お得に楽しい旅行&生活ブログ - メジャートリップ
TOP 神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ / カテゴリー4 - マリオット宿泊記 神戸ベイシェラトン ジュニアスイート「プレミアキングルーム」宿泊記
hotel - ホテル

神戸ベイシェラトン ジュニアスイート「プレミアキングルーム」宿泊記

Image
神戸ベイシェラトン ジュニアスイート / プレミアキングルーム
 神戸ベイシェラトンのジュニアスイートルームの一つ「プレミアキングルーム」を宿泊レポート!今回滞在したお部屋は、前回宿泊した「コーナーカルテットルーム」と同じく、コーナールームとなっており、通常のお部屋(28-36m2)に比べてかなり広めに設定(49m2)されている、ゆったりサイズのお部屋だ。
 そんなプレミアムなジュニアスイートのお部屋「プレミアキングルーム」に、私たちはチタンエリート会員のお部屋アップグレード特典にて宿泊。その時の体験を元に、実際のお部屋の写真とともに詳細をお伝えしたいと思う。
神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ の予約へ(マリオット公式サイト)
※ Marriott Bonvoy - マリオット・ボンヴォイ・ゴールドエリート会員以上の特典である、お部屋アップグレードや、レイトチェックアウト、ウェルカムギフトポイント等は、マリオット公式サイトからの予約にのみ適用されます。
今回のお話の舞台場所は...
 
 
Image
今回のお部屋は「1308」
 今回宿泊したのは、1308号室のプレミアキングルーム。この13階のフロアは、どうやら喫煙可能なお部屋が集まった特殊なフロアになっている模様。このジュニアスイートルームも同じく喫煙可能。実は、私たちがチェックインした時、神戸ベイシェラトンはほとんど満室状態になっており、どの部屋も空きが無く、アップグレードするならこの部屋しかないとのことだったので、私たちはタバコは吸わないけどこのジュニアスイートルームを選択させてもらった。それにしても、神戸ベイシェラトンは相当人気のホテルなんだなぁと改めて実感。さすがはシェラトンブランドを誇るホテルだ。
 
Image
1308号室「プレミアキングルーム」の場所
 この神戸ベイシェラトン・プレミアキングルームの場所は、13階の端に位置している。(写真は避難経路の案内地図で、色がついているところが私たちが滞在する1308号室となっている)
 
Image
ジュニアスイートのお部屋のエントランス
 では、実際に神戸ベイシェラトン・ジュニアスイート「プレミアキングルーム」の中へ入っていこう。玄関のドアを開けると、すぐ左手にはウォークインクローゼット、右手にはバスルーム、そしてその奥にメインルームである、ベッド&リビングルームがあらわれる。
 
Image
ジュニアスイートのメインルーム
 ジュニアスイートのメインルームの中の様子がこちら。ジュニアスイートルームということで、ベッドルームとリビングルームは同じ部屋内に配置されてはいるが、ソファが置かれたリビングスペースと、大きなキングサイズベッドが置かれたベッドスペースはちゃんと区分けされている。
 なお、この部屋は喫煙ルームということだが、使用後の消臭にはかなり力を入れているようで、タバコの匂いはほとんど気にならない。
 
Image
神戸ベイシェラトン・ジュニアスイートからの眺め
 神戸ベイシェラトンの13階のジュニアスイートからの眺めがこちら。部屋には大きな窓が壁一面に配置されていて、その窓の向こうには神戸六甲アイランドの海側の風景(六甲山の反対側)が広がっている。なお、この部屋の窓は安全上の理由により開けることはできない。
 
Image
リビングスペース
 リビングスペースには、ゆったりサイズのソファに、チェア、ノートPCで作業もできるデスク、キチネット、そして液晶TVが置かれている。
 
Image
CATVと有料放送
 神戸ベイシェラトンのテレビは、通常の地上波放送、BS、CATVを無料で見ることができる。また、有料(1泊1,000円 / チェックイン~チェックアウト)にはなるが、映画などが見られる特別チャンネルも用意されている。なお、この有料放送はクラブフロア宿泊の場合は、無料で見ることができる。
 
Image
デスク
 デスクには、ホテルや神戸に関する案内、ルームサービス、施設の案内などが用意されている。ついでなのでルームサービスのメニューも、一部抜粋してお届けしたい(2019年10月現在)。
神戸ベイシェラトン / ルームサービス(一部抜粋 / 税+サービス料金含む)
朝食 / 7:00-11:00
セット
エグゼクティブ
3,600円
アメリカン
3,000円
コンチネンタル
1,950円
アラカルト
ベーカリー
720円
フレンチトースト
820円
フルーツ盛り合わせ
1,950円
各種サラダ
1,250円~1,650円
オムレツ
1,050円~1,480円
洋梨コンポート
970円
シリアル
970円
モーニングステーキ
3,100円
etc…
オールデイメニュー / 11:00-23:00
サラダ / オードブル
オードブル盛り合わせ
2,350円
コンビネーションサラダ
1,550円
シーザーサラダ
1,750円
etc…
ピラフ / カレー
ビーフカレー
2,050円
シーフードカレー
2,150円
ビーフピラフ
2,050円
スパイシーチキンピラフ
1,950円
ビーフステーキどんぶりスタイル
2,550円
etc…
メイン料理
瀬戸内スズキのポワレ
2,550円
チキンのグリル
2,450円
仔牛のカツレツ
2,750円
ハンバーグステーキ
2,750円
ライス or パン
300円
etc…
アラカルト
スープ
1,250円~1,550円
パスタ
1,750円~1,950円
サンドイッチ
1,650円~2,250円
シェラトンハンバーガー
2,350円
ピッツァ マルゲリータ
1,750円
etc…
デザート
フルーツ盛り合わせ
1,950円
アイスクリーム or シャーベット
1,000円
ケーキセット
1,500円
etc…
キッズ
お子様プレート
1,850円
ミックスサンドイッチ
1,650円
ハンバーグステーキ
2,600円
フライドポテト
850円
etc…
レイトナイトメニュー / 23:00-0:00
ミックスサンドイッチ
1,650円
コンビネーションサラダ
1,550円
お茶漬け
1,750円
野菜カレー
1,850円
神戸名物そばめし
1,750円
おでん
1,350円
etc…
ドリンクメニュー / 7:00-24:00
ビール
国産ビール(中瓶 / 500ml)
1,250円
国産ビール(缶 / 334ml)
1,050円
プレミアムビール(缶 / 334ml)
1,100円
輸入ビール(バドワイザー、ハイネケン等)
1,100円
etc…
日本酒
白鶴(180ml / 常温 or 熱燗)
1,050円
白鶴 冷酒(300ml)
1,500円
焼酎(芋・麦 / 60ml)
970円
その他
カクテル
1,250円~1,500円
ウイスキー / コニャック
1,500円~2,250円
白ワイン
4,300円~8,500円
赤ワイン
4,900円~9,700円
ロゼワイン
4,600円
シャンパン(Piper Heidsick Brut)
15,300円
etc…
ソフトドリンク
各種ジュース
800円
コーラ / ジンジャーエール
970円
コーヒー / 紅茶
900円~970円
カフェインレスコーヒー
900円
 何気にレイトナイトメニューで、神戸名物のそばめしが食べられたりするのがユニークで楽しい。でも、夜23時からって・・・絶対太るよなぁ(笑)。なお、ホテル横のファミリーマート(24時間営業 / 屋根があるので雨が降っていても濡れずに買いに行ける)ではビールを含むアルコール飲料、ソフトドリンクなど何でも買えるので、ホテルでの費用を削減したい場合は有効活用しよう。
 
Image
デスクにはコンセント
 デスクの上にはコンセントも1つ付いているので、ノートPCなどの作業にも便利。コンセントの形状は日本のAタイプ。
 
Image
神戸ベイシェラトン・ジュニアスイートのキチネット
 神戸ベイシェラトン・ジュニアスイートのキチネットもチェックしよう。キチネットはデスクの後ろ側。キチネットのキャビネットの上には、ワイングラスや、マグカップ、タンブラーなどのコップ類が置かれ、コーヒー、紅茶など、無料の飲み物が木箱の中に収められている。横には電気ケトル。またキチネットの下段には、ミニバー(有料)の冷蔵庫、そして収納スペースも確保されている。
Image
冷蔵庫の中
 冷蔵庫の中はミニバーの飲み物が入っているが、自分で買ってきたものを冷やしておくスペースも確保されている。私達も隣のファミリーマートで買ってきたビール4本や、お部屋に毎日ストックされるドリンクウォーターを3本ほどを入れたりしたが、問題無く入った。大きいペットボトルは入らないので注意したい。
神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ の予約へ(マリオット公式サイト)
※ Marriott Bonvoy - マリオット・ボンヴォイ・ゴールドエリート会員以上の特典である、お部屋アップグレードや、レイトチェックアウト、ウェルカムギフトポイント等は、マリオット公式サイトからの予約にのみ適用されます。
 
Image
ベッドスペース
 神戸 ベイ シェラトン・ジュニアスイートルーム「プレミアキングルーム」のベッドスペースには、大きなキングサイズベッドがドーンっと置かれている。マットレスはシェラトンのオリジナル「シェラトン・シグネチャー・スリープ・エクスペリエンス」。少し柔らかめの寝心地が特徴のマットレスだ。
 
Image
サイドテーブル
 ベッド横のサイドテーブルには電話と、部屋の照明コントロールパネル、目覚ましなどが用意されている。また、片方のサイドテーブルにはコンセントも1つ付いている。
 
Image
エアコンのコントロールパネル
 ベッドルームの壁面には、室内のエアコンをコントロールする操作パネルも付いており、ダイヤルでお好みの温度に合わせて操作する。
 
Image
ウォークインクローゼット
 神戸ベイシェラトン・ジュニアスイート「プレミアキングルーム」のメインルームをチェックしたところで、その他の設備もチェックしよう。こちらは入口入ってすぐのウォークインクローゼット。中にはセキュリティボックス、アイロンとアイロン台、ズボンプレッサー、パジャマ、バスローブ、ハンガー、室内用スリッパと温泉用スリッパ、そして荷物を入れられるキャビネットが揃っている。
 基本的にこのウォークインクローゼットにあるキャビネットの棚が収納スペースとなるが、ハンガーラックの上にも棚が付いており、ここにスーツケースなどを持ち上げて収納することも可能。
 
Image
室内スリッパと温泉用スリッパ
 さて、ここで神戸ベイシェラトンのスリッパのルールを載せておこう。ここ、神戸ベイシェラトンは天然の温泉施設「濱泉」(ホテル3階)を有するホテルとなっている。そのため、室内用スリッパ(写真左)以外にも、温泉に行くためのスリッパ(写真右)もこうして用意されている。
 通常、ホテル内でスリッパを履いて移動するのはマナー違反とされるが、この神戸ベイシェラトンでは温泉用スリッパを履いて、3階の温泉「濱泉」に行くのは許可されている。ただし、レストランやクラブラウンジといった場所では温泉用スリッパは利用できないので注意しよう。また室内用スリッパは室内限定で部屋の外では利用できない。
 
Image
バスルーム / トイレ
 最後にバスルームをチェック。バスルームは入り口入ってすぐの右手の扉から。ドアを開けると左手に洗面台、向かい側にはバスタブ、奥にはトイレと個別のシャワールームも置かれている。
 
Image
スツール付きのパウダールーム / 洗面台
 洗面台 / パウダールームは大きな鏡張りとなっており、たくさんのバスアメニティが準備されている。洗面所の下にはスツールも付いているので、座って化粧をしたりすることができて便利だ。
 
Image
バスアメニティ
 鏡の前のバスアメニティも細かくチェック。オーガンジーの巾着に入っているのは、スキンケア用品(メイク落とし・洗顔・化粧水・乳液)、髪の毛用の美容液、ヘアバンド、足袋ソックス。また、コットンケースにはメイク用コットンや綿棒などが入っていたり、個包装の「ナチュラルピュアシートマスク」(パック / フェイスマスク)も置かれていたりと、女性には嬉しいアメニティがたくさん用意されている。また、ここには毎日ドリンクウォーター(無料)も、ルームキーピングの際に2本ずつ用意してくれる。
 
Image
バスアメニティ2
 また、洗面台の端には、コスメ用のハンドミラー(拡大鏡)、その下には、シャンプー、コンディショナー、ボディローションなどのバスソープ類、コーム、歯磨き、ひげ剃り、ヘアゴム、シャワーキャップ、マウスウォッシュなど、様々なアメニティが一式用意されていて不自由しない。
神戸ベイシェラトンのバスアメニティ
  • シャンプー
  • コンディショナー
  • バスジェル
  • ボディローション
  • バスタブレット
  • 石けん
  • ヘアゴム
  • シャワーキャップ
  • 歯ブラシ
  • ヘアブラシ
  • コーム
  • シェーバー
  • コットン
  • 綿棒
  • ハンドソープ
  • フェイシャルパック
  • ミネラルウォーター
  • ドライヤー
  • ボディスポンジ
 アメニティのソープ類は「le grand bain」というブランドのものが置かれているが、これは同じくマリオット&SPGのホテルブランド「ラグジュアリーコレクション」で採用されている「BYREDO / バイレード(バレード)」というスウェーデンのフレグランスメーカーのクリエーターが開発したブランドで、シェラトンブランドのホテルに行くとだいたいこの「le grand bain」のものが置かれている。
 
Image
バスタブも完備
 パウダールーム / 洗面台の向かい側には、シャワー付きのバスタブ。お風呂にはバスタブが無いと嫌な人も多いが、さすがは日本のホテルだけあって、そういった設備はすべて用意されている。バスタブ周りには石鹸、ボディスポンジ、入浴剤も。また、バスタブの上には、洗濯ワイヤー(ワイヤーロープ)も用意されており、水着なんかを干しておいたりすることも可能となっている。
 
Image
シャワールームとトイレ
 バスルームの一番奥には、ガラスで区切られた独立型シャワールーム(ボディソープ、シャンプー、コンディショナーも置かれている)、そしてウォッシュレット式のトイレ。シャワールームのシャワーヘッドは、レインシャワーと手式の2タイプのどちらでも利用できる。トイレは扉が無いのでバスルームからは丸見えになってしまうのがちょっと難点。
 
Image
神戸ベイシェラトン・ジュニアスイート「プレミアキングルーム」に宿泊して
 神戸ベイシェラトンのジュニアスイート「プレミアキングルーム」の詳細は以上だ。ジュニアスイートルームのカテゴリだけあって、このお部屋はかなり広々としていて、またアメニティも充実しているし、景色も開放感があるし、滞在していてかなり快適に利用することができた。
 前回と今回の宿泊でわかったことは、神戸ベイシェラトンは日本人にも海外からの観光客にもとても人気のホテルだということ。週末や祭日を挟んで滞在すると、満室に近い状態になっており、かなり混雑してしまうのが悩ましいところだ。人気ホテル故に、土日祝日はアップグレードは結構渋くなってしまうのは否めない。
 この「神戸ベイシェラトンホテル」で泊まりたい希望の部屋がある場合は、予約の際に最初から泊まりたいランクのお部屋を選択することをおすすめしたいと思う。それでは、神戸ベイシェラトンで、神戸の街を眺めながら楽しい滞在を!
神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ の予約へ(マリオット公式サイト)
※ Marriott Bonvoy - マリオット・ボンヴォイ・ゴールドエリート会員以上の特典である、お部屋アップグレードや、レイトチェックアウト、ウェルカムギフトポイント等は、マリオット公式サイトからの予約にのみ適用されます。
AdBlockを解除してページ更新すると、全てのコンテンツが表示されます。
Please remove AdBlock for displaying all contents.
SPGアメックス SPGアメックスカード 高級ホテルもポイントで無料宿泊!モリオとミヅキの旅行をアップグレードさせた『最強』のクレジットカード - SPGアメックスを紹介。 詳細記事へ MileagePlusセゾンカード MleagePlusセゾンカードはマイルがザクザク貯まって国内旅行にも強い。今なら最大3万マイルボーナスキャンペーンも!
 
COPYRIGHT (c) 2015 - 2021 MEASURETRIP
ALL RIGHTS RESERVED
メニュー 生活 宿泊記 旅行記 ホーム