お得に楽しい旅行&生活ブログ - メジャートリップ
TOP トリップメモ 沖縄発の1000円ステーキハウス「やっぱりステーキ」って何!?
restaurant - レストラン

沖縄発の1000円ステーキハウス「やっぱりステーキ」って何!?

Image
沖縄発の1000円ステーキハウス「やっぱりステーキ」
 勢いよく全国展開する沖縄発の激安ステーキハウスチェーン「やっぱりステーキ」。1,000円出せば、200gの赤身肉のステーキが食べられて、さらにご飯とサラダ、スープもセルフで付いてくる。しかもお代わり自由・・・と、書いてても信じられないぐらいの価格設定のこの「やっぱりステーキ」。
 名前だけではあの「いきなり!ステーキ」によく似ているので、「いきなりステーキのチェーン店か?」と思ったり、なんだか胡散臭い感じが漂ってきたりもするのだが・・・いやいや、そうは言っても、お肉好きな私(モリオ)にとって、この「やっぱりステーキ」の激安ステーキは食べてみたい!というわけで、沖縄旅行に行った際に、沖縄県名護市にある「やっぱりステーキ」を訪れて食事をしてきたので、その詳細を実食レビューしてみたいと思う。
 1,000円ステーキってなんだが固そうなお肉が出てきそうでドキドキするが・・・果たしてやっぱりステーキでは安くて美味しいステーキは食べられるのか、実際に食って確かめてきたいと思う。
今回のお話の舞台場所は...
 
 
Image
やっぱりステーキ@イオン名護店
 というわけで、私達がやってきたのは沖縄県名護市のイオン名護店に入っている「やっぱりステーキ」営業時間などは以下の通りとなっている。
やっぱりステーキ@イオン名護店
項目内容
営業時間11:00 - 22:00(L.O.21:00)
定休日無し
駐車場あり(イオン名護店の駐車場 / 無料)
 この『やっぱりステーキ』はイオン名護店の2Fに入っているお店で、イオンの駐車場(無料)が使えるので、車さえあれば非常にアクセスしやすいのがポイント。ラストオーダーは21時となっている。
 
Image
支払いは食券購入のニコニコ現金払い
 では、『やっぱりステーキ名護イオン店』の中に入っていこう。この『やっぱりステーキ』は、食事の後に料金を払うのではなく、最初に入り口で食券を購入してから席について食べる前払い方式。また食券購入は現金のみでしか購入できない(クレジットカード、電子マネー不可)ので注意しよう。
 
Image
やっぱりステーキ 驚愕のメニュー
『やっぱりステーキ』のメニュー / 料金 も以下に一部抜粋してお届けしたい(2020年4月現在)。
 一番安いのは赤身ステーキとなっているが、そのお値段はまさに驚愕。また各ステーキには「替え肉」、つまりお肉のお代わりまで用意されているのにも驚く。これが沖縄のステーキ文化なのか。とりあえず今回は、二人とも定番の「やっぱりステーキ」(私240g、ミヅキ180g+20g / 赤身ステーキが売り切れになっているためサービスで20g増量)を注文してみよう。
 
Image
やっぱりステーキ名護店の店内
 食券を買うとスタッフが食券を取りにやってくるので、それを渡して私達は店内へと入る。『やっぱりステーキ@イオン名護店』の店内の様子がこちら。結構広々としたカジュアルな店内。一部の座席は壁で区切られているのでプライベート感がほしい人はそちらへ。
 
Image
サラダ・スープ・ご飯はセルフサービス
 ステーキに付いてくるサラダ、スープ、ご飯はセルフサービスとなっておりお代わり自由。またお水もセルフサービスとなっている。サラダはキャベツの千切りとマカロニがあるぐらいの簡素なもので彩りとか全然気にしていない感じだが、この価格帯でサラダやスープまでいただけるのだから文句は無い(笑)。
 
Image
脂飛び跳ね防止にエプロン
 この『やっぱりステーキ』のステーキは、熱々に熱せられた溶岩石に乗って出てくるので、服に肉の脂が飛び散らないように紙製のエプロンが用意されている。これもセルフサービスでサラダなどが置いてあるところに置かれているので持ってきて使おう。
 
Image
多種多様なステーキソース
 ステーキソースは各テーブルにトレイに入って用意されているが、その種類は、甘ダレ、にんにく醤油、ポン酢、オニオンソース、A1ソースなどなど、とにかく種類が豊富。
 またニンニクやワサビ、塩、胡椒も用意されているので、自分好みにステーキをいただくことができる。ちなみに個人的おすすめは、にんにく醤油+わさび(笑)。
 
Image
ステーキがやってきた
 そうしていよいよやってきたのが、お待ちかねの「やっぱりステーキ」!お肉はキッチンペーパーがかぶさって爪楊枝が突き刺さって出てくる。これはお肉の脂が飛び散らないようにしてあるためだ。
 
Image
やっぱりステーキ 200gのお肉
 キッチンペーパーを外すとドカッとお肉が登場だ。これが、スープ、ご飯、サラダ付きで1,000円とは・・・恐ろしい。
 
Image
予想外に柔らかい肉質
 この『やっぱりステーキ』のステーキは、熱々の溶岩石に乗って「レア」の焼き加減で出てくるので、ミディアムがいい人は下の溶岩石でジュウジュウしながらお好みの焼き加減にしていただこう。
 そしてこの気になる激安ステーキのお味は・・・なんと!赤身肉なのに最初レアで焼かれているためか、想像を裏切る柔らかさだ。アメリカ系の赤身の肉なので、和牛のような霜降り感は無いが、赤身肉ならではの香ばしさと食べごたえが堪らない。まさか、こんなステーキが1,000円とかで食べられるなんて!
 今回の訪問で『やっぱりステーキさん』のファンになってしまった私達は、この沖縄旅行ではなんと2回もこの『やっぱりステーキ』を利用していただいてしまった。また沖縄に来たら立ち寄らねば(笑)。
 
Image
やっぱりステーキはファストフード的な気軽さ
 この沖縄発の『やっぱりステーキ』の実食レビューはいかがだっただろうか。この『やっぱりステーキ』なら1,000円出せば180g~200gのステーキ肉を食べられるので、言ってみればステーキのファストフードのような気軽さが魅力的だ。
 そして激安なのにお肉も柔らかくて美味しいのもポイント。高級和牛のような脂の乗った旨さは無いが、この『やっぱりステーキ』のステーキは、アンガスビーフなどのアメリカ牛のステーキが大好きな私達の心と胃袋を鷲掴みだ。
 『やっぱりステーキ』は、沖縄には23店舗程度、全国にも名古屋を始めとする中部地方、北海道、福岡、そして大阪にもあるようなので、沖縄旅行の時はもちろん、またどこかで見つけたら立ち寄ってお肉にかぶりつきたい♪ うぅ、また食いたくなってきたなぁ・・・。
AdBlockを解除してページ更新すると、全てのコンテンツが表示されます。
Please remove AdBlock for displaying all contents.
SPGアメックス SPGアメックスカード 高級ホテルもポイントで無料宿泊!モリオとミヅキの旅行をアップグレードさせた『最強』のクレジットカード - SPGアメックスを紹介。 詳細記事へ MileagePlusセゾンカード MleagePlusセゾンカードはマイルがザクザク貯まって国内旅行にも強い。今なら最大3万マイルボーナスキャンペーンも!
 
COPYRIGHT (c) 2015 - 2021 MEASURETRIP
ALL RIGHTS RESERVED
メニュー 生活 宿泊記 旅行記 ホーム