もっとお得に海外旅行 - 旅行記ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
airline - エアライン
更新日 2018年11月03日

【中国国際航空・搭乗記】B787-9 エコノミークラス・長距離線の機内の様子、座席、機内食を実体験レビュー!

 
中国国際航空・主力機材 B787-9

 中国のフラッグシップキャリア、中国国際航空(エアチャイナ:CA)の主力機材のひとつ「ボーイング787-9」のエコノミークラスに搭乗してきたので、その時の体験を元に、機内の様子や、座席、機内サービスなどをレビューしてみたい。中国国際航空は、口コミなどでは散々な評価をされているが、航空券を安く手に入れることも出来るため、乗ってみようかな・・・でも怖いな・・・と思っている人も多いはず。この搭乗記レポートが、今後の旅行のひとつの参考になれば幸いだ。

 今回搭乗したのは、ロサンゼルス発、北京行きのCA888便。約12時間のロングフライトとなる。果たして、中国国際航空のB787-9は長距離線でも快適なのか。見ていきたいと思う。なお、この旅行自体が気になる人は下の旅行記 / ブログを見て欲しい。

【LAのディズニーランドとメキシコ 格安クルーズ旅行記 ブログ】カーニバルクルーズでロスとメキシコ! 大阪―ロサンゼルス往復3万円という激安航空券を手に入れて、ロサンゼルスからメキシコまで個人手配のクルーズ旅行。ロサンゼルスまで来たんだからディズニーランドにも行けるよね!?

 
中国国際航空 B787-9 機内の様子

 中国国際航空 B787-9 エコノミークラスの実際の機内の様子がこちら。座席配列は3-3-3。至って普通の機内の雰囲気で至って静か。平和な空気が流れている。北京とロサンゼルスを結ぶ主要路線だけあって、座席はほぼ埋まっており、乗客は中国人も多いが、アメリカ人も多い印象だ。

 
エアチャイナ B787-9 エコノミークラスの座席

 中国国際航空(エアチャイナ)B787-9 エコノミークラスの座席がこちら。スペックは横幅18インチ(約45.72cm)、縦幅は31-33インチ(78.74cm - 83.82cm)と、ゆったりめのシートピッチとなっているのが嬉しいところだ。アメニティはブランケットと枕(ピロー)のみ。

女性が座った時の座席の広さ

 こちらがミヅキ(中肉中背)が座席に座った時のシートピッチの広さのイメージ。膝と前の座席の間にはそこそこの広さがあるため、縦幅に関しては窮屈に感じることはないだろう。

男性が座った時の座席の広さ

 こちらは私(モリオ 男性/ 中肉中背)が座席に座った時のシートピッチの広さのイメージ。ミヅキが座った時と同様、膝先の空間はそこそこ保たれているため、縦幅の窮屈さは感じない。ただ、横の肘掛けはかなりコンパクトなので、他人が隣りに座ると、横の圧迫感は感じやすいかもしれない。

個人モニター付き

 この中国国際航空 B787-9のエコノミー座席にはもちろん、個人モニター(タッチパネル式)も付いていて、フライト中は映画やゲームなどを楽しむこともできる。中国国際航空のフライトは、スマホをいじっていると怒られることが多いので、この個人モニターのエンターテイメントの充実が、機内の暇つぶしの肝となるが、収録されている映画などは最新の物も多いので、そこは一安心。

マルチタップのコンセント

 またエコノミークラス席であっても、充電用のコンセントは用意されている。電子機器を充電したい場合にはありがたい設備となる。

 
中国国際航空の機内サービス

 座席の設備を見てきたところで、続いて機内サービスや機内食を見ていきたい。機内サービスについては、中国国際航空は結構頻繁に行われているため、特に不自由することはないはずだ。ただし、メニュー等はないので、適当にほしいものをリクエストするといいだろう。この便は北京発のアメリカ行きなので、もちろん日本語は通じない。

ビールで乾杯!

 とりあえずはビールで乾杯♪ 「ビールください」と頼むと、用意してくれるのは中国・北京の地元ビール「燕京ビール(えんけいびーる / Yanjing Beer)」がやってくる。他の中国国際航空の搭乗記でも紹介したが、この燕京とは北京の古い呼び名となる。飲み口はあっさりしていて、日本人にも飲みやすい美味しいビールだと思う。

機内食1回目:ビーフ

 この中国国際航空の12時間のフライトでは、機内食は2回用意される。また、機内食は2つのメニューからチョイス可能。機内食の前に機内食に関する機内アナウンス(英語と中国語)が流れ、その後各席にサーブされる。

 まず1回目の機内食でミヅキが選んだのがこちら「ビーフ」の何か。シンプルな見た目ではあるが、そこそこ美味しくいただける。私が思うに、機内食の良し悪しというのは、もしかしたら出発地に左右されるんじゃないかなぁと思っている。多分この機内食はアメリカの工場で作られたもの。そのため、アメリカンな味付けになっている、そんな気がする。

機内食1回目:ポーク

 1回目の機内食で私(モリオ)が選んだのがこちら「ポーク」。味は上のビーフとほぼ同じ。そこそこ美味しい。中国国際航空の機内食は、多分中国発で無ければ、そこそこ美味しいのではないかと思う。

機内食2回目:あんかけ焼きそば

 2回目の機内食で私(モリオ)が頼んだのがこのあんかけ焼きそば。中国に戻る便なので、中国っぽいメニューが用意されているようだ。そこそこ美味しい。

機内食2回目:ポーク

 2回目の機内食でミヅキがチョイスしたのが「ポーク」。焼豚みたいな感じかな?ビスケットとサラダも付いている。こちらもそこそこ美味しい。多分、機内食を作っているアメリカの工場の味が、日本人の口にも合うのだろう。ごちそうさまでした。

 
中国国際航空 B787-9 まとめ

 中国国際航空 B787-9 のアメリカ発の長距離線、B787-9 エコノミークラスの座席、機内の様子、機内食はいかがだっただろうか。

 座席もそこそこ広く、機内食も美味しいし、機内も至って平和で静かだった。口コミでは散々な評価が目立つ中国国際航空ではあるが、実際に乗ってみた結果は「全然問題なし」だった。

 日本から北京をしてアメリカやヨーロッパに向かう中国国際航空は、ひょこっと安い運賃のものが販売されていることもあるので、その航空券をゲットしてお得に遠い国へ旅行に行きたいなと思った場合は、あまり不安がらずに買ってみるのも良いと思う。中国国際航空は、どうしてそこまで悪い評判が立ってしまうのかは分からないが、全然普通な航空会社なので、あまり気にせずに利用すると良いだろう。やすい分、万が一、少々何かあっても笑って許せるはずだ。

メジャートリップについて このサイトは、お得に旅する海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間40万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
HOME TOP