もっとお得に海外旅行 - 旅行記ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
lounge - 空港ラウンジ
更新日 2018年11月01日

【実体験レポート】SATSプレミアラウンジ - プライオリティパスOK!【シンガポール・チャンギ国際空港 T2】

 
SATSプレミアラウンジ@T2を実体験レポート!

 シンガポール航空の機内食も手掛けるSATS(Singapore Airport Terminal Services Limited)が運営する「SATS Premier Lounge - SATSプレミアラウンジ T2」(ターミナル2)を実体験レポート!この空港ラウンジは、エア・インディア、エディハド航空、ラオス国営航空、マレーシア航空、ロイヤルブルネイ航空、ユナイテッド航空、スクートのビジネスクラスラウンジとしても指定されているラウンジで、プライオリティパスでも3時間利用できるビジネスクラスラウンジだ。

SATSプレミアラウンジ - SATS Premier Lounge T2
ラウンジの場所
シンガポール・チャンギ国際空港ターミナル2。出入国審査を通過した後、左折し、インフォメーションカウンターの後ろにある最初のエスカレーターに乗り、航空会社ラウンジの階に移動。
営業時間
24時間
提携の航空会社
エア・インディア、エディハド航空、ラオス国営航空、マレーシア航空、ロイヤルブルネイ航空、ユナイテッド航空、スクート
プライオリティパス
利用可能 / 3時間まで
設備
  • インターネット / WIFI
  • 軽食・飲み物
  • アルコール類
  • シャワー
  • バリアフリーアクセス

 なお、プライオリティパスを取得するのにおすすめのクレジットカードは以下の2つ。まだプライオリティパスを持ってない人は、チェックしてみてね♪

MUFG プラチナ・アメックスカード | クレジットカードで夫婦のプライオリティパスが無料! クレジットカードのMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを徹底解説。プライオリティパスや旅行傷害保険、貯まるポイントと交換先、空港手荷物宅配サービス、そしてその他のホテルやレストラン特典など、MUFGカード・プラチナアメックスカードのメリット、デメリットも含めた全てが分かる。

【セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード】プライオリティパスも付いてJALマイルもお得に貯まる。個人で作れる旅行に強いクレジットカード。 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは個人で作ることができるクレジットカード。プライオリティパス(プレステージ会員)が無料で付いて、国内&海外旅行の手厚い旅行傷害保険も自動付帯。お得にJALマイルも貯められて、年会費優遇プログラムもある、実は旅行に非常に強いクレジットカード、それが「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」だ。

 それでは、SATSプレミアラウンジ(T2)の中に入ってみよう!なお、ターミナル1にあるSATSプレミアラウンジの詳細は以下の特集ページをどうぞ。

【実体験レポート】プライオリティパスOK! SATSプレミアラウンジ【シンガポール・チャンギ国際空港ターミナル1】 チャンギ国際空港のターミナル1にあるSATS PREMIER LOUNGE(SATSプレミアラウンジ)を紹介。このラウンジはプライオリティパスでも使用可能。アジアンテイスト溢れるフードメニューから、リラックスできるソファ、シャワールームなど、アットホームながらもちゃんといろんな設備が整ったラウンジだ。

今回のお話の舞台場所は...

 
SATSプレミアラウンジ(ターミナル2)の場所

 SATSプレミアラウンジ(ターミナル2)の場所は出発エリアの上階(レベル3)。ターミナル2の出入国審査を通過した後、左折し、インフォメーションカウンターの後ろにある最初のエスカレーターに乗り、航空会社ラウンジの階に移動すれば見えてくるはずだ。

 
SATSプレミアラウンジ T2のエントランス

 SATSプレミアラウンジ(T2)のエントランス。提携の航空会社のビジネスクラスや上級会員、そしてプライオリティパスでも利用可能となっている。PP利用の際は3時間制限となっている。航空券とプライオリティパスを提示して入場手続きは完了だ。

 
SATSプレミアラウンジの中の様子や設備

 SATSプレミアラウンジ(T2)の中の様子がこちら。ターミナル1のSATSプレミアラウンジよりも、少し上質な雰囲気が漂っている。ラウンジ内には蘭の花も沢山飾られており、ラウンジらしい雰囲気が漂っている。席は一人掛けソファが多い印象。また各席にUSBポートなどの充電設備も整っている。

PCデスクもある

 また、ラウンジの奥の方にはPCが置かれたデスクも用意されている。ネット環境が無い場合は、このデスクで探しものをするのもいいだろう。

フライト時刻表

 また、ラウンジ内のモニターには、現在のフライトスケジュールが表示されるモニターも付いている。飛行機の出発などのアナウンスは無いので、自分のフライトステータスはしっかりチェックして、乗り遅れないように注意しよう。

シャワールームも付いている

 また、SATSプレミアラウンジにはシャワールームも付いている。ターミナル3のラウンジのシャワールームは、混み合っていることが多いが、ここのラウンジのシャワールームは比較的空いている感じ。アメニティは、シャンプーとボディソープなど最小限だが、ドライヤーは付いている。

 
SATSプレミアラウンジT2の食事&ドリンク

 ではお待ちかね、SATSプレミアラウンジ@T2の、ラウンジ内の食事やドリンクを見ていこう。食事とドリンクはこのアイランドキッチンテーブルに並べられている。何故か青のLEDライト照明などが施されているが・・・食事に青のライトは、美味しくなさそうに見える気もするが・・・まぁいいか。

エスニックな料理が多い印象

 このSATSプレミアラウンジは、カレーなどのエスニックな料理が多い印象。これは、提携している航空会社が、おもに東南アジアやインドが多いため、こういったメニューになっているのだろう。SATSのラウンジ飯は、エスニック料理が嫌いでなければ、かなり楽しめる内容になっている。

カップラーメンやスープもある

 その他、カップラーメンや、スープ(取材時はブロッコリースープが提供されていた)、スイーツ、シリアルなども置かれている。さすがは航空会社のケータリング事業も手がけているSATSだけあって、ラウンジの食事メニューも充実している。

ドリンクメニュー

 ドリンクコーナーも一通りのものが揃っている。ソーダ類はもちろん、ビールにはタイガービールの日本のアサヒドライもストックされている。また自動コーヒーメーカーや、ドリンクバー、ティー、ワインなども充実している。

シンガポールのワインも置いている

 また、ラウンジの中にはシンガポールのワインメーカー「CORNER STONE」のワインも氷に冷やされている(1本2500円前後ぐらいのワインだったかな?)。その他のリキュール類の種類は少なめ。

 
SATSプレミアラウンジ名物

 このSATSプレミアラウンジの名物として、ラウンジの奥には東南アジアのローカルフードのコーナーが設置されている。これは自分で作るラクサ。コーナーの棚には麺と具材が入ったどんぶりが置かれているので、まずはお湯で麺をほぐして、その後、どんぶりに麺を戻し、最後にスープを上から掛けて薬味を添えればラクサ(東南アジアの麺料理)が完成。こうやって自分で作る料理は楽しいね♪

味は癖がある

 これが実際に作ってみたラクサだが、スープは魚介エキスが効いていてかなり癖がある。東南アジアのスパイシーな料理が苦手な人は、食べるのはちょっとしんどいかもしれないのでご注意を。

 
SATSプレミアラウンジは食事が充実

 チャンギ国際空港・ターミナル2にあるSATSプレミアラウンジの実体験レポートはいかがだっただろうか。このラウンジは、SATSは手がけているだけあって食事も充実しているので、プライオリティパスさえあれば気軽に利用できて食事代も浮くので、お腹が減ったなぁと思ったら、ふらっと立ち寄ってお腹を満たすのにも便利なラウンジとなっている。トランジットの待ち時間、プライオリティパスを片手にぜひ立ち寄って欲しい空港ラウンジだ。

メジャートリップについて このサイトは、お得に旅する海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間40万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP