お得に楽しい旅行&スタイルブログ - メジャートリップ
TOP W モルディブ(旧:Wリトリート&スパ モルディブ) / カテゴリー8 - マリオット・ボンヴォイ ホテル宿泊レビュー vol.20 【W モルディブ】朝からお肉料理も食べられる!Wモルディブの朝食ビュッフェをレビュー
hotel - ホテル
更新日 2020年04月13日

【W モルディブ】朝からお肉料理も食べられる!Wモルディブの朝食ビュッフェをレビュー

Image
Wモルディブの豪華な朝食ビュッフェをレビュー!
 朝からがっつりお肉も食べられて、アラカルトメニューも無料でオーダー可能。さらにコーヒーや紅茶だけでなくシャンパンやミモザも無料でいただけるという、朝から楽しすぎて酔っ払ってしまいそうになる(笑)、豪華なWモルディブの朝食ビュッフェを実体験レビュー!
 このWモルディブの朝食は、料金は詳しく分からないが多分1人50ドル前後はするのではないかと予想。料金での宿泊の場合はほぼすべての宿泊プランで朝食付きとなっているので気にする必要はないが、ポイント宿泊の場合は別料金となる。なお、マリオット・ボンヴォイ・プラチナエリート会員以上の場合は、ウェルカムギフトとして無料でこの朝食を選択可能となっている(本会員+同伴者1名まで)。
 このWモルディブの朝食ビュッフェの内容は一体どんな感じになっているのか、気になる料理などを詳細にレポートして行きたいと思う。
Wモルディブ の予約へ(マリオット公式サイト)
※ Marriott Bonvoy - マリオット・ボンヴォイ・ゴールドエリート会員以上の特典である、お部屋アップグレードや、レイトチェックアウト、ウェルカムギフトポイント等は、マリオット公式サイトからの予約にのみ適用されます。
今回のお話の舞台場所は...
 
目次
  1. Wモルディブの豪華な朝食ビュッフェをレビュー!
  2. 朝食会場の場所 / 営業時間
  3. Wモルディブ キッチンの入り口
  4. Wモルディブ メインダイニングの朝の様子
  5. メインダイニング KITCHEN は水の上の席もある
  6. スタッフがモルディビアンな衣装の日も
  7. 最初の朝にはスタッフによる食事の説明も
  8. Wモルディブ の朝食メニューをチェック!
    1. ハムとスモークフィッシュ
    2. チーズコーナー
    3. 自家製ジャムとチョコレートフォンデュ
    4. ミヅキ大好きベーカリーコーナー
    5. ブレッドコーナー
    6. パンケーキやフレンチトーストのコーナー
      1. パンケーキ
      2. フレンチトースト
    7. お肉とオムレツのコーナー
      1. ラム肉のロースト
    8. コンチネンタルブレックファスト
    9. カレーやフライドライスなど
    10. 麺コーナー
    11. 点心コーナー
    12. お粥コーナー
    13. サラダコーナー
    14. ピタに挟んで召し上がれ♪
    15. フルーツコーナー
    16. ミルクも4種類
    17. フレッシュジュース
      1. フルーツはカットしてくれる
    18. 水出しコーヒーと紅茶
    19. シリアルとドライフルーツ
  9. Wモルディブ 朝食ターイム!
  10. その前にアラカルトメニューを紹介
    1. バナナパンケーキ
    2. アイスクリームだけもらってみた
  11. エッグメニュー
    1. エッグベネディクトも作ってもらえる
  12. 私達が食べた朝食プレート
    1. スモークフィッシュのサラダ
    2. 朝から麺類
    3. もちろんお肉も食べる
  13. ミヅキは朝からよく食べる
  14. 朝からシャンパン
    1. フレッシュミモザ
  15. 食事中に他のスタッフもやってくる
    1. 別の日にやってきたダイビングスタッフ
    2. Wモルディブのマネージャークラスからの挨拶も
    3. 時にはDJの選曲も
    4. ワインの試飲会のお誘いも
  16. Wモルディブ 朝食ビュッフェ・まとめ
目次の全表示
 
Image
朝食会場の場所 / 営業時間
 朝食会場の場所は、レセプションの建物の奥にあるWモルディブのメインダイニング「KITCHEN - キッチン」にて。朝食の営業時間は朝7:00-10:30となっている。また、服装のドレスコードはスマートカジュアルとなっているが、実際は超カジュアルなゲストもいれば、しっかりおしゃれしてきているゲストもいたりと様々。女性はリゾートワンピを着ている人も多かったかな。
Wモルディブ / 朝食ビュッフェ
場所メインダイニング「KITCHEN」
営業時間7:00 - 10:30
服装スマートカジュアル
 それにしても、2日目の朝は、変な寝方をしたのか、変なストレッチをしたためか、腰が恐ろしく痛くてまともに歩けない状態に(涙)。大丈夫かな・・・。
 
Image
Wモルディブ キッチンの入り口
 こちらが、Wモルディブのメインダイニング・キッチンの入口だ。エントランスにはスタッフが待機しており、自分の座りたい席を告げると、そこまで飲み物を持ってきてくれる。
 飲み物は、コーヒーや紅茶に加え、最近話題のナイトロコーヒー(ドラフトコーヒー / ビールのようなきめ細かな泡のあるコーヒー)、シャンパン、ミモザ(シャンパンのオレンジジュース割り)も無料でいただくことができる。朝からシャンパンが飲めるなんて、さすがは超ゴージャスなリゾート Wモルディブだ。
 また、卵のメニューも聞いてくれるので、目玉焼きとかスクランブルエッグとか、エッグベネディクトとかをリクエストすると、それも席まで運んでくれる。
 
Image
Wモルディブ メインダイニングの朝の様子
 Wモルディブのメインダイニング「KITCHEN - キッチン」の中の様子がこちら。席はかなりの数が埋まっており、ゲスト構成は中国系6割、インド系1割、中東系1割、欧米系2割と言った感じ。日本人ゲストはスタッフの話によると私達だけ。このWモルディブにはほとんど日本人はやってこないのだそうだ。なお、中国系のゲストが多いと「マナーが悪いんじゃないか?」とか思ったりするかもしれないが、それは全然大丈夫。見た感じかなり若そうな夫婦やカップルが多いんだけど、みんなしっかり稼いでるんだろうなぁ。
 また、私達が訪れている時期はモルディブのオフシーズンにあたる9月なのだが、ゲストの数は結構多そうな感じ。そのため、マリオット上級会員であったとしても、オフシーズンでもお部屋アップグレードを狙うのは、なかなか難しい状況かもしれない。
 
Image
メインダイニング KITCHEN は水の上の席もある
 この朝食ビュッフェ会場のメインダイニング KITCHEN は、いまミヅキが座っているように、下が水になっている席も用意されている。このモルディブは、日中は気温がかなり暑いので、こうして足を水に浸けた状態だと涼しくて気持ちがいい。私達は滞在中、おもにこの水の上の席に座って朝食をいただいていた。
 
Image
スタッフがモルディビアンな衣装の日も
 レストランのスタッフは通常は白い制服を着ていることが多いのだけれど、たまに食事のテーマに合わせて、こうしてモルディブの伝統的な衣装を身にまとっていたりすることもある。この衣装を見ると、ああ、今日はモルディブのローカルフード的な何かも置いてあるんだろうなぁと思ったりする。ミヅキと一緒に記念撮影を1枚♪
 なお、左の彼女は、今度の11月には休みをもらって東京に遊びに行くと言っていた。かなりの日本好きなスタッフも多いWモルディブだ。
 
Image
最初の朝にはスタッフによる食事の説明も
 初めてこのWモルディブのメインダイニングでの朝食に訪れたときには、スタッフによる食事の説明も行ってくれる。かなり丁寧に色々と教えてくれるので、このWモルディブの朝食をより楽しむことができる。
 ついでに、私が腰が痛くて足を引きずって歩いていると「大丈夫ですか?」と気を使ってくれ、「良くなる施術があるかもしれないので、スパのスタッフに伝えておきますね」と言ってくれたりもした。
 ありがたいのだが、でもここのスパ、高いんだよなぁ(笑)。でもこのまま歩けなくなったりしたら大変なので、頼れるものは何でも頼ってみるしかない。
 
Image
Wモルディブ の朝食メニューをチェック!
 それではお待ちかね!Wモルディブの朝食ビュッフェのメニューをチェックしていこう。このビュッフェ会場では、料理が並んでいるカウンターの奥がオープンキッチンになっているので、見た目にも活気があって美味しそうだ。
Image
ハムとスモークフィッシュ
 ハムとスモークフィッシュのコーナー。スモークフィッシュは、魚がその日によって違ったりする。この日はモルディブでリーフフィッシュと呼ばれている白身魚のスモーク。スモークされているので、肉は弾力があって噛みごたえがある。薬味にはオニオンスライス、わさび、生姜なども置かれていて、意外と日本食っぽい感じ。
Image
チーズコーナー
 チーズコーナーには、カマンベールやチェダーチーズ、クリームチーズなど、6種類ほどのチーズが置かれている。朝からこんなにチーズの種類を置いてある朝食ビュッフェはなかなか無い。
Image
自家製ジャムとチョコレートフォンデュ
 こちらはWモルディブで作られている自家製ジャムと、チョコレートフォンデュのコーナー。朝からチョコレートフォンデュが置いてあるのもすごいが、自家製ジャムも一体何種類あるんや・・・というバリエーション豊富な品揃え。
Image
ミヅキ大好きベーカリーコーナー
 ミヅキがニコニコしながら立っているこちらはそう、ベーカリーコーナー。置かれているパンは、マフィンやデニッシュなど様々。壁にはドーナツも掛けられていて、パン屋さんでパンを選ぶような楽しさがある、とのこと。なお、このパンもすべてWモルディブで焼いているもので、味もとても美味しい(ミヅキ談)とのこと。
Image
ブレッドコーナー
 ベーカリーコーナー横には数種類のブレッドが置かれていて、自分で好きなだけ切って持っていこう。隣にはトースターも用意されている。
Image
パンケーキやフレンチトーストのコーナー
 パンケーキやフレンチトースト、ワッフルなどが置かれたコーナー。ソースには、メープルシロップ、バニラソース、チョコレートソース、蜂蜜と美味しそう。蜂蜜は、蜂の巣から目の前で抽出している生タイプのものが使われている。
Image
パンケーキ
 パンケーキ一つを取ってもちゃんと味が付いていて、この日はパッションフルーツのパンケーキとバニラパンケーキの2種類が置かれている。
Image
フレンチトースト
 フレンチトーストも、ストロベリーフレンチトーストと、普通のフレンチトーストの2種類が置かれている。
Image
お肉とオムレツのコーナー
 こちらはお肉料理とオムレツのコーナー。オムレツは具材を指定すればその場で作ってもらえる。お肉料理は毎日違うものが置かれており、この日は「PORK BELLY」つまり豚バラ肉を分厚くこんがり焼いた料理が置かれている。朝からこんな「肉!」みたいな料理が置いてあるのってなかなか無い。
モリオ:「うぉ!お肉置いてるやん!」
ミヅキ:「ほんと、朝から肉々うるさいよねぇw」
モリオ:「だって、こんな分厚い豚肉を朝から食べられるんやで?すごくない?」
ミヅキ:「私は要らないw」
モリオ:「誰も食えなんて言うてないしなw」
 お肉大好きな私は興奮気味だが、ミヅキは冷静なようだ。お肉好きさんは、ぜひこのお肉コーナーをチェックしよう!
Image
ラム肉のロースト
 また別の日にはラム肉のローストなんかも置かれていた。お肉は予め取りやすいように切って置いていてくれているので、お好きなだけどうぞ♪ 美味しいよ!
Image
コンチネンタルブレックファスト
 ホテルの朝食ビュッフェの定番、ソーセージやベーコン、ハッシュドポテト、豆の煮込みなどのコンチネンタルブレックファストも置かれている。ベーコンは普通のベーコンではなくターキッシュベーコンが置かれていたりと、少し個性的。
Image
カレーやフライドライスなど
 また、がっつりお腹に来る、フライドライスやカレー、肉の炒めもの、玉子麺を炒めた焼きそばのような料理も朝から並んでいる。料理の種類はそこまで多くはないが、一つ一つの料理が手を掛けて作られていて、見るからに美味しそうな料理が並ぶ。
Image
麺コーナー
 麺コーナー。お碗に具材と麺を入れて奥のシェフに手渡すと湯がいてもらえる。麺は少し柔らかめなので、腰が強い麺が好きな人はあんまりかも。私も固麺が好きなんだが、そんな時は麺は要らないと言って具材だけ湯がいてもらって、後で麺をスープに入れるといい感じ。
Image
点心コーナー
 蒸籠の中には点心料理も置かれている。このあたりは中国系ゲストが多いためか、中国料理系のものが並んでいる。
Image
お粥コーナー
 お粥コーナーには、スパイシーな香辛料やパクチーなど、アジアンな浸け添えが並んでいる。辛いのが苦手でなければ、お粥にこれらの香辛料をトッピングして、最後に醤油を垂らしてやれば、美味しいアジアンなお粥がいただける。
Image
サラダコーナー
 サラダコーナーは、きゅうりや豆、人参、パプリカ、トマト、コーン、レタス(白いボウルの中)といった食材が並んでいる。
Image
ピタに挟んで召し上がれ♪
 ビュッフェコーナーの端のほうには、ヨーグルトと野菜みたいなのを混ぜ込んで作ったような、見慣れない料理が置かれている。多分ハラール系の食事なのかな?横に置かれたピタパンに挟んで召し上がれ♪ ちなみに写真の中央に写っているのはドレッシングボトル。横からはフレンチドレッシング、上からはオリーブオイル、といった具合に1瓶で2種類のものが出てくる仕組みになっている。
Wモルディブ の予約へ(マリオット公式サイト)
※ Marriott Bonvoy - マリオット・ボンヴォイ・ゴールドエリート会員以上の特典である、お部屋アップグレードや、レイトチェックアウト、ウェルカムギフトポイント等は、マリオット公式サイトからの予約にのみ適用されます。
Image
フルーツコーナー
 フルーツコーナーには、パイナップルや、スイカ、パパイヤ、バナナといったフルーツが氷に冷やされて置かれている。
Image
ミルクも4種類
 ミルクコーナーには、なんと4種類のミルク、牛乳、スキムミルク(粉乳)、豆乳、そして最近注目されているアーモンドミルクも置かれている。
Image
フレッシュジュース
 ジュースコーナーには瓶に入ったフレッシュジュースが置かれている。種類は、オレンジジュース、グリーンジュース(青汁のようなもの)、ウォーターメロンジュース、パイナップルジュース、といった感じ。
Image
フルーツはカットしてくれる
 このフレッシュジュースには、ジュースの他、フルーツも丸ごと置かれているのだが、こちらのフルーツは、スタッフに頼めばカットして持ってきてくれたりもする。
Image
水出しコーヒーと紅茶
 真ん中の氷に冷やされているのは水出しコーヒー、その両横の瓶にはシナモンティーと、トロピカルアイスティー。コーヒーも紅茶もこだわって作られている感じがヒシヒシと伝わってくる。
Image
シリアルとドライフルーツ
 シリアルとドライフルーツも可愛らしい瓶に入っている。Wモルディブの朝食メニューは、どれもこだわった感じの料理や食材が置かれていて、あれもこれも食べたくなってしまうようなそんな魅力がある。
 
Image
Wモルディブ 朝食ターイム!
 それでは、ザクッとWモルディブの朝食メニューを見てきたところで、私達もそろそろ朝食をいただくことにしよう。ちなみに、シャンパングラスに入っている飲み物はミモザで、タンブラーに入ってる黒ビールのような飲み物はナイトロコーヒーだ。
 
Image
その前にアラカルトメニューを紹介
 ・・・とその前に、アラカルトメニューについても紹介しておかなくては。ここ、Wモルディブの朝食ビュッフェでは、上で紹介したビュッフェメニューの他に、オーダーして持ってきてもらうアラカルトメニューも用意されている。
 アラカルトメニュー内容はテーブルに置かれているメニューで確認できるが、英語と中国語表記だけなので、ちょっとわかりにくいが、以下のようなメニューがあるようだ。
  • Egg White Frittata(卵に色んな具材を混ぜ込んで焼いた、卵とじ野菜のような料理)
  • ポーチドエッグとチョリソー、ハムなどの詰め合わせ
  • ヘルシーボウル(フルーツヨーグルトのようなメニュー)
  • バナナパンケーキのフルーツとアイスクリーム乗せ
Image
バナナパンケーキ
 そのアラカルトメニューの一つがこちらのバナナパンケーキ、ココナッツアイスクリーム乗せ。パンケーキにバナナや、マンゴーコンポート、ココナッツアイスクリームが乗ったメニューだが、これが甘くて美味しかった。特に上に乗っているココナッツアイスが絶品。
Image
アイスクリームだけもらってみた
 あまりにもこのココナッツアイスクリームが美味しかったので、アイスクリームだけ欲しいと頼むと、メニューには無いけれど、ココナッツアイスクリームだけ持ってきてもらうことが出来た。ふわっとココナッツの香ばしさが美味しいアイスクリームで、凝固剤や卵などを一切使わずにナチュラルなものだけで作っているそうだ。モルディブで朝から美味しいアイスクリームを食べられるなんて…口の中でサーっと溶けていく爽やかな食感は格別だ。
 
Image
エッグメニュー
 エッグメニューも色々とあり、目玉焼き一つでも、Sunny Side Up - 片面焼き、Over Easy - 両面焼き(黄身が半熟)、Over Hard - 両面焼き(黄身を固く焼いたもの)など、色々と好みを言えば作ってもらえる。その他オムレツ、ポーチドエッグ、ボイルドエッグ(ゆで卵)なんかもメニューに乗っている。
Image
エッグベネディクトも作ってもらえる
 また、メニューには無いがエッグベネディクトも頼めば作って持ってきてくれる。エッグベネディクトにはスモークサーモンやクリームチーズも挟まれてて非常に美味しかった。
 
Image
私達が食べた朝食プレート
 では私達が実際にWモルディブの朝食ビュッフェで食べたプレート内容を紹介していきたいと思う。まず最初は、ミヅキのとある日の朝食プレート。相変わらず、パンにヨーグルトに、サラダ、フルーツ、チョコレートフォンデュ・・・と色んなものがごちゃまぜに盛られたプレートだが、最近慣れてきたのか、少しお皿の彩りが良くなってきている。美味しそうだな・・。
Image
スモークフィッシュのサラダ
 私がとある日に食べたのは、こちらのスモークフィッシュの切り身を混ぜて作ったサラダ。美味しそうに盛れたんじゃないかなと思う。
モリオ:「美味しそうでしょ?」
ミヅキ:「その魚が無かったらなぁw」
モリオ:「スモークフィッシュ、美味しいよ?」
ミヅキ:「生魚は食べられないし。」
モリオ:「いや、これスモークしてあるで?」
ミヅキ:「その生っぽいグニャグニャしてそうな食感が無理w」
 私達の食の好みはことごとく合わない。
Image
朝から麺類
 私が毎朝喜んで食べていたのが、こちらのラーメンのような何か。中には玉子麺が入っていてトッピングはかなりスパイシーに仕上げていていい感じ。シンガポールなんかで食べられそうな麺料理だな。
Image
もちろんお肉も食べる
 そして、上で紹介した豚バラの厚切りステーキも朝から食べる。ここで朝お腹いっぱい食べると、お昼はちょっと食べられないぐらいの満足感になる。お昼、レストランで食べようとするとやはり一人100ドル近くしたりするので、食費を浮かせるためにも、朝しっかり食べておくのが私達のWモルディブでの食費対策だ(笑)。
 
Image
ミヅキは朝からよく食べる
 それにしてもミヅキは、朝からよく食べる。私は旅行に行くと、だんだん朝の食欲が無くなっていってしまう傾向にあるのだが、ミヅキはとにかく張り切って朝から色んなものを盛ってくる。
 私があまり食欲が無くてお粥さんとスープだけを持ってきた日のミヅキのプレートは、サラダにデカいソーセージに、揚げ物に、フライドライスに、極めつけはストロベリーのフレンチトーストもトッピング。この後、フルーツもたくさん持ってきてたし、、、。とにかく美味しそうによく食う。ほんと、旅行に行く度に太るわけだわな・・。
 
Image
朝からシャンパン
 さて、Wモルディブでは朝からシャンパンも無料でいただけるのだが、このシャンパンを飲む終わる頃にはすかさずスタッフがやってきて「もう一杯いかがですか?」とお代わりをすすめられる。朝からお酒を飲んで酔っ払ってしまうと何もできなくなって大変・・・ではあるが、ここモルディブのリゾートでは、やらなければならないことなんて何にも無いので、やっぱり飲んでしまう(笑)。Wモルディブって最高だなぁ。
Image
フレッシュミモザ
 また、このシャンパンを楽しく飲んでいると、スタッフがやってきて「パッションフルーツを入れるとミモザのような味になって美味しいですよ」と教えてくれたりもする。実際にお皿に置いていたパッションフルーツを掬ってシャンパンに入れてやると、贅沢なフレッシュフルーツのシャンパンカクテルが出来上がる。美味しい・・・けど、これは飲みやすくて酔うなぁ・・・。
 とまぁ、こんな感じで、外の席に座っていても、スタッフが色々と話しをしてくれたり、食事をより楽しくするようなアイデアをくれたりと、ほんと、このWモルディブはスタッフも最高のおもてなしをしてくれる。
 
Image
食事中に他のスタッフもやってくる
 また、このWモルディブで朝食をとっていると、たまにこうして色んなところからスタッフがやってきて、滞在の提案をしてくれる。この時は、Wモルディブのスパ「AWAY SPA」のスタッフが。私が腰が痛くて大変だった時に、他のスタッフにその話を聞いてやってきてくれたのだ。
 どうやら、痛みを緩和するのにホットストーンのマッサージが良いとのことで、この時は私は90分のホットストーンのマッサージを予約した。するとミヅキも一緒にやりたいと言い始め、ミヅキも90分のアーユルヴェーダトリートメントを予約。結局二人で90分、みっちりスパ・マッサージを受ける事になった。
 なお、スパ・マッサージはマリオット・プラチナメンバー以上は、割引は無いけれどこの時は+15分(だったかな?)の時間延長サービスを受けることができた。
Image
別の日にやってきたダイビングスタッフ
 別の日の朝食の時間帯には、ダイビングスタッフが、アクティビティの提案をしにやってきた。話によると、今日の夕方からサンセットフィッシング(1人110ドル)があるので、それのお誘いだった。
 ボートフィッシングは、前にインドネシアのギリ島でやって全然釣れなかった悲しい思い出があるのだが・・・
 ダイビングスタッフの話によると、モルディブの海では比較的簡単に魚が釣れるので、全く釣れないということは無いと思う、とのお話。
モリオ:「釣った魚、食べられます?」
スタッフ:「ええ、お好きなレストランでシェフがやってくれます。焼く調理で1匹30ドル、刺し身なら1匹50ドル(70ドルだったかも?)で調理します。」
 どうせ、夜レストランで食べようと思ったら、一人200ドル前後はかかってくるWモルディブ。それならいっそ、フィッシングにチャレンジして、魚が釣れたら今日の晩ごはんが食べられるというゲームも面白い。しかも、サンセットも船の上から見られるのだから、これもいい思い出になるはずだ。
ミヅキ:「じゃあ、晩ごはん釣りにいこう!」
モリオ:「よし、そうしよう!」
 なお、このフィッシングの成果などのお話については別の特集ページにてお伝えできればと思っている。
Image
Wモルディブのマネージャークラスからの挨拶も
 あるときには、Wモルディブのマネージャークラスの人からの挨拶もあったりした。彼らは、ちゃんと私がチタンエリートであることを認識していて、かならずそのことに触れてくれるのだ。ここまでマリオットの上級会員に対する敬意を表してくれるホテルは少ない。それだけ、ホスピタリティとサービス、そして特別感を感じさせてくれる極上リゾートホテルだというわけだ。
Image
時にはDJの選曲も
 また、とある日の朝食では、外でハウスDJによるプレイが行われていることも。彼女は現在、Wモルディブに2年以上専属DJとして携わっているジェニファーさん。私もプロのDJで食っていけるのを憧れてた青春時代があったので、こうして彼女がこのゴージャスなホテルの専属DJとして携わっているのを見ると、ちょっと羨ましくも思う。それにしても、彼女の選曲は、昔ながらの王道ハウス系を繋ぐので好きだわぁ。
Image
ワインの試飲会のお誘いも
 またまたとある日には、朝食レストランのスタッフから、こんなお手紙を手渡されたことも。手紙の中身は「今日の15時からレストランFIREでワインの小さな試飲会開くので来てね!」というもの。ワインなんて全然詳しくないんだけど、さらに英語でワインのこと説明されても理解できる気がしないけど・・・誘われたからには行くしか無い。
 このワインセレモニーのお話については、このモルディブ旅行の話が旅行記として始まった際に紹介するとして・・・とにかく、こんな感じで気がつくとWモルディブでは、何も予定を立てていなくても毎日のやることが、この朝食ビュッフェの時間を通して自然と決まっていくのだ。
 
Image
Wモルディブ 朝食ビュッフェ・まとめ
 Wモルディブのメインダイニング「KITCHEN - キッチン」の朝食ビュッフェの料理、そしてその内容はいかがだっただろうか。
 普通、ホテルの朝食ビュッフェというと、食事をするということだけで全てが完結するのだけれど、もちろん、このWモルディブの朝食は料理もとても美味しいのだけれど、その食事だけでなく、一日のスケジュールを決めていったり、またリゾートスタッフとの親交を深めたりと、リゾートでのステキな一日の始まりとしてのイベント的な時間となっている。
 Wモルディブに宿泊するときは、ほぼ必ずこのメインダイニング「KITCHEN」での朝食をいただくことになると思うが、ここに訪れた時は、食事はもちろん、スタッフと仲良くなったりしていくなかで、滞在をもっと楽しむヒントも一緒に見つけてほしいと思う。それでは!
Wモルディブ の予約へ(マリオット公式サイト)
※ Marriott Bonvoy - マリオット・ボンヴォイ・ゴールドエリート会員以上の特典である、お部屋アップグレードや、レイトチェックアウト、ウェルカムギフトポイント等は、マリオット公式サイトからの予約にのみ適用されます。
AdBlockを解除してページ更新すると、全てのコンテンツが表示されます。
Please remove AdBlock for displaying all contents.
更新記事
card card 【SPGアメックス】私達の旅行をアップグレードさせた「SPGアメックス」のメリットとデメリットを告白! card card マイナポイントでおすすめのクレジットカードはイオンカード(WAON一体型)!【マイナポイント】 life life スマホでのマイナポイント申込方法を詳しく解説!【イオンカード(WAON一体型)編】 game game 【ポケ森 攻略】ミニハニワあつめ~ハッピー☆ハロウィンパレード~ミニハニワを簡単に集める方法【どうぶつの森 ポケットキャンプ】 hotel hotel 【ルネッサンスリゾートオキナワ】一日限定30食の琉球朝食も楽しめる和食レストラン「彩り」の朝食【宿泊者は無料】 game game 【ニンテンドースイッチ抽選】うぁっ!もう一台あつ森セットの抽選販売に当たってしまった! hotel hotel 【ルネッサンスリゾートオキナワ】宿泊者は無料のセイルフィッシュカフェの朝食をレビュー! game game スーパマリオブラザーズ発売35周年を記念して無料配信中のスイッチのゲーム「SUPER MARIO BROS. 35」をプレイレビュー!【MOTTAのゲームレビュー vol.2】 game game 【あつ森 株価】あつまれ どうぶつの森 カブ価 予測 ツール【株の仕組み】 beauty beauty 【POLA BA 第6世代】新しくなったB.Aは買うべき?今までのB.Aとの違いを詳しくレビュー【ポーラ 口コミ 】 game game 今から始めても楽しめる?オーバーウォッチが期間限定で無料プレイできるのでやってみた【MOTTAのゲームレビュー vol.1】 hotel hotel シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート 宮崎 / カテゴリー4 - マリオット・ボンヴォイ ホテル宿泊レビュー vol.32 game game 【あつ森】キャンプサイト厳選で「ちゃちゃまる」GET!確率と厳選方法を公開【あつまれ どうぶつの森 攻略】 game game 【あつ森】誰でも簡単!モルディブをテーマにしたリゾートアイランド開発♪【あつまれ どうぶつの森 島クリエイト】 更新記事をもっと見る
 
アクセスランキング
ranking 1 ranking 1 【ミラブルの効果とミラブルプラスの効果は?】中年夫婦が買って使った実体験レビュー!サイエンス ミラブルプラス シャワーヘッドの良い点・悪い点の正直な口コミ ranking 2 ranking 2 あつまれ どうぶつの森 全住人(登場キャラ / どうぶつ)の性格や趣味・相性などのまとめ【あつ森 ゲーム攻略 - ニンテンドースイッチ】 ranking 3 ranking 3 悲報!2台のニンテンドースイッチで同じ島の住人になって同時プレイできないなんて・・不満【あつまれ どうぶつの森 / あつ森】 ranking 4 ranking 4 冬の沖縄・新型コロナウイルスに翻弄されて…リッツカールトン沖縄旅行記 2020 ranking 5 ranking 5 【ポケ森 攻略】ちゃちゃまるを自分のキャンプによぶ方法を詳しく紹介【どうぶつの森 ポケットキャンプ】 ranking 6 ranking 6 【SPGアメックス】私達の旅行をアップグレードさせた「SPGアメックス」のメリットとデメリットを告白! ranking 7 ranking 7 【脱毛ラボ ホームエディション 口コミ】買って良かったのか?中年夫婦が買って使った正直な感想をレビュー。お得な店も【家でできる 全身脱毛 】 ranking 8 ranking 8 【POLA リンクルショット 口コミ】50代が実際に使ってみた正直な感想とレビュー写真【シワ改善の効果は?】 ranking 9 ranking 9 【星空 撮影 アプリ】iPhoneで満天の星空の撮影方法・天の川も撮れる!【スマホ おすすめ アプリ】 ranking 10 ranking 10 【白髪を活かして金髪 シャンパンカラー グレイ ヘア・40代からの白髪とグレイヘア】ミヅキの髪色の秘密
SPGアメックス SPGアメックスカード 国内&海外を旅するモリオとミヅキの旅行スタイルをびっくりするほどアップグレードさせた『最強』のクレジットカード - SPGアメックスを紹介。 詳細記事へ MileagePlusセゾンカード MleagePlusセゾンカードはマイルがザクザク貯まって国内旅行にも強い。今なら最大3万マイルボーナスキャンペーンも!
COPYRIGHT (c) 2015 - 2020 MEASURETRIP
ALL RIGHTS RESERVED
メニュー もどる 上へ