もっとお得に旅しよう! - 旅行ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
airline - エアライン
更新日 2018年11月30日

【実体験レポート】全日空 / ANA 国内線 B777-300 のエコノミークラス搭乗記レビュー!

 
全日空 / ANA 国内線 B777-300(B773)

 東京(羽田)から沖縄(那覇)へ向かう全日空 / ANA 国内線 B777-300(B773)に搭乗する機会があったので、このワイドボディ双発ジェット機の機内の様子や、座席の広さ、機内サービスを実体験レポートしてみたいと思う。

 この機材は、全日空(ANA)は比較的大人数の乗客が見込める国内線に採用しており、座席クラスは、プレミアムクラスと、一般のエコノミークラスの2クラス制。はたしてどんな機内になっているのか早速見ていきたいと思う。

 
エコノミーの座席

 エコノミー座席の配列は3-4-3、総座席数は514席(うち21席はプレミアムクラス / 2-3-2の配列)と、かなりの座席数が用意されている。機材はある程度年季が入っているので、昔ながらのレトロな雰囲気は否めない。ちなみにエコノミー座席には個人モニター、電源タップなどは無い。なお、最後部の5列窓側はツインシート(2人席)が用意されている。

 また、機内では無料でWIFIを利用できるので、フライト中もインターネットが楽しめるので、個人モニターは無くても問題無い。さらに、WiFiを利用してTV番組、人気ドラマ、バラエティ、アニメなどの映像やオーディオプログラム、e-booksなど、100を超えるコンテンツを楽しむことができる。ただし、コンテンツを楽しむにはANA公式アプリが必要なので搭乗する前にダウンロードしておこう(ANAの国内線WiFiサービス詳細は全日空のサイトを参照)。

女性が座った時の座席の広さ

 ミヅキ(女性 / 身長160cm程度の中肉中背)がエコノミー座席に座ってみたところ。膝と前席の間はかなりの広さが確保されているのが分かる。東京⇔沖縄のフライトは約2〜3時間の短距離線なので、これぐらい座席のシートピッチがあれば、疲れたりすることはすくないはずだ。

男性が座った時のシートピッチ

 こちらが男性(身長170cm / 中肉中背)が座った時のシートピッチのイメージがこちら。男性が座っても十分な座席幅とシートピッチが確保されているのも確認できた。さすがはANAさんの国内線。短距離でも快適だ。

 
機内にはモニターが数台

 個人モニターは付いていないが、天井とバルクヘッド席の壁には、ニュース番組が写しだされたモニターが数台置かれている。それにしても、5月終わりの梅雨真っ只中のオフシーズンの沖縄に向かう便とはいえ、搭乗人数は異様に少ない。これが夏休みになると席がいっぱいになるんだろうなぁ。

 
ANAさんの国内線・機内サービス

 全日空 / ANAさんの国内線機内サービスは、今回の東京発、沖縄行きの便でも1回のみ。もちろん、メニューはソフトドリンクのみとなっている。

 
ハーゲンダッツのアイスは購入可能

 機内アナウンスでハーゲンダッツのアイスクリームのアナウンスがあったので、デザートがてら買ってみることにした。値段は300円。購入は現金の他、クレジットカードでも購入可能。なお、このアイスクリームの機内販売は、東京 - 沖縄 などの一部路線のみで販売している。

 
ANAさんのB777-300 国内線・エコノミークラス

 ANAさんのB777-300 国内線・エコノミークラスは、座席の装備も必要最小限で、今回のような沖縄旅行に向かう際には、国際線に比べると少しワクワク感が足りない気もするが、WiFiが使えたり、何より座席が広いので乗っていて疲れないところが良い。このあたりは狭いが当たり前のLCCに比べてもアドバンテージがあると思う。

メジャートリップについて このサイトは、お得に旅する海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間40万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP