記事 -

SPGアメックスカードのメリットとデメリットを徹底検証!

目次

  1. マリオット・ボンヴォイ・アメックスカード
  2. マリオット・ボンヴォイ・アメックスカードのデメリット
  3. マリオット・ボンヴォイ・アメックスカードのメリット・特典
  4. マリオットアメックスカードのメリット&デメリットまとめ

マリオット・ボンヴォイ・アメックスカード

SPGアメックスカードのメリットとデメリットを徹底検証!
現在、マリオット / SPG / リッツ・カールトンは統合され、一つのロイヤルティプログラム「Marriott Bonvoy - マリオットボンボイ / ボンヴォイ」に統合されており、以下の記事内容は過去のものとなりますのでご注意ください。

このクレジットカードを作るだけで、SPGホテルグループのゴールド会員とマリオットホテルグループのゴールド会員、リッツカールトンのゴールド会員になれるクレジットカード、それがこの「マリオット・ボンヴォイ・アメックスカード(正式名称:スターウッド・プリファード・ゲスト アメリカン・エキスプレスカード)」だ。

私も2018年5月にこのクレジットカードを作り、現在保持している。しかし、このSPGの会員プログラムは、2018年8月18日より、マリオットとリッツカールトンの会員プログラムと完全に統合され、新しい新会員プログラムとして生まれ変わることになる。そのため、この統合されて無くなるSPGのゴールド会員資格が手に入るマリオット・ボンヴォイ・アメックスカードを作っても意味が無いんじゃないか?そう思う人も多いはず。

ではなぜ、会員プログラムが統合する直前の2018年5月にマリオット・ボンヴォイ・アメックスカードを作ったのか?

このカードを作るメリットとデメリット、そしてこのカードの特典なども踏まえ、本当にこのカードを作る意味があるのかを徹底検証していきたい。なお、新会員プログラム発動後も、このカードは継続されるということなので(名称は変わるかもしれないが)安心して欲しい。


マリオット・ボンヴォイ・アメックスカードのデメリット

SPGアメックスカードのメリットとデメリットを徹底検証!

ではまず、このタイミングでマリオット・ボンヴォイ・アメックスカードを作るデメリットを見ていこう。この2018年8月18日から始まるSPGとマリオットの新会員プログラムの内容が発表されてからというもの、このマリオット・ボンヴォイ・アメックスカードの特典は改悪されてお得感が無くなったという口コミが流れている。

ホテル Marriott Bonvoy 統合後の新リワードプログラム / 会員資格&特典 2018年8月より施行される、SPGとマリオットの新会員プログラムの詳細をまとめた。上級会員(エリート資格)の条件や、各会員カテゴリーごとのリワード特典なども網羅しているので、是非これを参考に、セレブなホテルステイを目指してみて欲しい。

一体どういうことかというと、このマリオット・ボンヴォイ・アメックスカードを作ると手に入れることができる「SPGゴールド会員」は、新会員プログラムではマリオットリワードの「ゴールドエリート会員」に移行される。そして、マリオット側の従来の「ゴールドエリート会員」は、新しいプログラムでは「プラチナ会員」へと移行されることが決まっている。しかし、このカードでSPGのゴールド会員を手に入れ、その後ステータスマッチでマリオットのゴールドエリート会員を手に入れていたとしても、新しい会員プログラムでは【プラチナ会員にはなれない】ことが決まっているのだ。

また、現在はマリオットのゴールド会員資格があれば、ホテルの朝食を無料特典でいただけたり、ホテルのラウンジアクセスの特典があったのだが、、、8月からの新会員プログラムでは、この権利は「プラチナ会員以上」しか受けられなくなってしまったのだ。

つまり、今まではこのマリオット・ボンヴォイ・アメックスカードを持っているだけで、マリオットのホテルで無料で朝食がいただけて、ラウンジにも入れていたのが、プログラム改定後では利用不可となったのだ。また、現在夕方4時までのレイトチェックアウト特典も、新プログラムではゴールド会員は2時までに短縮されるなど、特典内容が減ってしまったのだ。このため、このカードを作ってゴールド会員になっても意味が無い、という評判が広まってしまったわけだ。

だが、そんな前評判にもかかわらず、私は迷いもせずにこのマリオット・ボンヴォイ・アメックスカードをサクッと作ってしまったわけだが、それは私がバカなだけなのか?いやいや、このSPG / マリオットの新会員プログラムが発動した後でも、このカードを持つメリットはあると判断したため、このカードを持つことを決めたのだ。


マリオット・ボンヴォイ・アメックスカードのメリット・特典

SPGアメックスカードのメリットとデメリットを徹底検証!

では、私がこのマリオット・ボンヴォイ・アメックスカードを持つ決め手になった、このカードの持つメリットを見ていこう。そのメリットとは、まず一番大きいのはゴールド会員資格が持てる、ということだ。あれ?上でゴールド会員資格は改悪されてダメになったって言ってたじゃないかって?いやいや、ダメになったと思っているのは今カードを持っててステータスマッチで、マリオットのゴールド会員になってその恩恵を受けている人のお話。私ではない。そりゃぁ、ラウンジ使えなくなったり、朝食つかなくなったりしたらガッカリなのは分かる。だが、私はマリオットのラウンジに入ったことが無ければ、朝食をいただいたこともないので、そんなことはどうでもいいのだ。

それよりもゴールド会員になることで、SPGグループのホテルに宿泊したら1ドルごとに3スターポイント(ゴールド会員特典:+1ポイント)、マリオットのホテルなら1ドルごとに12.5リワードポイント(ゴールド会員特典:+25%)を獲得できるのだ。このポイントを溜めていけば、世界中にあるSPG、マリオットのホテルに無料宿泊することが出来るうえ、4連泊分のポイントで5泊することが出来たりもする。(新プログラム発動後もこのゴールド会員のボーナスポイントは変わらない)

ではこの1スターポイント(マリオットリワードでは3ポイント相当)が一体どのぐらいの価値になるのかを検証してみたい。例えば、1泊平均30,000円前後で宿泊できるホテルをポイントで予約する場合、ホテルによって違いがあるがまぁ1泊20,000スターポイントぐらい。つまり1ポイント1.5円ぐらいの価値がある。1ドル110円と考えて、獲得できるのは3スターポイント、約4.5円。またこのマリオット・ボンヴォイ・アメックスカードで支払えば、さらに100円ごとに1スターポイント、2018年12月31日まではさらにボーナスで1スターポイント。つまりSPGホテル1ドル利用ごとに5スターポイント(7.5円)が貰える。これは還元率にすると約6.8%(1ドル110円)。これは見逃せないポイント還元率だ。なお、カードのボーナスポイントキャンペーンが終わる2019年からは還元率は約5.45%となるが。これでも結構デカいな。。

追記:2018年12月31日でキャンペーンが終了するはずだったが、マリオット・ボンヴォイ・アメックスカードの特典として2019年1月1日以降も継続されることになった!

まぁ、普段のお買い物でカードを使う場合は100円=1スターポイント(1マイル相当)なので、航空会社のマイルを溜めたい場合は、私達の現在のメインカードであるマイレージプラスセゾンカードのほうに軍配が上がる。

マイルが最強に貯まるマイレージプラス・セゾンカード! クレジットカード マイルが最強に貯まるマイレージプラス・セゾンカード! 旅ブロガーがメインカードとして使っているのは、マイルをためやすい【マイレージプラス・セゾンカード】。マイレージプラス・セゾンカードはANAやJALのカードと比べて1.5倍のスピードでマイルが貯まるし国内線の飛行機に使うマイルがお得。MileagePlusセゾンカードがマイルが貯まりやすい最強カードと言われる理由を詳しく解説。

、、、っと話がゴールド会員になってこのマリオット・ボンヴォイ・アメックスカードを使った時のポイント取得のことばかりに重点が置かれてしまったが、それ以外にも、1年カード更新ごとにアメックスさんから貰える無料宿泊特典(マリオットやspgグループのホテルの50000ポイントで泊まれるホテル 例えば1泊3万円〜6万円するようなホテルまで選んで泊まれる)もある。

クレジットカード更新時に貰える無料宿泊だけで年会費分の価値があるだろう。

ゴールド会員になることでお部屋に空きがあればアップグレードしてもらえたり、、、といった特典もあるので、そういうメリットも私達がこのカードを作る後押しにもなった。


マリオットアメックスカードのメリット&デメリットまとめ

SPGアメックスカードのメリットとデメリットを徹底検証!
◯ メリット
  • ポイントが溜まりやすい(特にホテル利用で)
  • より良いお部屋へのアップグレード
  • レイトチェックアウト
  • 高級ホテルの1泊無料宿泊を1年ごとに貰える(カード更新のタイミングで)
  • 貯めたポイントを色んな航空会社のマイルに交換することができる
× デメリット
  • 年会費が高い(31,000円+消費税 / 年)
  • 2018年8月1日からは、SPGゴールド会員はマリオットのゴールドエリート会員になり、ホテルのラウンジ利用&朝食無料の特典は付いてこない。
  • 2018年8月1日からは、ゴールド会員特典のレイトチェックアウトは14時まで(空室が無い場合は利用不可)

以上が、このマリオットアメックスカードを今作る場合のメリットとデメリットだ。まぁデメリットと言っても、はっきり言って今までこのカードで良い特典を堪能していた人が、新プログラムで特典が少なくなってガッカリしているだけのことであって、普段から旅行でSPGやマリオットを利用する人であれば、持っていて損はない、いやむしろ持っておくべきカードだといえるだろう。「ラウンジ利用」と聞くと憧れるかもしれないが、利用者で溢れかえった上級会員ラウンジなんて実は外のベンチよりも快適性に欠けることさえあるし、朝食だってホテルの外にでれば、例えばハワイなら美味しいパンケーキにありつけるかもしれない。

旅行記 [常夏のシンガポール・クリスマス旅行記10] JAL サクララウンジは人で溢れている。。。 ベトナム航空のエコノミーなのにJALのサクララウンジに入れる幸せ。デルタ航空さんありがとう!片道7600円なのに…ありがとう!カレーがうまい。

今回の2018年8月18日のSPGとマリオットの会員プログラムの統合は、この2社が合併した際に出来た異なる会員プログラム同士の歪を解消する改定内容。もともとSPGのゴールド会員には朝食無料やラウンジ利用の特典は無い。たまたまマリオットがSPGを2015年に吸収して、その際にマリオットがうっかり自分のゴールド会員プログラム(SPGではプラチナ会員相当の資格)をSPGのゴールド会員にマッチングさせたために一時的に「朝食無料」や「ラウンジ利用」の特典がもらえただけのお話。

あと、ハワイのマリオット・ワイキキの場合は、朝食無料の特典が貰えるのは1人だけで、同伴者は有料だったりもするし、元々ラウンジも付いてないホテルも多いので、そこまでこの特典にこだわる必要はない、というのが私の率直な意見だ。それよりも、このホテル利用でガンガン貯まるポイント使って、普段泊まれないような豪華なホテルに贅沢に無料宿泊する夢を描きたいと思う。いつか、このSPGスターポイント(8月からはマリオットリワードポイント)を使ったお得で贅沢な旅行記もお伝えしていけたらと思うので、是非楽しみにしていて欲しい。

お得なことが大好きな私たち夫婦が、熟慮の上に熟慮を重ねた結果、高額な年会費にもかかわらずそれ以上のメリットがあると判断して作った「マリオットアメックスカード」。

私たち夫婦が夢見ているようにポイントを貯めていつか豪華なホテルにタダで泊まってみたいなぁと思った人は、早めにこのカードを作ってザクザクとポイントを貯めて行こう!

なおマリオットの上級会員資格を獲得できるマリオット・ボンヴォイ・アメックスカードのお得な入会方法の紹介をご希望の方は、以下のメールアイコンをタップしてメールにてお気軽にお問い合わせください。