ホテル -

【重厚感あるクラシックな内装が素敵】ウェスティンホテル東京 / マリオット宿泊記【ウェスティン東京】

目次

  1. ウェスティンホテル東京
  2. ウェスティンホテル東京の場所
    1. ウェスティンホテル東京の駐車場情報
  3. ウェスティンホテル東京のエントランスロビー
  4. グラウンドフロアのクリスマスの装飾
  5. 統一感のあるインテリア
  6. ザ・テラス
    1. ザ・テラスでの朝食ビュッフェ
  7. ウィスキーバー「The Bar - ザ・バー」
  8. 地下にはボールルーム / 宴会場
  9. 広東料理 龍天門
  10. 客室層のエレベーターフロア
  11. ウェスティンホテル東京 お部屋の中
  12. 24時間営業のフィットネスジム
  13. エグゼクティブラウンジ / ウェスティン・クラブ
  14. スカイバー「The Compass Rose - コンパスローズ」
  15. ウェスティンホテル東京・まとめ
  16. マリオット・ボンヴォイ・アメックスカードのお問い合わせ

ウェスティンホテル東京

【重厚感あるクラシックな内装が素敵】ウェスティンホテル東京 / マリオット宿泊記【ウェスティン東京】

マリオット・ボンヴォイのホテル宿泊記 / 滞在記 - ブログ vol23 は、東京・恵比寿にある人気のウェスティンホテル東京(The Westin Tokyo / ウェスティン東京)。ヨーロピアンクラシックなインテリアでまとめられた高級感たっぷりの内装のウェスティン ホテル 東京の、私達が泊まった客室や、朝食、レストランなどの生の情報を、宿泊者の目線でできるだけ詳しくお届けしたいと思う。

ホテル 東京タワーが目の前!ウェスティンホテル東京 エグゼクティブルーム 宿泊記 ウェスティンホテル東京(ウェスティン東京)のヨーロピアンクラシックなインテリアが雰囲気たっぷりの「エグゼクティブルーム」にアップグレード宿泊してきたので、そのお部屋の様子や設備の詳細、そして窓から見える東京タワーを望む景色など、その滞在を実体験レビューしてみたいと思う。 レストラン ウェスティンホテル東京 中国レストラン「龍天門」でディナー ウェスティンホテル東京にある、ミシュラン一つ星を獲得したこともある人気の中華レストラン「龍天門 / リュウテンモン」で、北京ダックや裏メニュー(だけど有名な名物料理)担々麺などをディナーでいただいてきたので、その詳細を実体験レポート!なお、この龍天門は、ウェスティンが運営するレストランなので、SPGアメックスカードのゴールドエリート会員なら15%オフの割引価格で食事ができるのも見逃せない。 ホテル 好きなレストランで食べられる!ウェスティンホテル東京の朝食 ウェスティンホテル東京では、エグゼクティブフロア / クラブフロア以上の宿泊者、およびマリオット・ボンヴォイ・プラチナエリート会員以上のゲストに、数箇所のレストランから好きな場所で食べられる朝食サービスが用意されている。そのウェスティン東京の魅力の朝食事情をレポートしたいと思う。 ホテル ウェスティンホテル東京 エグゼクティブラウンジ「ウェスティン・クラブ」 東京・恵比寿 ウェスティンホテル東京の17階にある、エグゼクティブ・クラブ ラウンジ「ウェスティン・クラブ」を実体験レビュー!このウェスティン東京のラウンジは、ウェスティンホテル東京のエグゼクティブフロア(高層階)に宿泊のゲスト、および マリオット・ボンヴォイ・プラチナエリート会員以上が利用することができる。そのラウンジの内容を詳細にレポートしていきたい。
マリオット Marriott Bonvoy 【公式】 マリオットホテル&リゾートをチェック! 世界138の国と地域に30以上のブランド、約10,000のホテル/リゾートを展開。マリオット提携ホテル予約は一番お得なマリオット公式サイトへ。

ウェスティンホテル東京の場所

【重厚感あるクラシックな内装が素敵】ウェスティンホテル東京 / マリオット宿泊記【ウェスティン東京】

ウェスティンホテル東京の場所は、東京・恵比寿ガーデンプレイスの敷地内。電車でアクセスする場合は、最寄り駅は恵比寿駅(JR / 地下鉄)となるが、歩くと約10分(約1km)ほどかかるので、駅からはタクシーでアクセスするほうが便利だ。

ウェスティンホテル東京の駐車場情報

【重厚感あるクラシックな内装が素敵】ウェスティンホテル東京 / マリオット宿泊記【ウェスティン東京】

またウェスティンホテル東京は、駐車場も完備しているので、レンタカーやマイカーでのアクセスにも便利。駐車場料金は、宿泊者は1日3,000円。バレーパーキング(ホテル前駐車スペースに駐車)利用の際は追加で2,000円掛かってくる。また、レストランのみ利用のゲストは3,000円以上利用で3時間無料となる。


ウェスティンホテル東京のエントランスロビー

【重厚感あるクラシックな内装が素敵】ウェスティンホテル東京 / マリオット宿泊記【ウェスティン東京】

それではウェスティンホテル東京の中を見ていきたい。まずこちらはエントランスを入ったレセプションフロア。ホテル館内は、ヨーロピアンクラシックでまとめられたインテリアが特徴的で印象深い。なお、ここでは一般のチェックイン、チェックアウトなどが行えるデスクとなっているが、エグゼクティブフロア宿泊のゲスト、およびマリオット・ボンヴォイ・プラチナエリート会員以上は、17階のエグゼクティブラウンジでのチェックイン・チェックアウトが可能なので、そちらを希望の場合はスタッフに声をかけて案内してもらおう。


グラウンドフロアのクリスマスの装飾

【重厚感あるクラシックな内装が素敵】ウェスティンホテル東京 / マリオット宿泊記【ウェスティン東京】

私達がこのウェスティンホテル東京を訪れたのは12月も中頃のクリスマスシーズン。ホテルロビーには、クラシックでゴージャスなクリスマスデコレーションが施され、中央には大きなクリスマスツリーも飾られていた。クルーズ船のクリスマスの装飾にもよく似ており、キラキラ感が凄くてとにかくゴージャスな雰囲気だ。


統一感のあるインテリア

【重厚感あるクラシックな内装が素敵】ウェスティンホテル東京 / マリオット宿泊記【ウェスティン東京】

ヨーロピアンクラシックな内装はレセプションフロアだけでなく、ホテル館内隅々まで行き渡っていて、良いホテルに泊まっている雰囲気をどこまでも崩さない、徹底したウェスティンホテル東京の意気込みを感じる。


ザ・テラス

【重厚感あるクラシックな内装が素敵】ウェスティンホテル東京 / マリオット宿泊記【ウェスティン東京】

このレセプションのあるグラウンドフロア(1階)にはレストランやバー、ラウンジも備わっている。こちらは入口入ってすぐの場所にある人気のインターナショナルビュッフェレストラン「ザ・テラス」。ちょうどこの時は、アフタヌーンティータイムのデザートブッフェ(15:00~17:00 / 大人4,200円 子供2,100円 / 平日限定)が行われていたが、かなり人気の様子でレストラン前には長蛇の列が出来ていた。

ザ・テラスでの朝食ビュッフェ

【重厚感あるクラシックな内装が素敵】ウェスティンホテル東京 / マリオット宿泊記【ウェスティン東京】

またこのザ・テラスでは、朝食ビュッフェなども開催されており、ウェスティンホテル東京の宿泊プランで朝食がついている場合は、こちらのザ・テラスでの朝食ビュッフェをいただくことになる。このウェスティンホテル東京での朝食の詳細については、下の記事を参照してほしい。


ウィスキーバー「The Bar - ザ・バー」

【重厚感あるクラシックな内装が素敵】ウェスティンホテル東京 / マリオット宿泊記【ウェスティン東京】

ロビーフロアには、世界各国から約350種類のウィスキーを集めたこだわりのバー「The Bar - ザ・バー」がある。店内はとても雰囲気のある大人な空間が広がっており、ここで食べられる開店当時からのメニュー「特製メンチカツサンドウィッチ」も有名。


地下にはボールルーム / 宴会場

【重厚感あるクラシックな内装が素敵】ウェスティンホテル東京 / マリオット宿泊記【ウェスティン東京】

ウェスティンホテル東京の地下フロアには、大人数を収容できるボールルーム / 宴会場も設置されている。ここでは、各種イベントや、結婚披露宴なども行われている。私達も、ここで催されたSPGアメックスカード主催のスペシャルディナー「Kanazawa Sonoma - カナザワ ソノマ」に参加した。

記事 SPGアメックスカードのスペシャルディナーイベント「カナザワソノマ」 SPGアメックスカードが主催するスペシャルディナーイベント「Kanazawa Sonoma - カナザワ・ソノマ」(2019年12月13日 ウェスティン東京にて開催)に行ってきたので、そのイベントの様子などを実体験レポート!ミシュランでも二つ星を獲得する金沢の日本料理「銭屋」の二代目主人・高木慎一郎氏による美味しい料理と、カリフォルニア・ソノマにてワイナリーを営むアキコ・フリーマンさんが作る極上ワインで彩られた、本当にスペシャルなディナータイムを♪

広東料理 龍天門

【重厚感あるクラシックな内装が素敵】ウェスティンホテル東京 / マリオット宿泊記【ウェスティン東京】

ロビーフロア(1階)から階段を上がって上階に上がると、ウェスティンホテル東京と一緒にオープンし、今も人気の中華料理 / 広東料理のレストラン「龍天門」がある。私達もこの龍天門さんで北京ダックなどをいただいてきたが、その詳細については下の記事をチェックしてほしい。

なお、これらのウェスティンホテル東京のレストランは、SPGアメックスカードをつくるとなれるマリオット・ボンヴォイ・ゴールドエリート会員の場合、食事代金の15%オフの割引特典を受けられる(朝食ビュッフェとインルームダイニングは対象外)のでお得だ。

記事 マリオット ボンヴォイ アメックスで旅費を劇的に節約!高級ホテルに無料宿泊&マイルで飛行機代も無料! シェラトンやマリオット、リッツ・カールトンに無料宿泊したり、部屋のアップグレードがあったり、無料でレイトチェックアウトできたり…。世界中を旅するモリオとミヅキの旅行をアップグレードさせた「 マリオットアメックス プレミアムカード 」の魅力とメリット、デメリットを交え詳しく紹介していきたい。

客室層のエレベーターフロア

【重厚感あるクラシックな内装が素敵】ウェスティンホテル東京 / マリオット宿泊記【ウェスティン東京】

ウェスティンホテル東京のロビー周辺の施設の情報はこのあたりにしておいて、ホテル上階にある施設もピックアップしていきたいと思う。こちらは、ウェスティンホテル東京の客室層のエレベーターフロア。普通、ロビーエリアがデコレーティブなホテルでも、客室層に上がってくるとインテリアがトーンダウンしてしまうというケースも多いのだが、ウェスティンホテル東京は、客室層のフロアもすべてヨーロピアンクラシックにまとめられていて、「ホテルステイ」という非日常の気分を存分に味わうことができる。


ウェスティンホテル東京 お部屋の中

【重厚感あるクラシックな内装が素敵】ウェスティンホテル東京 / マリオット宿泊記【ウェスティン東京】

エレベーターフロアもそうなら、もちろん客室内も雰囲気たっぷりのヨーロピアンクラシックなインテリアでまとめられている。私達は今回、一番安い部屋を予約していたのだがアップグレードしていただき、エグゼクティブフロア16階のコーナーのクラブルームに宿泊することができた。その詳細については下の記事を参照してほしい。

ホテル 東京タワーが目の前!ウェスティンホテル東京 エグゼクティブルーム 宿泊記 ウェスティンホテル東京(ウェスティン東京)のヨーロピアンクラシックなインテリアが雰囲気たっぷりの「エグゼクティブルーム」にアップグレード宿泊してきたので、そのお部屋の様子や設備の詳細、そして窓から見える東京タワーを望む景色など、その滞在を実体験レビューしてみたいと思う。

24時間営業のフィットネスジム

【重厚感あるクラシックな内装が素敵】ウェスティンホテル東京 / マリオット宿泊記【ウェスティン東京】

4階には24時間利用可能なフィットネスジムも用意されている。利用の際はお部屋のカードキーを使って扉を開けられる。なお、この4階にはウェスティンホテル東京のスパ「Le Spa Parisien - ル・スパ・パリジエン」(営業時間:9:30~21:00)も用意されている。通常、ウェスティンホテルのスパはヘブンリースパが入っていることが多いが、ここ東京のウェスティンに入っているのは「ル・スパ・パリジエン」となっている。


エグゼクティブラウンジ / ウェスティン・クラブ

【重厚感あるクラシックな内装が素敵】ウェスティンホテル東京 / マリオット宿泊記【ウェスティン東京】

ホテル17階には、エグゼクティブ・クラブフロア、およびマリオット・ボンヴォイ・プラチナエリート会員以上が利用できる、エグゼクティブラウンジ「ウェスティン・クラブ」がある。ここでは夕方からの2時間はハッピーアワーとしてお酒なども無料で楽しめる時間が用意されている。詳細は下の特集記事を参照してほしい。

ホテル ウェスティンホテル東京 エグゼクティブラウンジ「ウェスティン・クラブ」 東京・恵比寿 ウェスティンホテル東京の17階にある、エグゼクティブ・クラブ ラウンジ「ウェスティン・クラブ」を実体験レビュー!このウェスティン東京のラウンジは、ウェスティンホテル東京のエグゼクティブフロア(高層階)に宿泊のゲスト、および マリオット・ボンヴォイ・プラチナエリート会員以上が利用することができる。そのラウンジの内容を詳細にレポートしていきたい。

スカイバー「The Compass Rose - コンパスローズ」

【重厚感あるクラシックな内装が素敵】ウェスティンホテル東京 / マリオット宿泊記【ウェスティン東京】

ウェスティンホテル東京の最上階22階には、東京・恵比寿の風景をパノラミックに楽しめるスカイバー「The Compass Rose - コンパスローズ」や、フレンチレストラン「ビクターズ」も置かれている。コンパスローズは、世界中に200種類ほどあるというクラフトジンの中から、約100種類を集めたマニアックなバーとなっており、珍しいジンとの出会いも楽しめるスカイバーとなっている。

また、フレンチレストラン「ビクターズ」では、毎朝、コースタイプの朝食メニューも用意されており、落ち着いた雰囲気の中で朝食を楽しむことができるようになっている。また、メインディッシュにはステーキも用意されていて、朝からガッツリお肉をいただくこともできる。


ウェスティンホテル東京・まとめ

【重厚感あるクラシックな内装が素敵】ウェスティンホテル東京 / マリオット宿泊記【ウェスティン東京】

ウェスティンホテル東京は、東京都心の便利な場所にありながらも、緑に囲まれた閑静なエリアに佇む、利便性と優雅な滞在を同時に叶えてくれる、ヨーロピアンクラシックな内装が上品な素敵なホテルだ。館内にも美味しいレストランを備え、さらにそのレストランではマリオット・エリートメンバー用の割引などのお得な割引特典も使えるという、SPGアメックスカード会員にとって非常に嬉しいメリットも備えた高級ホテルだ。私達も東京に滞在する際には、ホテルの選択肢の一つに加えたいと思う。それでは、ウェスティンホテル東京で、優雅で便利な東京ライフを♪


マリオット・ボンヴォイ・アメックスカードのお問い合わせ

なおマリオットの上級会員資格を獲得できるマリオット・ボンヴォイ・アメックスカードに関するお得な入会方法などのお問い合わせについては、以下のメールアイコンをタップしてメールにてお気軽にお問い合わせください。