お得に楽しい旅行&スタイルブログ - メジャートリップ
TOP 【SPG / マリオット】ホテル&リゾート宿泊レビュー・アップグレードの内容も!【宿泊記・滞在記・口コミ】 ザ・プリンス さくらタワー東京 / カテゴリー6 - マリオット・ボンヴォイ ホテル宿泊レビュー vol.4
hotel - ホテル
更新日 2020年06月26日

ザ・プリンス さくらタワー東京 / カテゴリー6 - マリオット・ボンヴォイ ホテル宿泊レビュー vol.4

Image
ザ・プリンス さくらタワー東京
 東京品川にあるプリンスホテルの高級ブランドにあたる「The Prince」の冠を持ったホテル「ザ・プリンス さくらタワー東京」。1998年に「高輪プリンスホテル さくらタワー」として開業した後、2013年に改修が行われ「ザ・プリンス さくらタワー東京」として、マリオットグループのオートグラフコレクションに加盟し現在にいたるホテルだ。このホテルに、私たちは2018年6月にマリオットのプラチナチャレンジの際に利用。このホテルの客室、設備、そして朝食やエグゼクティブラウンジに至るまで、良い点や悪い点をどこよりも詳しく、宿泊者の目線で口コミとしてレビューしていきたいと思う。
ザ・プリンス さくらタワー東京 の予約へ(マリオット公式サイト)
※ Marriott Bonvoy - マリオット・ボンヴォイ・ゴールドエリート会員以上の特典である、お部屋アップグレードや、レイトチェックアウト、ウェルカムギフトポイント等は、マリオット公式サイトからの予約にのみ適用されます。
今回のお話の舞台場所は...
 
目次
  1. ザ・プリンス さくらタワー東京
  2. ザ・プリンス さくらタワー東京は品川駅から歩いて数分の場所
  3. ザ・プリンス さくらタワー東京のレセプションカウンター
    1. 四季を感じさせる粋な生花
  4. レストランなどがあるザ・プリンス さくらタワー東京 1階フロア
  5. プリンスさくらタワーのハイライト「日本庭園」
    1. ザ・プリンス さくらタワー東京の青々とした庭園風景
    2. お寺のような建物
    3. グランドプリンス高輪
    4. 「さくら坂の鐘」
    5. ザ・プリンス さくらタワー東京の中庭の錦鯉
    6. ザ・プリンス さくらタワー東京 夜の日本庭園
  6. ザ・プリンス さくらタワー東京のエレベーターは4つ
  7. ザ・プリンス さくらタワー東京のスパ | ジムが総合受付
    1. スパ用のカードキー
    2. ザ・プリンス さくらタワー東京 スパの入り口
    3. お風呂の後はマッサージ
  8. プリンスさくらタワーのラウンジへ
    1. ザ・プリンス さくらタワー東京のラウンジの中の様子
    2. 大きなソファスペース
    3. アルコール類は17:30から
    4. スパークリングワインやジュース
    5. コーヒーマシーン
    6. 缶ジュースやお茶、缶ビール
    7. さくらタワーのラウンジ飯
    8. カクテルタイムの食事
    9. 盛りつけてみた
    10. ナイトキャップのスイーツ
    11. コーヒーでも飲みながら
  9. ザ・プリンス さくらタワー東京のアップグレードされたお部屋に向かう
    1. ルームキーとラウンジキー
    2. ザ・プリンス さくらタワー東京のスペシャルなコーナールーム!
    3. キングサイズのベッド
    4. お水も上品に置かれている
    5. 反対側のサイドテーブル
    6. スリッパも置いている
    7. 天気予報とチョコレート
    8. ソファとテーブル、そして生花
    9. 夕方の東京タワーを眺めるザ・プリンス さくらタワー東京のコーナールーム
    10. 夜の東京タワーも楽しめる
    11. 朝の東京タワービュー
    12. テレビボード
    13. カプセルコーヒーメーカーとアイスペール
    14. 電気ポットとミニバー
    15. 無料の飲み物
    16. ミニバー
    17. セキュリティボックスもある
    18. 帯付き箱
    19. 中には充電ケーブルやLANケーブルなど
    20. デスクスペース
    21. クローゼット
    22. バスルーム
    23. ザ・プリンス さくらタワー東京のアメニティには資生堂のルモンドール
    24. バスタブはジャグジー
    25. シャワールーム
    26. 洗面台も2つ
    27. バスアメニティ
    28. 色んな種類のアメニティが用意されている
    29. お持ち帰り用の袋も
    30. バスローブ
    31. トイレは玄関近く
    32. ウォッシュレットのトイレ
    33. 朝には新聞のサービス
  10. ザ・プリンス さくらタワー東京の朝食を食べにラウンジへ
  11. リストランテ カフェ チリエージョの朝食ビュッフェ
    1. 窓からは水の流れる中庭の風景
    2. コーヒーを飲んで、朝ごはんビュッフェを取りに行こう
    3. ザ・プリンス さくらタワー東京のビュッフェコーナー
    4. シリアル、美味しそう。
    5. フルーツポンチ
    6. サラダコーナー
    7. ワッフルとフレンチトースト
    8. トッピングも付いている
    9. ボリートミスト
    10. キノコと青菜のソテー
    11. 定番朝食ももちろんある
    12. 日本の朝ごはん
    13. シーフードマリネやハム
    14. パンも充実
    15. スムージー
    16. デトックスウォーター
    17. ザ・プリンス さくらタワー東京 レストランの朝食タイム
    18. ミヅキの朝食プレート
    19. モリオの朝食プレート
    20. デザートにはフルーツを
  12. ザ・プリンスさくらタワーの宿泊費&アップグレード報告!
  13. SPGアメックスカードの一番お得な作り方
目次の全表示
 
Image
ザ・プリンス さくらタワー東京は品川駅から歩いて数分の場所
 ザ・プリンスさくらタワー東京は品川駅から歩いて数分の場所にあり、旅行者にとっても非常にアクセスのし易い場所になっている。写真はザ・プリンス さくらタワー東京へと向かう道。東京のど真ん中にありながら、どこか避暑地に来たかのような緑の多い小道を抜けた先にホテルが建っているというシチュエーションは、非常に旅心をくすぐる。
 
Image
ザ・プリンス さくらタワー東京のレセプションカウンター
 このプリンスホテルの顔とも言えるレセプションカウンターがこちら。このホテルは全体的に内装に木材をうまく組み合わせ、和モダンで上品な雰囲気を演出している。しかし、宿泊ゲストの服装はかなりカジュアルな印象で、欧米人などは短パンにTシャツ、といったラフな服装も多い。
Image
四季を感じさせる粋な生花
 私達が訪れたのは、ちょうど6月のはじめ。6月と言えば日本では梅雨の季節が始まる頃。そんな日本の梅雨シーズンを代表する紫陽花(アジサイ)の花が、このロビーエリアには飾られており、このプリンスホテルの粋な演出が、空間に華を添えていた。
 
Image
レストランなどがあるザ・プリンス さくらタワー東京 1階フロア
 こちらはちょうどエグゼクティブラウンジが右、イタリアンレストラン「Ristorante caffe Ciliegio - リストランテ カフェ チリエージョ」が左にある廊下の風景。全体的に落とし目の落ち着いた照明が、ホテルの上品さをさらに醸し出している。
 
Image
プリンスさくらタワーのハイライト「日本庭園」
 さて、このザ・プリンス さくらタワー東京のハイライトの一つといえば、この品川にある3つのプリンスホテル、「ザ・プリンス さくらタワー東京」、「グランドプリンスホテル 高輪」、「グランドプリンスホテル 新高輪」が取り囲んだ日本庭園の中庭。庭へは、この自動ドア(プリンスさくらタワー2階)からアクセス出来るようになっている。
Image
ザ・プリンス さくらタワー東京の青々とした庭園風景
 この日本庭園の中庭の6月最初の頃の風景がこちら。東京のど真ん中とは思えない、緑が豊かな日本らしい趣ある庭園が広がっている。こんな庭園が自分が泊っているホテルにあるのは、外国からの旅行者も嬉しいだろうなぁ。なお、この庭園には17種類の桜の木が植えられており、3月下旬~4月中旬頃までは、桜を愛でながらお庭を散歩することもできる。ただ、そのシーズンのプリンスさくらタワーのお部屋のお値段は、超ハイシーズンということでかなり高いことになっているみたいだ(汗)。
Image
お寺のような建物
 お庭には、こんな感じでお寺のような門や建物もあったりして、ただ散歩しているだけで凄く楽しい。
Image
グランドプリンス高輪
 またこの中庭で、3つのプリンスホテルがつながっているので、各ホテルのレストランに向かったり、フィットネスジムに行ったりする通路にもなっている。この庭園内にはお茶屋さんもあるようだ。
Image
「さくら坂の鐘」
 庭園で見つけた鐘の建物。これは「さくら坂の鐘」という鐘つき堂。思わず突いてみたくなる・・・。ちなみにグランドプリンスホテル高輪の宿泊プランには芸子さんと一緒にこの鐘をつくようなプランもあるみたいだ。外国人とかすごく喜びそう。ほんと、昔のレトロな日本にタイムスリップしたような、そんな風景が広がっていて、歩いているだけでなんだか心落ち着く。
Image
ザ・プリンス さくらタワー東京の中庭の錦鯉
 日本庭園の中央にある池には、これまた見事な色とりどりの錦鯉も。もちろん、ここで鯉に餌をやったりしてはいけないんだけど、こうして手をヒラヒラとさせて餌をやるような仕草をすると集まってきたりもするw真似だけで集まってくれた錦鯉さん、ゴメンね。
 そして、この池には結構大きめの亀も泳いでいた。クサガメなのかなぁ?
Image
ザ・プリンス さくらタワー東京 夜の日本庭園
 また、夜のこの中庭も通路がライトアップされており、夜でも安心して散歩をすることができるようになっている。私達が夜のお庭を楽しんでいると、同じように散歩をしている旅行者とすれ違う。いやぁ、ほんとこのプリンスホテルって日本を満喫できるよなぁ。
 
Image
ザ・プリンス さくらタワー東京のエレベーターは4つ
 さて、ザ・プリンスさくらタワー東京の日本庭園も楽しんだことなので、続いて下階にあるフィットネスジムとスパ(大浴場)にも立ち寄ってみよう。ここのエレベーターは4基あり、手前から春、夏、秋、冬の模様が付けられており、一番奥の冬のエレベーターは自分の部屋のフロアとジムとスパのあるB1しか止まらないので、お部屋からラフな格好でジムやスパに直接向かえるようになっていたりもする。
 
Image
ザ・プリンス さくらタワー東京のスパ | ジムが総合受付
 地下1階へと降りて進んでゆくとジムがあらわれる。このプリンスさくらタワーのジムは残念ながら24時間営業ではなく6:00~22:00で、受付は21:00にクローズする。また、この同階層にはスパ(ジャグジーやサウナがある大浴場)もあるがそちらの営業時間は7:00~23:00(受付は22:00まで)で、受付はこのフィットネスジムのカウンターとなる。
Image
スパ用のカードキー
 スパの受付は、自分の部屋のカードキーを提示して、用紙に必要事項に記入すれば、このスパ(大浴場)用のカードキーを貰える。スパを利用し終わったら、再びジムの受付でこのカードキーを返却するようになっている。
Image
ザ・プリンス さくらタワー東京 スパの入り口
 こちらがスパの入り口。男性と女性で別々の施設になっており、日本の銭湯と同じく素っ裸で利用する。日本人は銭湯だとみんな裸で慣れてる感じかも知れないが、外国だと温泉とかも水着来て利用したりするから、この施設は外国の人にとってはちょっとハードルが高いかも知れないなぁ。もちろんこの中は撮影しちゃだめなので、写真はここまで。なお、スパ内側には、シャンプーやボディソープはもちろん、鍵付きロッカー(スパのカードキーを内側から挿さないと鍵が出来ない仕組み)やタオル、ドライヤー、ミネラルウォーターのタンクなんかも備わっているため、手ぶらでやって来てOK。あと、ミストサウナ、ドライサウナなんかもあってお風呂もジャグジーになっていて非常に気持ちが良い。
Image
お風呂の後はマッサージ
 スパでさっぱりした後は、お隣のリラックスラウンジという休憩エリアに置いてある全身マッサージチェアで心地よいマッサージを。マッサージチェアは2台しか無いので、人が多いと使いにくいが、利用はタダ。またこのリラックスラウンジも夜23時にはクローズになる。24時間やってたら夜な夜なやって来てマッサージするのになぁ・・・いやいや、24時間だったら、このマッサージチェアで寝てしまう人も続出しそうだなw
 
Image
プリンスさくらタワーのラウンジへ
 では続いて、このザ・プリンス さくらタワーの1階にある、エグゼクティブラウンジに行ってみよう。このラウンジを利用できるのは、SEIBU PRINCE CLUB プラチナメンバー会員と、マリオットのプラチナエリート会員以上。また同伴者は1名まで無料、2名以降は3名まで有料(朝3,000円、昼2,000円、夜3,500円 / 一人)で利用可能。下にここのラウンジの時間帯スケージュールも乗せておくので、参考にして欲しい。
ザ・プリンス さくらタワー東京 | エグゼクティブラウンジ
Open
6:30
朝食
6:30 - 10:00
ティータイム
10:00 - 17:30
カクテルタイム
17:30 - 19:30
ナイトキャップ
19:30 - 21:30
Close
22:00
Image
ザ・プリンス さくらタワー東京のラウンジの中の様子
 ラウンジの中の様子はこんな感じでおしゃれな雰囲気。壁には日本を紹介している洋書なども並べられていて、値札シールも付いていたので、気に入ったら買っていけるのかな?
Image
大きなソファスペース
 また5~6人のグループが座れそうなソファスペースもあったりする。だが、全体的にそんなに席数は多くない、こじんまりとしたラウンジスペースなので、繁忙期なんかは席が無さそうな気もするなぁ。
Image
アルコール類は17:30から
 また、ラウンジ入口近くのバーカウンターでは、夕方17:30~のカクテルタイムに合わせて、スピリッツやリキュールのお酒を提供が始まり、テーブルにはバーボンや、スピリッツ、リキュールなどが並ぶ。カクテルタイムと言っても、一般的にカクテルのレシピを知っている人は少ないため、置かれているリキュールはどれも、ソーダで割ったりジュースで割ったりするだけで飲めそうなお酒が多い。ま、、、シェイカー振るカクテルなんて、セルフサービスではハードルが高すぎるわな。
Image
スパークリングワインやジュース
 スピリッツのお酒のボトルの横には、氷の中で冷やされたジュースやスパークリングワイン(シャンパンなのかな?)、白ワインも置かれている。一番人気はスパークリングワインですぐに売り切れていた。スタッフの人に言うと、新しいのをあけてくれるみたい。
Image
コーヒーマシーン
 コーヒーマシーンも置かれている。こちらはラウンジに行くといつも置かれているので、好きなときに飲むことが出来るようだ。
Image
缶ジュースやお茶、缶ビール
 また、バーカウンターの向かいにはお茶や野菜ジュース、コーラといった炭酸類、そしてビールが冷やされている冷蔵庫もある。これはお昼前のティータイムに撮った写真だが、ビールは普通に冷やされていた。ビールに関してはいつでもいただくことが出来るのかな?
Image
さくらタワーのラウンジ飯
 それではお待ちかね、ラウンジで食べられる食事というのは一体どんなものがあるのか、見ていきたいと思う。なお、このプリンスさくらタワーのラウンジで食事が一番多く振る舞われるのは朝食タイムで、それ以外の時間帯は、スナックやオードブル系、あとナイトキャップの時間帯はスイーツが主となる。朝食に関しては最後にしっかりレビューするとして、まずはカクテルタイムとナイトキャップの時間にサーブされた食事を見ていこう。
Image
カクテルタイムの食事
 こちらがカクテルタイムに用意されていた食事だ。生ハムや一口サイズの前菜(カプレーゼやタコのマリネなど)、あとはシーフードサラダ、ドライフルーツなどが並んでいる。また、料理は売り切れてもしばらくすると補充される感じなので、そんなに慌てる必要はない。また、これらのオードブル料理に加え、バナナやオレンジなどのフルーツ類も置かれていたりするので、ちょっと腹持ちの良いものを食べたい場合は、フルーツを活用するといいだろう。
Image
盛りつけてみた
 私達がこのカクテルタイムにいただいた料理がこちら。若干欲張った盛り付けになっているのは置いておいて、、、さすがは高級ホテルのラウンジというだけあって、どれもお味は非常に美味しい。
Image
ナイトキャップのスイーツ
 こちらはナイトキャップ(19:30~21:30)にサーブされたスイーツ。ラズベリーチョコのエクレアや一口サイズの焼き菓子が上品に並んでいる。
Image
コーヒーでも飲みながら
 通常、ナイトキャップというとアルコール度数の多いスピリッツ系のお酒が出てくるが、このラウンジではカクテルタイムとほぼ同じお酒が並んでいるので、ナイトキャップの本格的さで言うと、ルネッサンス沖縄のラウンジのほうが雰囲気があったりもする。ま、ここのスイーツはどれも美味しいので、全然問題無いけどね♪
 
Image
ザ・プリンス さくらタワー東京のアップグレードされたお部屋に向かう
 ラウンジも一通り紹介した所で、そろそろお部屋の方へと向かいたいと思う。今回私達が予約したお部屋は、「お部屋のカテゴリー指定の無いキングサイズベッドルーム」だったが、ここでもSPGアメックスのゴールド会員パワーが炸裂し、お部屋は高層階12階のコーナールームにアサインされた。お部屋まではベルスタッフの人が荷物を持って案内してくれる。
Image
ルームキーとラウンジキー
 チェックインの際に手渡してくれたのは、ルームカードキーに加え、上で紹介したエグゼクティブラウンジに入るためのカードキー。マリオットのゴールド会員特典でもあるレイトチェックアウトについても利用可能(最長4時)であったので、13時までのレイトチェックアウトを希望した。(時間よりも早めにチェックアウトしても問題なし)
Image
ザ・プリンス さくらタワー東京のスペシャルなコーナールーム!
 こちらが今回アップグレードで用意されていたタワーサイドコーナールーム。扇状になったお部屋の窓からは、パノラミックな東京の町の風景を眺めることができる。そして、ビルの向こうには東京タワーもしっかり見えていたりする。スゴいゴージャスな部屋だなぁ。。
Image
キングサイズのベッド
 部屋の中央に置かれたベッドは広々キングサイズベッド。マットレスは程よく固く、寝心地も最高だ。パジャマも二人分用意されている。
Image
お水も上品に置かれている
 また、サービスのミネラルウォーターも、ベッド横のサイドテーブルに上品に置かれており、ペットボトルの目の前にはグラスも準備されている。
Image
反対側のサイドテーブル
 反対側のサイドテーブルにもミネラルウォーター。そして電話やメモ用紙などもちゃんと準備され、また空気清浄機も用意されている徹底ぶり。
Image
スリッパも置いている
 そしてお部屋用のスリッパもちゃんと準備されていて、スリッパの甲の部分には「The Prince」の刺繍も施されている。
Image
天気予報とチョコレート
 またサイドテーブルの上には、明日の天気予報がプリントされた用紙に、美味しそうなチョコレートスナックも。至れり尽くせりの、高級ホテルな雰囲気たっぷり♪ いつもはこんなとこ泊まらないので、こういうちょっとしたサービス心のあるおもてなしが嬉しい。
Image
ソファとテーブル、そして生花
 部屋の窓付近には、一人掛けテーブル×2脚とテーブル。そしてその上には花瓶も置かれている。しかもこのテーブルの花は「生花」。花をテーマにした高級ホテルだけあって、花を使った演出には手を抜かない。
Image
夕方の東京タワーを眺めるザ・プリンス さくらタワー東京のコーナールーム
 こちらがお部屋から見る、夕方の東京タワー。とてもキレイだ。なお、このお部屋のカーテンは、自動式になっており、ベッドのところのコントロールパネルを使って開閉することが可能だ。
Image
夜の東京タワーも楽しめる
 夜の東京タワーもライトアップされていて非常に美しい。東京の夜景って良いよなぁ。
Image
朝の東京タワービュー
 そしてこれが朝のパノラミックな東京タワービュー。こんなに景色がサマになるお部屋だと、ずっとこの空間で外を眺めながら過ごしたくなるね。この時間帯によって表情を変える東京の風景を眺められるこのお部屋は本当に最高だなぁ。なお、ここの部屋の反対にはサウスパークビューのコーナールームもあり、そのお部屋からは、上で説明した日本庭園をパノラミックに眺める事ができる。桜の季節にそのコーナールームに滞在したら最高なんだろうなぁ。
Image
テレビボード
 このお部屋の壁に設置されたサイドテーブルにはTVやコーヒーメーカーなどが置かれている。なおお部屋のWiFiに関しては、このテレビをつけた時に案内があり、WiFiパスワードなどはそこで確認することができる。
Image
カプセルコーヒーメーカーとアイスペール
 テレビ横に置かれていたカプセル式のコーヒーメーカーとアイスペール。驚いたことに、このアイスペールには最初から氷がちゃんと入れられていた。
Image
電気ポットとミニバー
 TV下の引き出しには、電気ケトルや有料のスナックとアルコールスピリッツ。ジンやウォッカは850円。スナックは500円。さすがは高級ホテル。高い。
Image
無料の飲み物
 さっきの引き出しには有料のものしか入っていなかったが、そのお隣の引き出しには、お茶やカプセルコーヒーなどが置かれており、こちらは無料となっている。
Image
ミニバー
 また、大きな棚を開けるとミニバーの冷蔵庫が準備されている。お値段はビールで700円。お水で400円。ペリエは600円。やはり高い(汗)。
Image
セキュリティボックスもある
 その他、このテレビボード下にはセキュリティボックスも準備されている。
Image
帯付き箱
 テレビボードの端に置かれていた、帯付き箱。これはかなり和の雰囲気たっぷりだが、、、一体何が入っているのだろう。
Image
中には充電ケーブルやLANケーブルなど
 中に入っていたのは、スマホの充電ケーブルや、LANケーブル、そして電源タップの変換ソケットなど。うっかり旅行に、スマホの充電コードを忘れてきちゃった人でも、このホテルなら安心だ。
Image
デスクスペース
 デスクスペースには四角い電子機器が立てかけられていた。これはなんと、Bluetoothで接続できるスピーカー。お気に入りの音楽を、お部屋の中でいい音で聞くことができる、音楽好きな人には嬉しい設備だ。
Image
クローゼット
 クローゼットには沢山のハンガーと、衣類用のリフレッシュスプレー、洋服用ブラシ、ブラシ、アイロン、アイロン台も置かれている。
Image
バスルーム
 続いてバスルーム。この部屋はバスルームとトイレは別。広々としたバスルーム空間が確保されている。ドレッサーにはイスも付いており、女性には嬉しい。
Image
ザ・プリンス さくらタワー東京のアメニティには資生堂のルモンドール
 メインアメニティのシャンプー、コンディショナー、ボディーソープなどには、ANAのスイートラウンジ(ANAファーストクラス利用のラウンジ)で採用されている、資生堂のルモンドールが置かれている。
Image
バスタブはジャグジー
 そして、バスタブはなんとジャグジー仕様になっており、バスタブの横のボタンを押すと、ボコボコとお風呂が泡立つ。お風呂用の枕もあって、気持よくてここで寝てしまいそう・・・。入浴剤には、ひのきと桜のアロマの香りのものが用意されている。
Image
シャワールーム
 バスタブの向かい側にはシャワールームも。日本のホテルだけあって、ちゃんと日本人に使いやすい手式のシャワーヘッドとなっている。水圧も非常に強い。
Image
洗面台も2つ
 洗面台も2つ付いており、もちろん歯磨きに使えるグラスも用意されている。洗面台用に置かれている石鹸は「C.O.Bigelow - シーオービゲロウ」のブランドのもの。これはNY最古の調剤薬局として200年以上も続いているカンパニー。ここの石鹸等は、ニューヨークのおみやげとしても人気だったりするそうだ。
Image
バスアメニティ
 ドレッサーの鏡の前に置かれているこの和紙で包まれたものがある。実はこれ、バスアメニティ。
Image
色んな種類のアメニティが用意されている
 中にはシャワーキャップや、歯磨きセット、髭剃り、髭剃りムース、石鹸、ローション、コームなど、様々なアメニティが詰め込まれている。
Image
お持ち帰り用の袋も
 さて、、、このアメニティ類の中には、美顔のローションのお試しセットなんかも入っていて、ミヅキもそうなのだが、持って帰りたい人も多いはず。そんな女心をちゃんと察知してか、このバスアメニティセットの下には、「ご自由にお使いください」と書かれたプラスチックバッグがたたんで置かれている。どうやらご自由にお持ち帰りください、ということらしい。
Image
バスローブ
 またドレッサーの壁にはバスローブも2つ掛かっている。
Image
トイレは玄関近く
 トイレは高級ホテルらしくセパレートタイプで、玄関近くに入口がある。
Image
ウォッシュレットのトイレ
 トイレはもちろん日本のホテルということで、ウォッシュレット式。また手を洗う蛇口はプッシュタイプで、手を拭くハンドタオルと、ストックのロールペーパーも置かれている。
Image
朝には新聞のサービス
 おはようございます。次の日の朝。チェックイン時に、新聞のサービスをリクエストすることもでき、希望の新聞社を指定すると、このように朝起きた時には、その新聞がお部屋のドアノブの所に袋に入って掛けられている。
 
Image
ザ・プリンス さくらタワー東京の朝食を食べにラウンジへ
 朝、エリート会員特典として「ラウンジでの朝食」がいただけるということで、私たちは朝の9時頃にラウンジに向かった。カードキーでラウンジの扉を開け、中にはいってみると・・・なんと狭いラウンジの中は人でいっぱいになっていた。すでに席が空くのを待っている外国人の姿も。
ラウンジスタッフ:「申し訳ございません。現在満席となっておりまして・・・」
モリオ:「そうですか。。。」
ラウンジスタッフ:「もしよろしければ、向かいのイタリアンレストランの朝食をご案内致しますが、いかがでしょうか?」
モリオ:「え?でも、イタリアンレストランの朝食はお金かかったりしません?w」
ラウンジスタッフ:「いえいえ、もちろん無料でご案内いたします。」
モリオ:「えっ!?じゃあお願いします♪」
ラウンジスタッフ:「かしこまりました。空き状況を確認いたしますので少々お待ちください。」
、、、なんだかよく分からないが、どうやら特別に向かいのイタリアンレストランで朝食をいただけることになったようだ。なんだかラッキーだなぁ♪
 
Image
リストランテ カフェ チリエージョの朝食ビュッフェ
 さて、イタリアンレストラン「リストランテ カフェ チリエージョ」での朝食を用意してもらった私達。ここの朝食は1人3,400円でいただくことができるのだが、これをラウンジでの朝食の代わりにしてもらえるとは。ホント、ラッキーだ。ありがとうございます!
Image
窓からは水の流れる中庭の風景
 案内された席は、この窓際の席で、大きな窓からは昨日の夜も散歩した、あの日本庭園の水辺が眺められる。こんないい景色で朝食を食べさせてもらえるなんて、、、お部屋のアップグレードでは、東京タワーの風景が見えるコーナールームを用意してくれたり、朝食はゆったり食べられるレストランのビュッフェにしてくれたり、、、感激だ。また泊まりたい♪
Image
コーヒーを飲んで、朝ごはんビュッフェを取りに行こう
 まずは、寝起きのコーヒーから。私はすぐにコーヒーが飲みたくて自分で入れたが、もちろん座っていると、ウェイティングスタッフの人が注ぎに来てくれたりもする。
Image
ザ・プリンス さくらタワー東京のビュッフェコーナー
 では、お待ちかね。このプリンスさくらタワーのイタリアンレストランでの朝食ビュッフェを見て行きたいと思う。なお、ラウンジの食事も、料理の品数はこのレストランのものよりはスペース的に考えて少なめだとは思うが、料理の内容はだいたい同じような感じではないかと思う。また私たちは飛び入りゲストのため、キッチンカウンターで作ってもらえる、オムレツやエッグベネディクトは別料金となる。
Image
シリアル、美味しそう。
 置かれていたシリアル。コーンフレークやフルーツグラノーラ、チョコフレークなど、色んな種類の朝食シリアルが並ぶ。木の器に入っていて、もうこれだけでなんだか非常に美味しそうだ。
Image
フルーツポンチ
 フルーツ・デザートのコーナーにはフルーツポンチや、よく熟れたメロンなど、様々なフルーツが並んでいる。中央にはヨーグルト。何でもかんでも取って食べたくなるような、美味しそうな色合いに食欲がそそられる。
Image
サラダコーナー
 朝ということで、フレッシュなサラダバーもある。ドレッシングも3種類置かれている。サラダ好きの私にはたまらない色合いだ♪
Image
ワッフルとフレンチトースト
 ワッフルとフレンチトーストもボウルに入って温められている。
Image
トッピングも付いている
 このフレンチトーストや、ワッフルにはトッピング用のホイップや、メープルシロップ、はちみつ、砂糖も置かれている。奥にはバナナも置かれているので、一緒に食べても美味しそうだ。
Image
ボリートミスト
 こちらは「ボリートミスト」という、イタリアのおでんのような郷土料理。こちらはタジン鍋でサーブされていた。お味は薄めだが、近くにあった粗塩をまぶして食べると非常においしくなる。
Image
キノコと青菜のソテー
 キノコと青菜のソテーとか。ボウルのフタを開けるたびに、美味しそうな色とりどりの料理が出てきて、、、一体どれを食べれば良いのか、、、非常に迷う。全部食べたら、、絶対お腹いっぱいになって動けなくなる。
Image
定番朝食ももちろんある
 他にもカリカリベーコンや、スクランブルエッグなど、ホテルの朝食には欠かせない定番メニューも揃えられている。
Image
日本の朝ごはん
 日本の朝ごはん、ということで、白米にじゃこ、漬物、明太子、海苔などが用意された和食コーナーも置かれている。私はこのコーナーが一番好きで、ごはんをおかわりしていただいた。
Image
シーフードマリネやハム
 シーフードマリネやハムなども。これは先日の夜のカクテルタイムにあった、ラウンジのオードブルに出てきた料理によく似ている。
Image
パンも充実
 パンの種類も充実しており、各種デニッシュやクロワッサンなどが沢山用意されていた。
Image
スムージー
 ジュースだけでなくここオリジナルのスムージーも2種類準備されている。かなりキンキンに冷やされたシャーベット状のスムージーで、これまた美味しいんんだなぁ。
Image
デトックスウォーター
 最近流行っている、デトックスウォーターも置かれていた。あとは牛乳、アップルジュースなど、ほんと、この朝食は欲張っても食べきれないぐらいの種類の美味しそうなメニューが揃っている。
Image
ザ・プリンス さくらタワー東京 レストランの朝食タイム
 では、一通りメニューを盛りつけてきたので、朝食をいただくことにしよう。置かれている料理は、この通り、本当に色鮮やかで、朝から食欲が湧いてくる。
Image
ミヅキの朝食プレート
 ミヅキが盛ってきた朝食は、洋食メニューが並んでいる。いろんな料理をちょっとずつ、安定した欲張りプレートになっている。
Image
モリオの朝食プレート
 私の朝食プレートがこちら。野菜を多めにお皿に乗せ、小鉢にはお漬物や明太子などを添えてご飯をいただく。朝から大満足な朝食ビュッフェだった。
Image
デザートにはフルーツを
 そして〆にはデザートのフルーツを。これだけ食べたら、お昼はちょっと食べられないな(汗)。大満足のレストランでのビュッフェ。ラウンジで食べるよりも広々快適で美味しかったなぁ。ごちそうさまでした!
 
Image
ザ・プリンスさくらタワーの宿泊費&アップグレード報告!
 以上が、マリオットのオートグラフコレクションに加盟する「ザ・プリンス さくらタワー東京」の私達の宿泊体験レビューだったが、いかがだっただろうか。ゴールドエリート会員ということで、お部屋のアップグレードで、東京タワーをパノラミックに望めるコーナールームにしてもらえたり、ラウンジが使えたり、朝食にレストランが使えたりと、なかなか至れり尽くせりな宿泊体験になった。
 あと、この宿泊は沖縄からの帰りで、お土産に生のパッションフルーツを持って帰ってきてたんだが、そのパッションフルーツを、業務用の冷蔵庫の中で預かってもらえたりと、いろいろと無理を聞いてくれるステキなホテルだった。桜の季節に来れたら、あの中庭の日本庭園も最高のシチュエーションなんだろうなぁ、、、その分宿泊費もスゴいことになりそうだけど(汗)。また機会があればぜひ泊まってみたいホテルだ。最後に私達が実際に宿泊で使った費用と、アップグレード特典内容も載せておくので、東京のホテル選びに迷った時は是非参考にして欲しい。
  • ホテル:ザ・プリンスさくらタワー東京 - マリオット・オートグラフコレクション
  • 日付:2018年6月1日 / 1泊
  • 予約した部屋:デラックスキングルーム or ツインルーム・部屋指定無し / 1部屋 / 食事無し
  • アップグレード:高層階東京タワーサイド(12階)のコーナールームにアップグレード
  • 宿泊時の会員レベル:ゴールドエリート会員
  • 上級会員特典:レストランでの朝食ビュッフェ(2人分)、レイトチェックアウト(最大14時まで)、ラウンジ利用
  • 宿泊費:25,650円(税・サ別)/ 1部屋2人分 / 1泊
  • 割引適用:無し / マリオット本サイトでの予約が一番安かった。
 一番安いお部屋の予約で1人分12800円程度しか払っていないのに、上層階のパノラマビューのこんなにゴージャスなお部屋にアップグレードしていただけて、ラウンジ利用もできるとは驚愕を通り越して感動だ。SPGアメックスカードの威力をここでも体感。
 ほんとSPGアメックスカードを作って、ゴールド会員資格を手に入れたばかりの私たちなのに、この上級会員ステータスのゴールド会員資格のアップグレード特典パワーはすさまじい。通常のホテル滞在が何倍にも輝くこのカードは年会費の数倍の価値があるだろう。プラチナチャレンジでマリオットのホテルに次々と宿泊しているが、宿泊するたびにこのSPGアメックスカードの持っているポテンシャルの凄さに感動している。 スターウッド プリファード ゲスト?アメリカン・エキスプレス?・カード(SPGアメックスカード)は今後もずっと持ち続けて行きたいと思うクレジットカードだ。ホント、何でもっと早く作らなかったんだろうと悔やまれる(苦笑)。まぁ、今まで格安ホテルやB&Bなんかにたくさん泊まってきたからこそ、このSPGアメックスカードの良さが身に染みてわかるのかもしれない。海外旅行のほうが好きなので、今まで国内旅行は少なかった私達だけど、ホテルステイが充実していると、旅自体が何倍にも楽しくなる。普段見慣れた日本の景色も滞在する場所一つで全然違って見えてくるから不思議だ。作る前は「年会費高いしなぁ」と悩んだりもしたけれど、今はSPGアメックスカードを作って本当に良かったと思っている。年会費分以上のベネフィット(特典や恩恵)には大満足だ。
 これから作ろうと思っている人にも自信をもっておすすめできるカードなので、ぜひスターウッド プリファード ゲスト?アメリカン・エキスプレス?・カード(SPGアメックスカード)を作って【格安なのにラグジュアリーなホテルライフ】を堪能してほしい。
 それでは、この「ザ・プリンス さくらタワー」のホテル実体験レビューが、次の旅行のホテル選びのヒントになれば幸いだ。それではステキなホテルステイを!
 SPGアメックスカードって何?マリオットやSPGグループの上級会員って?と思った人は、、、
 私たちが宿泊したときのように格安で宿泊をしながら部屋のアップグレードをしてもらって高層階のお部屋に泊まりたいなぁという人はスターウッド プリファード ゲスト?アメリカン・エキスプレス?・カード(SPGアメックスカード)を作るのが最短、最安値の方法だ。
 本来なら年間25泊するとSPGグループとマリオットグループとリッツカールトンの上級会員(ゴールド会員)になるので、例えばベストレート保障をしてものすごくお得に1泊1万円で宿泊できたとしても最低25万円はかかるのだが、このSPGアメックスカードを作ると1泊もしていない状態でSPGグループとマリオットグループとリッツカールトンのゴールド会員になれるのだ。
 実際、私たちはカードを作ったばかりの0泊の状態で東京と沖縄、ハワイに行き、驚くようなアップグレードをして貰った。こんなに安い料金しか払っていないのに、上層階のよりいい部屋にアップグレードしてもらえるとは驚きだ。
 一気に上級会員資格が手に入ってアップグレードをしてもらえるだけでも有難いのに、更に、カードに入会した翌年からは高級ホテルに1泊無料で泊まれる特典も付いてくる。なので、翌年以降はクレジットカードの代金以上にお得にホテルステイをすることができるのだ。日々の暮らしでクレジットカードを使って溜まったポイントはホテル代にすることもできるしANAやJALなんかのマイルに交換して夢のビジネスクラスの航空券にすることだってできるのだ。
 安い値段で高級ホテルを予約して、そして空きさえあればより上級クラスのお部屋に泊まれてポイントがザクザクたまる、、、。旅行が好きな人なら夢のような、本当に作って損が無いカードだ。
 SPGアメックスカードについて詳しく調べたい人は【SPGアメックスカード】マリオットやSPG、リッツカールトンの上級会員になってホテル代を安くする!で、細かくカテゴリーに分けてカードの内容やメリット・デメリットなども詳しく解説しているのでじっくり読んでみてほしい。ベストレート保障の仕方(通常のホテル代金よりも安い値段で泊る方法)なども詳しく解説している。
 いつも格安ホテルにばかり泊まっていた私たちが熟慮の末にお得と判断して作ったカードだ。そして実際に作って、利用してみて…やはり作って良かったと思える凄いベネフィット(特典)があるクレジットカード。詳しく知れば知るほど、きっとお得さに驚くはずだ。
 
SPGアメックスカードの一番お得な作り方
 最後に、Marriott Bonvoy - マリオット・ボンヴォイ提携ホテルで優遇が受けられ、マイルにも交換可能なポイントを貯められる、最強のクレジットカード【SPG アメックス】を作ってみたくなった人のために、このカードの一番お得に発行できる私達からのお友達紹介プログラムを紹介しておきたいと思う。
サムネイル card 【SPGアメックス】私達の旅行をアップグレードさせた「SPGアメックス」のメリットとデメリットを告白! スターウッド・プリファード・ゲスト アメリカン・エキスプレスカード(通称:SPGアメックス)は、貯めたポイントでホテル無料宿泊やマイルにも交換可能な、旅行に最強のクレジットカード。世界中を旅するモリオとミヅキの旅行をアップグレードさせた「SPGアメックス」の魅力を、実際に使うからこそ分かるメリット、デメリットと一緒に紹介していきたい。  通常、SPGアメックスをアメックス本サイトで申し込み、カードを受け取って3ヶ月以内に10万円利用すると「30,000ポイント」の初回ボーナスを獲得できる。しかし、私達からのお友達紹介で申し込んだ場合は、このボーナスポイントが「36,000ポイント(+6,000ポイント)/ カード利用分を合わせると合計39,000ポイント」に大きくアップするのだ!
 私達からのお友達紹介からSPGアメックスを申し込む方法は以下の3ステップ!
SPGアメックス:お友達紹介の申込方法
  1. マリオット・ボンヴォイの会員登録をマリオット本サイトで行う。
  2. 下のメールリンクからメールを送信、もしくはメジャートリップ公式SNS(Facebook、Twitter、Instagram)にダイレクトメッセージを送信(メッセージ内容は「SPGお友達紹介希望」だけでOK。挨拶などは不要です / 詳細は下記参照)。
    spg, SPGアメックスカードのお友達紹介 : 上のボタンを押すとメールアプリが立ち上がります。お名前(ニックネーム可)のみを書いてメールを送ってください。挨拶などは不要です。すぐに専用URLが入った自動返信メールのみが届きます。(基本的に自動返信以外、こちらからはメール致しません)メールが届かない場合は、迷惑メールを確認してください。
    FACEBOOK : 「メッセージを送信」から「SPGお友達紹介希望」とだけメッセージを送ってください。すぐにお友達紹介用URLが付いた自動返信メッセージが現れます。お友達紹介希望の場合、自動返信のみで、基本的にこちらからはお返事致しません。
    Twitter : 「SPGアメックスお友達紹介希望」とだけダイレクトメッセージを送ってください。挨拶などは不要です。メッセージを確認後、手動にてお友達紹介用URLを返信でお送りします。
    Instagram : フォローして「SPGアメックスお友達紹介希望」とだけダイレクトメッセージを送ってください。挨拶などは不要です。メッセージを確認後、手動にてお友達紹介用URLを返信でお送りします。
  3. メジャートリップのお友達専用URLよりSPGアメックスをお申し込み。
 Facebook(フェイスブック)、メールは自動返信にお友達紹介用URLが表示されるので、急いでいる時はメール、もしくはフェイスブック経由でのお申込みをどうぞ!また、いただいた情報はお友達紹介のURL送付にのみ使用しますのでご安心ください。また申し込むかどうか未定の場合でもURLをお送りしますのでお気軽にどうぞ♪
 なお、SPG アメックスを作るときには、カードを申し込む前段階として、マリオット・ボンヴォイ / ボンボイ会員番号が必要となるので、クレジットカード申し込みの前にマリオット本サイトで会員登録を済ませておこう。会員登録の仕方は下の記事を参照。
サムネイル hotel 【マリオット / SPG】会員登録の方法 / ボンボイ統合後・最新 マリオット / SPG の会員登録の方法を紹介。SPGアメックスカードを作る場合も、このマリオット・ボンボイ / ボンヴォイの会員となる必要があるので、クレジットカードを申し込む際には忘れずに、マリオット・ボンボイ / ボンヴォイの会員になっておこう。  更に詳しいカードの申込方法等不安な人は詳しく解説しているので下の記事も参考にしてほしい。
サムネイル card 【審査は最短30秒ほど】最新・SPGアメックスカードの申込方法を徹底解説! SPGアメックスカードをネットで申し込む方法を、実際に私が申し込んだ時の画面と解説付きで徹底紹介。審査は私の場合はなんとオンライン上で30秒かからずに審査完了。またSPGのゴールド会員のステータス反映のタイミングもかなり早くて驚いたので、そのあたりも紹介していきたい。 サムネイル card 【SPGアメックス】私達の旅行をアップグレードさせた「SPGアメックス」のメリットとデメリットを告白! スターウッド・プリファード・ゲスト アメリカン・エキスプレスカード(通称:SPGアメックス)は、貯めたポイントでホテル無料宿泊やマイルにも交換可能な、旅行に最強のクレジットカード。世界中を旅するモリオとミヅキの旅行をアップグレードさせた「SPGアメックス」の魅力を、実際に使うからこそ分かるメリット、デメリットと一緒に紹介していきたい。  それでは、SPGアメックスを手に入れて、次の旅行からもっとお得に優雅に旅をしよう!
ザ・プリンス さくらタワー東京 の予約へ(マリオット公式サイト)
※ Marriott Bonvoy - マリオット・ボンヴォイ・ゴールドエリート会員以上の特典である、お部屋アップグレードや、レイトチェックアウト、ウェルカムギフトポイント等は、マリオット公式サイトからの予約にのみ適用されます。
AdBlockを解除してページ更新すると、全てのコンテンツが表示されます。
Please remove AdBlock for displaying all contents.
更新記事
card card 【SPGアメックス】私達の旅行をアップグレードさせた「SPGアメックス」のメリットとデメリットを告白! game game 【任天堂 ニンテンドースイッチ あつ森】内蔵ファンを自分で交換する方法を写真付きで徹底解説【自己責任でトライ】 game game 【ポケ森 攻略】どんぐりあつめ~秋のどんぐりあつめ~のすすめかた「あきいろのイチョウ」もたくさんもらえるよ【どうぶつの森 アプリ ポケットキャンプ】 sale sale 【緊急!セール情報】9月21日20時から楽天お買い物マラソンが始まるよ!今回も半額クーポン有るよー! beauty beauty 【POLA BA】40代50代60代のお肌の駆け込み寺「POLA B.A」が新しくなってお得なキャンペーンを開催中なので買ってみた! game game 【PS5予約開始】プレイステーション5の抽選予約が開始されたので予約してみた。倍率恐ろしく高そう(汗) / 予約販売店リストも掲載【プレステ5】 hotel hotel 【シェラトン モール オブ ジ エミレーツ ホテル ドバイ】食事もしっかりいただけるエグゼクティブラウンジ「CLUB - クラブ」を実体験レビュー! game game 【あつ森 攻略】全44種類。住人が教えてくれるリアクション一覧!【あつまれ どうぶつの森】 hotel hotel 【マリオット・ボンヴォイ】GOTOトラベルキャンペーンを利用してお得に国内ホテルに泊まろう!【マリオットGOTOキャンペーン利用方法】 hotel hotel 【シェラトン モール オブ ジ エミレーツ ホテル ドバイ】ラウンジアクセス特典が付いたクラブルームを宿泊レビュー! game game 【ポケ森 攻略】つり大会~森の絵画教室~のすすめかた「あきいろのイチョウ」もたくさんもらえるよ【どうぶつの森 アプリ ポケットキャンプ】 hotel hotel 【ルネッサンスリゾートオキナワ】3泊以上(夏は4泊以上)のロングステイで利用できるサビーラウンジを実体験レビュー! beauty beauty 効果ある?中年太りに悩む私がニンテンドースイッチでダイエットに挑戦!【ゲームでダイエット】 game game 【あつ森 最新】住人との好感度 / 親密度と最速で写真を貰う方法 最短何日?【あつまれ どうぶつの森】 更新記事をもっと見る
 
アクセスランキング
ranking 1 ranking 1 【ミラブルの効果とミラブルプラスの効果は?】中年夫婦が買って使った実体験レビュー!サイエンス ミラブルプラス シャワーヘッドの良い点・悪い点の正直な口コミ ranking 2 ranking 2 あつまれ どうぶつの森 全住人チェッカー(登場キャラ / どうぶつ)の性格や趣味・相性などのまとめ【あつ森 ゲーム攻略 - ニンテンドースイッチ】 ranking 3 ranking 3 悲報!2台のニンテンドースイッチで同じ島の住人になって同時プレイできないなんて・・不満【あつまれ どうぶつの森 / あつ森】 ranking 4 ranking 4 冬の沖縄・新型コロナウイルスに翻弄されて…リッツカールトン沖縄旅行記 2020 ranking 5 ranking 5 【ポケ森 攻略】ちゃちゃまるを自分のキャンプによぶ方法を詳しく紹介【どうぶつの森 ポケットキャンプ】 ranking 6 ranking 6 【SPGアメックス】私達の旅行をアップグレードさせた「SPGアメックス」のメリットとデメリットを告白! ranking 7 ranking 7 【脱毛ラボ ホームエディション 口コミ】買って良かったのか?中年夫婦が買って使った正直な感想をレビュー。お得な店も【家でできる 全身脱毛 】 ranking 8 ranking 8 【POLA リンクルショット 口コミ】50代が実際に使ってみた正直な感想とレビュー写真【シワ改善の効果は?】 ranking 9 ranking 9 【星空 撮影 アプリ】iPhoneで満天の星空の撮影方法・天の川も撮れる!【スマホ おすすめ アプリ】 ranking 10 ranking 10 【白髪を活かして金髪 シャンパンカラー グレイ ヘア・40代からの白髪とグレイヘア】ミヅキの髪色の秘密
SPGアメックス SPGアメックスカード 国内&海外を旅するモリオとミヅキの旅行スタイルをびっくりするほどアップグレードさせた『最強』のクレジットカード - SPGアメックスを紹介。 詳細記事へ MileagePlusセゾンカード MleagePlusセゾンカードはマイルがザクザク貯まって国内旅行にも強い。今なら最大3万マイルボーナスキャンペーンも!
COPYRIGHT (c) 2015 - 2020 MEASURETRIP
ALL RIGHTS RESERVED
メニュー もどる 上へ