もっとお得に旅しよう! - 旅行ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
restaurant - レストラン
更新日 2019年05月15日

【景色 最高 ハワイ 朝食】ロイヤル ハワイアン ホテルの朝食 サーフ ラナイを徹底レポート!ピンクパンケーキとエッグベネディクトはマスト!【旅行記 ブログ】

憧れのロイヤル ハワイアン ホテルの朝食を徹底レビュー♪

 ゴールデンウィークにロイヤル ハワイアン ホテル(通称:ピンクパレス)に泊まってきたので、【ロイヤル ハワイアン ホテル の朝食】を「場所」や「行き方」、「メニュー」、「ビュッフェやアラカルトそれぞれの価格」、「座席」、「チップ」といった詳細を徹底レポート!

 どこから見ても可愛いくてキュートなピンク色のパラソルの下で食べるピンクパンケーキやエッグベネディクトは最高♪

 ロイヤル ハワイアン ホテルに宿泊しているゲストだけでなく、他のホテルに宿泊している人でもレストラン利用はできるので【ロイヤル ハワイアン ホテル の朝食 徹底レポート】を読んで、この素敵なピンクパラソルがあるロイヤルハワイアンホテルのレストラン「サーフ ラナイ」で朝食を食べてみてね。それでは【ロイヤル ハワイアン ホテル の 朝食 徹底レポート】行ってみようー♪

今回のお話の舞台場所は...

目次
  1. ロイヤルハワイアンホテルの入り口の門に向かうと・・・
  2. 太平洋のピンク・パレス「ロイヤル ハワイアン ホテル」のメインエントランス(入り口)
  3. メインエントランスをビーチ側(右側)に歩いていくと・・・
  4. 絶景のアーチを左に進むと・・・
  5. マイタイ発祥のバーとして有名な「マイタイ バー」
  6. サーフ ラナイの入り口はマイタイ バーの真横
  7. レストラン サーフ ラナイの朝食と昼食の営業時間
  8. ロイヤル ハワイアン ホテルのサーフ ラナイに行くおすすめの時間帯
  9. 待ち時間はマイタイバーのパラソルの下でまったり
  10. 雨の日はレストランの中で待つことも
  11. サーフラナイの室内席と屋根がある席の様子
  12. 雨の日はカウンター席で食べることも
  13. サーフラナイの屋根付きの座席の様子
  14. サーフ ラナイのピンクパラソルの座席
  15. サーフラナイでの朝食ビュッフェの料金
  16. ロイヤルハワイアンホテルの朝食ビュッフェ(バフェ)の様子
  17. ワッフルやパンケーキが日替わりで
  18. ザ・ロイヤル・ベーカリーのパンが並ぶ
  19. レトロなケースにはシリアルが!
  20. 白米やお味噌汁、ブレックファストサンドイッチ
  21. 自家製のグラノーラも♪
  22. フルーツや野菜もたっぷり
  23. なんとJAファーム産グリーンサラダ が置いてある!
  24. サーフラナイの朝食・アラカルトのメニュー表
  25. 憧れのロイヤルハワイアンホテルの「ピンクパレス・パンケーキ」!
  26. ロイヤルハワイアンホテルの「クラッシック・エッグ・ベネディクト 」!
  27. ロイヤルハワイアンホテルのピンクのパラソル下での朝食は最高!
目次の全表示
 
ロイヤルハワイアンホテルの入り口の門に向かうと・・・

 シェラトン ワイキキ ホテルの入口横の道を進んでいくと・・・【太平洋のピンク・パレス】と呼ばれる【ロイヤル ハワイアン ホテル】のサーモンピンク色の建物と入口の門が見えてくる。門の奥には大きなヤシの木が・・・。もう、この入り口に来ただけでテンションが上ってくるー♪

 
太平洋のピンク・パレス「ロイヤル ハワイアン ホテル」のメインエントランス(入り口)

 入口の門を超えると、そこはもう「ロイヤル ハワイアン ホテル」の敷地。眼の前にはピンク色の可愛いホテルがドドーーン!と現れて、「うわー!来たぁ♪」って感じでドキドキ!

 入り口のガーデンにはバニアンツリーやヤシの木が植えられていて、暑い日差しの日でも木陰が多く、ハワイの気持ちいい風が通り抜けてとーっても気持ちいい♪庭には緑色の芝生が綺麗に育てられていて、生き生きとした緑とピンク色とのコントラストの美しさに感動。

 このロイヤル ハワイアン ホテルはどこを撮ってもフォトジェニックなので、インスタ映え間違いなし!入り口からバシバシ写真を撮りながら入って行きたくなっちゃうね♪

 
メインエントランスをビーチ側(右側)に歩いていくと・・・

 ドキドキしながらメインエントランスからホテルの中に入り、ビーチの方に歩いていくと・・・まるで映画のワンシーンのような光景が目に飛び込んで来たー!

 スペイン様式にイスラム文化を取り入れた「スペイン・ムーア様式」で建てられているロイヤル ハワイアン ホテルはこのアーチ型の大きな柱が特徴。この柱越しに見えるガーデンの芝生の緑とピンク色のパラソルとパウダーブルーの色をした海と抜けるように青い空!最高!

 「この景色を見ただけでもう満足!」って言ってしまいそうになるけど、目的の朝食はまだまだこれから。それじゃぁ、朝食を食べられるレストラン「サーフ ラナイ」に向かってみよーう♪

 
絶景のアーチを左に進むと・・・

 さっきの絶景が見えたアーチ型の柱があるロビーを左に進むと、レストラン「サーフ ラナイ」に続く通路が現れた。通路の先には…またまたピンク色の鮮やかなパラソルが!南国のグリーン・椰子の木・青い海に青い空・・・うわぁー、可愛い!可愛すぎる〜〜〜!!!

 
マイタイ発祥のバーとして有名な「マイタイ バー」

 さっき眼の前に見えていたのはカクテル「マイタイ」が生まれたバーとして有名な「maitai bar(マイタイ バー)」。このバーも宿泊者以外も利用できるので、ぜひこのバーにもマイタイを飲みに来てね。ピンク色のパラソルの下、ワイキキビーチで遊ぶ人や青い海を見ながら飲むピンクビールは最高!

 私もこのバーでマイタイやピンクビールをいただいたので、その時の様子はまた別の記事でレポートするのでチェックしてね。

 
サーフ ラナイの入り口はマイタイ バーの真横

 ピンクのパラソルが鮮やかなマイタイ バーの真横にある建物がロイヤル ハワイアン ホテルで朝食をいただくことができる「レストラン サーフ ラナイ」の入り口。左にある木の看板を見て「あれ?」と思った人は感がいい!実はこの建物は「アズーア レストラン」と共用になっていて、時間帯によってレストランが変わる面白い仕掛けになっているのだ。

 まずはレストランの受付に行って、座席の予約をしよう。

 
レストラン サーフ ラナイの朝食と昼食の営業時間

 ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾートの朝食をいただけるレストラン「サーフ ラナイ」は朝食と昼食の時間帯が分かれているので、朝食の時間に間に合うように注意してね。

朝食(ブレックファスト):「午前6時30分〜午前11時まで」

昼食(ランチ):「午前11時30分〜午後2時まで」

 
ロイヤル ハワイアン ホテルのサーフ ラナイに行くおすすめの時間帯

 と、ここで私からのワンポイントアドバイス。

 5日間ロイヤルハワイアンホテルに滞在して、ホテルの部屋からちょうどこのサーフラナイがよく見えていたので毎朝周辺の様子をチェックしていたからわかったんだけど・・・

 朝の7時を過ぎてくるとほとんどの時間帯で待ち時間が出てくるので「できるだけ早くレストランに行って並ばずに席に座りたい」と思うかもしれないけれど、オープンしたばかりの早い時間(6時半過ぎ)にレストランに行くのは私はあまりおすすめしない。

 理由は・・・この写真の通り。この写真は朝の6時25分頃のサーフラナイがオープンする5分前の様子。写真を見たらわかると思うけど、朝の6時半や7時過ぎ頃はロイヤルハワイアン前のビーチはまだ太陽が当たりきっていないため海の色はきれいなパウダーブルーの色では無いし、更にそんな朝早くからビーチで遊んでいる人も殆どおらず、散歩をしている人が居たとしてもかなりまばら。ビーチのロイヤルハワイアンのゲスト専用パラソルもまだ開いてないし、、、。こんな感じで周りの景色はまだまだ準備中といった様子。

 なので、あまり早朝からレストランに向かうのではなく、8時半とか9時頃から予め少し並ぶことをスケジュールに入れつつレストランに向かうほうが太陽の光の下でのキラキラした海を見ながら食事したりできるし、ピンク色のパラソルの色も太陽の光を浴びると更に鮮やかになるのでおすすめ。

 待ち時間が少々あっても、ロイヤルハワイアンホテルは可愛い場所がありすぎて、写真を撮っていたら時間が足りないくらいくらいだと思うので、ホテルに宿泊して無くて外から「サーフラナイ」に朝食を食べに来る場合は、余分目に時間をとってゆっくり朝食を楽しんでね。

 
待ち時間はマイタイバーのパラソルの下でまったり

 この写真はちょうど9時頃の様子。私達がレストラン「サーフラナイ」に向かった時間帯で一番早かったのがこの日。私達の前に2組ほど待っているグループが居て、私達の後にも2組ほど待っている人がいる感じ。順番が来たら名前を読んでくれるので、それまで周りの写真を撮ったり、マイタイバーの椅子に座ってまったりしたり。意外とすぐに呼ばれるのであまり遠いところには行かないように注意してね。

 
雨の日はレストランの中で待つことも

 この日はちょうど午前中に雨が降った日。こんな日は外で待つと雨に濡れるのでこんな感じでサーフラナイのレストラン内で待つことも。

 
サーフラナイの室内席と屋根がある席の様子

 自分の名前を呼ばれたら、スタッフの後について指定された席まで付いていこう。このサーフラナイではいろんな席があるんだけど、実際にその場になってみないとどの席になるのかはわからない。

 ここはレストランの建物内の座席。建物の外側にも屋根がある座席がある。やっぱり女子的には外側のパラソルの下で食べたいなぁって思うけど、外は日差しが強かったりもするのであえて屋根側を選ぶ人もいるくらい。あと、雨の日はパラソルは全部畳んでみんな屋根の下で食べるので、パラソルの下で食べたい人は晴れた日に来るのがおすすめ。

 座席については宿泊者であっても予約することはできないので、どこになるかは運任せ。たまに、内側と外側と両方が空いている時は「どっちがいい?」と聞いてくれることもあるけれど、基本的には空いた席から順に通されるので、自分がどこの席になるのか?ドキドキしながらついていく(笑)。

 
雨の日はカウンター席で食べることも

 私は滞在中、この席で食べることはなかったけれど、雨の日とかはこのカウンター席で食べることもあるみたい。これは雨の日の写真。外のパラソルの席は雨の日はビショビショに濡れて食事を食べるどころじゃなくなる。屋根がある席のみでの食事となってしまって必然的に座席数が少なくなるからこういうカウンターで食べるのも仕方がないんだろうなぁ。でも、これはこれで楽しいかも。

 
サーフラナイの屋根付きの座席の様子

 サーフ ラナイの屋根付きの座席はこんな感じ。私の後ろ側のガラス戸になっている部分の建物内にビュッフェが並んでいる。この屋根付きの座席はピンクのパラソルを見ながら食事することはできるんだけど、ビーチ側のピンクのパラソルからはちょっと距離がある感じなんだけど、向かい側にはロイヤルハワイアンホテルのプールがあって、そのプールのパラソルが見えているので、実は意外とパラソルは近い。

 
サーフ ラナイのピンクパラソルの座席

 朝、10時過ぎに朝食に行った時はちょうどパラソルの席が空いていたのでパラソルの席へ案内された。やっぱりこのパラソルの席が一番人気だよね。私は5日間の滞在中、このパラソル席に3回、屋根がある席に2回(うち雨の日1回)。見ていると、パラソル席に空きが出たら順にパラソル席を案内してくれているみたい。あとは運次第かな?パラソルの席はピンク色が反射して顔もピンク色に(笑)。みんなバシャバシャ写真を撮ってるー。

 まず、席に案内されたら…自分が食べたいスタイルで注文をしていこう。ビュッフェ(バフェ)の人はウェイターさんが「飲み物は何にする?」と聞いてくれるので、ジュースやコーヒーなどの飲み物を注文しよう。私は毎朝グァバジュースとコーヒーを注文して飲んだよ。ちなみに、この飲み物はビュッフェの代金に含まれているので無料。おかわりも自由。

 
サーフラナイでの朝食ビュッフェの料金

 ビュッフェの値段は大人1人42ドル。6歳〜12歳の子供は21ドル。

※宿泊者は大人一人に付き12歳未満の子供の食事(キッズメニューか朝食ビュッフェ)が一人分無料。

 ビュッフェの場合、ビュッフェのお料理+【ザ・ロイヤル・トリートメントの中から一品チョイス 】+飲み物となっている。

【ザ・ロイヤル・トリートメント 】の中身はこんな感じ。

  • ピンクパレス・パンケーキ
  • ズワイ蟹のオムレツ
  • ザ・ワークス オムレツ
  • ザ・ロイヤル・ロコモコ
  • クラッシック・エッグ・ベネディクト

 注文をしてからシェフが1個ずつ作ってくれるので、ビュッフェのお料理を取りに行く前に注文しておくと時間的にちょうどいいかも。

 飲み物やメイン(ザ・ロイヤル・トリートメント )の注文をしたらビュッフェの場所(上のカウンターの写真の隣のスペース)へ。

 さて、それでは実際にビュッフェ(バフェ)の様子を見てみようー♪

 
ロイヤルハワイアンホテルの朝食ビュッフェ(バフェ)の様子

 サーフラナイの建物の中にこんな感じでビュッフェが用意されているので、好きなように取っていこう。それでは、ビュッフェの内容をかいつまんで紹介するので、どんな物を置いているのか参考にしてね。

 
ワッフルやパンケーキが日替わりで

 写真左上のスクランブルエッグとカルアポークスタイル・ハッシュは5日間ずっとあったので毎朝提供されているのかな?この他にソーセージやベーコンも毎日置いてあった。

 右上と左下はそれぞれ違う日なんだけど、ワッフルがあったり、パンケーキがあったり、ハッシュポテトがフライドポテトになっていたり、、、と、日によって色々工夫されていた感じ。

 右下はパンケーキのトッピングにできるメイプルシロップやココナッツソース、チョコレートソース、ベリー、ジャム、ホイップクリーム、ネイキッドカウ産バター、ビーガン用のバナナなど。ここは毎日同じだった。

 
ザ・ロイヤル・ベーカリーのパンが並ぶ

 ホテルのベーカリー「ザ・ロイヤル・ベーカリー」で焼かれためっちゃ美味しいシナモンロールやクロワッサン。中でも人気なのは一番上の段に置いてある「ロイヤル・バナナブレッド 」。スコーンやマフィンも美味しかったのでぜひ食べてみてね。

 ちなみにこのパンは、ロイヤルハワイアンホテル旧館の「ロイヤル ハワイアン ベーカリー」で食べることもできるよ。

 
レトロなケースにはシリアルが!

 ペールグリーンのレトロなケースの扉を開けると・・・中にはミニサイズのシリアルボックスが入ってた!このレトロ感がめちゃくちゃ可愛い〜。

 
白米やお味噌汁、ブレックファストサンドイッチ

 そして毎朝提供されている白いご飯とお味噌汁。お漬物もあるので日本食を食べたいときには有り難い。ここのお味噌汁はラウンジで提供されているお味噌汁よりも濃い目で美味しい。

 左上のピピカウラとほうれん草のブレックファスト・サンドイッチや左下のトーストやベーグルも私が滞在中は毎朝置いてあった。

 右下の大きなガラスのトレイにはクラッシュ氷が敷き詰められていて、その上には小さなデザートカップが並べられている。ヨーグルトの日もあれば、下の写真のようにアサイーの日もあり。ホテルの朝食ビュッフェでアサイーを食べられるなんて嬉しいよね。

 
自家製のグラノーラも♪

 更に自家製グラノーラやひまわりの種なんかも置いてあったので、グラノーラにヨーグルトと蜂蜜をかけてフルーツをトッピングして食べたらすごく美味しかった。

 
フルーツや野菜もたっぷり

 フルーツや野菜は少し高めのマンゴーテーブルに置いてあった。ちょっと子供は手が届かないかも。フルーツもサラダも3分の2くらい無くなると新しいものを用意してくれていたから少し遅めの時間に来たとしても空っぽになったりしないので大丈夫。

 モリオはベーグルにサラダや生ハムを挟んで「ベーグル・サンド」を作って食べていた。相変わらず器用だなぁ(笑)。

 
なんとJAファーム産グリーンサラダ が置いてある!

 このロイヤルハワイアンホテルは日本資本のホテルだからか?「JAファーム産」の野菜を使ったグリーンサラダ が毎日用意されていた。それに合わせて用意されていたのが「パパイヤシード・ドレッシング」。サラダの中にはハワイ島産のきゅうりなんかも入っている。プロシュート・メロンのサラダもあったり・・・と、サラダもかなり凝っている。

 フルーツはマウイゴールドパイナップル、アロウンファーム産メロン、シュガーランド・すいか、フルーツ・パール、ナロファーム産マイクロミントなどなどフレッシュで色鮮やかなフルーツが並んでいる。フルーツには酵素がたっぷり含まれているから朝からしっかり食べると体や肌の調子が良くなるのでおすすめ。

 
サーフラナイの朝食・アラカルトのメニュー表

 次に、アラカルト(一品ずつ注文できる料理)での注文について。アラカルトの注文をしたい人はメニューを見て飲み物と単品のメニューの注文をするようになっている。たまに「飲み物無しで」と注文している人も居るけれど、そんな場合はSTAFFの人がお水(ドリンクウォーター)を持ってきてくれていたよ。ロイヤルハワイアンホテルのスタッフの人は優しくてとてもフレンドリーなので、わからないことがあったら色々聞いてみてね。

 ちなみに、2019年5月時点のサーフラナイの朝食のアラカルトのメニュー表はこの写真を見てね。

 このサーフラナイでの人気メニューは「ピンクパレス・パンケーキ 」というピンク色のパンケーキと「クラッシック・エッグ・ベネディクト 」。

 飲み物の値段についてはこんな感じ。

  • フレッシュ・ゴヴィンダ・ジュース(グァバとかオレンジなど)…6ドル
  • ハワイアン・ナチュラル・ティー各種…6ドル
  • カプチーノやカフェラテ…7ドル

 他のカフェと比べても高くはないので、安心して注文してね。

 もちろん、私達もピンク色のパンケーキ「ピンクパレス・パンケーキ 」と「クラッシック・エッグ・ベネディクト 」を注文♪

 
憧れのロイヤルハワイアンホテルの「ピンクパレス・パンケーキ」!

 ジャーーン!これが「ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート」の名物・ピンク色をした「ピンクパレス・パンケーキ」!

 ロイヤルハワイアンに来たら絶対に食べようと思っていたピンクパンケーキ!可愛い〜〜!!もう感動♪このピンク色はグァバとラズベリーを練り込んで作っていて「食べるのがもったいない〜〜」って思うくらい可愛い色をしてる。添えられたシロップをグルっとかけていただくんだけど、もう本当にほっぺたが落ちそうなくらい美味しい〜♪

 パンケーキの食感はフワッとしていてとっても軽いから、ペロッと食べられた。

 
ロイヤルハワイアンホテルの「クラッシック・エッグ・ベネディクト 」!

 エッグベネディクト(Eggs Benedict)とは、半分にカットしたイングリッシュ・マフィンの上にハムやベーコン、ポーチドエッグ、オランデーズソースを乗せて作った料理のこと。ナイフを入れて卵を割ると卵黄がトロッと出てきて…マフィンやハムをオランデーズソースと卵黄に絡めていただくと、うっとりする美味しさなのだ。

 モリオは以前カーニバルクルーズでエッグベネディクトを食べてからエッグベネディクトのファンになり、それからはエッグベネディクトを見かけたら必ず食べるほどの「エッグベネディクト好き」。このロイヤルハワイアンホテルのエッグベネディクトはクラシック・エッグ・ベネディクトと言うだけあって、少しシンプルな味付け。老舗のホテルのレストランで味わうエッグベネディクトは期待を裏切らない美味しさだった。

サムネイル travel 【格安でアメリカとメキシコ・カーニバルクルーズとディズニーランド旅行記 ブログ 34】朝から食べ過ぎ カーニバルクルーズでのクルーズ旅行2日目の朝。今回のクールズ旅行初めての朝食ということで、朝からコースメニューを頼めるメインダイニングレストランへと向かう。

サムネイル travel 【格安でアメリカとメキシコ・カーニバルクルーズとディズニーランド旅行記 ブログ 38】朝の極上ベーグルサンド カーニバルクルーズ旅行3日目の朝。今日はロサンゼルスの沖合にあるサンタ・カタリナ島が寄港地。下船の前に、まずは腹ごしらえから、、、ということでいつものレストランで朝食を頼む。

 ちなみに、私達はマリオット・ボンボイのプラチナ・エリート会員以上の人に付いてくる【朝食無料】という特典でこのサーフラナイのビュッフェを毎朝無料で食べることができたんだけど、そのボンボイの特典で提供されるビュッフェには【ザ・ロイヤル・トリートメント 】は含まれていないので、上のピンクパンケーキとこのエッグベネディクトは単品で追加注文した。お値段はそれぞれ11ドル。

 
ロイヤルハワイアンホテルのピンクのパラソル下での朝食は最高!

 「ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート」に宿泊している人はもちろん、宿泊していない人でも気軽に食事できるので、ハワイ旅行に来たときの忘れられない思い出づくりに、ぜひこのロイヤルハワイアンホテルのビーチが見えるレストラン「サーフ ラナイ」に朝食を食べに来てみてね。

 最後になったけど、お金の支払い方は食事が終わると座席にレシートを挟んだファイルを持ってきてくれるので、座席で支払うんだけど、チップはそのレシートにはじめから18%と20%を計算した金額が書いてあるので、18%か20%のどちらかを選べばOK。チップ込みの金額をクレジットカードで支払うときの方法は下の記事を参考にしてね。

サムネイル info 【ハワイ旅行】レストランにてクレジットカードでのチップの払い方 ハワイ旅行をするときに困るのは、レストランなどでのチップの払い方とその相場。クレジットカードで支払う場合、チップはどうすれば良いか?ここでは、そのチップをクレジットカードを使って支払う方法を紹介したい。

 ピンク色のパラソルを見ながら食べる食事は最高!きっと素敵な思い出になるはず。

 そして食事の後は、ホテル前のビーチで遊んでもいいし、ホテルのお庭とかブラブラ散歩しながらピンク色の可愛いショットをバシバシ写真に撮るのも良し♪ロイヤルハワイアンホテルでしか味わえない素敵な時間をたっぷり堪能してね。

 それでは、思い出に残る素敵なハワイ旅行を!マハロ~♪

サムネイル hotel 【ロイヤル ハワイアン ホテル】マイラニ・タワー・オーシャンフロントのお部屋を実体験レポート! ハワイのピンクパレスこと、ロイヤル ハワイアン ホテルのマイラニ・タワー・オーシャンフロントのお部屋を実体験レポート!このカテゴリーのお部屋は、2015年に改修工事が行われたロイヤルハワイアンのマイラニ・タワーにあり、一階のラウンジへのアクセスができるお部屋となっている。

サムネイル hotel ロイヤルハワイアン宿泊者限定!ワイキキビーチのピンクパラソルを借りてみた♪レンタル方法を詳しくレビュー ワイキキビーチのど真ん中。ロイヤルハワイアンホテルの前にズラッと並んだ、宿泊者限定のピンクパラソル&ビーチチェアを実体験レポート!予約方法からチェックインの方法、そして4日間借りてみた体験レポートを写真と一緒に紹介。

サムネイル hotel 【ロイヤル ハワイアン ホテル】1日39.79ドルのリゾートフィーに含まれる特典内容を全て実体験レポート! ハワイ・ワイキキビーチの老舗ホテル「ロイヤル ハワイアン ホテル」に泊まると、1日1室あたり39.79ドル掛かるリゾートフィー。その追加料金に入っている特典内容はGoPro(ゴープロ)レンタル、WiFi貸出など多岐にわたるが、そのほぼ全てを体験してきたので実体験レポートしたいと思う。

SPG アメックス 有効期限無しでANAやJALのマイルも貯まる。ホテル代もタダになる。世界中を旅するモリオとミヅキの旅行をグレードアップさせた、普段遣いの最強クレジットカード「SPG アメックス」 詳細記事へ メジャートリップについて お得に旅する国内&海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間50万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP