お得に楽しい旅行&スタイルブログ - メジャートリップ
TOP W モルディブ(旧:Wリトリート&スパ モルディブ) / カテゴリー8 - マリオット・ボンヴォイ ホテル宿泊レビュー vol.20 【W モルディブ】プール付き&ビーチフロントのワンダフル・ビーチ・オアシス(1ベッドルームヴィラ)を宿泊 / 滞在レポート!
hotel - ホテル
更新日 2020年07月01日

【W モルディブ】プール付き&ビーチフロントのワンダフル・ビーチ・オアシス(1ベッドルームヴィラ)を宿泊 / 滞在レポート!

Image
Wモルディブ - ワンダフル・ビーチ・オアシス
 Wモルディブのプール付きビーチヴィラ「ワンダフル・ビーチ・オアシス」を宿泊 / 滞在レポート!このワンダフル・ビーチ・オアシスのお部屋は、広さはなんと188m2と超広々。建物も1棟1部屋の2階建てのプライベート感抜群のヴィラになっており、外にはプライベートプール付きのバルコニー、2階にはブランコの付いたデッキも備えたゴージャスな設備がてんこ盛り。さらに、バルコニーを外に抜ければ、極上のビーチがすぐ目の前!
 そんなWモルディブのワンダフル・ビーチ・オアシスのヴィラの詳細を、できるだけ詳しく写真付きでお届けしたいと思う。では行ってみよう!
Wモルディブ の予約へ(マリオット公式サイト)
※ Marriott Bonvoy - マリオット・ボンヴォイ・ゴールドエリート会員以上の特典である、お部屋アップグレードや、レイトチェックアウト、ウェルカムギフトポイント等は、マリオット公式サイトからの予約にのみ適用されます。
今回のお話の舞台場所は...
 
目次
  1. Wモルディブ - ワンダフル・ビーチ・オアシス
  2. W モルディブ - ワンダフル・ビーチ・オアシスのロケーション / 場所
  3. W Maldives - ワンダフル・ビーチ・オアシスのフロアプラン
  4. ワンダフル・ビーチ・オアシスのエントランス
  5. ワンダフル・ビーチ・オアシス ベッド&リビングルーム
    1. リビングエリア
  6. チタンエリート会員向けのサプライズギフト
    1. Wホテル仕様のチョコレート
    2. 各種フルーツ
    3. ココナッツを使ったお菓子
    4. ココナッツジュース
    5. シャンパン
  7. 天井にはファン
  8. ベッドは寝心地抜群
    1. ベッド横のサイドテーブル
    2. コンセントとドリンクウォーター
  9. テレビと室内ハンモック
    1. ライフジャケット
  10. メインルームのデスク
    1. キチネットコーナー
    2. アイスペールには氷
    3. デスク横にもコンセント
    4. スピーカーシステム
  11. インルームダイニング / ルームサービス
  12. Wモルディブ お部屋のミニバー
    1. コンプリメンタリーな飲み物 / 食器類
    2. 冷蔵庫の中
    3. ワインクーラー
  13. エントランスのクローゼット
    1. クローゼットの中
    2. Wモルディブのクリーニングサービス
    3. ビーチタオルとスリッパ
    4. スタンドミラーと予備のトイレットペーパー
  14. 個室のトイレ
  15. Wモルディブ ワンダフル・ビーチ・オアシスのバスルーム
    1. 半分屋外のバスルーム
    2. バスインテリアの植物も美しい
    3. バスタブ
  16. Wモルディブ のバスアメニティ
    1. 種類豊富なバスアメニティ
    2. バスアメニティは「bliss」
  17. W モルディブ ワンダフル・ビーチ・オアシスのバルコニー
    1. プライベートプールにカバナ、ビーチチェア
    2. プライベート感抜群のバルコニー
    3. プライベートカバナ
    4. ビーチにも直接アクセス可能
      1. 目の前のビーチ
    5. ビーチから戻ったら足を洗おう
    6. ビーチベッド
    7. 2階のデッキエリア
    8. ブランコでモルディブを満喫♪
    9. デッキにはファンが付いている
    10. デッキからの眺め
  18. Wモルディブ ワンダフル・ビーチ・オアシスは本当に「ワンダフル」
目次の全表示
 
Image
W モルディブ - ワンダフル・ビーチ・オアシスのロケーション / 場所
 Wモルディブの部屋の配置マップは下の通り。
 ワンダフル・ビーチ・オアシスのロケーションは、Wモルディブの島側のビーチ沿いに位置する。島の内側には島を一周する道が付いており、この道側からお部屋にアクセスできるようになっている。これから向かうのはワンダフル・ビーチ・オアシスの123号室。上のマップの緑で色付けた場所の部屋だ。
 
Image
W Maldives - ワンダフル・ビーチ・オアシスのフロアプラン
 Wモルディブ ワンダフル・ビーチ・オアシスのフロアプランがこちら。中央にはキングサイズのベッドが置かれたメインルーム。外にはプライベートプールやカバナ、ビーチベッドが置かれたバルコニー、バスルームとトイレは別々となっており、入口入ってすぐには大きなクローゼットも用意されているフロアプランとなっている。
 
Image
ワンダフル・ビーチ・オアシスのエントランス
 Wモルディブ「ワンダフル・ビーチ・オアシス」のエントランスがこちら。裏口から入っていくような、そんな隠れ家的な入り口になっている。
 
Image
ワンダフル・ビーチ・オアシス ベッド&リビングルーム
 Wモルディブのメインルーム。大きなキングサイズのベッドが部屋の中央にドーンと置かれている。部屋はベッドのあるスペースと、テーブルやソファが置かれたスペースの区切りには段差があり、一つの広い空間を高さで区切って家具が配置されている。
Image
リビングエリア
 ベッド前には、キングサイズのベッドと同じ幅のベッドが配置され、ソファ前にはコーヒーテーブルも用意されている。あれ?テーブルの上がにぎやかだな。何が置かれているのか見てみよう。
 
Image
チタンエリート会員向けのサプライズギフト
 そのコーヒーテーブルの上には、色とりどりのチョコレート、ココナッツのお菓子、フルーツ、ココナッツジュース、そしてシャンパン、ミネラルウォーターが置かれ、Wモルディブのマネージャーからの手書きのメッセージが添えられている。どうやら、これはマリオット・ボンヴォイ・チタンエリート会員の私達に向けたサプライズギフトのようだ。それにしてもすごい豪華な内容のウェルカムアメニティ。さすがWホテルだ。
Image
Wホテル仕様のチョコレート
 このサプライズギフトをもう少し詳しくチェックしてみよう。こちらは色とりどりのチョコレート。このビビッドな色合いは、Wホテルらしいコントラストだ。
Image
各種フルーツ
 フルーツプレートには、パッションフルーツ、オレンジ、キウイ、マンゴー、ランブータンが乗っている。これは自分で切って食べてもいいし、スタッフに頼めば切ってもらうことも可能だ。
Image
ココナッツを使ったお菓子
 こちらはココナッツを使ったお菓子。初めて食べるが、ふわっとしててほのかに甘くて美味しいスイーツだ。モルディブの伝統的なお菓子か何かなのかな?
Image
ココナッツジュース
 天然のココナッツジュースも置かれている。上には切り込みが付けられており、ここにストローを挿していただくことができる。もちろんストローも用意されている。
Image
シャンパン
 そしてサプライズギフトの極めつけはこちらのシャンパン。まさかシャンパンまで1本置かれているとはビックリした。置かれていたシャンパンは「Le Testulat - Carte d’Or Brut」。日本ではあまり馴染みのない銘柄であるが、飲み口はスッキリしていてフルーティ。シャンパンに弱い私はすぐ酔っ払いそうだ・・・。
 
Image
天井にはファン
 さて、サプライズギフトの紹介はこのあたりにして、お部屋をもっと詳しく見ていこう。このベッドルームの天井にはファンが付いており、これを回すとクーラーが良く効いて寒いぐらいになる。
 
Image
ベッドは寝心地抜群
 ベッドのマットレスは程よい硬さで寝心地抜群。ベッドの横には、個性的なロープの形をした間接照明も。奇抜なインテリアだが、Wホテルらしい。
Image
ベッド横のサイドテーブル
 ベッド横のサイドテーブルには電話とメモ用紙、スピーカー付き目覚まし。この電話は、ワンプッシュでサービスデスクに繋がり、島内移動用のバギーをリクエストしたり、ルームサービスを頼んだりすることができる。Wモルディブに滞在中はよく使うことになる。
Image
コンセントとドリンクウォーター
 反対側のサイドテーブルには、ドリンクウォーター(無料)とコンセントタップ。コンセントはマルチタップタイプとなっていて、日本のAタイプのコンセントも差し込める(電圧は海外仕様なので注意)。またUSBポートも2つ付いているという親切設計だ。
 
Image
テレビと室内ハンモック
 お部屋の側面にはポールに取り付けられたテレビや室内ハンモック。テレビは様々なCATVチャンネルが映るが、離島ゆえに放送の電波状況は悪めなためかノイズがよく入る。なお、Wモルディブの敷地内では無料のWiFiがどこでも利用できて、さらに通信速度もモルディブとは思えないぐらい早い。
Image
ライフジャケット
 テレビのポールの下には、お部屋専用のライフジャケットも。このWモルディブのワンダフルビーチオアシスは部屋の前がビーチになっており、シュノーケルも簡単にすることができる。そのため、こうしてお部屋ごとにライフジャケットも完備されているというわけだ。ちなみにシュノーケルセットは、ダイビングショップで無料で借りることができる(返却はチェックアウト前でOK)。
 
Image
メインルームのデスク
 メインルームには壁際に鏡付きのデスクも備わっている。このデスクの上には、電話やリゾート案内など、Wモルディブ滞在に必要な情報が全部揃っている。
Image
キチネットコーナー
 デスク横のキチネットコーナーには、カプセル式のコーヒーメーカー、アイスペールなどが置かれている。特筆すべきは、ここに置かれたコーヒーメーカー(写真左)。メーカー横のボトルは電気式のヒーター&クーラーとなっており、抽出したコーヒーを中に入れると、中身を再加熱、冷却してくれるというスグレモノ。ただ、冷却機能はコーヒーを冷ます程度の能力しか無いので、冷ました後は氷を入れて冷やそう。
 写真中央のボトルはスパークリングウォーターが入ったボトルで、サービスカウンターに言えば追加を持ってきてもらえる。
Image
アイスペールには氷
 アイスペールにはルームキーピングの際に、常に新しい氷を入れてくれるが、外には製氷機もあるので、無くなったら自分で氷を取りに行くことも可能となっている。
Image
デスク横にもコンセント
 デスク横の壁にもマルチタップのコンセント。この部屋だけでも色んな場所にコンセントが備わっているので、充電などで電源がほしいときにも困ることは無い。
Image
スピーカーシステム
 デスク下には、BOSEのスピーカーシステムも置かれている。スマホとはBluetoothで接続することができるので、お部屋に滞在中は自分の好きな音楽を聞いて過ごすことができる。また、このスピーカーシステムはバルコニーサイド(お部屋の外)にもスピーカーが付いており、自分のプライベートプールで遊びながら音楽を楽しむ事ができる。
 Wホテルは、この「音楽」という要素もコンセプトにしているホテルブランドなので、音楽に関する設備にもかなり気合が入っているというわけだ。
 
Image
インルームダイニング / ルームサービス
 このWモルディブを含むWホテルのメインコンセプトは「Whatever, Whenever - 何でも、何時でも」。というわけで、ここWモルディブでは24時間営業のインルームダイニング / ルームサービスが用意されている。予算的には2人で1食100ドル前後だが、外のレストランになると一人200ドル前後(飲み物別)するので、実はこのルームサービスがWモルディブでは一番リーズナブルでお得。
 ただし、外のレストランでは、SPGアメックスカードを持っているとゴールドエリート会員特典の15%OFF(2020年12月31日までは20%オフ)、プラチナエリート会員以上は20%OFF(2020年12月31日までは30%オフ)を受けられるが、インルームダイニングに関しては割引対象外なので注意。
 なお、このWモルディブのインルームダイニングメニュー(2019年10月現在 一部抜粋 / 税、サービス料別)は以下の通り。
Wモルディブ / ルームサービス(一部抜粋)
朝食 / 6:00-10:30
アラカルト
卵料理(オムレツ、エッグベネディクトなど)
25USD
パンケーキ / フレンチトースト / ワッフル
20USD
ヨーグルト
12USD
パンのバスケット
20USD
ローカルプレートセット
45USD
アジアン / エスニック
お粥
20USD
ヌードルスープ
20USD
点心料理
20USD
パラーター
20USD
オールデイメニュー / 12:00-23:00
サラダ
シーザーサラダ
28USD
ブッラータ
32USD
モルディブ風ツナサラダ
30USD
アラカルト
ミネストローネ
28USD
トムヤンクン
34USD
ローストパンプキン
30USD
W ビーフバーガー
44USD
チキンバーガー
36USD
各種パスタ
35USD
クラブサンドイッチ
35USD
ピザ - マルゲリータ
32USD
ピザ - シーフード
36USD
ピザ - タンドリーチキン
35USD
フィッシュ&チップス
45USD
主食
モルディブ風フライドライス
42USD
パッタイ
42USD
バターチキン
46USD
ビリヤニ
40USD~50USD
グリル
フィッシュ
40USD
テンダーロインビーフ
65USD
チキン
40USD
ラム肉
55USD
夜食メニュー / 23:00-6:00
アラカルト
シーザーサラダ
28USD
ブッラータ
32USD
W ビーフバーガー
44USD
チキンバーガー
36USD
ピザ - マルゲリータ
32USD
ピザ - シーフード
36USD
洋梨のクランブルタルト
18USD
チーズケーキ
18USD
ドリンクメニュー / 24時間
シャンパン
ドン・ペリニヨン(2004 Epernay)
600USD
ヴーヴ・クリコ(Yellow)
240USD
Moet&Chandon(Brut Reims)
180USD
Louis Roederer Carte Blanche(Demi-Sec Reims)
290USD
Louis Roederer Cristal Rose(2006 Epernay)
1400USD
ドン・ペリニヨン ロゼ(1996 Epernay)
880USD
etc …
ワイン
白ワイン(ボトル)
75USD~190USD
赤ワイン(ボトル)
75USD~430USD
その他
各種ビール
15USD
エヴィアン / 750ml
12USD
アイスティー / レモネード(250ml)
9USD
アイスティー / レモネード(750ml)
19USD
 Wモルディブの食事では、このルームサービスが一番安いんだけど、改めて見返しても、シーザーサラダだけでも28ドル(約3,100円)するので、やっぱりかなり高いよなぁ(苦笑)。
 
Image
Wモルディブ お部屋のミニバー
 Wモルディブ ワンダフル・ビーチ・オアシスのお部屋に用意されているミニバーも見ていこう。ミニバーには、様々なおつまみ、スナック、そしてジンやウォッカといったスピリッツも用意されている。
Wモルディブ / ミニバー(一部抜粋)
ドリンク
アルコール類
Absolut Blue ウォッカ
49USD
ビフィータ・ジン
49USD
バカルディ・ラム
49USD
ハイネケン
15USD
カールスバーグ
15USD
タイガービール
15USD
ミネラルウォーター
Evian
7USD
Badoit
7USD
スナック
ポテトチップス
9USD
プリングルス
9USD
チョコレート
9USD
グミ
9USD
etc…
その他
ファーストエイドキット
7USD
Intimacy Kit(つまりコンドームなどの避妊具類)
10USD
 何気にコンドームとかまで置かれているのにはちょっとビックリ(笑)。なお、ミニバーにはファーストエイドがあるが、レセプション近くには医師が待機しているクリニックもあるので、具合が悪い時は訪ねてみよう。ただ、対応はすべて英語となるので注意。
Image
コンプリメンタリーな飲み物 / 食器類
 ミニバーの下の棚には、ワイングラスやタンブラー、マグカップ、電気ケトル、そして無料のコーヒー(カプセル式)や紅茶も置かれている。ちなみに、ここWモルディブの水道水は、浄化設備がしっかりしているので「飲もうと思えば飲むことができる」。ただ、リクエストすればボトルウォーター(無料)などは持ってきてもらえるので、あえて水道水を飲水に使う必要は無い。
 また、海外のホテルでは、無料のものを「Complimentary - コンプリメンタリー」と呼ぶので、それが無料なのかどうか聞きたい場合は「Is it Complimentary ?」と言えば教えてくれるので参考までに。
Image
冷蔵庫の中
 ミニバー下には冷蔵庫も完備。中には予めビールやミネラルウォーター、コーラを始めとする炭酸飲料、フレッシュジュースが冷やされている。ここで注目したいのは「上段のジュース、炭酸類は無料(ミネラルウォーターやビールは有料)」ということ。これは何気にスゴいサービスだ。
 通常モルディブでは、オールインクルーシブのリゾート以外では、何から何まで有料となっているのだが、Wモルディブは飲水が毎日提供されたり、外に出ればトニックウォーターやリンゴが冷えた冷蔵庫が置かれていたり、そしてミニバー冷蔵庫のジュースや炭酸飲料が無料になっていたりと、飲み物に関して困ることがない。さらにサービスに電話すれば、いつでも補充の飲み物を持ってきてくれる。この飲み物に関しては、このWモルディブはかなりお得なのでおさえておこう。
Wモルディブ の予約へ(マリオット公式サイト)
※ Marriott Bonvoy - マリオット・ボンヴォイ・ゴールドエリート会員以上の特典である、お部屋アップグレードや、レイトチェックアウト、ウェルカムギフトポイント等は、マリオット公式サイトからの予約にのみ適用されます。
Image
ワインクーラー
 冷蔵庫のお隣にはワインクーラーも用意されている。こちらはもちろん有料となっており、価格帯は50USD~95USDとなっている。
 
Image
エントランスのクローゼット
 メインルームの中を見たところで、続いてエントランス入ってすぐのクローゼットの中もチェックしていこう。クローゼットは前面が鏡張りになっている。その横には、お部屋の空調やファン、照明などを調整するコントロールパネルが集まっている。
Image
クローゼットの中
 クローゼットの中には、ハンガー、アイロンとアイロン台、ドライヤー、照明付きスタンドミラー、バスローブ、セキュリティボックス、傘、そして予備のトイレットペーパーが準備されてる。
Image
Wモルディブのクリーニングサービス
 ハンガースペースにはクリーニング用の袋も掛かっている。ここWモルディブでは通常のランドリーサービスも用意されているが、袋に洗濯物を詰め込んでまとめてクリーニングすると75ドルと(Wモルディブ内では・笑)割安のクリーニングサービスも用意されている。どうしても洗濯物が溜まった際には利用してみるのもアリだ。
Image
ビーチタオルとスリッパ
 クローゼットの下には、専用のトートに入ったビーチタオルと、不織布の巾着に入ったルームスリッパ。ビーチタオルはバスタブなどに入れておけば、ルームキーピングの際に取り替えてもらえる。
Image
スタンドミラーと予備のトイレットペーパー
 クローゼットの上の段には、化粧するときに非常に便利なコンセントに挿せば光るスタンドミラーと、予備のトイレットペーパー。この予備のトイレットペーパーが準備されているのは何気に嬉しい。
 
Image
個室のトイレ
 トイレは、お部屋の奥。バスルームとは別の個室に用意されている。トイレには手洗い用の石鹸が準備されているが、このWモルディブの石鹸(Bliss)は、ミヅキ曰く、ウタマロ石けん張りに汚れが落ちるらしい。
 
Image
Wモルディブ ワンダフル・ビーチ・オアシスのバスルーム
 Wモルディブ ワンダフル・ビーチ・オアシスのバスルームも見ていこう。このお部屋のバスルームはこんな感じで、洗面台が2つ、シャワー、そしてシャワー付きのバスタブが用意された広々バスルームになっている。
Image
半分屋外のバスルーム
 このWモルディブ ワンダフル・ビーチ・オアシスのバスルームのポイントは、シャワースペースの上には天井が無くて、半分屋外のようなバスルームになっているところだ。自然光が差し込むバスルームは、使っていて非常に気持ちがいい。昔から、モルディブのバスルームは半分屋外になっていることが多いのだが、ここWモルディブのお風呂も、そのモルディビアンスタイルを踏襲している。
 また、シャワーの水圧は「超強力」。お世辞抜きに超強力で、壁に水を当てようものなら相当な勢いで水しぶきが上がり、お風呂がビシャビシャになるので注意しよう。
Image
バスインテリアの植物も美しい
 そしてこのWモルディブのバスルームには、本物の植物も生えていて、とてもナチュラルな雰囲気を醸し出している。このバスルームのグリーンは、水上コテージのお部屋には無く、お風呂に関してはこのワンダフルビーチオアシス(ビーチヴィラ)が非常に優秀なので、お部屋選びの際には参考にしてほしい。
Image
バスタブ
 Wモルディブ ワンダブル・ビーチ・オアシスのバスルームには、ゆったりサイズのバスタブも用意されている。シャワー付き。その奥にはバスタオル用のハンガーと、水着などを干せるスタンド、そして体重計も用意されている。
 
Image
Wモルディブ のバスアメニティ
 W モルディブのバスアメニティもチェック!バスルームの洗面台付近には、ボディバター(ボディローション)、フェイスウォッシュ、マウスウォッシュ、そしてソープが準備されている。そして、うがい用にして良いのだろう、無料のボトルウォーターも置かれている。
Image
種類豊富なバスアメニティ
 洗面台近くの棚にも、バスアメニティが豊富に置かれている。用意されているのは、歯磨きセット、綿棒、サニタリーバッグ、メイク落とし、ボディスポンジ、コーム、シャワーキャップ、ひげ剃り、裁縫セット。必要なものは全部揃っている。そんな感じ。もちろん使うと、新しいものを補充してくれる。
Image
バスアメニティは「bliss」
 またシャワーエリアのトレイには、シャンプー、コンディショナー(リンス)、ボディウォッシュのボトルも置かれている。ボトルは120mlと、かなりしっかりとした大きさがある。ボディウォッシュはバスタブに入れればバブルバスも楽しめる。
 さて、このWモルディブに置かれているバスアメニティは、全てニューヨーク発祥のスパブランド「Bliss」のものが使用されている。ナチュラル志向のこのブランド「Bliss」のバスソープ類の使い心地は、本当にナチュラルで、悪く言えばツルツルしないので本当に汚れが落ちてるのか不安になるが、お風呂上がりの肌は非常になめらかでスベスベ。きっと本当に肌に良いのだろう。
 
Image
W モルディブ ワンダフル・ビーチ・オアシスのバルコニー
 それでは、お風呂を一通り見たところで、いよいよW モルディブ ワンダフル・ビーチ・オアシスのお部屋のハイライトであるプール付きのバルコニーを見ていこう。バルコニーは、メインルームの中央のガラス戸からアクセス可能だ。
Image
プライベートプールにカバナ、ビーチチェア
 このバルコニーには、プライベートプールにカバナ、そしてビーチチェアも2脚備わった、超豪華な内容になっている。
Image
プライベート感抜群のバルコニー
 Wモルディブは「プライベートな滞在」も重要視しているラグジュアリーホテル。そのため、プール付きのバルコニーは周りが緑などで覆われており、プライバシーを重視した作りにもなっている。
Image
プライベートカバナ
 バルコニーに置かれているプライベートカバナ。カバナというと、リゾートホテルではよく有料で提供されていたりもするが、Wモルディブは各部屋にプライベートプールも、プライベートカバナも置かれていていつでも使い放題。ナチュラルゴージャスなヴィラとなっている。
Image
ビーチにも直接アクセス可能
 そしてこのワンダフル・ビーチ・オアシスからは直接目の前のビーチへもアクセス可能。秘密のビーチに行くかのような、緑に覆われた小道の風景もステキだ。ちなみに写真中央の水桶は、ビーチから帰ってきたときに足の砂を落とすためのもの。
Image
目の前のビーチ
 そして目の前のビーチというのがこちら。このモルディブという場所は、想像を遥かに超えた、美しいビーチが、当たり前のように目の前に広がっている。もちろんシュノーケルもジェッティ付近以外はOKなのでご自由に。
Image
ビーチから戻ったら足を洗おう
 ビーチから戻ったら足を洗って、再びお部屋の中へ。なお、バルコニー側からはお部屋に鍵を掛けられないので、念の為、貴重品はクローゼットの中のセキュリティボックスにしまっておこう。
Image
ビーチベッド
 バルコニーにはビーチベッドと、テーブル&チェアも用意されている。専用のビーチベッドがあるというのは、いちいちベッドの取り合いをしなくていいから本当に幸せ♪ なお、ビーチベッドの横には灰皿も準備されているので、ここでは喫煙OKのようだ。なお、部屋で喫煙するとペナルティチャージ(200ドルだったかな?)が発生するので気をつけよう。
Image
2階のデッキエリア
 バルコニー横にある階段から上に登ると、ブランコが設置されたデッキが置かれた2階エリアへとアクセスできる。写真は、お部屋の説明の際にスタッフに案内してもらっているところ。
Image
ブランコでモルディブを満喫♪
 その二階にあるデッキエリアがこちら。そこには下に置いてある大きなソファがそのままブランコになったようなブランコが吊り下がっている。ブランコの前にはガラス張りの編み込みテーブル。ここで一日中寝ていられそうな、そんな夢のようなブランコソファベッドがそこにはある。
Image
デッキにはファンが付いている
 このブランコデッキの天井にはシーリングファンも取り付けられている。半分屋外なので、さすがにエアコンは付いていないが、両側にはブラインドカーテンが備わっており、プライベート感をより演出することも可能。
Image
デッキからの眺め
 Wモルディブ ワンダフル・ビーチ・オアシスのブランコデッキからの眺めがこちら。ヤシの木の向こうには青々としたモルディブの海が広がる。ヤバいぐらいにリゾートしている眺めだなぁ。
 
Image
Wモルディブ ワンダフル・ビーチ・オアシスは本当に「ワンダフル」
 Wモルディブ ワンダフル・ビーチ・オアシスのお部屋はいかがだっただろうか。Wモルディブでは、このワンダフル・ビーチ・オアシスが一番安いお部屋になっており、ポイント宿泊(Marriott Bonvoy - 1泊 オフピークレート 70,000ポイント / スタンダードレート 85,000ポイント / ピークレート 100,000ポイント)でもこのお部屋が対象となっている。
 いやぁ、それにしても一番お得なお部屋(それでも1泊8万円以上はするが・汗)でもこれだけスゴい設備と環境、眺望が整っているのだから、Wモルディブというのは、本当に非日常感溢れる極上のリゾートなんだと実感。本当にスペシャルなリゾートだ。
Wモルディブ の予約へ(マリオット公式サイト)
※ Marriott Bonvoy - マリオット・ボンヴォイ・ゴールドエリート会員以上の特典である、お部屋アップグレードや、レイトチェックアウト、ウェルカムギフトポイント等は、マリオット公式サイトからの予約にのみ適用されます。
AdBlockを解除してページ更新すると、全てのコンテンツが表示されます。
Please remove AdBlock for displaying all contents.
更新記事
card card 【SPGアメックス】私達の旅行をアップグレードさせた「SPGアメックス」のメリットとデメリットを告白! airline airline 空の上の機内ラウンジも!エミレーツ航空 ビジネスクラス(ドバイ⇔大阪 / A380)を搭乗レビュー!【飛行機の搭乗記】 card card 国内旅行にマイルで行くのにマイレージプラス・セゾンカードがおすすめな理由 / 最新キャンペーンも!【MileagePlusセゾンカード】 game game 【あつ森 攻略】他人の島や自分の島でおサイフのお金(ベル)を地面や床に置く方法【あつまれ どうぶつの森】 card card マイレージ還元率トップ!マイレージプラス・セゾン・ゴールドカード / 最新キャンペーン情報も!【Mileage Plus】 game game 【あつ森】ゲームの始め方とリセマラ 方法を詳しく解説!お気に入りのキャラは何回目に出る?かかる時間は?【リセマラ】 hotel hotel 【シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート 宮崎】アフタヌーンティーも充実のエグゼクティブラウンジ「CLUB」を実体験レビュー! game game 【ポケ森 攻略】しずえとホタルの里で川涼み『ももいろのキキョウのタネ』『きんのせせらぎホタル』『ぎんのせせらぎホタル』の集め方【どうぶつの森 アプリ ポケットキャンプ】 travel book - 2020年2月 travel book - 2020年2月 冬の沖縄・新型コロナウイルスに翻弄されて…リッツカールトン沖縄旅行記 2020 sale sale 【緊急!セール情報】8月2日20時から楽天お買い物マラソンが始まるよ!今回も半額クーポン有るよー! game game 【あつ森】流れ星(流星群)の攻略情報を紹介!流れ星の音や効率的な裏技も♪ game game 【ポケ森 攻略】「ほしくずのうちわ」の集め方・みんなで涼もう!夏の風物詩【どうぶつの森 ポケットキャンプ】 beauty beauty 効果ある?中年太りに悩む私がニンテンドースイッチでダイエットに挑戦!【ゲームでダイエット】 game game 【あつ森 天気】夜空いっぱいに広がる天体ショー・ちゃちゃまるも感動したオーロラが見える条件【あつまれ どうぶつの森】 更新記事をもっと見る
 
アクセスランキング
ranking 1 ranking 1 【ミラブルの効果とミラブルプラスの効果は?】中年夫婦が買って使った実体験レビュー!サイエンス ミラブルプラス シャワーヘッドの良い点・悪い点の正直な口コミ ranking 2 ranking 2 【星空 撮影 アプリ】iPhoneで満天の星空の撮影方法・天の川も撮れる!【スマホ おすすめ アプリ】 ranking 3 ranking 3 悲報!2台のニンテンドースイッチで同じ島の住人になって同時プレイできないなんて・・不満【あつまれ どうぶつの森 / あつ森】 ranking 4 ranking 4 冬の沖縄・新型コロナウイルスに翻弄されて…リッツカールトン沖縄旅行記 2020 ranking 5 ranking 5 【ポケ森 攻略】ちゃちゃまるを自分のキャンプによぶ方法を詳しく紹介【どうぶつの森 ポケットキャンプ】 ranking 6 ranking 6 【SPGアメックス】私達の旅行をアップグレードさせた「SPGアメックス」のメリットとデメリットを告白! ranking 7 ranking 7 【クルーズ船 キャビン 船室 比較】内側・バルコニーなど各船室のメリットとデメリット・写真付【おすすめ キャビン】 ranking 8 ranking 8 【POLA リンクルショット 口コミ】50代が実際に使ってみた正直な感想とレビュー写真【シワ改善の効果は?】 ranking 9 ranking 9 【家族4人夏休みハワイ旅行 予算1人10万円!】裏技で100万円も費用を節約!シェラトン オーシャンフロント5泊+飛行機込 ranking 10 ranking 10 【白髪を活かして金髪 シャンパンカラー グレイ ヘア・40代からの白髪とグレイヘア】ミヅキの髪色の秘密
SPGアメックス SPGアメックスカード 国内&海外を旅するモリオとミヅキの旅行スタイルをびっくりするほどアップグレードさせた『最強』のクレジットカード - SPGアメックスを紹介。 詳細記事へ MileagePlusセゾンカード MleagePlusセゾンカードはマイルがザクザク貯まって国内旅行にも強い。今なら最大3万マイルボーナスキャンペーンも!
COPYRIGHT (c) 2015 - 2020 MEASURETRIP
ALL RIGHTS RESERVED
メニュー もどる 上へ