お得に楽しい旅行&生活ブログ - メジャートリップ
TOP 神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ / カテゴリー4 - マリオット宿泊記 神戸ベイシェラトン レストラン「ガーデンカフェ」の朝食ビュッフェ
hotel - ホテル

神戸ベイシェラトン レストラン「ガーデンカフェ」の朝食ビュッフェ

Image
神戸ベイシェラトンの朝食ビュッフェ / ブッフェ
 神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズの朝食ビュッフェ(ブッフェ)を実体験レポート!神戸ベイシェラトンホテルでは、この朝食ビュッフェが付いている宿泊プランも多くあり、このホテルに宿泊した際には、お世話になることの多い朝食ビュッフェとなっている。
 今回の特集では、その気になる料理の内容などを、写真と一緒にできるだけ詳しく紹介していきたいと思うので、神戸ベイシェラトンの朝食ってどんな感じなんだろう?と思った人は、是非参考にしてほしいと思う。
神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ の予約へ(マリオット公式サイト)
※ Marriott Bonvoy - マリオット・ボンヴォイ・ゴールドエリート会員以上の特典である、お部屋アップグレードや、レイトチェックアウト、ウェルカムギフトポイント等は、マリオット公式サイトからの予約にのみ適用されます。
今回のお話の舞台場所は...
 
 
Image
朝食ビュッフェ会場の場所と時間帯 / 料金
 神戸ベイシェラトンの朝食ビュッフェがいただけるのは、1階(ロビー階の下)にあるメインダイニング「GARDEN CAFE - ガーデンカフェ」。このレストランは、1階から2階までが吹き抜けになっており、外に面したところはガラス張りになっているので、非常に開放感のある雰囲気になっているのも特徴だ。ビュッフェの詳細は以下の通り。
神戸ベイシェラトンのブッフェ / ガーデンカフェ
営業時間6:30 - 10:30
料金大人 2,500円 / 子供1,500円
※ 小学生未満の子供は、同伴の大人の人数まで無料。
服装カジュアル / スリッパ・ビーチサンダルは不可
 
Image
入り口でスタッフに案内してもらおう
 ビュッフェレストランに到着すると、入り口のスタッフが空いている席へと案内してくれる。座席のタイプはテーブルを囲んだイス席で、4人席が多い印象だ。
 
Image
テラス席もあり
 この朝食ビュッフェ会場である「ガーデンカフェ」には、外側に18席分のテラス席も設けられており、気候の良い時には、外の空気に触れながら食事をすることができる。
 
Image
神戸ベイシェラトンの朝食メニュー
 それでは、この神戸ベイシェラトンの朝食ビュッフェで用意されている料理を細かく見ていこう。このビュッフェの料理は、和・洋のミックススタイルの食事が用意されているとのこと。品揃えはかなり豊富なようだ。
 
Image
シュースバー
 こちらはジュースバー。オレンジジュースやレモネードに加え、グリーンスムージーも置かれている。ミヅキはスムージー系が大好きなので、このグリーンスムージーを見て大喜びしていた(笑)。
 
Image
フルーツコーナー
 フルーツコーナー。フルーツは、フルーツポンチタイプのものも多く、バリエーションにフレッシュ感が若干薄いのが残念なところではある。
 
Image
フルーツヨーグルト
 フルーツヨーグルトも用意されている。また、この奥には「淡路産のヨーグルト」も置かれていた。この神戸ベイシェラトンを運営するのは、ホテルニューアワジグループなので、淡路産の食材も多く、地元感のある品揃えとなっている。
 
Image
ビュッフェに適したプレート
 この神戸ベイシェラトンのビュッフェを利用してみて、特に良いなと思ったのがこちら。格子状に9つに区切りがついたプレートだ。このお皿なら、色んな料理をちょっとずつ持っていけるし、汁物料理であっても、料理同士の味が混ざらないので食べやすい。
 
Image
洋食メニュー
 どんどん料理を見ていこう。こちらにズラッと並んでいるのは、ソーセージや、ベーコン、ハッシュポテトといった洋食メニューの数々だ。
 
Image
トルティーヤサンドも作れる
 また、サラダコーナーも様々な種類があって充実している。サラダコーナーの上にはトルティーヤの案内も。自分の好きな具材を挟んで作れば、美味しさもより一層広がる。親子で一緒にトルティーヤを作って楽しんだり。。。きっと家族旅行の楽しい思い出になるだろう。
 
Image
生野菜コーナー
 また、レタス、人参やきゅうりのスティックといった生野菜コーナーもある。
 
Image
和食コーナー
 和食コーナーも見ていこう。和食には、大根の煮物や肉じゃがといった、みんな大好きなメニューも用意されている。また、高野豆腐といった、昔ながらの食材も置かれていたりと、和食が大好きな人にも納得の料理のバリエーションとなっている。
 
Image
和風朝カレー
 和風コーナーには、出汁の効いた「和風朝カレー」も置かれている。カレーを見ると食べたくなってしまうのは私だけだろうか(笑)。
 
Image
お粥と味噌汁コーナー
 和風コーナーの奥には、お粥と味噌汁のポットも置かれている。
神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ の予約へ(マリオット公式サイト)
※ Marriott Bonvoy - マリオット・ボンヴォイ・ゴールドエリート会員以上の特典である、お部屋アップグレードや、レイトチェックアウト、ウェルカムギフトポイント等は、マリオット公式サイトからの予約にのみ適用されます。
 
Image
豊富な品ぞろえの朝食ビュッフェ
 その他、揚げ物や鶏の照り焼きなどなど、様々な料理が並ぶ。どれもこれもちょっとずつ食べたくなる。そんなバリエーション豊かな品揃えだ。
 
Image
パンコーナー
 パンコーナーには、神戸ベイシェラトン自家製のパンも置かれている。パンには、デニッシュやクロワッサンに加え、抹茶パンや竹炭パンなど、一風変わった者も用意されている。
 
Image
点心料理
 蒸篭に入った点心料理も置かれている。
 
Image
クッキングコーナー / オムレツ
 この神戸ベイシェラトンの朝食ビュッフェには、オーダーしてから作ってもらえるクッキングコーナーも用意されている。作ってくれるのは卵料理のオムレツ。
 
Image
入れて欲しい具材をチョイス
 オムレツのオーダー方法は、まず手前にある具材から、オムレツに入れて欲しい具材をチョイス。それをシェフの人に渡すと、キレイにオムレツにしてくれる、というわけだ。オムレツの具材には、ハム、アボガド、明太子、チーズなどが用意されている。
 
Image
オムレツのソースは和洋2タイプ
 オムレツのソースも、香味特選醤油と、ケチャップの2種類が用意されている。
 
Image
淡路産の桜玉子の目玉焼き
 また、オムレツコーナーには、淡路産のさくらたまごを使った、目玉焼きなどもいただくことができる。
 
Image
コーヒーメーカー
 最初に紹介したジュース以外にも、このビュッフェレストランにはコーヒーサーバーや、各種紅茶なども準備されている。
 
Image
各種スイーツコーナー
 最後にデザートコーナーも見ていこう。デザートコーナーはかなり人気の模様。手前にはクリームブリュレとカスタードパイ、奥にはベリーのガスパチョ、ロールケーキが置かれている。
 
Image
アイスクリーム
 こちらはなんと、アイスクリームコーナー!朝食ビュッフェにアイスクリームが置かれているのはちょっとめずらしいかもしれない。デニッシュなんかに乗せて食べても美味しそうだ。
 
Image
各種シリアル
 スイーツコーナーの片隅には、シリアルも置かれている。それにしても、かなりの種類の食事が置かれているので、誰でも何かしら食べるものがありそうな品揃えのビュッフェだな。
 
Image
食事タイム!
 では、私達が持ってきた朝食ビュッフェの品々を見てみよう♪
 
Image
ミヅキのプレート
 ミヅキのプレートがこちら。サラダや肉じゃが、さつまいも煮、手前にはデニッシュ、奥にはカレー・・と、なかなかカオスな盛り付けになっている(笑)。お味の方は、めちゃくちゃ美味しい・・というわけではないけれど、でも、なかなか美味しい、そんな感じ。ビュッフェは出来合いの料理が並ぶので、まぁ、このぐらい美味しければ十分ではないかと思う。デザートにはフルーツポンチを持ってきていたが、そちらはちょっとフレッシュ感がなくてイマイチだったようだ。
 
 
Image
神戸ベイシェラトンでの朝食ビュッフェはメニューが豊富!
 神戸ベイシェラトンのカーデンカフェでいただく朝食ビュッフェは、和、洋、様々な料理が置かれていて、非常にバリエーションの豊富な食事メニューとなっていた。また、料金も大人2,500円と、ホテルの朝食ビュッフェとしては比較的リーズナブルな価格設定となっている。
 もちろん、家族が多くなるとそれだけ食事代もかさむが、この神戸ベイシェラトンでは、朝食代を抑えようと思えば、隣接するモールのシェラトン・マルシェに行けば良い、、など、旅行スタイルに合わせた選択肢も多いので安心。
 もちろん、朝食付きプランで宿泊すれば、このビュッフェは無料でいただくことができるので、神戸ベイシェラトンを予約する際は、この朝食付きプランがおすすめかもしれない。
 なお、マリオット アメックス プレミアムカード(旧SPGアメックス)を持っていると、飲食代が15%OFFになる(繁忙期を除く)ので、この神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズで朝食ビュッフェを有償で頂く場合は、ぜひ活用してお得に旅を楽しんで欲しいと思う。ではでは!
神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ の予約へ(マリオット公式サイト)
※ Marriott Bonvoy - マリオット・ボンヴォイ・ゴールドエリート会員以上の特典である、お部屋アップグレードや、レイトチェックアウト、ウェルカムギフトポイント等は、マリオット公式サイトからの予約にのみ適用されます。
更新記事
card card 【マリオット アメックス】高級ホテルも無料宿泊!マリオットアメックスカードのメリットとデメリット【旧SPG AMEX】 hotel hotel 【ル・メリディアン・モルディブ】インド洋の絶景を目の前に臨む「サンセット水上ヴィラ」- 水上コテージ hotel hotel 【ル・メリディアン・モルディブ】インルームダイニングとミニバーのメニュー&価格表 ahamo ahamo 【アハモ】ahamo(アハモ)のeSIM申込方法と開通まで beauty beauty 【正規品のPOLA を安く買う方法】2月のお得なキャンペーンを解説【ポーラ化粧品の効果とレビュー リンクルショット B.A】 kyoto kyoto 【全国旅行支援事業 延長決定 使い方】京都 きょうと魅力再発見 旅プロジェクトで宿泊代 実質無料!?【GOTO 全国旅行支援割 きょうと】 sale sale 【2023年 ウーバータクシー クーポン 2023年2月28日まで使える!】京都旅行にも最適!Uber タクシーのお得なプロモーションコード の使い方と最新のプロモーションまとめ【Uber Taxi】 ahamo ahamo 【アハモ】開通まで約10分!ahamo(アハモ)を物理SIMからeSIMにプラン変更&開通させるまでの方法! hotel hotel 【マリオット・ボンヴォイ】1泊ごとにダブルエリートナイト&1000ポイント獲得キャンペーン! travel book - 2022年7月 travel book - 2022年7月 コロナ後初海外旅行!2022年夏のグアム旅行記 info info モルディブのSIM購入&利用方法!リゾートでの電波状況は?【モルジブ旅行】 sale sale 【ウーバータクシー プロモーションコード 1月16日最新】2023年1月31日まで使える4000円お得になるクーポンコード【Uber タクシー】 mini mini 【ドラレコ】ドライブレコーダーを買って後悔する前に!ドラレコの駐車監視モードはバッテリーあがりに注意 life life 【お正月飾り】正月飾りはいつまで?外す日 捨て方など処分方法は?【自宅での処分方法も】 更新記事をもっと見る
 
アクセスランキング
ranking 1 ranking 1 【MUFG】三菱UFJカード・プラチナ・アメックスを持ってわかったメリットとデメリット / 三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード ranking 2 ranking 2 【ミラブルは効果なし?】ミラブルシャワーヘッドの効果を中年夫婦が本音レビュー【サイエンス】 ranking 3 ranking 3 【2023年 ウーバータクシー クーポン 2023年2月28日まで使える!】京都旅行にも最適!Uber タクシーのお得なプロモーションコード の使い方と最新のプロモーションまとめ【Uber Taxi】 ranking 4 ranking 4 【マリオット アメックス】高級ホテルも無料宿泊!マリオットアメックスカードのメリットとデメリット【旧SPG AMEX】 ranking 5 ranking 5 正規品のポーラ リンクルショットやPOLA B.Aを安く買う方法!お得なキャンペーン情報のページ!【POLA リンクルショット】 ranking 6 ranking 6 旅ブロガー直伝 旅行の化粧品を超コンパクトにする方法【詰め替え】 ranking 7 ranking 7 【マリオット アメックス プレミアム】高級ホテルに無料宿泊!旅行をお得にアップグレード!Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード【紹介】 ranking 8 ranking 8 モリオとミヅキの旅行記ブログ・全31タイトル ranking 9 ranking 9 【星空 撮影 アプリ】iPhoneで満天の星空の撮影方法・天の川も撮れる!【スマホ おすすめ アプリ】 ranking 10 ranking 10 シワ改善は本当?ポーラ リンクルショットの効果の写真と口コミ
マリオット アメックス プレミアムカード マリオット アメックス プレミアム 旅行がお得にアップグレード!モリオとミヅキが愛用する『最強』のクレジットカード - Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを紹介。 詳細記事へ
 
COPYRIGHT (c) 2015 - 2023 MEASURETRIP
ALL RIGHTS RESERVED
メニュー 生活 宿泊記 旅行記 ホーム