お得に楽しい旅行&スタイルブログ - メジャートリップ
airline - エアライン
更新日 2019年07月20日

エアアジア ハワイ ビジネスクラス(プレミアムフラットベッド)は乗る価値ある?【飛行機の搭乗レビュー】

Image
エアアジア ハワイ のビジネスクラスは乗る価値ある?
 エアアジア ハワイ には、ビジネスクラスにあたる「プレミアムフラットベッド」という座席クラスがある。LCCのビジネスクラスということで、一体どんな座席なのか、気になっている人も多いはず。
 私達も何度もエアアジア ハワイに乗っていて非常に気になっていた座席だったのだが、今回(2019年7月)のエアアジア・ハワイ旅行で、タイミング良く空港での有償アップグレードを使ってこのエアアジアのビジネスクラス、プレミアムフラットベッドに搭乗することができたので、その搭乗レポートをお伝えしたいと思う。果たして、このエアアジア・ハワイのビジネスクラスは乗る価値があるのか?一緒に見ていこう。
 
目次
  1. エアアジア ハワイ のビジネスクラスは乗る価値ある?
  2. エアアジア ハワイのビジネスクラスの値段 / 価格
    1. 空きがあれば空港で有償アップグレード可能
    2. ホノルルの空港だと片道300ドル!?
  3. 荷物には優先タグが付く
    1. 搭乗券は手書きで変更される
  4. エアアジアのプレミアムフラットベッドへ搭乗
    1. 入り口はすべて同じ
  5. エアアジア ハワイ線の搭乗口
    1. プレミアムフラットベッド エリアへ
  6. エアアジア ハワイ ビジネスクラスの座席マップ
  7. エアアジア ハワイのプレミアムフラットベッドに到着!
    1. ミヅキが座ってみた
    2. モリオが乗ってみたところ
    3. 座席の広さ
    4. プレミアムフラットベッドの一列目は開放感がある
  8. プレミアムフラットベッド座席の設備
    1. 個人モニターは無し
    2. 前面ポケットの中
    3. 肘掛けは広い
    4. 読書灯と仕切り
    5. 座席テーブル
    6. 肘掛け下にも収納スペース
    7. 電源も付いている
    8. 頭上の荷物収納
    9. 天井の読書灯
    10. プレミアムフラットベッドエリアはカーテンで仕切られる
    11. トイレも清潔に保たれている
  9. プレミアムフラットベッド / 座席のリクライニング
    1. 肘掛けのリクライニング操作パネル
    2. 背もたれ側面にも調整ボタン
    3. アップライトポジション
    4. リラックスポジション
    5. フラットベッドポジション
    6. 寝心地はなかなか良い
  10. エアアジア ハワイ ビジネスクラスの機内サービス
    1. ウェルカムドリンクと機内食のリクエスト
    2. フライト開始
    3. ブランケットの配布
    4. 防寒対策は必要無し
    5. 個人モニター代わりのタブレットの配布
    6. タブレットのバッテリーとヘッドホン
    7. タブレットに入っているエンターテイメント
    8. 機内メニューのオーダー
    9. おすすめのビール
    10. おすすめのスナック発見!
    11. スマホで寝る前の暇つぶし
    12. 機内食タイムまでしばしの睡眠時間
    13. あと数時間で目的地
  11. 機内食いろいろ
    1. 和風弁当
    2. 焼き鮭添え釜飯風
    3. えびの甘辛ソース和え
    4. 厚揚げ豆腐と野菜炒め
    5. お口直しにビールでも
  12. エアアジア ハワイのビジネスクラスは乗る価値あり?
    1. おまけ:私達の支払い総額
目次の全表示
 
Image
エアアジア ハワイのビジネスクラスの値段 / 価格
 このエアアジア ハワイのビジネスクラスの価格は、BIGセールの時で、片道約7万円前後から購入できるが、日程が近くなってくると、上のスクリーンショットのように片道12万円を超えてくる価格となっており、この値段を出せば同日のJAL ハワイのプレエコ(片道11万円前後〜)も購入できる価格帯なので、かなり割高感が出てくるのは否めない。
 また、普通のエアアジア・ハワイのエコノミークラスの座席の場合は、BIGセールのときには片道1万円前後となっているため、その数倍の値段を出してまで購入するべきかどうかは、かなり悩むところとなってしまうだろう。
Image
空きがあれば空港で有償アップグレード可能
 しかし、このエアアジア・ハワイのビジネスクラス「プレミアムフラットベッド」は、空きがある場合は、なんと!空港カウンターでチェックインの際に有償アップグレードをすることも可能となっているのだ。
 その気になるアップグレード料金は、大阪・関西→ハワイ・ホノルルで片道39,000円(2019年7月現在)/ 1座席。自分がすでに購入したチケット料金にさらにプラスとなり、すでに追加購入した座席指定料金や手荷物料金、機内食といったオプションの払い戻しも無いので、この料金が割安かどうかは人によって異なるが、BIGセール時のエアアジア ハワイ プレミアムフラットベッド(ビジネスクラス)の最安値価格が大体7万円前後なのを考えると、片道3万円以下で購入したエコノミークラスのチケットであれば、関西空港での有償アップグレードはかなり割安なものになると判断していいだろう。
 私達もかねてからエアアジア ハワイのビジネスクラス(フラットベッド)には興味があったので、この空港での有償アップグレードを申し込み、2人分のプレミアムフラットベッド(合計78,000円)を購入。支払いはVISA、MASTER、JCBのクレジットカードで決済可能だ。
Image
ホノルルの空港だと片道300ドル!?
 さて、大阪・関西からハワイ・ホノルルまでの有償アップグレード料金は39,000円なのだが、今回私達が2019年7月にホノルルから大阪・関西まで戻ってくる際に、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港のチェックイン時に有償アップグレード料金を聞いてみると、なんと!片道300ドル(約3.3万円)と案内があったのだ!これは大阪発よりも5,000円ほど割安。これには買おうかどうしようか・・非常に悩んだ。
モリオ:「うぁ、、300ドルだって!帰りは普通にエコノミーで帰ろうと思ってたのに・・・う〜ん、心が揺れるなぁw」
ミヅキ:「ほんと・・・悩むね。」
空港スタッフ:「どうします?あと2席のみですよ?」
モリオ:「隣同士の席ですか?」
空港スタッフ:「ええ!もうすぐ無くなるかもしれませんよ?」
 妙にセールスのうまい空港スタッフに当たった私達(笑)。
ミヅキ:「よし、買おう!」
モリオ:「わかった、、、、では、お願いします。」
空港スタッフ:「かしこまりました。」
 お金の決定権はミヅキが握っている我が家(笑)・・ちゅうか、私はこういう思い切った判断が出来なくていつもミヅキが男前に判断する傾向にある。。。そうして私達は帰りのプレミアムフラットベッドも有償アップグレードで購入。300ドルでのアップグレードはかなりお得だと思うので、見つけたときはぜひ。
 
Image
荷物には優先タグが付く
 エアアジアのビジネスクラスであるプレミアムフラットベッドは、受託手荷物(預け荷物)は40kgまでOKとなっており、預けた際にはこのように「XPRESS BAG」と書かれた優先タグが付き、飛行機から優先して降ろされるので、荷物のピックアップ時間も短縮される。
 ただし、空港での有償アップグレードの際は、係の人が付け忘れることもあるので、荷物を早く受け取りたい場合は、ちゃんとこの優先タグを付けてもらうようにしよう。
Image
搭乗券は手書きで変更される
 また、有償アップグレードの場合は、チケットはこのように手書きで変更される。本当にこれでちゃんとアップグレードされているのか不安になるが、アップグレードされたデータは飛行機のCAさんにもちゃんと伝わっており、搭乗ゲートでも優先搭乗を受けられるので安心しよう。
 
Image
エアアジアのプレミアムフラットベッドへ搭乗
 では、搭乗時間がやってきたので、念願のエアアジア・ハワイのビジネスクラス、プレミアムフラットベッドへ搭乗しよう。プレミアムフラットベッドには、もちろん優先搭乗の特典がついているので、お手伝いが必要な人の次に機内へと進むことができる。
Image
入り口はすべて同じ
 エアアジアのハワイ線で使われている機材はA330-300の中型機で、エコノミークラスもビジネスクラスも入り口はすべて同じ。
 
Image
エアアジア ハワイ線の搭乗口
 空港の搭乗ゲートから連絡通路を進むと、見えてくるのが飛行機の搭乗口。ここではCAさんがチケットを確認しているので、搭乗券を見せて中へと入ろう。
Image
プレミアムフラットベッド エリアへ
 機内に入ると、プレミアムフラットベッド エリアへと進んでいく。飛行機の搭乗口がその便によって異なるので、飛行機の中に入ってから機首側へ行く場合と、船首にあるギャレーを抜けて機尾側へと進む場合があるが、そのあたりはCAさんが入り口で指示してくれるので、案内に従って進もう。
 
Image
エアアジア ハワイ ビジネスクラスの座席マップ
 ここで座席を紹介する前に、エアアジア ハワイのビジネスクラス / プレミアムフラットベッドの座席マップを紹介しておこう。座席の配列は2-2-2。また、プレミアムフラットベッドは2列しか無いので、全部で12席しか用意されていない、非常に少ない座席数となっている。
 
Image
エアアジア ハワイのプレミアムフラットベッドに到着!
 そうしてエアアジア ハワイで念願だったプレミアムフラットベッドへと到着!座席にはエアアジアオリジナルの真っ赤な枕がすでに用意されている。
Image
ミヅキが座ってみた
 ミヅキがエアアジア・ハワイのプレミアムフラットベッドに座ってみたところがこちら。この写真だけ見ると、LCCというよりは普通に、どこかのレガシーキャリアのビジネスクラスのような雰囲気の座席シートとなっている。座り心地も非常に良く、以前に乗ったスクートのビジネスクラス(スクートビズ)とはわけが違う。
Image
モリオが乗ってみたところ
 私(モリオ)が座ってみたところがこちら。男性でも十分に座席の広さがある。ほんと、レガシーキャリアの古い機材のビジネスクラスよりも快適性が保たれているのがよく分かる。
Image
座席の広さ
 座席の広さは、メジャーで測ってみたところ、横幅が約20.5インチ(約52cm)、縦幅は前席の背もたれまでが約38インチ(約96.5cm)となっているが、前席の下の凹みに座席が潜り込むように座席はフラットになる。
 ちなみに座席の横幅20.5インチというのは、他のレガシーキャリアのビジネスクラスの座席の幅と全く遜色が無い広さ。つまり、空間的な快適さで言えば、エアアジアはLCCといえど、本当にビジネスクラスのクオリティの座席をプレミアムフラットベッドとして用意している、ということになる。
Image
プレミアムフラットベッドの一列目は開放感がある
 また、一列目は前席が無いため、このように非常に開放感がある見た目になっているので、一列目と二列目のどちらにも空きがある場合は、一列目を選ぶのをおすすめしたい。
 
プレミアムフラットベッド座席の設備
 続いて、エアアジア ハワイのビジネスクラス、プレミアムフラットベッド座席周りの設備についても細かく見ていきたい。
Image
個人モニターは無し
 設備のまず最初に、残念なお知らせから。それはこのエアアジアのビジネスクラスには「個人モニター」が付いていないことだ。飛行機に乗った楽しみの一つに、個人モニターでの最新の映画鑑賞などがあると思うが、エアアジアのビジネスクラスにはそれが備わっておらず、置かれているのは機内食メニューや、旅行マガジンなど。また上の写真にある細長いスリットは、雑誌などを差し込むラックとなっている。
 しかし、これではビジネスクラスの設備としてはあまりにも簡素なので、その代替策として、エアアジアでは、ビジネスクラス / プレミアムフラットベッド利用者には、映画を見ることができるタブレットの貸出を行っており、離陸後にCAさんが席を回って端末を届けてくれる(詳細は後述)。
Image
前面ポケットの中
 前面のポケットの中には、安全のしおり、機内食メニュー(有料)、免税品カタログ、エンターテイメントの案内、旅行誌、エチケット袋などが入っている。
Image
肘掛けは広い
 座席の肘掛けは2席で共用とはなるが、ペットボトルなども置ける、なかり広めの肘掛け(横幅約6.25インチ / 約16cm)も装備されている。
Image
読書灯と仕切り
 隣との座席の間には、曲げて角度を調整できる読書灯と、プライバシー用の仕切りも用意されている。
Image
座席テーブル
 プレミアムフラットベッド席のテーブルは、肘掛けの側面に付いており、必要な場合は引き上げて展開させて使用するタイプになっている。完全に肘掛けに収まるので、使わない時も邪魔にならない。
Image
肘掛け下にも収納スペース
 肘掛け下にもちょっとした収納スペースが備わっており、スマホやサービスの水のペットボトル(小)を入れたりしておくのに非常に便利だ。
Image
電源も付いている
 また、ビジネスクラスということもあり、肘掛け下にはマルチタップ式の電源タップが各席に1つずつ付いている。USBのポートは付いていないので、充電したい場合は注意しよう。
Image
頭上の荷物収納
 頭上の荷物入れも一人1スペース分用意されていて、機内持ち込み用のスーツケースぐらいなら2個ぐらいまでは余裕で収納できるようになっている。ただ、エアアジアの機内持込可能な手荷物はビジネスクラス / プレミアムフラットベッドであっても7kgまでなので、この荷物収納で十分足りるようになっている。
Image
天井の読書灯
 天井にも読書灯×2とアテンダントボタン(CAさんを呼び出すコールボタン)も備わっている。
Image
プレミアムフラットベッドエリアはカーテンで仕切られる
 また、12席限定のプレミアムフラットベッドは、フライト中はカーテンで完全に仕切られるため非常に静かなエリアになる。しかも、エアアジア・ハワイの場合は、このプレミアムフラットベッドエリアの後ろには、赤ちゃんなどを連れていない10歳以上のゲストしか利用できない「クワイエットゾーン」があり、その後ろが一般席となっているので、一般的な飛行機のビジネスクラスよりも静かな印象だ。
Image
トイレも清潔に保たれている
 また、トイレもフライト中は定期的に清掃も入っているようで、しっかり清潔に保たれているのも嬉しいところだ。なお、トイレは飛行機の一番前のトイレがプレミアムフラットベッドエリア専用のものとなっている。トイレのスペック自体は後ろのエコノミークラスのものと同じ。
 
Image
プレミアムフラットベッド / 座席のリクライニング
 エアアジア ハワイのビジネスクラス、プレミアムフラットベッド座席の気になるリクライニング機能も見ていこう。この座席がどのぐらいリクライニングするのかは、乗ったことがない私達にとっても非常に気になるところ。プレミアムフラットベッドとはネーミングが付いているが、果たしてこのエアアジア ハワイ ビジネスクラスの実力やいかに。
Image
肘掛けのリクライニング操作パネル
 プレミアムフラットベッドの肘掛けに付いているのが、こちらのリクライニング操作パネルだ。下3つのボタンで「アップライトポジション / 最初の離陸と着陸時のポジション」「リラックスポジション」「フラットベッドポジション」と大まかに調整できる他、背もたれと脚のリクライニングについては、細かく調整も可能となっている。
Image
背もたれ側面にも調整ボタン
 また、背もたれを倒していくと、側面にもリクライニング調整ボタンが備わっている。こちらで操作できるのは「リラックスポジション」と「フラットベッドポジション」のみ。
Image
アップライトポジション
 実際に、各ポジションにおけるリクライニングの様子も見ていこう。まずは最初に、デフォルトのポジションである「アップライトポジション」から。こちらは、まぁ見ての通り普通に座っているだけのポジションとなるので特筆することもないが、スペースは広いので窮屈に感じることはまず無い。
Image
リラックスポジション
 続いて、程よくリクライニングが効いたリラックスポジションがこちら。テーブルにタブレット端末を置いて映画鑑賞をする時や、機内食をいただく際に便利なポジションだ。実際に座ってみて、個人的な感想としては、若干腰が疲れるなぁといった座り心地。ヘルニア持ちの私としては、ポジション的には背もたれはもう少し寝るか立つかしたほうが座っていて疲れない感じなので、操作パネルでの微調整は必須・・かな?
Image
フラットベッドポジション
 そして一番気になるリクライニングポジションがこちらの「フラットベッドポジション」だろう。写真は目一杯リクライニングさせた時の様子。スペック的には12度ぐらいの角度のあるライフラットポジションのフラットベッドとなる。
Image
寝心地はなかなか良い
 フルフラットに比べれば、多少の角度はあるものの、寝心地に関しては問題なくぐっすり眠れるリクライニングポジションだ。横になった時の寝心地は、機材が一緒の型であるシンガポール航空のA330-300のビジネスクラスと同じような感じ。
 エアアジア・ハワイの場合、ハワイ・ホノルル到着がお昼の12時過ぎなので、機内でしっかり眠れるというのは、ハワイに着いてからの体のパフォーマンスにかなりのアドバンテージとなる。いつもはハワイに着いてすぐに買い物に行くとか非常にだるく感じるんだけど、このエアアジア ハワイのプレミアムフラットベッドに乗って到着したときは、問題なくすぐにショッピングを楽しめたほど体のコンディションも良好。時差ボケもほぼ無かったので、このエアアジア ハワイのビジネスクラスは、総合的に見て、片道39,000円追加の価値はあると感じた。
 
エアアジア ハワイ ビジネスクラスの機内サービス
 エアアジア ハワイのプレミアムフラットベッド座席のスペックやリクライニングを詳しく見たところで、ここからはウェルカムドリンクや機内食などの機内サービスを、実際のフライトの時系列で見ていきたいと思う。
Image
ウェルカムドリンクと機内食のリクエスト
 まず最初に、座席に座るとやってくるのはウェルカムドリンクとして、ミニサイズのペットボトルのお水が提供される。通常のレガシーキャリアでは、このウェルカムドリンクにはシャンパンなどが振る舞われるが、エアアジアはLCCなのでお水のみ。
 また、このウェルカムドリンクに合わせて、機内食の時間帯を聞いてくれるので、出発して最初の機内食サービスのタイミング(出発1時間後ぐらい?)か、着陸前(到着2〜3時間前)かをリクエストしておこう。なお、事前にフルフラットベッドを申し込んでいる人は、予約の際に機内食を選択していると思うが、私達のように空港でアップグレードした人は、機内食は余っているものから適当にCAさんが持ってきてくれる、もしくはCAさんによっては余っているものの中から選ばせてもらえたりもする。
Image
フライト開始
 ウェルカムドリンクの配布が終わり、しばらくすると安全設備の案内が機内放送とCAさんのデモ実演で行われ、飛行機は滑走路を出発。エアアジアの場合、離陸と着陸の際は、スマホなどの電子機器は電源をOFFにする決まりとなっており、端末を弄っていると注意されるので気をつけよう。でも、ビジネスクラスの場合は、CAさんのチェックも若干緩めかな?
Image
ブランケットの配布
 フライトが安定航路に入ると、CAさんが専用のブランケットを配布してくれる。(タイミングによっては出発前に行われることもある)
Image
防寒対策は必要無し
 配られるブランケットは薄手のものとは違い、かなりゴツめのしっかりしたブランケット、、、というか肌布団のようなしっかりしたものが用意されている。(エコノミークラスでも2,361円で事前予約可能)
 レガシーキャリアのエチオピア航空のビジネスクラスのブランケットの仕様によく似ている。
 エアアジアはタイミングによっては機内がとても寒く感じることもあり、ウルトラライトダウンなどの防寒具があったほうがよかったりするのだが、このビジネスクラス / プレミアムフラットベッドに関しては、その心配は一切無し。また、機内の温度も若干高めに設定してるんではないかと思われる。(離陸の際は若干寒く感じるがすぐに暖かくなる)
Image
個人モニター代わりのタブレットの配布
 機内販売の少し前になると、個人モニター代わりとなるタブレット(10.1インチ)が配布される。この機内エンターテイメント「Xcite」は、エコノミークラスでも有償(片道 1台1,634円)で借りることができるが、プレミアムフラットベッドの場合は無料で付いてくる。
Image
タブレットのバッテリーとヘッドホン
 この「Xcite」タブレットのバッテリー稼働時間は最長で6時間ほど。映画なら2本ほど見ることができるぐらいの長寿命バッテリーとなっている。万が一バッテリーが無くなってしまった場合は、CAさんに声をかければ予備があれば交換してもらえる(タイミングによっては交換不可の場合もあり)。
Image
タブレットに入っているエンターテイメント
 タブレットに入っているのは、映画を始めTVショーや音楽、マガジン、ゲーム・・・と、レガシーキャリアの個人モニターに近いエンターテイメントが確保されている。しかし、映画に関しては本数は少なく、また英語版のみで日本語対応のタイトルも限られている(日本語の字幕が付いているものは、ポケットに入っているエンターテイメントメニューのカタログのところに「日」のマークが表示されている)ので、ちょっと使いづらい。
Image
機内メニューのオーダー
 タブレットを借りた後は、機内食やスナックなどのオーダーをしよう。ビジネスクラスといえど、LCCなので追加の飲み物や食べ物はもちろん有料。
 ただ、エコノミーの場合は「次のワゴンが来たら注文してください」など言われるところ、このプレミアムフラットベッドに座っていると、声をかければいつでもCAさんがオーダーを聞いてくれる。こういうサービスの良さは、さすがビジネスクラスだなぁと実感できるところだ。エチオピア航空のビジネスクラスよりもよっぽどCAさんの対応は良い。
Image
おすすめのビール
 私達が機内エンターテイメントのお供に買った機内食メニューもついでに紹介しておこう。まずは定番のビール。エアアジアの場合、一番安くてオススメのビールがこちら、タイガービール3本セット40RM(約1,200円 / 1本400円)。このタイガービールは以前は1本から購入できたが、2019年7月現在は3本セットのみしか購入できなくなっている。またキンキンには冷えていないので、氷も一緒にもらう。ちなみに、バドワイザーやハイネケンなどのビールは1本から購入可能。1本15RM(約450円)〜。
Image
おすすめのスナック発見!
 また今回のエアアジア ハワイのフライトで見つけた、おすすめのスナックがこちら。トルティーヤチップス with ワカモレ風ディップ。12RM(約360円)。このディップが程よくスパイシーでとっても美味。なお、支払いにはクレジットカード(VISA 、MASTER、JCB)も利用可能。日本円やドルなどの現金でも購入可能だが、為替レートが割高なので、クレジットカードでマレーシアリンギット決済で購入したほうがお得。
Image
スマホで寝る前の暇つぶし
 映画を1本見た後は、スマホに入れてあるゲームでしばしの暇つぶし。エアアジア・ハワイの場合、帰りの便は、機内での過ごし方は特に気にする必要はないが、往路は着いてからの体調を考えて、あまり機内で遊びすぎないのがポイントなので、遊び過ぎにはご注意を。
 なお、エアアジアの場合は、エコノミークラス、ビジネスクラスを問わず、機内モードであれば、離陸時と着陸時以外はスマホをいじって遊んでいても大丈夫なので、安心して持ってきて大丈夫だ。
Image
機内食タイムまでしばしの睡眠時間
 最初に機内食を「着陸前」にリクエストしていたので、それまでしばしの就寝タイムに入る私達。こうして飛行機の移動中に横になって眠れるというのは、フラットベッドならではの特典だ。ただ横になって眠れるだけ・・・と思うかもしれないが、実際このプレミアムフラットベッドで横になって眠ると、この睡眠スペースがどれだけスゴいことなのかを実感できる。ほんと、エアアジア ハワイでは毎回利用したくなるほどの快適さだ。
Image
あと数時間で目的地
 そうしてぐっすり眠った後、後2〜3時間で目的地に着くころに機内食タイムがやってくる。これは、大阪・関西からハワイ・ホノルルに向かう空の上の風景だが、ぐっすり眠った後に見る青空はほんとうに清々しい。
 
Image
機内食いろいろ
 では、お待ちかね。エアアジア ハワイ ビジネスクラス / プレミアムフラットベッドの機内食を見ていこう。このエアアジアのビジネスクラスで出てくる機内食は、エコノミークラスでも有料で注文できるもの(WEB事前予約で1,560円)と同じものが用意されており、セットにミネラルウォーターが1本付いてくる。
Image
和風弁当
 まずこちらは、大阪→ハワイの往路で用意された、ミヅキの機内食「和風(日本式)弁当」。弁当のパッケージには「Serve Cold」とタグが貼られており、文字通り冷たい。そして恐ろしく・・・まずい(笑)。唯一食べられるのが、手前右にある黒豆ぐらい。ほかは非常にまずい。白米くらいならまだ食べられるかと思いきや、ご飯粒がカチカチでパラパラしててどうにもこうにもいただけない。・・・いや、もちろん、個人的な感想ではあるが。。
Image
焼き鮭添え釜飯風
 往路(大阪→ハワイ)で私に出てきた機内食がこちら「焼き鮭添え釜飯風」。ミヅキの機内食のように「Serve Cold」とは書かれておらず、ちゃんと温かいものが出てきた。お味は普通。食べられる。
Image
えびの甘辛ソース和え
 お次は復路(ハワイ→大阪)で私(モリオ)に出てきた「えびの甘辛ソース和え / Sambal Shrimp」。上のエビチリみたいなのは、まぁ食べられるが、下のご飯はふやけていて不味い。付け添えのブロッコリも、見て想像できる通りの味・・・。
Image
厚揚げ豆腐と野菜炒め
 復路(ハワイ→大阪)でミヅキが選んだ機内食はこちらの「厚揚げ豆腐と野菜炒め」。見た目は非常にヤバいが・・・(笑)。
ミヅキ:「これね、見た目はヤバいやん?」
モリオ:「・・・いや、要らんぞ。俺は。」
ミヅキ:「でもね、意外と味が付いてるんよ。行きのお弁当よりは食べられる。ちょっと食べてみて?」
モリオ:「(パクッ)・・・ふむ。。。(うまいか?俺には不味いぞ?w)」
しばらくして。
ミヅキ:「やっぱり、これ残していいかな?(汗)」
モリオ:「不味いやろ?w」
ミヅキ:「うん・・・中のご飯もふやけてるし。中国国際航空以来の不味さかな。。。」
モリオ:「そういや、中国国際航空もヤバい機内食出てきたもんな(笑)。」
ミヅキ:「エアアジアさん、こんなに機内食不味かったっけ?(汗)」
モリオ:「うーん。ハワイ便が特に不味いんかもなぁ・・・。」
ミヅキ:「レガシーキャリアの機内食みたいに塩胡椒のパックが付いてたら…もう少しマシかもしれんよね。」
 エアアジアのハワイ便の機内食は、おとなしくカップラーメンとかの軽食(8RM〜12RM / 約240円〜360円)をチョイスしたほうがいいだろう。
Image
お口直しにビールでも
 ショッキングな機内食だったので、お口直しにビールをいただくことにした。しかし、到着前のタイミングだったため、バドワイザーやハイネケンなどのビールは売り切れ、タイガービールは3本セットでしか頼めないので、仕方なく私はこの「West Coast Lager」という見かけないビールを注文。20RM(約600円)と他のビール(1本15RM)よりも高めなこのビールは「Beerfarm」という西オーストラリアの会社のビールらしい。味は結構濃い目で癖がある感じ。個人的にはタイガービルやバドワイザーなんかのほうが好き・・かな。
 
Image
エアアジア ハワイのビジネスクラスは乗る価値あり?
 エアアジア ハワイ のビジネスクラス / プレミアムフラットベッドの搭乗レビューはいかがだっただろうか。座席自体の快適性は、他のレガシーキャリアのビジネスクラスとほぼ変わらないし、いつも以上にCAさんの対応も良いし、機内食の不味さと他の追加メニューに関して有料なのを除けば、他の航空会社のビジネスクラスに引けをとらない、優秀なビジネスクラスなんじゃないかと思う。
 普通、日本からハワイ往復をビジネスクラスで予約しようとすると、ANAやJALでうまく取って往復22〜24万円ぐらい必要となってくるが、エアアジアなら安ければ往復14万円前後からビジネスクラスを購入可能。BIGセールで往復3万円の航空券をゲットできてさらに空港で有償アップグレードを組み合わせられたら、最安値は往復10万円ちょっとで購入可能となる。
 ハワイにビジネスクラスで往復一人10万円〜14万円。もちろんこの価格はうまくセールを組み合わせてのものではあるが、レガシーキャリアのビジネスクラスではどう頑張っても無理な価格。このエアアジア ハワイ のビジネスクラス / プレミアムフラットベッドは、予算が許すのであれば十分乗る価値はあるものだと、乗ってみて実感した。
Image
おまけ:私達の支払い総額
 おまけに、私達が実際に今回のエアアジア・ハワイ旅行で航空券に使った総額の支払明細も載せておきたいと思う。総額は2人で往復、なんと「205,454円」。これはエコノミークラスを予約した際の、事前の座席指定、荷物追加なども含まれているコミコミの値段。この値段でビジネスクラスで快適にハワイ往復できてしまうのだから、ほんと、エアアジアさんはスゴいと思う。また機会があったら乗ってみたいなぁ・・・エアアジア ハワイ ビジネスクラス。ただあの機内食だけはかなりがっかりなので、今後の改善に期待したいところだ。
 エアアジア ハワイ線のビジネスクラス 「プレミアムフラットベッド」搭乗記実体験レビューはいかがだっただろうか?このエアアジア ハワイ ビジネスクラス / プレミアムフラットベッドの搭乗記が、乗ってみたいけど怖いなぁと思っている人の参考になれば幸いだ。それでは素敵なハワイ旅行を!
AdBlockを解除してページ更新すると、全てのコンテンツが表示されます。
Please remove AdBlock for displaying all contents.
関連記事
airline airline エアアジア・ハワイの座席は狭い?機内は寒い?何度も乗って分かったエアアジア ハワイ便のメリット&デメリット【最新搭乗レビュー】 airline airline 【エアアジア・ハワイ】やっぱりスーツケースを追加したい!航空券購入後に預け荷物(受託手荷物)を追加 予約する方法。 airline airline 【エアアジア・ハワイ おすすめ 座席】エアアジア A330 の座席マップと座席指定の料金、おすすめ座席を公開! airline airline 【出てた本人が伝授】沸騰ワード10で放送された、エアアジア・ハワイ行き格安航空券(チケット)の簡単な探し方。 airline airline 【エアアジア】悪天候などによる遅延、欠便情報の確認方法 airline airline 【エアアジア BIGセール】最安値でエアアジアのセール航空券を手に入れるための傾向と対策。 airline airline 【エアアジア 荷物】手荷物サイズと重量の制限。高額の超過料金に気をつけて!【重量表】 airline airline 【エアアジア】ハワイ便の曜日・時間 運航スケジュール(毎日運行が延長されてるよ!) info info 【徹底解説】エアアジア(LCC / AIR ASIA)のハワイ行き飛行機の格安航空券チケットをネットで購入する方法を写真付きで詳しく解説 airline airline 【実体験レポート】エアアジアX・ハワイ線の機内の様子と座席シートの広さ / LCC AirAsia info info 【実体験レポート】LCCエアアジア(AirAsia)の制限内持ち込み荷物(計7kg以内)だけで1週間の海外旅行に行く方法(中身公開) airline airline 【実体験レポート】エアアジアXとレガシーキャリアのエコノミーの座席の広さ・食事など飛行機内の比較レビュー airline airline LCCエアアジア(AirAsia)で格安航空券や激安チケットを買う方法 airline airline エアアジア
 
更新記事
card card 【SPGアメックス】私達の旅行をアップグレードさせた「SPGアメックス」のメリットとデメリットを告白! game game 【ポケ森 攻略 真夏のパイレーツ 進め方】海賊グッズが可愛い!マリンないかりも貰えるよ!【つり イベント】 beauty beauty 効果ある?中年太りに悩む私がニンテンドースイッチでダイエットに挑戦!【ゲームでダイエット】 coronavirus coronavirus 旅行に行ってもいいの?新型コロナの環境下での「旅行」はこんなに変わった!【実体験レポート】 tourism tourism 【京都観光】京都・嵐山の世界遺産「天龍寺」の紅葉を見に行ってみた hotel hotel 翠嵐(すいらん)ラグジュアリーコレクション ホテル 京都 / カテゴリー8 - マリオット・ボンヴォイ ホテル 宿泊レビュー vol.11 hotel hotel オキナワマリオットリゾート&スパ - 沖縄マリオット / カテゴリー6 - マリオット・ボンヴォイ ホテル宿泊レビュー vol.3 sale sale 【緊急!セール情報】7月4日20時から楽天お買い物マラソンが始まるよー!今回も半額クーポン有り! hotel hotel シャンパンディライト@翠嵐の茶房「八翠」を実体験レポート!【翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都】 hotel hotel 【マリオット・ボンヴォイ】日本を含む環太平洋アジア地域のレストラン割引がゴールド会員20% / プラチナ以上30%に拡大! hotel hotel 使えない?SPGアメックスカード特典「レストラン割引15%オフ(2020年末まで20%オフ)」には制限があった!【Marriott Bonvoy - マリオット・ボンヴォイ】 game game 【ポケ森 攻略】ジョニーのシーサイドリゾート『ピンクのブーゲンビリアのたね』を手に入れる方法とイベントのすすめ方【どうぶつの森 アプリ ポケットキャンプ】 game game 【ポケ森 攻略】マリンないかりの集め方・ジョニーと海辺の街【どうぶつの森ポケットキャンプ】 hotel hotel 【翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都】京都 嵐山の穴場 和風カフェ♪ 茶房「八翠」でのアフタヌーンティーを実体験レポート! 更新記事をもっと見る
 
アクセスランキング
ranking 1 ranking 1 【ミラブルの効果とミラブルプラスの効果は?】中年夫婦が買って使った実体験レビュー!サイエンス ミラブルプラス シャワーヘッドの良い点・悪い点の正直な口コミ ページを見る ranking 2 ranking 2 【星空 撮影 アプリ】iPhoneで満天の星空の撮影方法・天の川も撮れる!【スマホ おすすめ アプリ】 ページを見る ranking 3 ranking 3 悲報!2台のニンテンドースイッチで同じ島の住人になって同時プレイできないなんて・・不満【あつまれ どうぶつの森 / あつ森】 ページを見る ranking 4 ranking 4 冬の沖縄・新型コロナウイルスに翻弄されて…リッツカールトン沖縄旅行記 2020 ページを見る ranking 5 ranking 5 【ポケ森 攻略】ちゃちゃまるを自分のキャンプによぶ方法を詳しく紹介【どうぶつの森 ポケットキャンプ】 ページを見る ranking 6 ranking 6 【SPGアメックス】私達の旅行をアップグレードさせた「SPGアメックス」のメリットとデメリットを告白! ページを見る ranking 7 ranking 7 【クルーズ船 キャビン 船室 比較】内側・バルコニーなど各船室のメリットとデメリット・写真付【おすすめ キャビン】 ページを見る ranking 8 ranking 8 【POLA リンクルショット 口コミ】50代が実際に使ってみた正直な感想とレビュー写真【シワ改善の効果は?】 ページを見る ranking 9 ranking 9 【家族4人夏休みハワイ旅行 予算1人10万円!】裏技で100万円も費用を節約!シェラトン オーシャンフロント5泊+飛行機込 ページを見る ranking 10 ranking 10 【白髪を活かして金髪 シャンパンカラー グレイ ヘア・40代からの白髪とグレイヘア】ミヅキの髪色の秘密 ページを見る
SPGアメックス SPGアメックスカード 世界中を旅するモリオとミヅキの旅行スタイルをびっくりするほどアップグレードさせた『最強』のクレジットカード - SPGアメックスを紹介。 詳細記事へ
COPYRIGHT (c) 2015 - 2020 MEASURETRIP
ALL RIGHTS RESERVED
メニュー もどる 上へ