お得に楽しい旅行&生活ブログ - メジャートリップ
TOP アルマハ - ラグジュアリーコレクション・デザートリゾート&スパ ドバイ / カテゴリー8 - マリオット宿泊記 アルマハデザートリゾート 空港からホテルまでのおすすめ送迎
hotel - ホテル

アルマハデザートリゾート 空港からホテルまでのおすすめ送迎

Image
アルマハ デザートリゾートへの行き方 / アクセス方法
 アルマハ ラグジュアリーコレクション デザートリゾート&スパ ドバイ は、ドバイの奥地、Dubai Desert Conservation Reserve(ドバイ砂漠保護区)のど真ん中にあるリゾートで、空港からは車で約1時間ほど離れた場所にある。
 アルマハ デザートリゾートに宿泊する場合、市街地や空港からもかなり離れていることでホテルまでの行き方が気になるところであるが、その主なアクセス方法は以下の通りとなっている。
  • タクシー
  • レンタカー
  • ホテル提供の送迎サービス(有料)
 アルマハ デザートリゾートまでのそれぞれの行き方と、私達がおすすめするアクセス方法を見ていきたいと思う。
アルマハ・デザートリゾート&スパ の予約へ(マリオット公式サイト)
※ Marriott Bonvoy - マリオット・ボンヴォイ・ゴールドエリート会員以上の特典である、お部屋アップグレードや、レイトチェックアウト、ウェルカムギフトポイント等は、マリオット公式サイトからの予約にのみ適用されます。
今回のお話の舞台場所は...
 
 
Image
タクシーでの移動
 まず最初は、タクシーを使っての移動方法から。アルマハデザートリゾートは、空港やドバイの市街地からは車で約1時間ほどの場所にあり、タクシーを使って移動するとすれば、おおよそのタクシー料金は約150AED(約4,500円)ほどが相場だ。
 しかし、ドバイのタクシー事情はあまり良いとは言えず、一応ほぼすべてのタクシーでは、クレジットカードを利用することができるのだが、実際に乗ってみるとカード決済機器が壊れていて使えない(現金が無いとかなりトラブる)とか、メーターの料金画面が見えない状態で走り続ける(一応メーターは動いているが降りるまで一体いくら掛かるのか分からない)、さらに恐ろしく飛ばすので身の危険を感じる・・・など、旅行者にとってまぁまぁハードルが高い。
 なお、配車サービスの「Uber / ウーバー」や「Careem / カリーム」もドバイでは利用可能となっているが、Careemはアルマハ周辺の砂漠エリアはサービス対象外となっている。
 
Image
レンタカーを使っての移動
 レンタカーを使ってアルマハ デザートリゾートまで行く方法。アルマハにはレセプションエリアの入り口付近に、無料で利用できる駐車場も備わっている。
 しかし、この方法でアルマハデザートリゾートに訪れようとする場合、自分で高速道路や、道中の砂漠道を進む必要がある。ドバイの高速道路は、タクシーの時にも紹介したとおり、とにかくぶっ飛ばす車が多くて非常に怖い。ドバイに慣れていない旅行者の場合は、このレンタカーを使ってのアクセスはおすすめしない。
 
Image
アルマハへのおすすめの行き方
 アルマハ デザートリゾートに快適に行く方法、それはずばり「ホテル提供の送迎サービス」を利用することだ。アルマハ デザートリゾートでは、以下のホテル送迎サービスを提供している。
  • ラグジュアリープライベート送迎サービス - 425AED / 片道
  • プライベート送迎サービス - 380AED / 片道
 上記の送迎料金は、車1台あたりの片道料金(料金は変更となる場合あり)で、定員数はだいたい4人程度。なお、ラグジュアリータイプの送迎では、車種がGMC、BMW 5、AUDI A6、通常の送迎サービスではLexus 350、Previa(エスティマ)、INFINITI Q 70(日産フーガ)あたりがやってくる。
 また、送迎はアルマハリゾート~ドバイのどこでも利用可能なので、空港だけでなく、どこか他のドバイ内のホテルでも送迎してくれる。私達も、このアルマハの送迎は、往路:ドバイ内ホテル→アルマハリゾート、復路:アルマハリゾート→ドバイ内ホテル を利用した。
 なおアルマハリゾートの送迎サービスの予約は、ホテルを予約して滞在が近くなるとスタッフからメールが送られてくるので、それに返信して予約するか、メールが来ない場合はマリオットのデスクに電話してその旨を伝えよう。
 
Image
町中から砂漠へと風景が移り変わる
 送迎サービスは時間になると、待ち合わせ場所に車がやってくるので、それに乗り込めばアルマハまで連れて行ってくれる。ドバイの街は高層ビルが立ち並んで迫力があるが、しばらく車を走らせると、だんだんと砂埃の舞う砂漠の景色に変わっていく。
 このアルマハリゾートまでのドライブの景色も、ドバイ観光をしているようでとてもおもしろい。
 
Image
アルマハデザートリゾートの敷地内入り口
 ドバイの市街地から車を走らせること1時間ほど。アルマハ デザートリゾートの敷地の入り口にやってきた。アルマハリゾートはこのゲートの奥だが、まだここはドバイ砂漠保護区の入り口。
 
Image
セキュリティチェック
 ゲートを中に入ると、政府関係者らしき係の人がやってきて、ドライバーさんとやりとりをはじめ、何やら書類を確認しはじめる。どうやら、このアルマハの敷地内は自然保護区のため、しっかりとしたセキュリティで入場者を厳しく管理しているようだ。
 
Image
アラビアオリックス(アルマハ)の群れの姿
 ゲートを通過すると、本格的に砂漠の中へと入ってゆく。どこまでも続く砂漠の風景に突如あらわれたのは、アラビアオリックスの群れ。この動物はアラブ首長国連邦の国獣にも指定されている動物で、アラビア語では「Al Maha - アルマハ」とも呼ばれている。そう、アルマハ デザートリゾートは、この動物から名前をとっているのだ。
 そんな自然の風景に感動していると、いよいよアルマハデザートリゾートに到着だ。砂漠の大自然のど真ん中にあるリゾートでの滞在は一体どんな体験が待っているのか、期待に胸が躍る♪
 
Image
アルマハ デザートリゾートはホテル送迎サービスがベスト!
 アルマハ ラグジュアリーコレクション デザートリゾート&スパへの行き方 / アクセス方法は、タクシーやレンタカーでもアクセスすることはできるが、安心面も考えて、やはりここはホテルが提供している送迎サービスを利用するのをおすすめしたいと思う。
 なお、上でも紹介したが、車のランクで送迎料金は多少異なり、私も行きはラグジュアリー4WD、帰りは普通の車タイプ(といってもレクサスの高級車で移動)の送迎を利用したが、利用してみた感想としては、荷物が多い場合はラグジュアリータイプの送迎がおすすめだが、特にこだわりがなければ、普通の送迎で十分快適だったので、参考までに。
 それでは、アルマハデザートリゾートに滞在の際は、ぜひこのホテル提供の送迎を使ってラグジュアリーな気分で、この最高の砂漠リゾートへ訪れよう!
アルマハ・デザートリゾート&スパ の予約へ(マリオット公式サイト)
※ Marriott Bonvoy - マリオット・ボンヴォイ・ゴールドエリート会員以上の特典である、お部屋アップグレードや、レイトチェックアウト、ウェルカムギフトポイント等は、マリオット公式サイトからの予約にのみ適用されます。
更新記事
card card 【SPGアメックス】高級ホテル無料宿泊!SPGアメックスカードのメリットとデメリット life life 【白髪の悩み】どうして白髪になるの?原因と対策! beauty beauty 10月18日発売開始!在庫限り!ポーラ リンクルショット 冬の限定キットがお得!【POLA リンクルショット】 beauty beauty ポーラ リンクルショットやPOLA B.Aのお得なキャンペーン情報のページ!【POLA リンクルショット】 life life 【 写真整理 】昔の写真をデータ化して写真アルバムを整理する方法 life life 知らないと損!毎月のガス代を確実に節約する方法! beauty beauty 【効果&口コミ】レフィーネの白髪染めトリートメントって本当に染まるの? life life JCOM(ジェイコム)は回線速度が遅い?実際に測定してみた! hotel hotel 【W大阪】DJプレイでクラブな雰囲気のメインバー「LIVING ROOM」 beauty beauty 超強力!筋膜はがしにおすすめの筋膜リリースガンを発見!【NIPLUX】 others others 【2021年秋最新】Uber Eats(ウーバーイーツ)初回3000円割引クーポン beauty beauty お風呂で使える!ヘッドスパの美容3大効果をNIPLUX ヘッドスパで体感! beauty beauty ミラブルプラスとリファ シャワーヘッドの違いを徹底比較!おすすめはどっち? hotel hotel W大阪 カフェ MIXup ピエールエルメとコラボしたデザートコース! 更新記事をもっと見る
 
SPGアメックス SPGアメックスカード 高級ホテルもポイントで無料宿泊!モリオとミヅキの旅行をアップグレードさせた『最強』のクレジットカード - SPGアメックスを紹介。 詳細記事へ MileagePlusセゾンカード MleagePlusセゾンカードはマイルがザクザク貯まって国内旅行にも強い。今なら最大3万マイルボーナスキャンペーンも!
 
COPYRIGHT (c) 2015 - 2021 MEASURETRIP
ALL RIGHTS RESERVED
メニュー 生活 宿泊記 旅行記 ホーム