お得に楽しい旅行&生活ブログ - メジャートリップ
TOP 国内線&国際線 飛行機の座席レポート&搭乗記 【エアアジア vs スクート | ハワイ路線はどっちが快適?写真付き搭乗レビュー】座席と機内食を徹底比較!
info - 情報

【エアアジア vs スクート | ハワイ路線はどっちが快適?写真付き搭乗レビュー】座席と機内食を徹底比較!

Image
エアアジア vs スクート ハワイ路線
 今やハワイにLCCで行ける時代。お得なセールを利用すれば、往復一人2~3万円台も実現できるエアアジアとスクートのハワイ・ホノルル路線。しかし実際にどっちを利用すれば良いのか、迷う人も多いはず。そこで、このエアアジアとスクートのハワイ路線に乗りまくっている私達が、実際に搭乗した時の体験を元に、このエアアジアとスクートの座席、機内食(値段も)、サービスなどを写真とともに徹底比較してみた。スペックだけでは推し量れない、この2つのローコストキャリア・ハワイ路線の搭乗比較レビューを参考に、あなたに合ったLCCハワイを見つけてみて欲しい。
※スクートのハワイ線は残念ながら2019年5月に廃止になったので、現時点ではLCCでのハワイ直行便はエアアジアのみ。
 
 
Image
座席マップ
 最初にAir Asia(エアアジア)とSCOOT(スクート)のハワイ線の座席マップを見ていこう。
 まずは、それぞれプレミアムフラットベッド(エアアジア)、スクートビズ(スクート)と呼ばれるビジネスクラスのシートではエアアジアは2-2-2の座席配列に対し、スクートは2-3-2の座席配列を用意している。この真ん中の列の座席は、同乗グループの人数によってその快適性が変わってくる。
 まず、夫婦だけ、カップルで、、といった2人での搭乗では、3列シートは隣に他人が乗ってくる可能性があるため快適性が良いとはいえない。しかし、子供連れで3人家族で旅行、といった場合はこの3列シートが活きてくる。そういう観点から考えると、ビジネスクラスのシートは、エアアジアはカップルや夫婦、友達同士といった2人旅に最適で、スクートは子連れ家族向きと言えるだろう。ただし、シートに関しては、スクートの「スクートプラス(旧スクートビズ)」はプレミアムエコノミーぐらいの広さの座席なのに対し、エアアジアの「プレミアムフラットベッド」はフラットシートになるので、グレード的にはエアアジアに軍配が上がる。スクートの「スクートビズ」とエアアジアの「プレミアムフラットベッド」の詳細については下記の記事を参考にどうぞ。
 続いて、エコノミーシートを見ていこう。私達もそうであるが、LCCで安くでハワイに行きたい場合は、だいたいこちらのエコノミーシートを予約することになる。このエコノミー席は、エアアジアもスクートも、クワイエットゾーン(エアアジア)、サイレントゾーン(スクート)という前側に位置する「子供が利用不可の静かなエリア」と、一般のエコノミー席を用意している。もちろん、このクワイエットゾーンのほうが座席指定が高く、エアアジアの場合は一般シート1440円、クワイエットゾーンシート2320円、スクートは一般シート960円、サイレントゾーンシート1520円という価格設定になっている(2018年3月現在)。
 また、席の配列はどちらも3-3-3であるが、後ろの方にエアアジアは32席、スクートは8席のツインシートを用意している。このツインシートは上で述べたように2人旅行には最適の席なのだが、スクートは8席とかなり少ない設定になっている。つまり座席マップで見ると、3人以上の家族旅行ならスクートが快適、2人旅行ならエアアジアが快適、、、となるだろう。
 
Image
座席シートの比較
 続いて実際のエコノミー座席シートを見ていこう。シートはエアアジアは革張り、スクートは布張りの座席を用意している。どちらの座席も個人モニターは無く、また電源タップも付いていない。シートのスペックは、エアアジアは「横幅16インチ、縦幅31インチ」、スクートは「横幅18インチ、縦幅31インチ」と、スクートのほうが約5cmほど広く設定されている。スペックだけ見るとスクートのほうが良いやん!となるが、ここにちょっと落とし穴があり、スクートは席に付いている肘掛けが非常に華奢なのだ。これはつまり隣の人との距離が近く感じてしまうということで、隣に知らない人が乗ってきたりするとかなり狭く感じてしまうことにもなる。これが座席スペックの数字では分からない座席の乗り心地だ。この辺りをどう見るかは人それぞれではあるが、3人席に座るとするなら、私はエアアジアさんのほうが乗り心地は好きだ。ツインシート利用なら競争率は高いがスクートさんのほうが良いだろう。
 
Image
実際に座ってみる
 では、実際にミヅキに、エアアジアさんとスクートさんの座席に座ってもらうことにしよう。足の膝前に開いているスペースは、上で書いたスペック通り同じなのが分かるだろう。またリクライニングに関してもあまり差はない。しかーし、スクートさんの座席の肘掛けについている、読書灯とアテンダントサインボタン、、、これが厄介。右のミヅキの写真を見て分かる通り、ぼーっとしていたら手がそのボタンにあたってしまうのだ。そのため、気が付かずCAさんを呼んでしまうことにもなるため、そういう意味でスクートさんの座席の快適度にはマイナス1ポイントが付く。
 
Image
ドリンクメニュー
 続いて機内食のドリンクメニューを見てみよう。わかりやすくビールを比較してみるが、エアアジアは1本5USドル(約560円)に対し、スクートは1本8シンガポールドル(約650円)。若干エアアジアの方が安いが、アサヒビールを飲もうとするとエアアジアは2本セットのものしか無く値段は2本で10ドルの販売になる。なので、エアアジアでビールを1本だけ飲みたい場合は「カールスバーグ」を頼めば1本5ドルで飲むことができる。
 
Image
食事メニュー
 機内食のメイン食事メニューも見ていこう。LCCの機内食はどれもワンプレートのメニューが多い。値段は東南アジア方面の路線だと機内食のワンプレートの食事は1皿600円ぐらいで買えたりするんだけど、ハワイ線だけは異様に高い。これは、エアアジア、スクートどちらにも言えることで、例えばエアアジアだと1つのメニューが16USドル(約1800円)で、スクートは18シンガポールドル(約1500円)。こちらは若干スクートさんの方が安い。ではついでなので、安い方のスクートさんの機内食を注文してみよう!
 
Image
鶏の照り焼きランチ
 これが、18シンガポールドルで購入した、鶏の照り焼き風ライス付きプレートだ。見た目は非常に素朴、、、というか、1500円でこれなのか、、、と言ったガッカリ感があるが、お味は見た目よりも良いので、そんなにガッカリしないようにしようw ただこれでこのお値段するのなら、正直、早めに空港に行ってレストランエリアで食事をしてから乗り込んだほうが良いかもしれない。私たちはいつもそうしている。なお、この機内食の見た感じは、スクートさんもエアアジアさんもさほど変わらないだろう。なお、一緒に写っているカップヌードルもスクートさんの機内で売っていて、5シンガポールドル(約400円)。小腹が空いたらこのカップヌードルだけでも良いんじゃないかと思う。
 
Image
スクートはカード決済OK
 また、スクートさんの機内販売に関しては、シンガポールドルに加え、日本円やUSドルでの現金決済(お釣りは基本シンガポールドルだが、用意があればUSドルなどでももらえたりする)の他、クレジットカード決済もOK。エアアジアさんは前に東南アジアに行った時にはカード決済できたが、ホノルル行った時は現金のみと言われたこともあったので、このあたりの支払いのしやすさに関してはスクートさんが一枚上手。
 
Image
CAさん
 最後はCAさんについて。エアアジアのCAさんに関しては、まず制服が赤で派手めで化粧もしっかりメイクでキラキラした雰囲気。一方のスクートのCAさんは制服が黒に黄色というシャープな色遣いで、一見地味な印象を受けるが、実は写真でも分かる通り気さくでフレンドリーだったりもするので安心して欲しい。
 またエアアジアはマレーシア資本、スクートはシンガポール資本ということで、日本語が話せるCAさんの数はそんなに多くないので(少しは居る)、もしも「日本語で応対してくれなきゃ嫌、、、」なんて思う場合は、もう少しお金を出して日本のレガシーキャリア(JALやANA全日空)に乗ったほうが快適だ。
 
Image
ハワイを身近に感じる
 さて、こうしてエアアジアとスクートという、日本からハワイへ直行便を飛ばしている2つのLCC航空会社の実際の座席や機内食、サービスなんかを見てきたわけだが、ぶっちゃけた話、これだけ安い値段でハワイに連れて行ってくれるんだから、少々機内食が有料だろうが、座席の設備が微妙だろうが、そんなことは(私は)気にならないw
 ハワイという場所は、フライトの料金も高く家族やカップルで行こうとしても結構予算がかさむ場所として、長らく手が届きにくかった人も多いのではないだろうか。しかし、こうして安い時だと片道1万ちょっとでハワイまで連れて行ってくれるLCCが出来たことで、あこがれの南国リゾート・ハワイという場所が、グッと身近になったのではないだろうか。
 最近、HIS(エイチ・アイ・エス)JTB(ジェイ・ティー・ビー)などのハワイツアーにも組み込まれることの多いこのエアアジアとスクートのホノルル行き。この実際に乗った搭乗比較レポートが、ツアーやフライトの選択の参考になれば幸いだ。それでは安くて楽しいハワイを♪
 メジャートリップでは、この比較だけでなくエアアジアのハワイ線の機内の様子
それぞれ詳しくレポートしてるので、いろいろ悩んでいる人は下のリンク記事から飛んでチェックしてみてほしい。
ハワイのお土産を格安で買う方法なんかもあるので参考にどうぞ。
SPGアメックス SPGアメックスカード 高級ホテルもポイントで無料宿泊!モリオとミヅキの旅行をアップグレードさせた『最強』のクレジットカード - SPGアメックスを紹介。 詳細記事へ MileagePlusセゾンカード MleagePlusセゾンカードはマイルがザクザク貯まって国内旅行にも強い。今なら最大3万マイルボーナスキャンペーンも!
 
COPYRIGHT (c) 2015 - 2021 MEASURETRIP
ALL RIGHTS RESERVED
メニュー 生活 宿泊記 旅行記 ホーム