記事

シェラトン・モルディブ・フルムーンリゾート&スパがカテゴリー6に変更!

目次

  1. シェラトン・モルディブ・フルムーンリゾート&スパ
  2. シェラトン・モルディブ・フルムーンリゾート&スパのカテゴリー変更は3月5日
    1. シェラトン・モルディブ・フルムーンはコスパの高いリゾート
    2. マリオット・ボンヴォイ・アメックスカードは更新時に1泊無料特典が付いてくる
  3. モルディブ(モルジブ)がグッと近くなる!

シェラトン・モルディブ・フルムーンリゾート&スパ

シェラトン・モルディブ・フルムーンリゾート&スパがカテゴリー6に変更!

モルディブ(モルジブ)の玄関口、ヴェラナ国際空港(旧フルレ国際空港)からスピードボートで約20分。利便性抜群の島にあるマリオット&SPGのリゾート「シェラトン・モルディブ・フルムーンリゾート&スパ」のホテルカテゴリーが、2019年3月5日から「7」から「6」へと1ランクダウンする。

このカテゴリーの変更はすなわち、無料宿泊に必要な Marriott Bonvoy points - マリオット・ボンボイ(ボンヴォイ)・ポイントのポイント数が下がるということで、マリオットの会員にとって非常に嬉しい変更となるが、この変更はマリオット・ボンヴォイ・アメックスカードを持っている私達にとっても、相当恩恵が受けられる変更となっているので、その辺りを詳しく説明していきたいと思う。

記事 SPGアメックス(マリオット・ボンヴォイ・カード)で優雅にお得に旅しよう! SPGアメックス(正式名称:スターウッド・プリファード・ゲスト アメリカン・エキスプレスカード)の魅力を、実際の旅行でこのカードの特典をフル活用している私達夫婦が紹介。年会費は決して安くはないが、このSPGアメックスが持つメリットはそのコストを遥かに上回るので、旅行好きな人には是非持って欲しいカードだ。

シェラトン・モルディブ・フルムーンリゾート&スパのカテゴリー変更は3月5日

シェラトン・モルディブ・フルムーンリゾート&スパがカテゴリー6に変更!

今回のシェラトン・モルディブ・フルムーンリゾート&スパのカテゴリーが「7」から「6」に変わるのは、マリオット・ボンヴォイ / ボンボイのホテル最上位のカテゴリー「8」が運用開始となる「2019年3月5日」から。

ホテル マリオットホテルのカテゴリー8 運用開始日が決定!【マリオット・ボンボイ / ボンヴォイ】 マリオット傘下のホテル(SPG、リッツカールトンを含む)の新カテゴリー「8」の運用開始日が決定となった。現在、カテゴリー8にランクアップされる予定のホテルも、それまではカテゴリー7としてポイント宿泊が可能となっているので、高級ホテルにできるだけお得に泊まりたい場合は、今すぐ予約をしておこう!

この変更が公表されたのはマリオットが発表した「UPCOMING CATEGORY CHANGES」のPDFファイルより。このリストには、カテゴリーが上がるホテルもあれば、下がるホテルも記載されているが、その中に「Sheraton Maldives Full Moon Resort & Spa」の表示もあり、ニューカテゴリーの欄には「6」が記載されているのがわかる。

シェラトン・モルディブ・フルムーンはコスパの高いリゾート

シェラトン・モルディブ・フルムーンリゾート&スパがカテゴリー6に変更!

このシェラトン・モルディブ・フルムーンリゾートは、空港からのアクセスが良く、夜間のフライトでモルディブ(モルジブ)に到着した場合であっても、その日のうちにリゾートにチェックインできる利便性があるのだが、実はそれだけではなく、モルジブ(モルディブ)の1島1リゾートのリゾート施設としては、宿泊費用がお手頃で宿泊しやすいコスパの高いリゾートとなっている。

上のスクショは、シェラトン・モルディブ・フルムーン・リゾート&スパの7月末〜8月頃の1泊の宿泊費用であるが、最安値は1泊243ドルと、何気にハワイのホテル程度の価格で泊まることができる。(ハワイのホテルはリゾートフィーが追加されるため、結果的にはこのモルディブフルムーンのほうが安くなる)

マリオット・ボンヴォイ・アメックスカードは更新時に1泊無料特典が付いてくる

そして、私達もメインカードとして愛用しているマリオット・ボンヴォイ・アメックスカードは、クレジットカードの更新時に50,000ポイント / 1泊までで宿泊可能なホテルの1泊無料宿泊特典が付いてくる。

記事 SPGアメックス(マリオット・ボンヴォイ・カード)で優雅にお得に旅しよう! SPGアメックス(正式名称:スターウッド・プリファード・ゲスト アメリカン・エキスプレスカード)の魅力を、実際の旅行でこのカードの特典をフル活用している私達夫婦が紹介。年会費は決して安くはないが、このSPGアメックスが持つメリットはそのコストを遥かに上回るので、旅行好きな人には是非持って欲しいカードだ。

この50,000ポイントで泊まれるホテルというのは、カテゴリー5(スタンダードレート)のホテルまで。そう、この2019年3月5日以降のシェラトン・モルディブ・フルムーンリゾート&スパは、この無料宿泊特典が利用できるホテルに該当するのだ!

つまり、このマリオット・ボンヴォイ・アメックスカードの無料宿泊特典を最大限に利用できるホテルとして、シェラトン・モルディブ・フルムーンリゾート&スパはかなり優秀。もちろん、モルディブ(モルジブ)にやってきて1泊だけして帰るのは非常にもったいなく、できれば5泊はしたいところ・・・であるが、他のリゾートになると宿泊費が異様に高くなってしまうけれど、このシェラトン・モルディブ・フルムーンリゾート&スパなら、その費用も比較的抑えて滞在できるため、この無料宿泊特典にプラスして数泊分を通常予約しても、お財布にも優しいモルジブ旅行が実現できる、というわけだ。


モルディブ(モルジブ)がグッと近くなる!

シェラトン・モルディブ・フルムーンリゾート&スパがカテゴリー6に変更!

モルディブ(モルジブ)がグッと近くなる嬉しいシェラトン・フルムーンのカテゴリー変更事項。今回のマリオット&SPGホテルのカテゴリー8の運用のタイミングでは、人気のハワイ・ワイキキでは「シェラトン・ワイキキ」のホテルはカテゴリー「6」から「7」にアップしたため、残念ながら無料宿泊特典の対象外になってしまうが、逆にモルディブのシェラトンが無料宿泊特典の対象ホテルとして浮上。

モルジブ(モルディブ)へのフライトは現在、LCCのエアアジアも飛んでるし、中国国際航空(スターアライアンス)や、中国東方航空(スカイチーム)、そしてスリランカ航空(ワンワールド)などなど、色んな選択肢の中から選べるようになっている。

超豪華リゾート地としてハネムーン需要が多いモルディブ / モルジブであるが、実は意外と身近なリゾート地としても候補に上がる南国の楽園でもある。しかも、シェラトン・モルディブ・フルムーンリゾート&スパは、キッズ用の施設も備えているので、家族連れにも非常に人気のリゾートホテルだったりするので、今度の子連れの旅行先として、候補地の一つとして検討してみるのもおすすめだ。

なお、シェラトン・モルディブ・フルムーンリゾート&スパは、マリオット・ボンボイ(ボンヴォイ)の上級会員であれば、お部屋のアップグレード対象なので、宿泊する際は、マリオット・ボンヴォイ・アメックスカードを作って持っていくのをお忘れなく♪

記事 SPGアメックス(マリオット・ボンヴォイ・カード)で優雅にお得に旅しよう! SPGアメックス(正式名称:スターウッド・プリファード・ゲスト アメリカン・エキスプレスカード)の魅力を、実際の旅行でこのカードの特典をフル活用している私達夫婦が紹介。年会費は決して安くはないが、このSPGアメックスが持つメリットはそのコストを遥かに上回るので、旅行好きな人には是非持って欲しいカードだ。 記事 SPG アメックス を一年半使って分かったメリットとデメリット SPG アメックス を実際に1年半使ってみて分かったメリットとデメリットを報告。このクレジットカードを作ろうかどうしようか悩んでいる人は、まずは利用者である私達のレビューを参考にしてみてほしい。