もっとお得に旅しよう! - 旅行ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
info - 情報
更新日 2019年03月28日

【実体験レポート】世界最大級 ワイルドフラワーショー・レーベンズソープ Ravensthorpe【西オーストラリアの見どころ】

西オーストラリアの一大観光資源・ワイルドフラワー

 【ワイルドフラワー】は、西オーストラリアの見どころの一つで、大自然に野生で自生している可憐な花々。

 パースの近くには【キングスパーク】という大きな公園で毎年【キングスパーク・ワイルドフラワーフェスティバル(Kings Park Wildflower Festival)】という大きなイベントが開催されている。とても綺麗に整備された公園の中に3000種以上の種類を楽しめるワイルドフラワーの祭典で、私達も【キングスパーク・ワイルドフラワーフェスティバル(Kings Park Wildflower Festival)】でたくさんのワイルドフラワーを見て楽しんだ。

サムネイル place パースのおすすめ観光スポットはワイルドフラワーの祭典「キングスパーク・フェスティバル」! パースの一番人気の観光スポット「Kings Parks - キングスパーク」で毎年春先(9月頃)に1ヶ月に渡って開催されるワイルドフラワーの祭典「キングスパーク・フェスティバル」を実体験レポート!パースの年間を通してのハイライトとも言えるこのイベントの様子やアクセス方法(行き方)などをお届けします。

 その後、パースからエスペランスへ向かう道中に知り合った地元の人に「ワイルドフラワーが見られるおすすめの場所はありますか?」と聞くと「レーベンズソープのワイルドフラワーショー(Ravensthorpe Wildflower Show & Spring Festival)に行くといいわ!凄くいいからぜひ行ってみて!」と、みんな必ずおすすめしてくれるので、、、ちょっと寄り道になるけれど、【レーベンズソープ・ワイルドフラワーショー(Ravensthorpe Wildflower Show & Spring Festival)】を見に行くことに!

サムネイル travel 【カンガルーに会いに行く!パースから始まるオーストラリア旅行記 55】焼き立てのパンと蜂蜜入りのお紅茶はいかが? オーストラリア最大のヤビー工場のCambinata Yabbiesのオーナー「メアリー」さんのご自宅にお邪魔して焼き立てパンとコーヒー、農場のハチミツをいただいた。本当に美味。景色も最高だ!

 ということで、しっかり見てきたので【レーベンズソープ・ワイルドフラワーショー(Ravensthorpe Wildflower Show & Spring Festival)】を詳しく実体験レポートしますね!

今回のお話の舞台場所は...

 
レーベンズソープ・ワイルドフラワーショー(Ravensthorpe Wildflower Show & Spring Festival)

 町のインフォメーションセンターでもらった、今年(2018年)のワイルドフラワーショーの案内パンフレット。なんとも言えないレトロブルーの色とワイルドフラワーの赤や黄色、葉っぱの濃い緑とのコントラストがとっても素敵な表紙のパンフレットだ。このレトロ感、いいなぁ♪

 ところで、この【Ravensthorpe】という町の名前の読み方は、私は現地で聞いたときは「レーベンスソープ」と聞こえた気がしたんだけど、ネットで調べてみると「レーベンズソープ」と書いてあるので「レーベンズソープ」と呼ぶのが正しいみたい。

 
ワイルドフラワーショー会場へ案内してくれる幟

 レーベンズソープの町の近くになるとこんな感じの幟が色んな場所に立っている。そして、Ravensthorpeの町の中に入ると、、、矢印や看板とともに「ワイルドフラワーショーの会場」へと導いてくれる。

 この黒板の案内表示はHOPETOUN(ホープタウン)のインフォメーションセンターにあったものと似てるね!

サムネイル travel 【カンガルーに会いに行く!パースから始まるオーストラリア旅行記 67】HOPETOUNの観光案内所で出会ったおばあちゃんのおすすめ 西オーストラリアのHOPETOUN(ホープタウン)という小さな町のコミュニティセンターに併設されているインフォメーションセンターに行ってみた。そこで出会ったおばあちゃんに「レーベンズソープのワイルドフラワーショーには絶対行ったほうがいいわよ」とおすすめされる。

 
Ravensthorpe Wildflower Show会場のTOWN HALL(タウンホール)

 Ravensthorpe Wildflower Show(レーベンズソープ・ワイルドフラワーショー)はこのタウンホールという建物の中で行われているらしい。

 
入り口には横断幕

 建物の入り口には【Ravensthorpe Wildflower Show & Spring Festival】というかなり大きな横断幕が張られている。それでは、早速中に入ってみようー♪

 
 
入場料は1人$5

 この【レーベンズソープ・ワイルドフラワーショー&スプリング ファスティバル(Ravensthorpe Wildflower Show & Spring Festival)】は入場料は1人5ドル。パッと見たところ、クレジットカードの読み取り機みたいなものはなかったので、私達は手持ちのキャッシュで支払い。2人で10ドル。

 
Wildflower Show & Spring Festivalの会場の中

 入り口を入ると、ホールの中はこんな感じになっていた。白い棚にたくさんのワイルドフラワーが飾られて、周りには色んな展示物が置かれている。

 ここに来るまで、このワイルドフラワーショーを紹介してくれたおばあちゃんたちの話を総合的に判断すると、、、ワイルドフラワーショーっていうのは【生け花展】みたいなものじゃないか?と想像していたんだけど、実際に来てみると想像通りと言うか、やはり生け花展にそっくり。

 実は私は生け花展みたいなところで飾られている切り花にはあまり興味が無くて、どちらかと言うと地面に根を張って生きている自然の草花が好きなんだけど、今回このワイルドフラワーショーを見て、今までの認識がちょっと変化した。

 
化石のような鉱石

 ワイルドフラワーショーというからには花が沢山飾られているんだろうなぁと思っていたら、なんと会場にはたくさんの鉱石のような化石のような?石も色々と展示されている。レーベンズソープはニッケルやコバルトといった鉱物の鉱山があるんだけど、そういった鉱物も展示されているのかな?

 
動物の骨や貝殻も

 ワイルドフラワーは自然の中に咲き乱れる、、、というか【野生でナチュラルなもの】という野生繋がりなのか?動物の頭蓋骨(もしかしてカンガルー?)とか貝殻、流木なども一緒に展示されている。見るからにワイルドだw

 
何ともワイルドな洋服(笑)

 そして、骨や流木、貝殻などの横には【ワイルドフラワーを体に巻き付けたマネキン人形】が飾られている。スカート部分は上手に隠れているけれど、これ、胸は丸見えになってるよね?野生ではそういうことは気にしちゃ負けなのか?いや、このブラジャー付けるのはちょっと恥ずかしいなぁ(笑)。

 
基本的にはこんな感じで飾られている

 基本的には、品種ごとにコーナーが分けられていて、一つの品種でも様々な種類に更に枝分かれしているので、それを細かく一つずつ分類して展示している。もちろん全て生花。まるで生きた植物図鑑を見ているようだ。

 
生花コーナーも

 一般的には、各種類ごとに細かく品種で分けて展示されているんだけど、こんな感じで大きな籐の籠に綺麗に盛り付けられたワイルドフラワーの展示コーナーもある。これは日本で言う【生け花】の感覚なのかな?

 
イベントの限定グッズも販売されている

 このワイルドフラワーショーを開催しているレーベンズソープの限定グッズを買うこともできる。インフォメーションセンターにも同じものを売ってたりもするので、時間がない人はインフォメーションセンターで買うのも有りだと思う。

サムネイル travel 【カンガルーに会いに行く!パースから始まるオーストラリア旅行記 70】レーベンズソープに到着!OUTBACKの旅を知る 西オーストラリアの田舎町【Ravensthorpe レーベンズソープ】にやってきた。ここは毎年【Wildflower Show ワイルドフラワーショー】が開催される町。早速、ワイルドフラワーショーに行ってみよう。

 
HOPETOUNのDevon Delightsの製品も!

 私達が昨日宿泊し、さっきまで滞在していたHOPETOUN(ホープタウン)のDevon Delightsというメーカーのジャムやシロップ漬けなんかも買うことができる。これって、HOPETOUN(ホープタウン)のインフォメーションセンターにも売ってたよね?

サムネイル travel 【カンガルーに会いに行く!パースから始まるオーストラリア旅行記 67】HOPETOUNの観光案内所で出会ったおばあちゃんのおすすめ 西オーストラリアのHOPETOUN(ホープタウン)という小さな町のコミュニティセンターに併設されているインフォメーションセンターに行ってみた。そこで出会ったおばあちゃんに「レーベンズソープのワイルドフラワーショーには絶対行ったほうがいいわよ」とおすすめされる。

 Facebookにはオフィシャルアカウントもあるので、気になる人はそっちも確認してみてね。

 Devon DelightsのFacebookページはこちらからどうぞー!

 
天井からぶら下がる巨大なオブジェ

 そして、会場の中にはこんな感じで天井からぶら下がっているワイルドフラワーの巨大なオブジェも飾られている。これ、全部ワイルドフラワーなのだ。中心に大きな保水スポンジみたいなものがあるのかなぁ?

 
巨大オブジェのアップ

 ワイルドフラワーの巨大オブジェを近くで見るとこんな感じ。緑の部分もしっかりあって、黄色い花も生き生きしてるので、やっぱりちゃんと保水対策は取っているような気がするなぁ。

 
もう一つの巨大オブジェ

 そしてさっきの大きなオブジェとは別の天井から吊り下げられているオブジェ。赤や黄色、緑色の葉っぱと小さな花々が豪華で、まるで生花で出来た大きなシャンデリアのようだ。

 館内には写真のパネル展示もされている。こういう写真での展示は、HOPETOUN(ホープタウン)のインフォメーションセンターにもあったね。

 
ソファーやトイレも完備

 私が訪れたときは、会場にはお年寄りの姿がすごく多かったんだけど、こんな感じでソファーや椅子もたくさん置かれているので、疲れても大丈夫。更にトイレも完備。

 ここから見ると、さっきの大きなオブジェがどんな風に天井からぶら下がっているのかがよく分かる。

 
可憐な花弁のジェラルトン・ワックス(Chamelaucium uncinatum)

 とっても小さな花弁が可憐で可愛いジェラルトン・ワックス(Geraltonwax)。この花はパースの北のジェラルトン周辺が生まれ故郷なんだとか。蝋細工のような小さな花をつけることから【ワックス・フラワー】の愛称で呼ばれている。この小さな花だけでも何種類にも分類されていて、驚くほど細かく分けて展示されている。このジェラルトン・ワックス フラワーは、西オーストラリアを走っていると本当に色んな場所でよく見かける。

 
ワイルドフラワーの主役になることが多いバンクシア(banksia)

 ワイルドフラワーと言うと、さっきの【ジェラルトン・ワックス(Chamelaucium uncinatum)】のように、かなり小さめの花がメジャーでよく見かけるし、この展示場でも小さめの花が多いんだけど、このコーナーに展示されているのは大ぶりで見応えがある【バンクシア banksia 】という種類の花。

 この【バンクシア】はキャプテン・クックの船に同乗していたイギリスの植物学者J.バンクスに由来してつけられた名前なんだとか。小さめの花弁のワイルドフラワーたちの中にこの【バンクシア】が入ることで、ワイルドフラワーはかなり豪華な印象になる。

 
ワイルドに木桶に飾られた花々

 これは展示コーナーの端に設置されていた木桶に飾られた豪華なワイルドフラワーたち。さっきの【バンクシア banksia】を随所に散りばめることで、とても豪華な花飾りを演出している。

 
ワイルドフラワーの魅力

 可憐で小さな花や名も無いように見える緑の草花、そして豪華な花弁、、、どれもがオーストラリアの豊かな大地に育まれた【オーストラリアのワイルドフラワー】たち。3000種類もあると言われているその個性豊かな草花を集めた【レーベンズソープ・ワイルドフラワーショー&スプリング ファスティバル(Ravensthorpe Wildflower Show & Spring Festival)】は、私の想像を超えた素敵な展示会場だった。

 最初は「別にわざわざ遠回りしてまで見に来なくてもいいかな?」なんて思ってたんだけど、実際に会場に来てみて本当に良かった。可憐で力強いワイルドフラワーの魅力がギュっと詰まった素晴らしい展示会だった。ワイルドフラワーの本当の魅力もわかったような気がする。

 
ワイルドフラワー・フェスティバルの会場を後に・・・

 名残惜しいけど、そろそろお昼ご飯を食べに行かなくちゃ。私達は今日はエスペランスに行って宿泊することになっているので、あまり長居はできないのだ。

 このワイルドフラワーショーは1982年にはじめて開催されたとのことだ。長い歴史があるこのイベント、見ることが出来て本当に良かった。

 
会場の前には大きな牛のオブジェ

 【レーベンズソープ・ワイルドフラワーショー&スプリング ファスティバル(Ravensthorpe Wildflower Show & Spring Festival)】の会場があるタウン・ホールの前には、大きな牛のオブジェが置かれている。このオブジェはこのイベントのマスコットみたいな存在なのかな?会場を訪れた人たちはみんな記念写真を撮っている。

 
私達も花柄の牛と一緒に記念写真!

 わたしたちも、記念にパチリ♪水色の体にワイルドフラワーのペイントをした牛のオブジェ。なかなかサイケな雰囲気だ。ワイルドフラワーは西オーストラリアの人々にとって、とても大切な心の拠り所のような存在なんだと思う。この素朴な花々を大切に思いながら守っている姿はとっても素敵だなぁと思う。

 この後は、インフォメーションセンターで教えてもらった【コミュニティ・センター】にランチを食べに行こうと思っている。ランチの記事が書けたら、またここに貼ろうと思うので、楽しみにしててね。

 実はこの日、テレビ局がこの【レーベンズソープ・ワイルドフラワーショー&スプリング ファスティバル(Ravensthorpe Wildflower Show & Spring Festival)】の取材に来たらしく、、、夜、エスペランスのホテルでその様子を撮影したので、下に貼っておくね。

※HOPETOUN(ホープタウン)で会ったおばあちゃんが「今日、チャンネル7が撮影に来るわよ!」と言っていたやつだと思う(笑)。

 
本当にニュース番組で放送されてたよ!

 多分、これがチャンネル7のニュース。ニュースを見ていたら【レーベンズソープがなんとか、、、】って聞こえたので、大慌てで写真を撮ったよ!

 
おお!これこれ!

 こうやってテレビ局が取材に来るくらい、大きなイベントなんだね。

 
ワイルドフラワーを管理しているところかな?

 これは、ワイルドフラワーをどうやって管理しているのか?みたいなことを説明しているのかなぁ?

 野草を管理するのってとっても大変そう。見ていると、会場に居た人も高齢のスタッフが多い気がしたんだけど、高齢化が進んでるのかなぁ?

 
テレビを通してワイルドフラワーの素晴らしさを伝える

 西オーストラリアの人々にとって、とっても大切なものではあるけれど、あまりにも身近にありすぎて気にも止めなくなってしまいそうになるワイルドフラワー。そんな大切な資産をテレビを通してみんなに伝えていっているような放送だった。

 色とりどりで、可憐で逞しくて、、、ワイルドフラワーって本当に素敵だ。

 この、【レーベンズソープ・ワイルドフラワーショー&スプリング ファスティバル(Ravensthorpe Wildflower Show & Spring Festival)】は毎年行われているので、次のフェスティバルのスケジュールをここでお知らせしたいと思う。

 心温まる、ホッコリする本当に素敵なイベントなので、近くに行く機会がある人はちょっと足を伸ばしてぜひ見に行ってみてね。ワイルドフラワーのことがもっともっと好きになるはず。


2019年のイベントスケジュール【Ravensthorpe Wildflower Show & Spring Festival】

開催期間:「2019年9月9日〜21日」

入場料:「大人:$5、子供:無料」

会場:「会場:Ravensthorpe市庁舎および植物標本館、35 Dunn Street」

メジャートリップについて お得に旅する国内&海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間50万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP