もっとお得に旅しよう! - 旅行ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
info - 情報

【実体験レポート】ハワイのロスドレスフォーレス攻略方法・ハワイのRoss Dress For Lessは全部で10店舗以上ある!その場所を地図でまとめて紹介

 
ハワイに行く楽しみの一つがショッピング

 私(ミヅキ)がハワイに行くときの楽しみにしていることの1つはショッピング買い物だ。買い物と言ってもブランドバッグとかを買うのではなくて、地元のスーパーやモールに行って安いものを買いまくるローカルショッピングツアー(笑)。

 スーパーやドラッグストアに並んでいるコーヒーとか化粧品とかを買ったり、モールに入っているショップで欧米サイズの服をあれこれ見ながら買うのが大好きなのだ。と言うのも、私は肩幅が広くて胸板が厚い。「水泳やってたの?」ってよく聞かれるくらい上半身がガッチリ太っているので日本の華奢なデザインの服だと胸のボタンが弾けて着られないのだ。胸が大きくてボタンが弾けるんだったらまだ許せるけど、【胸が大きいんじゃなくて】【胸板が厚くて(体の幅がゴツ過ぎて)胸のボタンが止まらない】って…悲しい(涙)。でも、欧米系のお店に行くとピッタリサイズで着られる服がたくさん!胸のボタンもちゃんと留められる♪

 そんな訳で、海外に行ったときに安い服を何着かまとめて買って帰ったりするのだ。

 
デパートで売ってる服やアイテムが激安のお店

 でも、安くても生地がペラペラですぐ破れるようなものだったり、何十年前のデザイン?みたいに田舎臭かったりするのはちょっとNG。せっかく買うんだからやっぱり多少流行も気にしつつ、デザインと素材のバランスの取れた服を買いたい。それも格安で。。。

 そんな無理難題を叶えてくれるのが「Ross Dress For Lessロスドレスフォーレス(通称ROSSロス)」服がメインのディスカウントショップなのだ。

 「Ross Dress For Lessロス・ドレス・フォー・レス(通称ROSSロス)」に置いてある物は、バラエティーに富んでいる。デパートで販売していたワンピースとか、ブランドのブラウスとか、スカートやパンツ、水着など洋服系が一番多いんだけど、その他にもブランドのビーチサンダル、旅行用のスーツケース、メイク用品、ダイエット用品、ボディ用品、インテリア用品、お菓子、文房具、靴、バッグ、帽子、、、とにかくほとんど何でも売ってる感じ。そして値段は激安。定価の半額で売ってるなんていうのは普通で、すごい時は70%OFFとか80%OFFとかで叩き売りされているものもある。安さの秘密は前シーズンの売れ残りや在庫処分品を仕入れて販売しているから。なので、品質などに問題はなく有名ブランド品なんかも格安で買うことができるのだ。たくさんのアイテムの中からお宝を探し出す「宝探しのような感覚のショッピング」がワクワクして楽しくて、、、いつもアメリカ圏に行くときはこのロスドレスフォーレスに行くのを楽しみにしている。

 
ロスドレスフォーレスの買い物の仕方は、、、

 気になる価格帯については、ぶっちゃけ欲しいものを見つけたらその辺にあるメーカー直営のアウトレットよりも遥かに安い。例えば、この間サンフランシスコの「Ross Dress For Lessロスドレスフォーレス(通称ROSSロス)」に行ったときは「Tommy Hilfiger® - トミー ヒルフィガー」のスーツケースを見つけたんだけど、定価140ドルが48.99ドルになっていたのだ。トミーヒルフィガーの4輪キャスター付きの大きなスーツケースが50ドル弱で手に入るなんて!(驚)サイズが大きいから日本に持って帰るのが大変かな?とも思ったんだけど、年末年始のアフリカ旅行に行くときに使えそうなので思い切ってお買い上げ!翌日、リバモアにある「Tommy Hilfiger® - トミー ヒルフィガー」のアウトレットに行って値段の確認をしたけど、ほぼ同じデザインの色違いのものが定価の20%OFFくらいで販売されていた。やった!ロスドレスで買って正解だった(嬉)。

 ただ、このロスドレスフォーレスは色んなメーカーの服がちょっとずつ置かれているから、お目当てのブランドを探すことが難しい。というより、ブランドを決めて探してもほぼ見つからないと思っていたほうがいい。なので、「【COACH コーチ】を買って帰ろう!」なんて決めてやってきても見つけるのに苦労するというか、見つからないことのほうが多い。

 ロスドレスフォーレスでの買い物の仕方は、欲しいブランドや欲しいアイテムを決めて探すのではなく、【たまたまブランド物や面白いものに出くわして、それが欲しいか欲しくないかで購入するかどうかを決める】といったイメージなのだ。つまり、「予定を立てて予定通りの買い物」ではなく、「宝探し」みたいな買い物の仕方をするのだ。目の前に気に入ったものが出て来たら買うか止めるか悩んで…悩んだときは大体お買い得なはずだから買おうかな?といった感じだ。

 今はスマホがあるのでその場で価格の相場を調べることができるし、日本に未入荷のアイテムかどうかも調べてから買うこともできるから、「宝探し」的な買い物でもほぼ失敗は無い。

 
ハワイの「Ross Dress For Lessロス・ドレス・フォー・レス(通称ROSSロス)」は全部で10店舗以上

 数年前まではワイキキから一番近いROSS(ロス)はアラモアナ店で、6年前にハワイに行った時はTHE BUSでロスドレスフォーレスに向かい、山のように買い物をした

 今回は滞在する場所はカイルア。ワイキキまではちょっと遠いので、近くに店舗があるかなぁ?と探してみたら、、、なんとワイキキのど真ん中に「ロス・ドレス・フォー・レス」の店舗ができてる!

 レンタカーとか借りてない人でも気軽に買い物に行けるから嬉しいね♪

 そしてそのほかの店舗情報を調べてみたら、、、なんと、オアフ島には10店舗以上店舗があることが判明。うわ、多いな(笑)。

 そして2017年夏に新たに2店舗がオープン。なんと、アラモアナショッピングセンターの中とイウィレイのニミッツハイウェイの2か所。アラモアナショッピングセンターは行く人も多いと思うので、そのついでにロスドレスに行くのもいいかも。

 その他のRoss Dress For Lessロス・ドレス・フォー・レスの店舗の場所は地図を貼っておくので、ワイキキ以外にも足を延ばして行ってみたい人は参考にしてね。

 
Ross Dress For Lessロスドレスフォーレスは深夜まで営業している

 そして、「Ross Dress For Lessロスドレスフォーレス」の嬉しいところは「深夜23時ごろまで営業している」ということ。日中、観光に行ったりビーチに遊びに行ったりしてしっかり遊んで、晩御飯を食べた後に向かっても買い物ができる。店舗によって閉店時間はバラバラだけど、23時くらいまで開いているからゆっくり買い物することができる。私もカイルアのナイトマーケットで楽しんだ後、カネオヘのロスドレスに向かって買い物を楽しんだ。

 ぜひ、ロスドレスフォーレスのいろんな店舗に行って「宝探しのお買い物」を楽しんでみてね♪

 そして、私がロスドレスで楽しいお買い物を楽しんでいる時間、待つのがしんどいらしいモリオが、ロスドレスでのお買い物の時間を短縮する方法を思いついたので、下の記事も読んでみてね。

【待ってる時間がしんどい旦那さん必見】ハワイ・ロスドレスフォーレスで奥さんにちゃっちゃと素早く買い物をしてもらう方法。 ハワイにも数店舗を構える人気のショップ「ロスドレスフォーレス」。特に女性物の商品点数が多いので、女性の買い物時間も長くなりがち。そんな待ち時間に悩む旦那さん必見の、ロスドレスでの買い物時間を短縮させる商品の選び方のコツを紹介。これでハワイ観光の時間も増やせる・・かも?

メジャートリップについて このサイトは、お得に旅する海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間40万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP