もっとお得に旅しよう! - 旅行ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
info - 情報
更新日 2019年03月30日

【実体験レポート】レーベンズソープのコミュニティセンターでいただけるDevonshire tea(デボンシャーティー)

西オーストラリア・レーベンズソープのコミュニティセンター

 インフォメーションセンターのおばあちゃんに教えてもらった【ランチを食べられるお店】を求めて、レーベンズソープのコミュニティセンターまでブラブラ歩いてやって来た。

 「お店を営業している様子もないし、、、こんなところで本当にランチを食べられるの?」と心配になったんだけど、実際中に入ってみると、、、とっても素敵なDevonshire tea(デボンシャーティー)をいただくことが出来てびっくり!今回は、ワイルドフラワーショーの時期にRavensthorpe(レーベンズソープ)のコミュニティーセンターでいただけるとってもリーズナブルなDevonshire tea(デボンシャーティー)をレポートしますねー!

 
コミュニティセンターの前に来たのにお店が無い?

 上の写真を見てもわかる通り、コミュニティーセンターの外から見ただけでは、何処にレストランがあるのやら???

ミヅキ:「あれ?どこにレストランがあるんだろう?お店っぽいところって・・・無いよね?」

モリオ:「もしかして、あのワイルドフラワーショーのイラストが付いてる看板がヒント?」

 モリオが指差す方を見ると、、、、

 
目印はセンター前の幟と看板

 確かに、ワイルドフラワーショーの幟のところに【Devonshire tea(デボンシャーティー)】という名前と矢印が。【TEA】と書かれているということは、、、カフェっぽいお店があるのかな?

 
早速、中に入ってみよう♪

 外から見ただけでは、中にカフェがあるかどうかはわからないので、早速ドアの中に入ってみよう♪

 
大きなお屋敷みたい

 中に入ると、、、部屋の明るさは少し薄暗い感じ。廊下には絨毯が敷かれていて、壁には古い写真もたくさん飾られている。二階に上がる階段もあるけれど、廊下の突き当りには何やら道案内が。

モリオ:「奥を左って書いてるし、行ってみるわな。」

ミヅキ:「うんうん。なんだか、どこかのお屋敷に来たみたいだね(笑)」

 
子供の探偵ごっこみたいな道しるべ

 廊下にはこんな感じで手書きの道しるべが貼られている。何だか子供の頃の探偵ごっこみたい(笑)。

 張り紙の案内に沿って進んでいくと、お目当ての【Devonshire tea(デボンシャーティー)】というところにたどり着いた。

 
ここが【Devonshire tea(デボンシャーティー)】

 入り口から中を覗くと、奥のテーブルにはおじいちゃんやおばあちゃんがたくさん座って、何か美味しそうに食べている。

ミヅキ:「お!ここだね!」

モリオ:「よし、入ってみよう!」

 こんな奥にあったとは!そりゃぁ表(外)から見ただけではわからないよね。

 
注文はカウンターで

 奥の方に厨房とカウンターがあり、その横に何かメニューのようなものが貼られている。

モリオ:「どうする?何食べる?」

ミヅキ:「何があるんだろう?ちょっとメニューを見て考えるわ。」

 
驚く安さのメニュー

 メニューを見ると、、、【ホットスープ&カリカリの固いパンのセットが6ドル】【ホットスープ&スコーン&コーヒーもしくは紅茶のセットが10ドル】。おお!かなり安い!どのくらいの量なのかわからないけれど、お腹が空いてるからしっかりと食べたい感じ。

ミヅキ:「私、スープとスコーンのセットにする!」

モリオ:「オレも!飲み物は?」

ミヅキ:「スコーンだから紅茶にする♪」

モリオ:「オッケー。それじゃオレはコーヒーにしようっと♪」

 
おすすめはホットスープとスコーンのセット

厨房の女性:「こんにちは!何にしますか?」

モリオ:「こんにちは!えっと、、スープのセットを2セットください!」

厨房の女性:「ベストチョイスね!スコーンのジャムは何にします?」

モリオ:「何がありますか?」

厨房の女性:「ストロベリー・ブルーベリー、ラズベリー、アプリコット、フォグがありますよ♪」

ミヅキ:「私はフォグ(いちぢく)で!」

モリオ:「じゃぁ、私はアプリコットで!」

厨房の女性:「はい!あと、スープは何にしますか?今日はパンプキンのスープと雑穀のスープですよ。」

ミヅキ:「パンプキンがいいです!」

モリオ:「私は雑穀のスープでお願いします!」

厨房の女性:「あと、飲み物はあちらのテーブルにあるので、コーヒーか紅茶を選んでください。」

モリオ:「わかりました。お金はここで支払いですか?」

厨房の女性:「はい、そうです。20ドルです♪」

 現金で20ドルを支払い。

 
スープは奥のコンロで温められている

 私達が注文したスープは奥のコンロで温められていて、順番に注いでくれる。

 
スコーンにジャムを塗って・・・

 厨房のスタッフの女性たちは、手際よく用意をしてくれる。大きなスコーンを半分に割って、たっぷりとジャムを塗ってそして黄色がかったホイップクリームのようなものをた~っぷりと乗せてくれる。うわぁーーー美味しそうーーー♪

 
コーヒーや紅茶はセルフで

 コーヒーや紅茶は横にあるテーブルに用意されているので、セルフサービスで入れる。

モリオ:「何処で食べる?」

 部屋の中には空いたテーブルもまだあったんだけど、キョロキョロと周りを見渡すと、外に出られるドアがある。

ミヅキ:「あ!外にも出られるみたいよ!外で食べよ♪」

 
外のテーブルはこんな感じ

 部屋から外に出ると、、、、テーブルセットが何箇所か置いてあって、更に庭にはワイルドフラワーが咲いているじゃん!!!

ミヅキ:「うわ!外のほうが明るいし、ワイルドフラワーも咲いてるし!いいね♪」

 
2人で一緒に座れるベンチのテーブルも発見!

 普通は一人ずつが座るような椅子なので、混んできたら相席するような感じなんだけど、2人が一緒に座れるようなベンチチェアのテーブルを発見!早速、そのテーブル席に座る。これなら相席になる確率もかなり低い?

 
今日のお昼はデボンシャーティーとスープのセット

 これが今日のランチ。見た目質素なんだけど、食べるとものすごいボリューム。実はこのスープ皿は直径20cmくらいある大きなスープボウルで、更にカットしたフランスパンも付いているので、スープだけでもかなりお腹にずしっとくる。

 それプラスジャムとクリームがたっぷり乗った大ぶりスコーン。このスコーンのクリームがめちゃくちゃ美味しくて感動もの。ジャムとの相性も最高!

ミヅキ:「うわぁ、、、このクリーム、めっちゃ美味しい、、、。何だろう?生クリームじゃないんだけど・・バターっぽいコクがあって、、でもこれ生クリームだよね?」

モリオ:「うぉ!ホンマや!マジでうまいな!けど、太るでこれはw」

ミヅキ:「こんだけ美味しかったら、太ってもいいわ、、、。」

モリオ:「いや、そこは太ったらあかんやろww」

 いやマジで、「これだけ美味しかったらもう太ってもいいや…」と思うほどの驚く旨さなのだ。

 
Devonshire tea(デボンシャーティー)とは

【Devonshire tea(デボンシャーティー)】とは、カフェの名前なのかと思っていたら、なんとイギリス様式の【庶民のアフタヌーンティー】のことだったと知ってビックリ!

 高貴な貴族たちが午後に【アフタヌーンティー】をいただくように庶民も午後のお茶の時間を楽しみたいと思うけれど、貴族たちが食べるようなタワーのお茶菓子は贅沢すぎて無理。でも貴族のように午後のお茶の時間を楽しみたい!とはじまったのがこの【スコーンと紅茶という素朴なティーセット】なのだ。イギリス南西部のデボンシャー州という地域が発祥なので【Devonshire tea(デボンシャーティー)】と呼ばれるようになったらしい。

 貴族の豪華なアフタヌーンティーとは…前にルネッサンス沖縄のラウンジでいただいたあのタワーになったやつだ。

サムネイル travel 【SPGアメックスカードのプラチナチャレンジ旅行記 / ブログ 51】ルネッサンスリゾート沖縄のラウンジでアフタヌーンティー! SPGアメックスカード物語・マリオットプラチナチャレンジ編。ルネッサンスリゾートオキナワに再チェックインした後は、使っていいよと言われたエグゼクティブラウンジへと足を運ぶと、アフタヌーンティータイムの真っ最中だった。初めて食べるスイーツタワー♪

 
クロテッドクリームが絶妙な旨さ!

 このスコーンの上にたっぷり乗っている少し黄色がかったクリームは「クロテッドクリーム」と言って、イギリスのデボンシャー州で2000年以上も前から作り続けられてきた伝統的なクリーム。脂肪分の高い牛乳を弱火で煮詰めたものをひと晩置き、表面に固まる脂肪分を集めて作られる。気になる脂肪分は60%程度。バター(80%)よりは低くて生クリーム(30〜48%)よりは高いらしい。

 このクロテッドクリームがめちゃくちゃ美味しくて、すっごく感動!スコーンとスコーンに乗せたジャムとクロテッドクリームの相性の良さは鳥肌モノだ(笑)。大げさに聞こえるけど、それくらい感動する美味しさだった。

 この【Devonshire tea(デボンシャー・ティー)】はイギリス、オーストラリア、ニュージーランドなんかでよく見かけるらしいので、機会があったらぜひ食べてみてね。

 
ワイルドフラワーを愛でながら・・・

 このコミュニティセンターの中庭にはあちこちにワイルドフラワーが植えられているので、ワイルドフラワーを愛でながら本場のDevonshire tea(デボンシャーティー)をいただけるという何とも贅沢な空間となっている。お庭のデボンシャーティーのテーブル席は、内側の部屋よりも明るいし開放感もあるので、もしも外の席が空いていたら、外で食べるのがおすすめ!

 
Ravensthorpeのコミュニティセンター内でいただけるDevonshire tea(デボンシャーティー)

 レーベンズソープ・ワイルドフラワーショー(Ravensthorpe Wildflower Show & Spring Festival)を見にに来たら、ぜひこのコミュニティセンター内でいただける【Devonshire tea(デボンシャーティー)】も楽しんでみてね。

 開催年や日によっては場所が変更になることもあるかもしれないから、もしもRavensthorpe(レーベンズソープ)に来たときは、まずインフォメーションセンターに行って開催の有無や場所の確認をしてから向かってね!

 素敵なワイルドフラワーの祭典で素敵なティータイムを!

サムネイル info 【実体験レポート】世界最大級 ワイルドフラワーショー・レーベンズソープ Ravensthorpe【西オーストラリアの見どころ】 西オーストラリアのシンボル的存在「ワイルドフラワー」。そんなワイルドフラワーの一大イベントに行ってきたので実体験レポート。本当に素敵なイベントなので、近くに行く機会があれば寄り道をして見に行ってみよう。

メジャートリップについて お得に旅する国内&海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間50万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP