もっとお得に海外旅行 - 旅行記ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
card - クレジットカード
更新日 2018年06月25日

【デルタアメックスゴールド】このカード一枚でデルタ航空のゴールド会員になれる。座席アップグレードやビジネスクラスラウンジ利用もOK!

 
デルタアメックスゴールドカード

 アメリカンエキスプレスが発行する、デルタスカイマイル・アメリカンエキスプレス・ゴールドカード(通称:デルタアメックス・ゴールドカード)。このカードは、作るだけでデルタ航空のゴールドメダリオン会員になれるという夢の様なカード。

 通常、デルタ航空スカイマイルのゴールドメダリオン会員になるには、デルタ航空、もしくはスカイチーム所属の航空会社のチケットを買って、1年間に、50,000マイル(羽田〜ロサンゼルス5往復)、もしくは60回以上乗らないと獲得できない会員資格。羽田からロサンゼルスまでデルタ航空かスカイチームで5往復しようとすると、どれだけ安く行こうとしても30万円〜40万円は掛かってきそうなもの。それを年会費26,000円+税金で獲得出来てしまうのが、このデルタアメックスゴールドカードなのだ。このデルタアメックスゴールドカードは、デルタ航空の本拠地、アメリカにもあるカードなのだが、実はこのゴールド会員になれる特典は日本発行のカードにしか無いらしい。そのため、デルタ航空の米国会員からはかなりブーイングもあるようだが、、、では、果たしてこのカードを作ってゴールド会員になると、どんないいことがあるのか、ゴールドメダリオン会員のメリットを、実際にその特典を体験した私(モリオ)が紹介しよう。なお、このゴールドメダリオン会員は、デルタ航空、もしくはスカイチーム所属の航空会社を利用しないとその特典は受けられないので注意しよう。

 
メリット1:優先チェックインと優先搭乗

 まずゴールド会員のメリットは、空港にやって来た時から始まる。普通はエコノミークラスを利用する場合は、エコノミークラス用のチェックインカウンターを利用して、チェックインや受託手荷物の預けなどを行うが、ゴールド会員になるとこの「SKY PRIORITY - スカイプライオリティ」と書かれた専用カウンターを利用できる。一般のエコノミーカウンターに比べて待ち時間もほとんど無いのですごく快適。また、ボーディングタイムの時の搭乗でも、最初にビジネスクラスに乗る人と同じタイミングで機内に乗り込むことができる。

 
メリット2:ラウンジ利用

 次のメリット。それは国際線利用の場合は、座席クラスに関係なく、憧れのビジネスクラスラウンジを利用できることだ。例えばスカイチームのベトナム航空で関空からホーチミンに向かう場合とかだと、ベトナム航空が関空で提携しているJALのさくらラウンジが使えたりする。ただし、出発空港に利用する航空会社が運営しているラウンジ、もしくは提携しているラウンジが無いと、ラウンジ利用は不可なので注意しよう。利用可能なラウンジについては、空港カウンターでのチェックイン時に確認しておくといいだろう。もちろん、利用するラウンジはビジネスクラスラウンジなので、お酒も飲めるし、軽い食事もできる。

JALサクララウンジを徹底レビュー これが美味しいよ!【関西国際空港】 関西国際空港の出発エリアの南ウィングにあるJALサクララウンジをレポート。中の様子や設備、そして名物のカレーなど、実際に利用した生の写真とともにお届けします。

 
メリット3:座席のアップグレード

 ラウンジ利用に関しては、プライオリティパスの付いているクレジットカードを作れば、結構色んな空港でビジネスクラスラウンジが使えちゃったりもするのだが、この座席のアップグレードは上級会員じゃないとほぼ無理。

MUFGカード・プラチナアメックスカードを持ってわかったメリットとデメリット プライオリティパスを格安で持てるクレジットカードMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを実際使ってみてわかったメリットとデメリットを詳しく解説。

 上の写真は私達がデルタ航空でサンフランシスコに行った際に、羽田〜ロサンゼルス(経由地)間の座席をコンフォートプラス席にアップグレードしてもらったときのもの。

【片道1万円!デルタ航空・サンフランシスコ海外旅行記 8】無償アップグレードでゲット!デルタ航空・コンフォートプラス席の搭乗レビュー デルタ航空の往復2万円で行くサンフランシスコ旅行記・出発編。いよいよデルタ航空 DL6便に搭乗。ゴールドメダリオンの無償アップグレードで手に入れたデルタコンフォートプラス席の様子、広さなどを実体験レポート。

 このチケットは、ミヅキがネットで見つけた片道1万円の激安航空券だったんだけど、それがゴールド会員のアップグレード申請を本サイトで行っていると、出発の72時間前になると席が開いていたら、勝手にコンフォートプラス席にアップグレードしてくれたりするのだ。これがアメリカ国内線になるとファーストクラスにしてくれたりもするし、とにかくこのゴールドメダリオン会員の72時間前無償アップグレード特典は、チケットの種類を選ばないとんでもない強力な特典なので、機会があれば、ぜひ味わってみて欲しい体験だ。

【片道1万円!デルタ航空・サンフランシスコ海外旅行記 59】デルタ航空国内線でまさかのインボラアップグレードで「ファーストクラス」に!! デルタ航空利用!往復2万円の航空券で行くサンフランシスコ旅行記・5日目帰国。ロサンゼルス行きのデルタ航空国内線で、搭乗ゲートでまさかのインボラアップグレードで座席が「ファーストクラス」に変更に!ゴールドメダリオン会員の威力はすさまじい。

 なお、デルタ航空以外のスカイチームの航空会社、例えばガルーダ・インドネシア航空や、中国東方航空、ベトナム航空、エアフランスなどを利用する場合は、席のアップグレードはチケットの種別(エコノミー席でも値段などによって色んな種類のチケットがある)によって様々。チケットによっては格安でも非常口の席を事前に確保できたり、予約時には座席指定が出来ないものでも航空会社に電話すれば座席指定が出来たりもするので、スカイチームのフライトを利用する場合は、直接航空会社に電話して聞いてみよう。

 
その他のメリット

 その他にも、ゴールド会員のメリットではないが、このデルタアメックスゴールドカードの特典として、デルタ航空のフライトの航空券を買うと、通常のショッピングでは100円1マイルが獲得できるものが、3倍のマイルがゲットできたり、アメックスカードの特徴でもある、ショッピングプロテクションなどの手厚い保険があったり、自動付帯の海外旅行保険があったり、空港からスーツケースを無料で自宅まで配送できたり、家族カードが1枚無料だったりと、このカードにはゴールド会員以外の様々な特典が付いてくる。(デルタアメックスゴールドカードの詳細は本サイトを参照)

 
デルタアメックス・ゴールドカード最大のデメリット

 このデルタアメックス・ゴールドカードのワクワクするようなメリットをいろいろと紹介してきたが、実はこのカードには最大のデメリットが存在する。それは「1年間のカード利用額が150万円未満の場合は、デルタ航空のゴールドメダリオン会員資格を次年に獲得できない」ということだ。年間150万円というと、1ヶ月12.5万円。毎日の生活のメインカードとして利用する分には、問題なくクリアできる額であるが、サブカードとしてゴールド会員のステータス保持するだけに作るカードとしてはかなりハードルが高くなる。また、デルタ航空をはじめとするスカイチームの航空会社を利用しない人にとっては何のメリットもないカードなので、その場合はもっと自分のラフスタイル、旅行スタイルに合ったカードを吟味する必要がある。

【旅行に強いクレジットカード】目的別&旅行スタイルで選ぶ最強カードはこれだ! 海外旅行に年6回以上行く私達がおすすめする目的別の国内&海外旅行に強いおすすめのクレジットカードを紹介。もちろん全て保持しているカードなので、そのカードの最大の特色やメリット・デメリットなども的確にお伝えします。

 
空港から優雅な旅行をしたい人に最適

 以上が、このデルタアメックスゴールドカードの特筆すべき「メリット」と「デメリット」だ。以前まではカードを保持している以上は無条件にゴールドメダリオン会員だったものが、2018年6月26日より規約が大改定となり、カード利用に応じた会員資格の付与(改定の詳細は【デルタアメックスゴールドカード】2018年6月26日よりサービス大改定。変更内容を徹底解説。を参照)という制限が付いた。これにより、このカードをメインカードとして活用している人にとっては、このカードは更なるパワーを手に入れ、サブカードとして持ってるだけの人にとっては手放すきっかけとなる大改悪となった。

【デルタアメックスゴールドカード】2018年6月26日よりサービス大改定。変更内容を徹底解説。 カードを作るだけでデルタ航空のゴールドメダリオン資格を獲得できる、デルタアメックスカードが2018年6月26日よりサービスを大改定し、ゴールドメダリオンの資格取得条件が追加される。ボーナスポイントなどの特典はかなりパワーアップされているが、その大改定の詳細をいち早くお届けしよう。

 しかし、このカードで手に入れることのできるゴールドメダリオン会員の特典は、一度味わうと忘れられない体験となることは間違いない。そしてカードを作ってから1年間は無条件でデルタ航空のゴールドメダリオン会員、スカイチームのエリート・プラス会員資格を手に入れられるので、スカイチームを利用する機会があるときに、まずは作ってみてその特典を享受してみて、このカードを継続するかどうかを試してみるのもいいだろう。

 なお、このカードを作ってみたい人のために、2018年7月31日までの申し込み期限になるが、ここから、もしくは下のバナーから申し込むと最高32,000マイルが貰えるキャンペーンも用意したので利用して欲しい。それではフルサービスキャリアで行く優雅な海外旅行を!

メジャートリップについて このサイトは、お得に旅する海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間15万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP