お得に楽しい旅行&スタイルブログ - メジャートリップ
TOP アルマハ - ラグジュアリーコレクション・デザートリゾート&スパ ドバイ / カテゴリー8 - マリオット・ボンヴォイ ホテル宿泊レビュー vol.27 【アルマハ ラグジュアリーコレクション・デザートリゾート&スパ】プライベートプールが付いて砂漠も見渡せる一棟独立ヴィラタイプの「ベドウィンスイート」のお部屋を宿泊レポート!
hotel - ホテル
更新日 2020年04月13日

【アルマハ ラグジュアリーコレクション・デザートリゾート&スパ】プライベートプールが付いて砂漠も見渡せる一棟独立ヴィラタイプの「ベドウィンスイート」のお部屋を宿泊レポート!

Image
アルマハ ラグジュアリーコレクション・デザートリゾート&スパのお部屋
 ドバイの砂漠エリアにあるナチュラルゴージャスなマリオット・ボンヴォイのリゾート「Al Maha - A Luxury Collection Desert Resort & Spa / アルマハ ラグジュアリーコレクション・デザートリゾート&スパ」は、全室が一棟独立ヴィラタイプのプール付きスイートルーム。アルマハリゾート周辺は砂漠に囲まれ、部屋から一歩外に出れば息を呑む広大なデザートビューがゲストを待ち構えている。
 そんな、ナチュラルゴージャスな「アルマハ ラグジュアリーコレクション・デザートリゾート&スパ」の「ベドウィンスイート」(マリオットのポイント宿泊 / カテゴリー8 対象のお部屋)に滞在してきたので、そのお部屋の様子や、インルームダイニングの食事などを、時折お部屋の敷地にやってくるインパラ達とともにお伝えしたいと思う。
アルマハ・デザートリゾート&スパ の予約へ(マリオット公式サイト)
※ Marriott Bonvoy - マリオット・ボンヴォイ・ゴールドエリート会員以上の特典である、お部屋アップグレードや、レイトチェックアウト、ウェルカムギフトポイント等は、マリオット公式サイトからの予約にのみ適用されます。
今回のお話の舞台場所は...
 
目次
  1. アルマハ ラグジュアリーコレクション・デザートリゾート&スパのお部屋
  2. アルマハにチェックイン!
  3. アルマハリゾート内の移動は歩き or 電動バギー
  4. ベドウィンスイートのエントランス
  5. アルマハ お部屋の玄関前
    1. お部屋の案内
    2. アル・マハ - Al Maha
    3. 玄関の扉
    4. アルマハリゾートの鍵
  6. エントランスエリア
    1. コーヒーサーバーなど
    2. シェリー酒も無料
    3. ティーボックス
    4. 電気ケトルやグラスなど
    5. 冷蔵庫もある
    6. ドレッサー兼デスク
      1. 備え付けのドライヤー
  7. アルマハ ベドウィンスイートのバスルームへ
    1. バスルームの中の様子
    2. 洗面台
    3. バスアメニティ
    4. ドリンキングウォーター
    5. 大きなバスタブ
    6. バスタブ付近のバスアメニティ
    7. たくさんのタオル
    8. ウォークインシャワー
    9. シャワールーム
    10. バスアメニティブランドは「BYREDO - バイレード」
    11. アラブ式トイレ
    12. バスローブ
  8. アルマハ ベドウィンスイート - メインルーム
    1. スーパーキングサイズベッド
      1. ベッド横のサイドテーブル
      2. 反対側のサイドテーブル
      3. イベントのお知らせ
    2. ターンダウンサービス
      1. バティール Bateel のデーツのプレゼント
      2. ターンダウンのスタッフの心遣い
    3. アンティークなデスク
  9. アルマハ ベドウィンスイート リビングスペース
    1. プールタオル
    2. ウェルカムスイーツ
  10. アルマハ インルームダイニング
    1. 私達のアルマハ インルームダイニング
    2. アルマハビーフバーガー
    3. アルゼンチン牛のフィレステーキ
    4. ホームメイドソルベ
    5. スタッフが配膳してくれる
  11. お部屋の収納クローゼット
    1. クローゼットの中
    2. スケッチブックも置かれている
    3. インターネットも快適
  12. アルマハ ベドウィンスイート プライベートプール付きバルコニー
    1. プール付きバルコニーを360度写真で!
    2. プールは温水仕様
    3. プールから見える砂漠の風景
    4. サンベッド
    5. テーブル&チェア
    6. インパラ達
    7. プールは定期的に清掃されている
    8. プールサイドからの風景
      1. 夜の星空
  13. アルマハ プライベートプールでのフローティングミール
    1. プライベートプールを満喫する最高のオプション
    2. 食事はヘルシーメニュー
    3. インパラも興味津々
  14. 外の砂漠が気になるので散歩してみよう
    1. 部屋から100mほど歩いた場所の砂漠
    2. アルマハに出会う
  15. アルマハ ベドウィンスイートのお部屋・まとめ
  16. SPGアメックスカードを一番お得に作る方法
目次の全表示
 
Image
アルマハにチェックイン!
 私達も待ちに待ったアルマハ・デザートリゾートでの滞在。事前にアルマハにEメールで頼んでおいたドバイ市内⇔アルマハの送迎サービス(片道380AED〜 / 約11,400円〜)を使ってアルマハリゾートへと到着。まずはウェルカムドリンクをレセプションロビーにていただく。
 アルマハ・デザートリゾートのウェルカムドリンクは、豆乳ミルクとマンゴーのミックススムージーなのだが、豆乳を飲むと鼻炎になる私達は、そのドリンクをオレンジジュースに変更してもらうことに。そしてウェルカムジュースをいただきながら、ホテルの各施設の説明を受ける。
 私達はマリオット・ボンヴォイ・チタンエリート会員ではあるが、このアルマハ ラグジュアリーコレクション・デザートリゾート&スパでは上級会員向けのベネフィットはほとんど無く、お部屋のアップグレードも景観が良い場所にしてもらえるぐらいで、上のカテゴリーのお部屋になることもそうそう無い。しかし逆に言えば、SPGアメックスカードのゴールドエリート会員も、それ以上の上級会員と同様のサービスを受けながら滞在できるということであり、会員クラスに関係なくゴージャスな滞在が約束されているということだ。
 
Image
アルマハリゾート内の移動は歩き or 電動バギー
 チェックインも終わり、私達はお部屋へと案内される。アルマハ デザートリゾートの部屋は、全室一棟独立型ヴィラタイプで、リゾート敷地内は以下のようなマップになっている。
al maha map - アルマハ リゾート内地図
 上の地図を見てもわかるように、客室はリゾートのかなり広範囲に広がっており、歩いて移動すると場所によっては5分〜10分ほど掛かる。そのため、短時間でリゾート内を移動したい場合は電動カート(もちろん無料)を利用するのが便利だ。
 今回私達は、7番のベドウィンスイート(マップの赤色で示した部屋)に宿泊。レセプションから部屋までは歩くと3分弱掛かるので、滞在中はアルマハリゾート内の移動には主にこの電動カートを利用したが、朝食や夕食の時間帯は混み合うため、そういう時間帯は歩いたほうが結局早かったりもする。
 
Image
ベドウィンスイートのエントランス
 いよいよ私達がアルマハ・デザートリゾートで滞在する、ベドウィンスイートルームに到着。部屋の建物の屋根は砂漠のホテルによく似合うテント式になっている。お部屋を外から見た感じは、モルディブなんかのヴィラにもよく似ている。
 
アルマハ お部屋の玄関前
 私達のお部屋の玄関前の様子がこちら(360度写真 / ドラッグしてお好きな角度からどうぞ)。周りには部屋同士を仕切るように木々が植えられており、木陰にはたくさんのインパラ達(笑)。このアルマハにはインパラが時折現れると聴いていたが、実際に訪れてみると、いつでもそのへんに居るといった感じだ。人間に慣れているようで人の姿を見ても逃げたりはしない。
Image
お部屋の案内
 また、道路の端には各スイート(部屋)への案内も設けられている。このリゾートは自然が多く、歩いているとどっちに行っていいのか分からなくなる(方向音痴な私達だけかもしれないが・笑)ので、この案内は非常にありがたい。
Image
アル・マハ - Al Maha
 インパラ達はいつでもお部屋の近くでウロウロしてるんだけど、たま〜に角の立派な白いインパラ?のような動物(写真のやつ)をリゾート内に見かけることがある。この白い動物は「アラビアオリックス - Arabian Oryx」。このアラビアオリックスはアラブ首長国連邦の国獣 / National Animals にも指定されている動物で、絶滅危惧種にも入っている種。珍しいため、近づきたくなるが「アラビアオリックス - Arabian Oryx」はインパラと違い気性が荒く、近づくのは非常に危険な動物なので、見つけてもあまり近くに寄らないように注意しよう。
 なお、このアラビアオリックスはアラビア語で「アルマハ」と呼ばれている。そう、つまりこのリゾート、アルマハ・デザートリゾートの名前は、このアラビアオリックスのアラビア語名から来ているのだ。
Image
玄関の扉
 前置きが長くなってしまったが、そろそろアルマハ・ラグジュアリーコレクション・デザートリゾート&スパの「ベドウィンスイート」のお部屋の中に入っていこう。玄関はアンティークな雰囲気たっぷりの木製扉。ドアノブには毎朝、ドバイの新聞(英語)が掛けられている。また扉はオートロック式。
Image
アルマハリゾートの鍵
 この木製扉を開くガキはこちらの物理鍵。マリオット・ボンヴォイのホテルは全部カードキーなのかと思っていたが、こんな感じでアナログな鍵のホテルもあるんだなぁ。なお、鍵にはスマホぐらいの大きさの木製プレートが付いているので、滞在中この鍵をそのまま持ち歩くのはちょっと荷物になる。
 
エントランスエリア
 お部屋の玄関から中にはいってきたエントランスエリア。入口入ってすぐの場所には、ケトルやグラス、コーヒーサーバーなどが置かれたダイニングコーナーが用意されている。入り口を入って2手に分かれる扉は、一方(左)がメインのベッド&ダイニングルーム、もう片方(右)がバスルームへと通じる。
Image
コーヒーサーバーなど
 こちらはコーヒーサーバーなどが置かれたコーナー。コーヒーサーバーはカプセル式で、通常のエスプレッソに加え、デカフェタイプも用意されている。コーヒーサーバーの横には紅茶など。上にはアイスペール(ルームサービスに電話すれば氷も持ってきてもらえる)とミネラルウォーターも用意されている。なお、コーヒーのカプセルや紅茶、ミネラルウォーターは無料となっており、毎日ルームキーピングの際に補充してもらえる。
Image
シェリー酒も無料
 エントランスエリアの棚にはシェリー酒も用意されており、こちらも無料でいただける他、無くなれば補充してもらえる。シェリー酒は食前酒としても知られるお酒で、度数は20度前後とまぁまぁ強い。イメージ的にはウィスキーなどの蒸留酒のようなイメージが強いが、実はシェリー酒は白ぶどうから作られる白ワインの一種。言ってみれば、ポートワインなどと同じような括りのお酒となっている。
Image
ティーボックス
 ティーボックスの中には「La Provence en France」のティーバッグが用意されており、種類もアールグレイ、グリーンティー、カモミール、ミントなど種類も豊富。
 砂糖もサトウキビを100%使用したベギャンセ ペルーシュのブラウンシュガーやホワイトシュガーの個包装の角砂糖の他、カロリーカットの砂糖も用意されているなど、かなり充実したティーセレクションが用意されている。
Image
電気ケトルやグラスなど
 シェリー酒の置かれている隣の棚には、ワイン(有料 / ハーフボトルで204AED〜 / 約6,000円)や、ワイングラスや電気ケトル、カップ&ソーサー、ドリンキングウォーターなどが置かれている。室内のドリンキングウォーターの数はかなり多く、毎日補充してくれる他、足りない場合はゲストサービスに連絡すれば、補充もしてくれるので、自分で用意して持ってくる必要は無い。
Image
冷蔵庫もある
 下の棚の扉を開くと、ミニバーの冷蔵庫も用意されている。冷蔵庫の中はしっかり詰められているので、他の物を冷やしておくスペースは殆ど無い。まぁ、近くにお店も無いので、何か買ってきて冷やしておくこともできないが。ミニバーの料金は、ワインがハーフボトルで204AED(約6,120円)〜、ビールで約50AED(約1,500円)、ジンやウォッカなど各種スピリッツが95AED(約2,850円)〜、コーラなどの清涼飲料水が30AED前後(約900円)。価格帯はインルームダイニングとほぼ同じ。
Image
ドレッサー兼デスク
 エントランスエリアにはドレッサーにも使える鏡が備わったマルチデスクも用意されている。机の上には灰皿とマッチも置かれている。そう、このアルマハは愛煙家には嬉しい、喫煙可能なリゾートホテルなのだ。
Image
備え付けのドライヤー
 ドレッサーデスクの棚には、備え付けのドライヤーも用意されている。多分、使用電力の関係でコンセントは外すことができないので、ここでのみドライヤーは利用可能となっている。
 
Image
アルマハ ベドウィンスイートのバスルームへ
 玄関エリアはこのぐらいにして、続いてアルマハ ベドウィンスイートのバスルームへ向かってみよう。
バスルームの中の様子
 こちらがバスルームの中の様子。かなり広々としたバスルームで、中には大きなスイート仕様の洗面台に、バスタブ、シャワールーム、そしてトイレがそれぞれ独立して備わっている。
Image
洗面台
 大きなミラーが備え付けられ、洗面ボウルも2個と、とても使いやすい洗面台。蛇口などを一つ一つ取っても、ブラス仕様であったりと、どれもアンティーク感たっぷりでおしゃれな感じ。
Image
バスアメニティ
 アルマハ バスアメニティは主に以下の通り。
  • ボディソープ
  • シャンプー
  • コンディショナー
  • 石鹸
  • ボディスポンジ
  • ボディローション
  • 歯磨き
  • マウスウォッシュ
  • シェーバー / シェービングジェル
  • シャワーキャップ
  • コットン
  • 爪とぎ
  • バスソルト
  • 各種タオル
  • バスローブ
  • 体重計
  • ドライヤー
 アルマハ デザートリゾートでは、必要なアメニティ類はほぼ揃っている。もちろん、ゲストサービスに連絡すれば、必要なものの補充も行ってくれる。
※ 上の写真は、洗面台付近に置かれたバスアメニティとなっているが、シャワールームやバスタブ付近にもバスアメニティがそれぞれ用意されている。
Image
ドリンキングウォーター
 バスルームにもドリンキングウォーター。このアルマハの水道水を使って歯磨きなどを行っても体調的にも問題無いが、気になる人はこのドリンキングウォーターでうがいや歯磨きをするといいだろう。
Image
大きなバスタブ
 バスルームの壁際には2人で入っても大丈夫な大きさのバスタブも備わっている。水の温度調整は、お湯と水の蛇口を微調整しないといけないので少々難しいが、水量は恐ろしく強いので、すぐにお風呂にお湯を張ることが出来る。
Image
バスタブ付近のバスアメニティ
 バスタブ付近には、ボディスポンジ、シャワーキャップ、バスソルトといったバスアメニティが用意されている。バスソルトが置かれているのは、お風呂好きなゲストにはとても嬉しいアイテムなのではないかと思う。
Image
たくさんのタオル
 またバスルームには、私が予約の際に「追加のタオル」をリクエストしていたためか、たくさんのタオルも用意されていた。
Image
ウォークインシャワー
 バスルームは外のバルコニーから、こちらのガラス戸を通って直接中に入ってこれるウォークインシャワースタイル。外のバルコニーにはプライベートプールも備わっているので、プールに入ってそのままバスルームに入ってこれるのはとても嬉しい。
 ちなみに、扉の近くの椅子の下には体重計。このホテルは、好きな時に好きなだけ食事ができるオールインクルーシブスタイルのリゾートなので、気を許すと平気で数キロは太る(汗)ので、毎日この体重計に乗って、出来る限り体重が増えないように心がけよう(笑)。
Image
シャワールーム
 バスタブの隣には、透明のガラス戸で仕切られたシャワールーム。シャワーヘッドは、天井からのレインシャワーヘッドと、手式シャワーヘッドの2タイプが備わっている。水圧はかなり強い。
Image
バスアメニティブランドは「BYREDO - バイレード」
 アルマハのボディウォッシュやシャンプー、コンディショナー、ボディローションなどのバスアメニティブランドは、マリオットのラグジュアリーコレクションホテルではおなじみの「BYREDO - バイレード」が使われている。ボトルは日本の翠嵐などで使われているものよりも一回り大きく70ml入り。我が家でお気に入りの香りだ。
Image
アラブ式トイレ
 トイレは、便座は洋式だが、手動シャワーやビデ(便器横)も備わったアラブ様式のトイレとなっている。また、中のキャビネットには予備のトイレットペーパーもストックされている。
Image
バスローブ
 また、バスルームの壁にはハンガーにバスローブもかかっている。バスルームはこんな感じかなぁ。ではそろそろ、お部屋のメインルームに行ってみたいと思う。
 
アルマハ ベドウィンスイート - メインルーム
 アルマハ ベドウィンスイート - メインルームの様子がこちら。上の360度写真は、ベッドの足元のところにあるチェストから見たところで、下の360度写真は、バルコニー手前のソファテーブルから見たところ。このアルマハリゾートの家具は、手作りのアラブ様式のファニチャーでまとめられており、エキゾチックな世界観がお部屋全体を包み込んでいる。
Image
スーパーキングサイズベッド
 お部屋のベッドは、アルマハ・デザートリゾートがあつらえた、カスタムメイドのスーパーキングサイズベッド。二人で寝ても広々としたサイジングがとても心地よい。
Image
ベッド横のサイドテーブル
 ベッド横のサイドテーブルには、電話とシナモンが入った器。また壁には角度調整が自由にできる読書灯に、お部屋の電気をON / OFFできる調光パネルが備わっている。
Image
反対側のサイドテーブル
 反対側のサイドテーブルには、同じく調光パネルや読書灯の他、USBポートが2つ備わったマルチタップの電源コンセントも用意されている。
Image
イベントのお知らせ
 私達は今回、このアルマハ ラグジュアリーコレクション・デザートリゾート ドバイには年末年始のカウントダウンの時に宿泊したのだが、その日のベッドメイキングの際には、こうしてベッドサイドにカウントダウンのイベントのお知らせも届いていた。
Image
ターンダウンサービス
 このアルマハリゾートでは、お昼前のルームメイキングの他に、夜のターンダウンサービスも用意されている。このターンダウンサービスの際にも、バスアメニティやミニバー、ドリンキングウォーターの補充なども行われる。
Image
バティール Bateel のデーツのプレゼント
 また、このターンダウンサービスの際には、バティール Bateel のデーツのサービスも毎日行われる。
 このバティール Bateel のデーツは実はサウジアラビア王室御用達の高級デーツ。ドバイの高級お土産といえば「バティール Bateel のデーツ」と言われるくらいドバイの人にも親しまれている。
 このゴールドのボックスの中にはホワイトチョコやミルクチョコ、ダークチョコなど色んなチョコレートでコーティングされたデーツがランダムで2個入っている。アルマハ・デザートリゾートからの素敵なプレゼントを、シェリー酒と一緒にいただくのもドバイの砂漠の夜の楽しい思い出になることだろう。
Image
ターンダウンのスタッフの心遣い
 また、ターンダウンの一幕で、たまたまターンダウンサービスの時に部屋に居た私。ターンダウンの時には、外が見えないようにカーテンをすべて閉めてくれるんだけど「バルコニーに出る扉のところは閉めないでね♪」と言って閉めないようにしてもらったんだが、次の日からはそのリクエストをスタッフの人がずっと覚えていてくれていて、この写真のように、ターンダウンの際は必ず一番前のカーテンだけは閉めずに置いていってくれるようになったのだ。ちょっとしたことではあるが、ちゃんとゲストの好みを覚えておいてくれるって、アルマハ・デザートリゾートのスタッフのサービスも素晴らしい。
Image
アンティークなデスク
 メインルームの端には、アンティーク調の家具でまとめられたデスクスペース。机の上には、電話やメモ用紙、ルームサービスのメニュー、そしてBOSEのオーディオ機器(Bluetoothでスマホと接続可能)。壁際には、タコ足コンセントも用意されている。
 
Image
アルマハ ベドウィンスイート リビングスペース
 メインルームの中央、バルコニー / ベランダへと抜けられるガラス扉前の明るい場所には、ゆったりと外を眺めながら座れるカウチソファと、アンティーク調のガラステーブルが置かれたリビングスペースが設けられている。
Image
プールタオル
 カウチソファの上には、外のプライベートプール用のタオルも用意されている。こちらのタオルも、使ったらルームメイキングの際に新しいものと取り替えてもらえる。
Image
ウェルカムスイーツ
 ソファテーブルの上には、デーツやくるみ、フルーツなどのウェルカムスイーツも用意されていた。このアルマハのウェルカムプレゼントのデーツは、ナチュラルな甘さがクセになる美味しさだ。
 
Image
アルマハ インルームダイニング
 さて、食事も楽しめそうなアルマハ ベドウィンスイートのリビングエリアを紹介したところで、実際にお部屋の中で楽しめる、アルマハのインルームダイニングを紹介していきたい。
 アルマハのインルームダイニング / ルームサービスは、朝6時から11時はモーニングメニュー、11時から23時まではオールデイダイニングメニュー、そして23時から次の日の朝6時まではレイトナイトメニューが用意されているという、つまり24時間利用可能なルームサービスを提供している。
 メニュー内容はこれまたゴージャス。定番のピザや、バターチキン(インドのチキンカレーのような定番メニュー)、サラダ、パスタといったおなじみのメニューも用意されているが、それ以外にも例えばアルゼンチン牛のフィレ肉ステーキ、ニュージーランド羊肉のラムチョップ、ジャンボ海老のグリルなど、高級レストランで食事をするようなメニューが並ぶ。しかも一部のキャビアなどの食材や飲み物を除いてこのインルームダイニングは宿泊料金に含まれている、つまり無料(ポイント宿泊でも無料)なのだ。
 オーダーはルームサービスに電話をして英語でやり取りをするため、英語が苦手な人には少しハードルが高いが、出てくる料理はかなり本格的でしかも美味しいのでぜひトライしてほしい。
Image
私達のアルマハ インルームダイニング
 もちろん私達も、このアルマハ・デザートリゾートではこのインルームダイニングを何度かオーダー。オーダーしたのは、グリーンサラダ、タイ風チキンスープ(トムヤンクンにココナッツミルクを足したようなお味)、アルゼンチン牛のフィレ肉(多分300gぐらいはありそう)/ ミディアムレア、アルマハビーフバーガー+付け添えのポテト、そしてデザートにホームメイドソルベ。なお、インルームダイニングではメインディッシュにはブレッドも付いてくる。また、普通のお水(英語ではStill Water)は追加料金無しでオーダー可能。
ミヅキ:「・・・頼みすぎちゃった?w」
モリオ:「多分・・・このビーフバーガー、やばくないか?フィレステーキもとんでもないゴツさで300gはありそうだけど、そのバーガー・・・なんちゅう大きさしてんねんw」
ミヅキ:「しかも・・・中に入ってるの、本当にビーフステーキなんだけどw」
 アルマハの食事はとっても美味しいんだけど、一皿一皿の量もヤバいので、日本の量の感覚で注文してしまわないよう、注文の際にはご注意を。
Image
アルマハビーフバーガー
 巨大なアルマハビーフバーガーがこちら。ビーフハンバーガーというもんだから、中には牛肉100%のビーフパテが入ってるのかと思いきや・・・手のひらを広げたほどはありそうな大きなバンズに負けない大きさとゴツさのビーフステーキが入っている。私達ぐらいの少食ならこれ一つを2人でシェアしてもいいぐらいのボリュームだ。
 味は、お腹いっぱいで苦しくても美味しいと感じる美味しさ、といえば伝わるだろうか。ハンバーガーというよりは、ステーキ肉をパンで挟んで一緒にかぶりついているような感じの食べ応えだ。
Image
アルゼンチン牛のフィレステーキ
 こちらはアルゼンチン牛のフィレステーキ / ミディアムレア。写真では小さく見えるかもしれないがとにかくゴツくてデカい。厚さは5cmはありそうな、とにかく分厚いフィレ肉の塊が、こんがり香ばしく焼かれている。美味しくないわけがない。もちろんヤバい旨さだ。
 ちゅうか、こんな豪華なインルームダイニングをオールインクルーシブスタイル、つまり無料で提供してくれるとは・・・恐るべし、アルマハ・デザートリゾート。
Image
ホームメイドソルベ
 デザートにたのんだホームメイドソルベがこちら。デザートも他の食事と一緒にまとめて用意されるが、食後に食べても溶けずに食べられるように、ソルベの器の下には大量の氷も敷き詰められている。
Image
スタッフが配膳してくれる
 このお部屋でのインルームダイニングは、料理を持ってきたスタッフが自らテーブルにクロスを敷いてくれて配膳まですべて行ってくれる。レストランがお部屋にまでやってきたかのようなサービスだ。なお、食事が終わった際は、インルームダイニングに再び電話をしてお皿などを片付けてもらおう。
 
Image
お部屋の収納クローゼット
 インルームダイニングの紹介はこのぐらいにして、再びお部屋の設備などをチェックしていこう。こちらはお部屋の壁際に設置されているクローゼット。
Image
クローゼットの中
 クローゼットの中を開けたところがこちら。中央の扉の奥には、なんとテレビが収納されている。テレビの下にはDVDプレーヤーも備わっている。また両側のクローゼットには、ハンガーやバスローブ、雨傘、セキュリティーボックス、スリッパなども収納されている。
 また、このクローゼットの中のアメニティで中で注目したいのは、殺虫剤が用意されているところだ。このアルマハ・デザートリゾートは砂漠のど真ん中にあるリゾートホテルで、自然に囲まれているためか、ハエが非常に多い。そのため、虫が苦手なゲスト用にこの殺虫剤が用意されているというわけだ。
Image
スケッチブックも置かれている
 クローゼットの隣には、イーゼル(絵を書く用のスタンド)が置かれ、スケッチブックや色鉛筆なんかも用意されている。こうした夢のあるアイテムが置かれているところも、アルマハ・デザートリゾートのステキな一面だ。
 
Image
アルマハ ベドウィンスイート プライベートプール付きバルコニー
 それでは、このアルマハ・デザートリゾート ベドウィンスイートのお部屋のハイライト、プライベートプール付きのバルコニーへと向かおう。バルコニーへと通じるガラス扉には、アルマハのシルエットも描かれている。
プール付きバルコニーを360度写真で!
 こちらが、アルマハ ベドウィンスイートのプール付きバルコニーの様子。写真を撮ったのはお昼時で空は快晴。近くにはインパラ達が、近くに落ちている葉っぱや木の実を食べにちょうどやってきているシーンを写すことができた。こんなに動物たちが近くに居るのは、アフリカのサファリロッジでもありえない光景。
 ズドーーーンとダイナミックに広がる砂漠の景色を眺めながら、自分専用プライベートプールで遊んで、近くにはインパラ達が戯れている。とんでもない非現実的な時間が流れているのが、ここ、アルマハ・デザートリゾートだ。
Image
プールは温水仕様
 プールの深さは約1.2mの温水仕様。私達が訪れたのは12月末からだったが、ドバイの砂漠の気温は、日中は25℃前後にはなるが、水着では少し肌寒いため、温水プールが用意されているのは非常にありがたい。
Image
プールから見える砂漠の風景
 このお部屋のプールから見える砂漠の景色は・・・本当に素晴らしい。広大に広がる砂漠の地平線の向こうに、うっすらと姿を表している山の姿が見えるが、あの山はここアラブ首長国連邦(UAE)とお隣の国 オマーンを隔てている国境の山なのだそうだ。
Image
サンベッド
 バルコニーのデッキには、日光浴を楽しめるサンベッドも用意されている。しかし、ハエも結構多いので、虫が苦手な人は何か虫よけアイテムがあったほうが良いだろう。
Image
テーブル&チェア
 デッキにはテーブル&チェアも用意されているので、外でコーヒーを飲んだりして楽しむことも出来る。
Image
インパラ達
 もちろん、このお部屋のバルコニー付近には、インパラ達もことあるごとにやってくる。なお、インパラに食事を与えるのは生態系に悪影響を及ぼすのでやらないように注意しよう。
Image
プールは定期的に清掃されている
 また、このプライベートプールは、ルームキーピングの時に定期的(毎日ではない)に清掃されている。
Image
プールサイドからの風景
 せっかくなので、プールサイドからの時間ごとのすばらしい風景も紹介しておきたい。こちらは早朝の日の出の風景。砂漠の地平線から昇る朝日をお部屋のバルコニーから見れるなんて、本当にすごいシチュエーションだ。砂漠にはうっすらとモヤがかかっていてとても幻想的。外はまだ寒いため、温水プールからは湯気も上がっている。
Image
夜の星空
 こちらは、夜にプールサイドから夜空を見上げたところ(写真はiPhone11 Pro +夜景アプリを使って撮影 / iPhoneでの星空の撮り方の詳細は下の記事を参照)
 空が晴れていれば、この写真ぐらいの星空を肉眼で見ることが出来る。湿度などの関係でニュージーランドのテカポ湖の星空には劣るが、
それでも素晴らしい星空を、自分の部屋のバルコニーから簡単に見られるというのは、これまた素晴らしいシチュエーションだ。
 
Image
アルマハ プライベートプールでのフローティングミール
 さて、今紹介しているこのアルマハのプライベートプールであるが、実はこのプールを使ってスペシャルなインルームダイニングメニューが用意されているのだ。それがこの水に浮かぶフローティングトレーを使ったフローティングミールサービスだ。
 こちらのスペシャルメニューはオールインクルーシブには含まれない有料サービスとなっており、料金はランチで2人350AED(約10,500円)、朝食はもう少し安かったと思う(310AEDぐらい?)が詳細は忘れてしまった。食事にスパークリングワインを付けるオプションもあるが、そちらは+20,000円ぐらい。
Image
プライベートプールを満喫する最高のオプション
 フローティングミールブレックファストとフローティングランチのインルームダイニングサービスは、このアルマハ ベドウィンスイートのプライベートプールを楽しむ一番最高のオプション。砂漠を眺めながら、自分たちだけのプールに浮かびながら食事をするというのは、写真映えするし(インスタ映え?)、これ以上無いぐらい非日常な体験だ。ただし、水に浮かべたトレイを使って水中で食事をするのは、安定しないのでなかなかコツが要る(笑)。
Image
食事はヘルシーメニュー
 また、このフローティングミールの食事は、クスクスサラダ、ヨーグルト、ガスパチョなどの野菜を中心としたヘルシーメニューとなっており、健康を気にするゲストにも嬉しい内容のミールサービスとなっている。量はあいかわらず多いけど・・・(笑)
Image
インパラも興味津々
 この食事メニューにはインパラも興味津々のようで、私達がフローティングミールを楽しんでいる間、プールサイドで私達(というか、このトレーの中の食事?)をガン見していたw
 
Image
外の砂漠が気になるので散歩してみよう
 このお部屋で目の前に広がる砂漠を眺めていると、その砂漠に実際に行ってみたくなった。というわけで、私達はこのプールの先に広がる砂漠をちょっと散歩してみることにした。なお、リゾートから砂漠へは実際に降りていって散歩するのは問題無し。ただし、あまり遠くまで行って迷子になると、最悪命の危険もあるので、リゾートが見える範囲で近くを散歩する程度が望ましい。
部屋から100mほど歩いた場所の砂漠
 そしてこちらが部屋から100mほど歩いた場所の周りの風景。本当にあたり一面砂漠の景色が広がっている。なお、スタッフの話によると、このアルマハ・デザートリゾートの下には大きな地下水源があるため、このリゾートは水資源の問題が無く運営されているとのこと。いや、それにしても、広大なドバイの砂漠のど真ん中に居るなんて、本当にアメージングな体験だ。
Image
アルマハに出会う
 砂漠を歩いていると、低い木の近くにもアルマハ(アラビアオリックス)を発見。近づきすぎると危ないので、その白い姿を遠くで見ている私達。なお、この砂漠の奥には、このアルマハが群れをなして生息していたりもするのだが、その様子については、アルマハ リゾートのデザートアクティビティの特集にてお伝えしたいと思う。
 
Image
アルマハ ベドウィンスイートのお部屋・まとめ
 アルマハ ラグジュアリーコレクション デザートリゾート&スパ ドバイのベドウィンスイートのお部屋はいかがだっただろうか。広々としたアラブ様式のインテリアでまとめられたエキゾチックなお部屋に、特別感マックスのプライベートプール。そして、好きな時間帯に好きな食事が楽しめるオールインクルーシブ(無料)のインルームダイニング。
 私達はこのアルマハには数日滞在していたが、宿泊していて一番良かったのは、食事のタイミングも好きなように調整できて、自分たちの思い通りに時間を使ってゆったりと滞在できる、本当に時間に追われないバケーションが楽しめたところ。また、食事も何を頼んでも基本的には無料なので、食費を心配せずに滞在できるのも、旅行者にとってはありがたいところだ。
 またマリオットのポイント宿泊であっても、会員ランクに関係なく、オールインクルーシブで食事がすべて無料で付いてくるのも嬉しい。通常は1泊何十万円もするようなスイートルームにポイントを貯めるだけで泊まれるというのはまさに夢のような世界。
 もちろんカテゴリー8の最高ランクのホテルなので、必要ポイント数も一泊あたり オフピーク 70,000 / スタンダード 85,000 / ピーク100,000 とかなり高いポイント設定とはなっているが、頑張って貯めたポイント利用をするのには最も適したホテルの一つではないかと思う。
 ドバイで忘れられない体験をしたいなら、この最高のリゾートホテル「アルマハ ラグジュアリーコレクション・デザートリゾート&スパ ドバイ」をぜひ候補の一つに選んでみてほしいと思う。それでは!
 
SPGアメックスカードを一番お得に作る方法
 最後に、Marriott Bonvoy - マリオット・ボンヴォイ提携ホテルで優遇が受けられ、マイルにも交換可能なポイントを貯められる、最強のクレジットカード【SPG アメックス】を作ってみたくなった人のために、このカードの一番お得に発行できる私達からのお友達紹介プログラムを紹介しておきたいと思う。
サムネイル card 【SPGアメックス】私達の旅行をアップグレードさせた「SPGアメックス」のメリットとデメリットを告白! スターウッド・プリファード・ゲスト アメリカン・エキスプレスカード(通称:SPGアメックス)は、貯めたポイントでホテル無料宿泊やマイルにも交換可能な、旅行に最強のクレジットカード。世界中を旅するモリオとミヅキの旅行をアップグレードさせた「SPGアメックス」の魅力を、実際に使うからこそ分かるメリット、デメリットと一緒に紹介していきたい。  通常、SPGアメックスをアメックス本サイトで申し込み、カードを受け取って3ヶ月以内に10万円利用すると「30,000ポイント」の初回ボーナスを獲得できる。しかし、私達からのお友達紹介で申し込んだ場合は、このボーナスポイントが「36,000ポイント(+6,000ポイント)/ カード利用分を合わせると合計39,000ポイント」に大きくアップするのだ!
 私達からのお友達紹介からSPGアメックスを申し込む方法は以下の3ステップ!
SPGアメックス:お友達紹介の申込方法
  1. マリオット・ボンヴォイの会員登録をマリオット本サイトで行う。
  2. 下のメールリンクからメールを送信、もしくはメジャートリップ公式SNS(Facebook、Twitter、Instagram)にダイレクトメッセージを送信(メッセージ内容は「SPGお友達紹介希望」だけでOK。挨拶などは不要です / 詳細は下記参照)。
    friend, SPGアメックスカードのお友達紹介 : 上のボタンを押すとメールアプリが立ち上がります。お名前(ニックネーム可)のみを書いてメールを送ってください。挨拶などは不要です。すぐに専用URLが入った自動返信メールのみが届きます。(基本的に自動返信以外、こちらからはメール致しません)メールが届かない場合は、迷惑メールを確認してください。
    FACEBOOK : 「メッセージを送信」から「SPGお友達紹介希望」とだけメッセージを送ってください。すぐにお友達紹介用URLが付いた自動返信メッセージが現れます。お友達紹介希望の場合、自動返信のみで、基本的にこちらからはお返事致しません。
    Twitter : 「SPGアメックスお友達紹介希望」とだけダイレクトメッセージを送ってください。挨拶などは不要です。メッセージを確認後、手動にてお友達紹介用URLを返信でお送りします。
    Instagram : フォローして「SPGアメックスお友達紹介希望」とだけダイレクトメッセージを送ってください。挨拶などは不要です。メッセージを確認後、手動にてお友達紹介用URLを返信でお送りします。
  3. メジャートリップのお友達専用URLよりSPGアメックスをお申し込み。
 Facebook(フェイスブック)、メールは自動返信にお友達紹介用URLが表示されるので、急いでいる時はメール、もしくはフェイスブック経由でのお申込みをどうぞ!また、いただいた情報はお友達紹介のURL送付にのみ使用しますのでご安心ください。また申し込むかどうか未定の場合でもURLをお送りしますのでお気軽にどうぞ♪
 なお、SPG アメックスを作るときには、カードを申し込む前段階として、マリオット・ボンヴォイ / ボンボイ会員番号が必要となるので、クレジットカード申し込みの前にマリオット本サイトで会員登録を済ませておこう。会員登録の仕方は下の記事を参照。
サムネイル hotel 【マリオット / SPG】会員登録の方法 / ボンボイ統合後・最新 マリオット / SPG の会員登録の方法を紹介。SPGアメックスカードを作る場合も、このマリオット・ボンボイ / ボンヴォイの会員となる必要があるので、クレジットカードを申し込む際には忘れずに、マリオット・ボンボイ / ボンヴォイの会員になっておこう。  更に詳しいカードの申込方法等不安な人は詳しく解説しているので下の記事も参考にしてほしい。
サムネイル card 【審査は最短30秒ほど】最新・SPGアメックスカードの申込方法を徹底解説! SPGアメックスカードをネットで申し込む方法を、実際に私が申し込んだ時の画面と解説付きで徹底紹介。審査は私の場合はなんとオンライン上で30秒かからずに審査完了。またSPGのゴールド会員のステータス反映のタイミングもかなり早くて驚いたので、そのあたりも紹介していきたい。 サムネイル card 【SPGアメックス】私達の旅行をアップグレードさせた「SPGアメックス」のメリットとデメリットを告白! スターウッド・プリファード・ゲスト アメリカン・エキスプレスカード(通称:SPGアメックス)は、貯めたポイントでホテル無料宿泊やマイルにも交換可能な、旅行に最強のクレジットカード。世界中を旅するモリオとミヅキの旅行をアップグレードさせた「SPGアメックス」の魅力を、実際に使うからこそ分かるメリット、デメリットと一緒に紹介していきたい。  それでは、SPGアメックスを手に入れて、次の旅行からもっとお得に優雅に旅をしよう!
アルマハ・デザートリゾート&スパ の予約へ(マリオット公式サイト)
※ Marriott Bonvoy - マリオット・ボンヴォイ・ゴールドエリート会員以上の特典である、お部屋アップグレードや、レイトチェックアウト、ウェルカムギフトポイント等は、マリオット公式サイトからの予約にのみ適用されます。
AdBlockを解除してページ更新すると、全てのコンテンツが表示されます。
Please remove AdBlock for displaying all contents.
更新記事
card card 【SPGアメックス】私達の旅行をアップグレードさせた「SPGアメックス」のメリットとデメリットを告白! game game 【任天堂 ニンテンドースイッチ あつ森】内蔵ファンを自分で交換する方法を写真付きで徹底解説【自己責任でトライ】 game game 【ポケ森 攻略】どんぐりあつめ~秋のどんぐりあつめ~のすすめかた「あきいろのイチョウ」もたくさんもらえるよ【どうぶつの森 アプリ ポケットキャンプ】 sale sale 【緊急!セール情報】9月21日20時から楽天お買い物マラソンが始まるよ!今回も半額クーポン有るよー! beauty beauty 【POLA BA】40代50代60代のお肌の駆け込み寺「POLA B.A」が新しくなってお得なキャンペーンを開催中なので買ってみた! game game 【PS5予約開始】プレイステーション5の抽選予約が開始されたので予約してみた。倍率恐ろしく高そう(汗) / 予約販売店リストも掲載【プレステ5】 hotel hotel 【シェラトン モール オブ ジ エミレーツ ホテル ドバイ】食事もしっかりいただけるエグゼクティブラウンジ「CLUB - クラブ」を実体験レビュー! game game 【あつ森 攻略】全44種類。住人が教えてくれるリアクション一覧!【あつまれ どうぶつの森】 hotel hotel 【マリオット・ボンヴォイ】GOTOトラベルキャンペーンを利用してお得に国内ホテルに泊まろう!【マリオットGOTOキャンペーン利用方法】 hotel hotel 【シェラトン モール オブ ジ エミレーツ ホテル ドバイ】ラウンジアクセス特典が付いたクラブルームを宿泊レビュー! game game 【ポケ森 攻略】つり大会~森の絵画教室~のすすめかた「あきいろのイチョウ」もたくさんもらえるよ【どうぶつの森 アプリ ポケットキャンプ】 hotel hotel 【ルネッサンスリゾートオキナワ】3泊以上(夏は4泊以上)のロングステイで利用できるサビーラウンジを実体験レビュー! beauty beauty 効果ある?中年太りに悩む私がニンテンドースイッチでダイエットに挑戦!【ゲームでダイエット】 game game 【あつ森 最新】住人との好感度 / 親密度と最速で写真を貰う方法 最短何日?【あつまれ どうぶつの森】 更新記事をもっと見る
 
アクセスランキング
ranking 1 ranking 1 【ミラブルの効果とミラブルプラスの効果は?】中年夫婦が買って使った実体験レビュー!サイエンス ミラブルプラス シャワーヘッドの良い点・悪い点の正直な口コミ ranking 2 ranking 2 あつまれ どうぶつの森 全住人チェッカー(登場キャラ / どうぶつ)の性格や趣味・相性などのまとめ【あつ森 ゲーム攻略 - ニンテンドースイッチ】 ranking 3 ranking 3 悲報!2台のニンテンドースイッチで同じ島の住人になって同時プレイできないなんて・・不満【あつまれ どうぶつの森 / あつ森】 ranking 4 ranking 4 冬の沖縄・新型コロナウイルスに翻弄されて…リッツカールトン沖縄旅行記 2020 ranking 5 ranking 5 【ポケ森 攻略】ちゃちゃまるを自分のキャンプによぶ方法を詳しく紹介【どうぶつの森 ポケットキャンプ】 ranking 6 ranking 6 【SPGアメックス】私達の旅行をアップグレードさせた「SPGアメックス」のメリットとデメリットを告白! ranking 7 ranking 7 【脱毛ラボ ホームエディション 口コミ】買って良かったのか?中年夫婦が買って使った正直な感想をレビュー。お得な店も【家でできる 全身脱毛 】 ranking 8 ranking 8 【POLA リンクルショット 口コミ】50代が実際に使ってみた正直な感想とレビュー写真【シワ改善の効果は?】 ranking 9 ranking 9 【星空 撮影 アプリ】iPhoneで満天の星空の撮影方法・天の川も撮れる!【スマホ おすすめ アプリ】 ranking 10 ranking 10 【白髪を活かして金髪 シャンパンカラー グレイ ヘア・40代からの白髪とグレイヘア】ミヅキの髪色の秘密
SPGアメックス SPGアメックスカード 国内&海外を旅するモリオとミヅキの旅行スタイルをびっくりするほどアップグレードさせた『最強』のクレジットカード - SPGアメックスを紹介。 詳細記事へ MileagePlusセゾンカード MleagePlusセゾンカードはマイルがザクザク貯まって国内旅行にも強い。今なら最大3万マイルボーナスキャンペーンも!
COPYRIGHT (c) 2015 - 2020 MEASURETRIP
ALL RIGHTS RESERVED
メニュー もどる 上へ