ホテル

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

目次

  1. 南紀白浜マリオットホテル
  2. 南紀白浜マリオットホテルの場所とアクセス方法
  3. 南紀白浜マリオットホテル - エントランス
  4. 南紀白浜マリオットホテル - レセプション
  5. 南紀白浜マリオットホテル - ラウンジ
    1. 中庭へと繋がるガラス扉
  6. 南紀白浜マリオットホテル - チャペルのある中庭
  7. 南紀白浜マリオットホテル - 屋外プール
  8. 南紀白浜マリオットホテル - 公園スペース
  9. 白良浜へと向かう道
    1. ホテル出口にはシャワー設備も
    2. もうすぐ白良浜!
    3. 夏にはたくさんのゲストで賑わうビーチ
    4. 白浜の銀座通り
  10. レンタルサイクル
  11. 南紀白浜マリオットホテル - ショップ
    1. 和歌山のお土産物が並ぶ
    2. お酒類も売っている
  12. 南紀白浜マリオットホテル - PCコーナー
  13. 南紀白浜マリオットホテル - フィットネスジム
    1. フィットネスジムの設備
  14. 南紀白浜マリオットホテル - メインレストラン
    1. メインレストランから見える風景
  15. 4階の多目的フロア
    1. 製氷機やお酒の自動販売機
    2. ソフトドリンクの自動販売機
  16. 南紀白浜マリオットホテル - 客室フロア
    1. 南紀白浜マリオットホテル ジュニアスイートルーム
  17. 南紀白浜マリオットホテル - 温泉とビューラウンジ
    1. ビューラウンジ
      1. ビューラウンジからの景色
    2. 天然温泉
  18. 南紀白浜マリオットホテル・まとめ
  19. マリオット・ボンヴォイ・アメックスカードのお問い合わせ

南紀白浜マリオットホテル

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

美しい海のほとりにある、和歌山県白浜町のマリオットホテル「南紀白浜マリオットホテル」を実体験宿泊レビュー!

このホテルは、運営は森トラストが手掛けており、以前は「ラフォーレ」ブランドのホテルだったが、2017年7月にマリオットホテルとしてリブランド。海沿いのリゾートホテルとして、国内外からたくさんのゲストが訪れている。また、ホテルには天然温泉(南紀白浜温泉)の大浴場もあるなど、魅力的な設備をもったホテルとなっている。

ホテル 南紀白浜マリオットホテル 天然温泉付きジュニアスイートルーム 宿泊記 和歌山県の南紀白浜マリオットホテルにある、天然温泉付きの「ジュニアスイートルーム」に泊まってきたので、その豪華なお部屋を、実際の写真と一緒に実体験 宿泊 / 滞在レポート!このジュニアスイートルームは、リビングルームとベッドルームが分かれており、さらにベッドルームに直結した眺望付きの天然温泉まであるラグジュアリースタイルのスペシャルなお部屋だ。 ホテル 南紀白浜マリオットホテル レストラン「グリル&ダイニング G」のディナー 南紀白浜マリオットホテルのメインレストラン「グリル&ダイニング G」にて、スタンダードコースディナーを食べてきたので、その内容や価格帯などを実体験レビューしてみたいと思う。このコースディナーは和歌山県ならではの食材がふんだんに使われた、素材の味を活かしたコースディナーとなっていた。 ホテル 南紀白浜マリオットホテル エグゼクティブラウンジをレビュー! 南紀白浜マリオットホテルにあるラウンジを実体験レポート!この南紀白浜マリオットのラウンジは、エグゼクティブラウンジではなく、一般ゲストも利用できるラウンジとなっており、マリオット上級会員向けには、無料のフードやドリンクが置かれているという形態のラウンジとなっている。 ホテル 地元食材も楽しめる!南紀白浜マリオットホテル 朝食ビュッフェ 南紀白浜マリオットホテルの朝食バイキング / ビュッフェを実体験レポート!この南紀白浜マリオットでは、ホテル朝食の定番メニューだけでなく、地元の和歌山の食材をふんだんに使ったローカルフードも楽しめる、内容の濃い朝食バイキングが楽しめる。その朝食の料理や風景を、実際の写真と一緒にお届けします。
マリオット Marriott Bonvoy 【公式】 マリオットホテル&リゾートをチェック! 世界138の国と地域に30以上のブランド、約10,000のホテル/リゾートを展開。マリオット提携ホテル予約は一番お得なマリオット公式サイトへ。

南紀白浜マリオットホテルの場所とアクセス方法

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

南紀白浜マリオットホテルの場所は、和歌山県白浜町の海沿いの高台にある。紀伊半島のかなり南の方に位置する立地なので、結構遠い感じがするが、実は関西国際空港からは車で2時間もあればたどり着くので、飛行機で関空にやってきてレンタカーを使えば、ドライブを楽しみながらアクセス可能。南紀白浜マリオットホテルの敷地内には無料の駐車場も完備しているので安心だ。

また、近所にはJALが運行している南紀白浜空港もあり、そこからタクシーで7分でたどり着くこともできる。(南紀白浜マリオットのアクセス方法の詳細は公式サイトを参照


南紀白浜マリオットホテル - エントランス

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

南紀白浜マリオットのエントランスがこちら。ホテル入口は車を直接入り口までつけられ、ベルスタッフが待機しているので、荷物が多いときもとても安心。サービスが行き届いているホテルかどうかは、このホテル入口のサービスでよく分かる。


南紀白浜マリオットホテル - レセプション

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

南紀白浜マリオットホテルのエントランスを中に入るとあらわれるのがレセプションフロア。こちらでチェックイン作業などを行う。マリオット・ボンヴォイ会員用のレセプションもある。


南紀白浜マリオットホテル - ラウンジ

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

レセプションフロアの奥には、カフェバー的な施設のラウンジが備わっている。ここはマリオット・プラチナエリート会員以上向けの、無料のラウンジサービスの他、フードやドリンクの有料サービス(SPGアメックスカードでの割引特典あり)もあり、ホテルゲストであれば誰でも利用可能となっている。この南紀白浜マリオットホテルのラウンジ詳細は、下の特集記事を参考にしてほしい。

ホテル 南紀白浜マリオットホテル エグゼクティブラウンジをレビュー! 南紀白浜マリオットホテルにあるラウンジを実体験レポート!この南紀白浜マリオットのラウンジは、エグゼクティブラウンジではなく、一般ゲストも利用できるラウンジとなっており、マリオット上級会員向けには、無料のフードやドリンクが置かれているという形態のラウンジとなっている。

中庭へと繋がるガラス扉

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

レセプションエリアの奥の一面はガラス張りとなっており、そのガラス扉を抜けると、南紀白浜マリオットホテルの緑が広がる中庭に繋がっている。


南紀白浜マリオットホテル - チャペルのある中庭

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

その南紀白浜マリオットホテルの中庭の中央には、ウェディングも行えるチャペルが佇んでいる。この緑に囲まれたチャペルの風景は、どこか外国に来たかのような、そんな異国情緒漂う雰囲気の中庭が広がっている。


南紀白浜マリオットホテル - 屋外プール

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

そのチャペルの近くには、屋外プールも備わっている。こちらは7月~9月末まで、9:00~17:00の間利用できる屋外プールとなっている。


南紀白浜マリオットホテル - 公園スペース

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

中庭を奥に進んでいくと、遊具やベンチが置かれた芝生の公園スペースも用意されている。この南紀白浜マリオットホテルは、アドベンチャーワールドにもほど近い場所にあるホテルのため、子供連れで訪れるゲストも多い。こうした子供も楽しめる施設があるというのも、家族連れには嬉しいホテルだ。


白良浜へと向かう道

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

さて、この南紀白浜マリオットホテルは海沿いのホテルということで、ビーチまでの距離というのは気になるポイント。もしかしたらビーチフロントのホテルなのでは?と思うかも知れないが、実は、一番近いビーチ「白良浜」までは歩いて5分ほどの距離がある。

写真は、ホテルから白良浜へと通じる道。南紀白浜マリオットホテルは高台に建っており、この坂を下ってビーチまで向かうことになる。

ホテル出口にはシャワー設備も

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

また、中庭からホテルを出て白良浜へと向かう出口付近には、砂などを落とせるシャワー設備も置かれている。海から戻ってきた際に重宝する設備だ。

もうすぐ白良浜!

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

歩いて坂を降りていくと、坂道が大通りと繋がる交差点の向こうに、美しいビーチ「白良浜」が見える。

夏にはたくさんのゲストで賑わうビーチ

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

私達が今回、南紀白浜マリオットホテルを訪れたのは10月も終わり頃だったのでもちろん海に入ることはできなかったが、夏になればこのビーチにはたくさんの海水浴客が訪れて、非常に賑わうビーチになっているのだろう。

まぁ、こうしてあまり人が居ない美しいビーチを眺めるのも、かなり贅沢な時間。人が少ないオフシーズンに、ここ南紀白浜を訪れるのも、私達的には非常にオススメなシチュエーションだ。

白浜の銀座通り

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

また白良浜からもう少し歩いていくと、飲食店が並ぶ「白浜・銀座通り」という通りがある。飲食店が集まると言っても、オフシーズンだからかあんまり人も歩いておらず、少し寂しい感じもあるが、店舗にはラーメン店や居酒屋などがあるので、ホテルの外で食事をしたい場合などは、このあたりまでやってこよう。


レンタルサイクル

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

さて、南紀白浜マリオットホテルの施設へと戻ろう。こちらはレセプションカウンターの近くにあるレンタルサイクル。時間帯は8:00~20:00まで利用でき、お値段は3時間500円、5時間700円、12時間1,000円と安め。車で近所を散策する場合は駐車場を探したりしなくてはいけないので大変だが、このレンタルサイクルなら身軽に行動できそう。


南紀白浜マリオットホテル - ショップ

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

そのレンタルサイクルが置かれているエリアの奥には、お土産物から飲み物、スナックなどを購入できるショップがある。オープンは8:00~21:30。なお、マリオット上級会員の場合は、このショップでの購入が10%オフとなる。

和歌山のお土産物が並ぶ

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

店内には、紀州梅や山椒味噌、熊野古道(世界遺産)にちなんだお菓子など、様々な和歌山のお土産物が並ぶ。お土産選びはここでOKだ。

お酒類も売っている

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

また、店舗奥の冷蔵庫には冷えたビールや梅酒などのアルコール類も売られている。ビールはキリンラガービール(500ml缶)で420円、サントリープレミアムモルツ(500ml缶)で500円。お部屋の冷蔵庫には何も入っておらず、コンビニもホテルから歩くと10分~15分かかるので、まぁここで飲み物を買ってお部屋にストックしておくと良いだろう。


南紀白浜マリオットホテル - PCコーナー

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

レセプションフロアのエレベーターエリアの奥にはPCコーナーも用意されている。プリンターも置かれている。


南紀白浜マリオットホテル - フィットネスジム

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

そのPCコーナーをさらに奥に進んでいくと、24時間利用可能なフィットネスジムもある。ランニングマシーンやダンベル、ベンチ、アップライトバイク、バランスボールなど一通りの設備は用意されているので、旅行中にちょっとトレーニングしたくなった時には寄ってみるといいだろう。

フィットネスジムの設備

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

フィットネスジムの中には、飲料水やタオルといったアメニティも置かれている。なお、フィットネスジムルームは鍵がかかっており、お部屋のカードキーを使って解錠して中に入る仕様となっている。また利用に際しては、同意書にサインしてから使うことが義務付けられている。


南紀白浜マリオットホテル - メインレストラン

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

南紀白浜マリオットホテルの3階には、メインレストランである「グリル&ダイニング G」がある。ここでは朝食ビュッフェやランチ、ディナーなどをいただくことができる。また、SPGアメックスカードでマリオット・ゴールドエリート会員の場合、15%オフの特典が受けられる。

記事 マリオット ボンヴォイ アメックスで旅費を劇的に節約!高級ホテルに無料宿泊&マイルで飛行機代も無料! シェラトンやマリオット、リッツ・カールトンに無料宿泊したり、部屋のアップグレードがあったり、無料でレイトチェックアウトできたり…。世界中を旅するモリオとミヅキの旅行をアップグレードさせた「 マリオットアメックス プレミアムカード 」の魅力とメリット、デメリットを交え詳しく紹介していきたい。

なお、このメインダイニングでの朝食や、ディナーの様子などについては、下の記事を参考にしてほしいと思う。

ホテル 地元食材も楽しめる!南紀白浜マリオットホテル 朝食ビュッフェ 南紀白浜マリオットホテルの朝食バイキング / ビュッフェを実体験レポート!この南紀白浜マリオットでは、ホテル朝食の定番メニューだけでなく、地元の和歌山の食材をふんだんに使ったローカルフードも楽しめる、内容の濃い朝食バイキングが楽しめる。その朝食の料理や風景を、実際の写真と一緒にお届けします。 ホテル 南紀白浜マリオットホテル レストラン「グリル&ダイニング G」のディナー 南紀白浜マリオットホテルのメインレストラン「グリル&ダイニング G」にて、スタンダードコースディナーを食べてきたので、その内容や価格帯などを実体験レビューしてみたいと思う。このコースディナーは和歌山県ならではの食材がふんだんに使われた、素材の味を活かしたコースディナーとなっていた。

メインレストランから見える風景

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

このメインレストランは3階にあるが、南紀白浜マリオットホテルは高台に建っているので、その窓からは、海を臨むことができる。こういう美しい風景を見ながら食事ができるというのは、旅行の楽しいひとときだ。


4階の多目的フロア

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

南紀白浜マリオットホテルの4階は多目的フロアになっており、喫煙ルームもこの場所に設置されている。

製氷機やお酒の自動販売機

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

また4階には製氷機(無料)やお酒の自動販売機も置かれている。お酒の値段は1階の売店と変わらないが、こちらは何時でも利用できるので、お酒を好きなときに買いたい場合は小銭を用意しておこう。

ソフトドリンクの自動販売機

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

また、各階フロアには、ソフトドリンクの自動販売機も置かれている。お値段は、ミネラルウォーターで120円、コーラや缶コーヒーで140円と高くない。


南紀白浜マリオットホテル - 客室フロア

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

客室フロアも見ていこう。こちらは私達が泊まった10階の客室廊下だが、照明は落とし目でシックな雰囲気のインテリアが、高級ホテルの雰囲気を醸し出している。

南紀白浜マリオットホテル ジュニアスイートルーム

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

私達が南紀白浜マリオットホテルで宿泊したお部屋はこちらの、広々としたジュニアスイートルームのお部屋。お部屋の中には、眺望付き天然温泉のお風呂まで付いた豪華なお部屋だったが、その詳細については、特集記事を参考にしてほしい。

ホテル 南紀白浜マリオットホテル 天然温泉付きジュニアスイートルーム 宿泊記 和歌山県の南紀白浜マリオットホテルにある、天然温泉付きの「ジュニアスイートルーム」に泊まってきたので、その豪華なお部屋を、実際の写真と一緒に実体験 宿泊 / 滞在レポート!このジュニアスイートルームは、リビングルームとベッドルームが分かれており、さらにベッドルームに直結した眺望付きの天然温泉まであるラグジュアリースタイルのスペシャルなお部屋だ。

南紀白浜マリオットホテル - 温泉とビューラウンジ

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

さて、南紀白浜マリオットホテルの紹介もいよいよ大詰め。私達は最上階(11階)にある温泉&ビューラウンジにやってきた。

ビューラウンジ

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

最上階の中央エリアは、ソファがたくさん置かれたビューラウンジになっている。このビューラウンジは南紀白浜マリオットホテルの宿泊者であれば誰でも利用可。温泉は男湯と女湯とで分かれているので、このビューラウンジを待ち合わせ場所にするのもいいだろう。

ビューラウンジからの景色

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

ビューラウンジの窓からは、さっき降りてきた白良浜を見渡すことができる。この日はあいにく大雨が降っていて、ご覧の通り残念な景色となってしまっているが、青空が広がる晴れた日には、この南紀白浜マリオットホテルの最上階からは、美しいビーチと海の景色を臨むことができる。

天然温泉

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

ビューラウンジから左右に分かれて、男湯と女湯の天然温泉施設。その手前にはスパもある。

温泉施設の中には、大浴場や天然温泉の露天風呂などがある。またここの天然温泉の泉質は「含硫黄 - ナトリウム - 塩化物・炭酸水素塩泉」で、やけど、創傷、皮膚炎、神経痛などに効果があるそうだ。

なお、南紀白浜マリオットホテルの客室には天然温泉のビューバスが付いたお部屋がいくつか備わっているが、そちらの泉質もこの大浴場の温泉と同じ。また、この天然温泉施設には太平洋を臨む5つの貸し切り風呂もあり、周囲に気を使うこと無く思う存分、絶景と温泉を楽しむことができる。料金は1室50分 平日1,500円 / 週末・トップシーズン 2,000円。


南紀白浜マリオットホテル・まとめ

南紀白浜マリオットホテル 宿泊ガイド【マリオットホテル 滞在記】

南紀白浜マリオットホテルは、海にもほど近い場所にあり、大浴場の温泉や、プール(夏季のみ)も完備。また近くにはアドベンチャーワールドなど、家族で楽しめる観光施設が備わっているので、家族連れゲストにとっても非常に使いやすいリゾートホテルとなっている。

ただ、食事の面に関して言えば、ホテル内のレストランは1階のラウンジと3階のメインレストランのみとなっているので、複数泊する場合は飽きてくるかもしれない。複数泊する場合はレンタカーなどを準備して滞在するほうが、行動の選択肢も増えるのでオススメだ。

もちろんホテル滞在中は、スタッフのサービスやホスピタリティもきめ細やかなので、安心して快適にリゾートステイを楽しむことができるはずだ。それでは、南紀白浜マリオットホテルで快適で楽しい和歌山県旅行の思い出を♪


マリオット・ボンヴォイ・アメックスカードのお問い合わせ

なおマリオットの上級会員資格を獲得できるマリオット・ボンヴォイ・アメックスカードに関するお得な入会方法などのお問い合わせについては、以下のメールアイコンをタップしてメールにてお気軽にお問い合わせください。