もっとお得に旅しよう! - 旅行ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
airline - エアライン
更新日 2018年11月29日

【実体験レポート】全日空 / ANA 国内線 B787のエコノミークラス搭乗記レビュー!

 
全日空 / ANA 国内線 B787-9

 全日空(ANA)の国内線、B787(大阪・伊丹 → 東京・羽田 / NH32便)に搭乗してきたので、機内の様子や座席、機内サービスを実体験レポートしてみたいと思う。ANAさんは、スターアライアンスに加盟している唯一の日本の航空会社なので、スターアライアンス系の航空会社(ユナイテッド航空など)で特典旅行を取る場合、日本国内間の接続にはANAの国内線が必ず登場するため、この大阪 - 東京の全日空の国内線フライトはユナイテッド航空・陸マイラーの私達にとっても馴染み深い路線のひとつでもある。

 
ANA チェックインカウンターでチェックイン

 まずはANAさんのチェックインカウンターでチェックイン。今回のB787-9のエコノミー座席は3-3-3の配列になっているので「隣に誰も乗っていない3人席ありますか?」と聞いたところ、誰も乗っていない座席に変更してくれた。このようにANAの国内線でも、希望を伝えれば、座席に空きがあれば良い席にアサインしてもらえるので、聞いてみるといいだろう。

 
ANA B797-9の機内の様子

 では、早速飛行機に乗り込もう。こちらが全日空(ANA)の国内線、B787-9の機内の様子。座席の配列は上でも書いたとおり「3-3-3」。大阪と東京を結ぶ主要路線だけあって、さすがに搭乗率は高く、ビジネスマンの姿が目立つ。

 
エコノミークラスの座席シート

 こちらがエコノミークラスの座席シート。ミヅキ(身長160cmぐらいの中肉中背 / 女性)が座ってみたときの座席の広さは十分。ゆったりめのシートピッチが採用されている。スペック的には横幅18.5インチ(約47cm)、縦幅34インチ(約86.36cm)。この横幅は、実はANA 国際線のエコノミークラスの横幅(約17.3インチ)よりも広かったりする。ただし、国際線のように個人モニターは付いておらず、エンターテイメントは無い。もちろん電源タップも無し。ただし、ANAの国内線では無料でWIFIが使えるので、スマホかノートPC、タブレットがあればインターネットが利用可能となっている。

前席との距離

 前席までのフットスペースの広さがこちら。膝と前席の空間が十分取られているので、足の短い私たち夫婦には十分なエコノミークラス席となっているw

 
機内サービスはドリンク1杯

 機内サービスは、安定航路に入ってすぐにドリンクが各座席に配られる。無料でいただけるのはコーヒー、紅茶、各種ジュースに加え、ANA名物(?)のコンソメスープ(具材無し)。このコンソメスープは美味しくて、お腹が減っている時には身体に染み渡るので、ぜひ頼んでみて欲しい♪

 
ANA 国内線 B787-9は快適♪

 全日空 / ANAの国内線 ボーイング B787-9 エコノミークラスは、座席もスペースがちゃんと広めに設定されていて、非常に快適にフライト時間を過ごせる内容だった。エンターテイメント類は無いが、ANAさんが発行している「翼の王国」(雑誌)も座席ポケットに入っているし、ネットも使えるので、大阪⇔東京の1時間ほどのフライトでは、時間が潰せなくて困る・・・なんてことは無いだろう。それでは、ANAさんの国内線で、快適な空の旅を♪

メジャートリップについて このサイトは、お得に旅する海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間40万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP