お得に楽しい旅行&生活ブログ - メジャートリップ
TOP ハワイおすすめビーチ・ショッピング・レストラン・観光スポット特集 聖地 クカニロコ・バースストーンは安産祈願パワースポットだけじゃない!【ハワイ観光情報】
tourism - 観光

聖地 クカニロコ・バースストーンは安産祈願パワースポットだけじゃない!【ハワイ観光情報】

Image
クカニロコ・バースストーン
 よくハワイの情報誌などでも「強力なパワースポット」とされ、安産や子宝に恵まれるなどのご利益があると言われている場所「クカニロコ・バースストーン - Kukaniloko Birthstones state monument」。私達もVELTRA(ベルトラ)さんのハワイ現地ツアーに参加した際に、このハワイの聖地「クカニロコ・バースストーン」を訪れてきたので、その現地の風景と一緒に紹介していきたいと思う。
今回のお話の舞台場所は...
 
 
Image
クカニロコ・バースストーンの場所
 クカニロコ・バースストーンの場所は、有名な観光施設「ドールプランテーション」にもほど近い、ノースショア近くのウィットモア・ビレッジの端に位置(詳細は上のグーグルマップを参照)し、近くには駐車場なども無いので、車でアクセスする場合は近くの広い場所に車を停めて訪れる必要がある。
 
Image
バス停もあるが・・・
 また、近くにはThe Bus(ザ・バス)のバス停もあるのだが、ここにたどり着くには、ワイキキからは、2番 / 13番、52番などを乗り継いで2時間ほどかかるため、1週間以内の短期滞在の場合は現実的な移動手段とは言えない。レンタカーの場合も車を適当にその辺の道端に置いて行く必要があるので、治安的にちょっと心配(車上荒らしなどがある)。そのため、このクカニロコ・バースストーンに訪れたい場合は、ドールプランテーションの現地ツアーなどにパッケージングされていることも多いので、そういったハワイ現地ツアーiconを利用するようにしたい。
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
 
Image
クカニロコ・バースストーンの入り口
 こちらがクカニロコ・バースストーンの入り口。近くには道路も走っているのだが、このクカニロコ・バースストーンの敷地内に入ると、雰囲気はガラッと変わり、目の前には雄大なハワイの大自然の風景が広がる。
 入り口にはいくつかの注意事項も書かれている。まず「Warning」として、ココナッツなどの落下物に注意、ということが書かれている。安全のためにも、ココナッツの木の真下には行かないほうがいいだろう。また、この場所はハワイの人にとって神聖な場所であるので、禁止区域に入ったり、ゴミを捨てたり、石に登ったりしないように、との注意事項も合わせて記載されている。絶対に守るようにしよう。
 
Image
赤土の広がる土地
 このクカニロコ・バースストーンの場所は、ミネラル分を多く含んだ粘土状の赤土が広がっている地域。また、女性を象徴する「ワイアナエ山脈」と男性を象徴する「コオラウ山脈」に挟まれた場所にあり天候も変わりやすく雨も結構降る。雨が降ると赤土は水捌けが悪くぬかるむので気をつけよう。
 
Image
クカニロコ・バースストーンに置かれた2つの石
 入り口の赤土を進んでいくと見えてくるのが、この2つの大きな石。このクカニロコ・バースストーンの土地は太古の昔、ハワイ王家の中でも特に位の高い王族の出産場所として使われ、王族以外の人間が立ち入ることを許されなかった場所でもあるのだとか。
 そういったハワイ王家の長い歴史が刻まれた場所であるゆえに、その「王家の出産の場所」というものが、長い年月を経てその「出産」というキーワードが独り歩きして、現在の「安産」や「子宝に恵まれる」といったパワースポット的な場所として広く知られるようになったようだ。
 そのため歴史的バックグラウンドを知らない観光客にとっては、ただのパワースポット的な観光スポットという位置付けとなってしまっている「クカニロコ・バースストーン」ではあるが、本当はもっと深い歴史が刻まれた、ハワイの人の心の信仰となっている神聖な場所なので、その予備知識を頭に入れた上で訪れれば、この場所への滞在がとても印象的なものになるはずだ。
 
Image
女性の象徴 - ワイアナエ山脈
 さて、このクカニロコ・バースストーンから望むことができる、向かって左手の山脈は、女性を象徴するワイアナエ山脈だが、よく見ると、その山脈のシルエットが妊婦が仰向けに横たわっている姿にも見える。晴れた日にはワイアナエ山脈をこうして見ることができるので、実際に自分の目でも確認してみてほしい。
 
Image
クカニロコ・バースストーンのさらに奥へ
 クカニロコ・バースストーン入り口の2つの石をさらに置くへと進んでいくと、ヤシの木などが生えた石垣で囲まれた区画が現れる。
 
Image
石垣内は立入禁止
 石垣に囲まれた中は、このクカニロコ・バースストーンの場所で歴史的にもとても重要なサークルストーンが集まっている中心部。
 以前は石垣も無く、訪問者が自由に中に入って石に触れたりすることが出来たのだが、観光客の中には心無い人達もおり石に登ったり落書きされたりして荒らされたため、現在はこうして石垣で囲いがされ、許可なく立ち入ることが禁止されたそうだ。まぁ入ろうと思えば入ることはできるのだが、ここはハワイの人たちの大切な場所。そっと遠くから見守るようにしたい。
 
Image
ハワイの歴史を繋ぐ「クカニロコ・バースストーン」
 ハワイの人たちにとっての信仰の場所、クカニロコ・バースストーン。ハワイの現地ツアーに参加しても、上のようなこの土地の本当の意味みたいなのはあまり説明されず、「パワースポット」だとか「安産のご利益がある」とかいった紹介しかされない場所ではあるが、このクカニロコ・バースストーンの持つ歴史やハワイの人のこの土地に対する思いを知った上で訪れると、この場所への訪問がより印象的で神聖なものになるはずだ。
 ハワイ・オアフ島のパワースポットということだったので、以前訪れたハワイ・モロカイ島のパワースポット「Ka Ule o Nanahoa(カウレ オ ナナホア)ファリックロック」のように木々に囲まれた場所かと想像していたけれど、
 この「クカニロコ・バースストーン」は空が大きく見えるとても広々とした場所で、「Ka Ule o Nanahoa(カウレ オ ナナホア)ファリックロック」とはまた違った明るい印象だ。「Ka Ule o Nanahoa(カウレ オ ナナホア)ファリックロック」の木々に囲まれた空間もスピリチュアルな印象を受けたけれど、この「クカニロコ・バースストーン」の明るく開けた広大なエリアは天と大地すべての自然エネルギーを全身に受けるというような印象があり、まさに壮大なスピリチュアルなエリアなんだろうと感じた。
 ハワイの大自然の中に佇むこの神聖な場所は、何も予備知識がないまま訪れるとただの広い場所に石がポツポツ並べられているだけ?といった印象かもしれないけれど、事前にこの場所の由来や歴史を理解してから足を運ぶと、この場所の神聖さや偉大さがよくわかるスポットだ。はるか昔のハワイの歴史に思いを馳せながら祈願するといいだろう。ミヅキも息子家族のことなど色々祈願していた(笑)。それでは、素敵なハワイ旅行を!マハロ♪
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
更新記事
card card 【SPGアメックス】高級ホテル無料宿泊!SPGアメックスカードのメリットとデメリット hotel hotel アフタヌーンティーにも注目!リッツカールトン大阪 クラブラウンジ life life 【白髪の悩み】どうして白髪になるの?原因と対策! beauty beauty 10月18日発売開始!在庫限り!ポーラ リンクルショット 冬の限定キットがお得!【POLA リンクルショット】 beauty beauty ポーラ リンクルショットやPOLA B.Aのお得なキャンペーン情報のページ!【POLA リンクルショット】 life life 【 写真整理 】昔の写真をデータ化して写真アルバムを整理する方法 life life 知らないと損!毎月のガス代を確実に節約する方法! beauty beauty 【効果&口コミ】レフィーネの白髪染めトリートメントって本当に染まるの? life life JCOM(ジェイコム)は回線速度が遅い?実際に測定してみた! hotel hotel 【W大阪】DJプレイでクラブな雰囲気のメインバー「LIVING ROOM」 beauty beauty 超強力!筋膜はがしにおすすめの筋膜リリースガンを発見!【NIPLUX】 others others 【2021年秋最新】Uber Eats(ウーバーイーツ)初回3000円割引クーポン beauty beauty お風呂で使える!ヘッドスパの美容3大効果をNIPLUX ヘッドスパで体感! beauty beauty ミラブルプラスとリファ シャワーヘッドの違いを徹底比較!おすすめはどっち? 更新記事をもっと見る
 
SPGアメックス SPGアメックスカード 高級ホテルもポイントで無料宿泊!モリオとミヅキの旅行をアップグレードさせた『最強』のクレジットカード - SPGアメックスを紹介。 詳細記事へ MileagePlusセゾンカード MleagePlusセゾンカードはマイルがザクザク貯まって国内旅行にも強い。今なら最大3万マイルボーナスキャンペーンも!
 
COPYRIGHT (c) 2015 - 2021 MEASURETRIP
ALL RIGHTS RESERVED
メニュー 生活 宿泊記 旅行記 ホーム