

でも、その14000円よりも維持費が安くて、更にすごいサービスが付いているプラチナカードがあるのだ。

それは「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」。

「ビジネス」と名前が付いているからもちろんビジネスカードなんだけど、実は個人に発行するカードなので普通に会社に勤めているサラリーマンやOLの人でも問題なく発行できる。

通常、プラチナカードといえば年会費は安いもので3万円〜5万円くらいなんだけど、このプラチナカードの年会費はなんと2万円。プラチナカードの中でも激安な価格設定。

プラチナカードとしては激安の価格設定なのに、更にこの年会費を半額にすることができるのだ。その方法とは、、、このプラチナカードの年間利用金額が200万以上になると、翌年の年会費が半額の1万円になる!というカードユーザーに対しての驚きの優遇措置を使うこと。難しいことは何もなく、ただ、このクレジットカードで年間200万円分の決済をすればいいだけなのだ。

年間利用金額が200万円と言えば、多い気がするけれど1か月あたり16万円ほど。JALのマイルを貯めている人であれば、このカードをメインカードにして自分が毎月使っている固定費(電気代、ガス代、携帯代、ネット代、ガソリン代、食費、被服費、交際費)や日ごろコンビニでちょっと買い物するジュースとかお菓子まで全部このカードで決済するようにして、更にちょっとした大きな買い物とか海外旅行の代金とかも決済していたら、年間200万とかは普通にクリアできる金額だ。

初年度はキャンペーンを利用して9,000円相当分のポイントをもらってお得にこのカードを持ち、2年目からは実質年会費1万円でアメックスのプラチナカードを持つ。年会費1万円といえば、私が普段使っている「セゾン・マイレージプラス・ゴールドカード」の年会費20,000円の半額!プラチナカードなのにゴールドカードよりも安い経費で持てるとは驚きだ!

そしてこのカードの本当に凄いところはここからだ。

まず、海外旅行者に嬉しい「プライオリティパス(年会費429ドルのプレステージ会員)」を無料で発行できるのだ。「プライオリティパス」とは空港のVIPラウンジの事。ラウンジの中には無料で食べられる軽食やワイン、日本酒、シャンパン、ビール、ウィスキーなどのアルコール(もちろん何杯飲んでも無料)、長時間座っても疲れないフカフカのソファー、無料で接続できるネット回線、汗を流せるシャワー(無いところもある)、新聞や雑誌も置いてあるし、ビジネスブースやマッサージチェアもあったりする。

このVIPラウンジに普通にお金を払って入室しようとすると、まず会員になる必要があり一番安いスタンダード会員で年会費99ドル(1万円ちょっと)が必要になる。そしてそのスタンダード会員は入室1回につき32ドル(約3,500円程)支払って入室することができる。この「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」を持っていると、そんな有料のVIPラウンジに年間制限なく何度でも無料で入れる「プレステージ会員のプライオリティパス」を無料で発行することができるのだ。翌年からは実質年会費1万円でプラチナカードを所持しつつ、プレステージ会員のプライオリティパスを持てるというのはちょっとすごい。

最近は関空のぼてぢゅうでプライオリティ・パス1枚で3,400円分の食事もできる(LCCでの国内旅行でもOK)ので、プライオリティパスの威力は計り知れない。

プライオリティパスは「海外旅行に行くときはいつもビジネスクラスに乗る」なんて言う人には必要ないけれど、我が家みたいに「自分でチケットを買う時はLCCの航空券や格安航空券で旅行する」なんて言う人にはものすごーく有り難いパスなのだ。そのパスの一番上級会員のプレステージ会員のパス(年会費429ドル[約47,000円ほど])が無料で付いてくるんだからめちゃくちゃお得なプラチナカードだ。

ただし、プライオリティパスの発行ができるのは本会員のみ。家族カードにはプライオリティパスの発行はできないので注意。家族カードにも無料でプライオリティパスの発行ができるカードは下の記事で紹介しているので参考にして欲しい。

記事 三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード【MUFGプラチナ】 クレジットカードの三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(三菱UFJカード・プラチナ・アメックス / 旧MUFGプラチナ)を徹底解説。プライオリティパスや旅行傷害保険、貯まるポイントと交換先、空港手荷物宅配サービス、そして高級ホテルやレストラン特典など、三菱UFJカード・プラチナ・アメックスに付帯するカード特典をまとめました。 三菱UFJ・プラチナカードのメリット・デメリット クレジットカード 三菱UFJ・プラチナカードのメリット・デメリット クレジットカード「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」のメリットとデメリット。7年以上三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード(MUFGプラチナカード)を持ち続けている私が、カード特典のプライオリティパスやコンシェルジュデスク情報をまとめつつ、本当におすすめのクレジットカードなのか検証。

追加料金無しで【JALのマイルがザクザク貯まる!】

JALマイルも貯まるプライオリティパス付き格安プラチナカード!

そして更にスゴイのは、さっきの「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」でJALマイルがザクザク貯まると言っていたのと同様、こちらもJALマイルがザクザク貯まるのだ。そしてそのJALマイルをザクザク貯めるためには「SAISON MILE CLUB(年会費4,000円)」に入会する必要があり、「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」はその年会費が4,000円必要なんだけど、この「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」はプラチナカードの特典としてその年会費4,000円が無料なのだ!本来ならば年会費4,000円が必要なところを無料で入れるという事は、、、結局、年間200万以上このカードで決済できる人であれば、ゴールドカードを作るよりもプラチナカードを作るほうがお得ということになる。

実質年会費1万円でプライオリティパスが作れて、「SAISON MILE CLUB(年会費4000円)」に無料で入会出来てJALマイルがザクザク貯まって、、、と、めちゃくちゃお得なカードなのだ。

更にこのカードは国際ブランド・アメックスのプラチナカードなのでアメックスのプラチナカードの特典ももちろん使える!先程紹介したゴールドカードで利用できた「アメリカン・エキスプレス・セレクト」(国内ホテルの宿泊料金が最大75%OFFになったり、国内や海外などのレストランの飲食代金が最大20%OFFになったり…いろいろお得なプランを利用できる)はもちろん使えるし、プラチナメンバー専用のコンシェルジュサービスも使える。また「スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド」という「一日に数組しか泊まれないオーベルジュや古城ホテルなど、世界約520ヵ所以上の格式あるこだわりのホテルを、会員限定の特典付きで(チェックイン時に空きがあればアップグレード、二人分のコンチネンタルブレックファースト、レイトチェックアウトなど)利用できたり」する。

JALマイルを貯めるのにお得と紹介したけれど、このカードは永久不滅ポイントを貯めることができるので、その永久不滅マイルをANAマイルに交換することも可能だ。

先に紹介した「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」を作ろうと思っているのなら、こちらの「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」の方が維持費が低いのにお得度が高く、ステイタスも高いカードなので、ぜひこのプラチナカードをおすすめしたい。

そしてそして、嬉しいことにメジャートリップからの紹介という事で、ここから申し込みをすると最大9,000円相当分のポイントがもらえる入会記念キャンペーンをやっているので、お得に作りたい人はぜひこの機会に申し込んで欲しい。

9,000円相当分のポイントがもらえるという事は初年度は実質年会費1万1000円でアメックスのプラチナカードを持てるという事。プラチナカードなのにゴールドカード並みの値段で持てるのだ。そして年間200万円以上使う人であれば、翌年からは実質年会費1万円だ。とてもお得なキャンペーンなので、プライオリティパスを毎年1万円の維持費で持ちながら航空会社のマイルをザクザク貯めたいと思っていた人はぜひ、この機会に「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」に申し込んでプラチナカードのホルダーになって、、、VIPラウンジに入りながら「格安なのにラグジュアリーな旅」を存分に楽しもう!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

記事 【ビジネスクラスラウンジ】プラザプレミアムラウンジ名古屋(旧スターアライアンスラウンジ )@中部国際空港(セントレア) 中部国際空港(セントレア / NGO)にある「STAR ALLIANCE LOUNGE - スターアライアンスラウンジ」に潜入してきたのでレビューしてみたい。ここはANAやユナイテッドをはじめとする、スターアライアンスのビジネスクラスラウンジだが、なんと!プライオリティパスでも利用することができるのだ。 記事 アンバサダー・トランジット・ラウンジ @シンガポール・チャンギ国際空港ターミナル2 シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル2にある空港ラウンジ「アンバサダー・トランジット・ラウンジ - Ambassador Transit Lounge」を徹底レビュー。プライオリティパス利用可能。ラウンジ内の様子から、フード&ドリンクの内容など、利用者の目線でできるだけ詳しく紹介します。 記事 大韓航空ビジネスクラスラウンジ - KALラウンジ @中部国際空港(セントレア) プライオリティパスでも入れる大韓航空のビジネスクラスラウンジ「KALラウンジ」@中部国際空港(セントレア)に潜入してきたので、ラウンジ内の様子や、置いてある食べ物、飲み物などを徹底レビューしてみたいと思う。場所は保安エリアを入った内側なので利便性は非常に高い。 記事 プライオリティパス vs ビジネスクラス どっちのラウンジが快適? プライオリティパスで使えるラウンジと、ビジネスクラス客向けのラウンジ。果たしてどっちのラウンジが快適なのか?比較対象にした空港ラウンジは全部で8つ。実際に両方使って比較してみた。 記事 ラウンジ - AVIATOR LOUNGE @コペンハーゲン国際空港ターミナル2 コペンハーゲン国際空港のターミナル2にあるビジネスクラスラウンジ「AVIATOR LOUNGE」に潜入。このラウンジは対象航空会社のビジネスクラス客のほか、プライオリティパス、ダイナース、EURO CARDなどのプレミアムカードホルダーも利用できるラウンジとなっている。 記事 DNATAラウンジ @シンガポール・チャンギ国際空港ターミナル1 シンガポールのチャンギ国際空港・ターミナル1にある空港ラウンジ「DNATA LOUNGE」の中の様子や、食事、飲み物などを紹介。2017年より日本航空(JAL)の指定ラウンジにもなっているラウンジだ。 記事 SATSプレミアラウンジ @シンガポール・チャンギ国際空港ターミナル1 チャンギ国際空港のターミナル1にあるSATS PREMIER LOUNGE(SATSプレミアラウンジ)を紹介。このラウンジはプライオリティパスでも使用可能。アジアンテイスト溢れるフードメニューから、リラックスできるソファ、シャワールームなど、アットホームながらもちゃんといろんな設備が整ったラウンジだ。