記事 -

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

目次

  1. ロータスラウンジ - LOTUS LOUNGE @タンソンニャット国際空港
  2. タンソンニャット国際空港 ロータスラウンジの場所
    1. エアサイド3階はレストランエリア
  3. ベトナム航空「ロータスラウンジ」の入り口
    1. ロータスラウンジのレセプションカウンター
  4. ベトナム航空 ロータスラウンジの中の様子
    1. ビジネスマンの姿も多いラウンジ
    2. 手荷物ロッカーとシャワー&トイレ
    3. マッサージチェア
  5. ベトナム航空 ロータスラウンジの食事&飲み物
    1. ドリンクバー
    2. お酒コーナー
    3. ロータスラウンジ名物「フォー」
      1. 唐辛子トッピングは要注意
    4. フライドライス
    5. 温野菜とゆで卵
    6. スチームドライス
    7. チキンの照り焼き
    8. フルーツとコールドカット
  6. トランジットでベトナム旅行気分を味わえるラウンジ「ロータスラウンジ」

ロータスラウンジ - LOTUS LOUNGE @タンソンニャット国際空港

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

ベトナム・ホーチミンシティのタンソンニャット国際空港(SGN)のエアサイドに置かれている、ベトナム航空のビジネスクラスラウンジ「LOTUS LOUNGE - ロータスラウンジ」を実体験レポート!

このラウンジは、ベトナム航空、スカイチーム、およびラウンジと提携の航空会社のビジネスクラス、および上級会員向けのビジネスクラスラウンジになってますが、ラウンジの中の様子はどんな感じなのか、また食事や飲み物は何が置いてあるかなどを詳しくお届けしたいと思います♪

ロータスラウンジ - LOTUS LOUNGE@タンソンニャット国際空港
ラウンジの場所
タンソンニャット国際空港の出国審査後のエアサイド3階
営業時間
24時間
利用可能なゲスト
ベトナム航空、スカイチーム、およびラウンジと提携の航空会社のビジネスクラス、および上級会員
プライオリティパス
利用不可
設備
  • インターネット / WIFI
  • 軽食・飲み物
  • アルコール類
  • 手荷物ロッカー
  • マッサージチェア
  • フライトインフォメーションモニター
  • ビジネスセンター
  • シャワールーム
  • TVモニター
  • トイレ

タンソンニャット国際空港 ロータスラウンジの場所

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

タンソンニャット国際空港 の場所は、出国審査を抜けて免税店が集まる保安エリア(エアサイド)の3階エリア。ラウンジへつながるルートの各場所には案内がいくつも出ているのですぐに見つけることができるはずです。

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

エアサイド3階はレストランエリア

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

ちなみにラウンジのある3階エリアはレストランやファストフードのお店、カフェなどが集まるレストランエリアにもなっています。時間帯によってはかなり込み合うエリアとなっていて、タンソンニャット国際空港の活気を感じることができます。

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

ベトナム航空「ロータスラウンジ」の入り口

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

空港内の案内に従って進んでいくと、ベトナム航空ビジネスクラスラウンジ「ロータスラウンジ」の入り口が見えてきました。入り口には等身大のベトナム航空のCAさんのポップがお出迎えです。

ロータスラウンジのレセプションカウンター

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

入り口を中に入ると、ロータスラウンジのレセプションカウンターがあり、カウンターの壁には飛行機のフライトスケジュールのタイムボードも設置されています。ラウンジの入場には、こちらでパスポートと搭乗券を提示して利用手続きをします。

このビジネスクラスラウンジ「ロータスラウンジ」は、ベトナム航空とスカイチームアライアンスのマイレージ上級会員、スカイチームのフライトのビジネスクラス利用者が利用することができるラウンジですが、残念ながらプライオリティパスやloungeKeyのラウンジカード会員は利用することができません。

ちなみに私達はベトナム航空はだいたいエコノミークラスを利用するのですが、スカイチーム デルタ航空のゴールドメダリオン会員資格を持っているので(詳細は下記記事を参照してください)、ベトナム航空を利用する場合はいつでもこのラウンジを利用可能です♪

記事 デルタ航空の上級会員ゴールドメダリオン会員になれる!デルタアメックスゴールドカード デルタアメックス・ゴールドカードは、作るだけでデルタ航空のスカイマイルのゴールドメダリオン会員になれる夢の様なゴールドカード。ゴールド会員になれば、座席アップグレード、優先搭乗、ビジネスクラスラウンジ利用もOK。そんなデルタアメックスゴールドカードのメリットとデメリットをカードホルダーの私が徹底解説したい。

ではラウンジ利用手続きを済ませたところで、このベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ「ロータスラウンジ」の中へと進んでいきましょう。


ベトナム航空 ロータスラウンジの中の様子

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ「ロータスラウンジ - LOTU LOUNGE」の中の様子がこちら。360度写真になっているので、お好きな角度にドラッグして御覧ください。

ロータスラウンジ内の間取りは大きくL時になっていて、外側は全面ガラス張りで、外の空港滑走路のエプロンサイドを見渡すことができます。その窓際にはゆったりと座れるソファ席が設けられています。そして内側の席は2人掛けのテーブル席が並べられています。

そして内側の壁側には照明付きカウンターテーブルが設置されていて、その上にはラウンジ利用者であれば好きに食べられる食事や飲み物が並べられています。

ちなみに、上の写真ではラウンジの空席はまだ少しあったのですが、ここから10分もしないうちにラウンジは満席になってしまい、座れない人もチラホラでてきた時間帯もありました。このベトナム航空のロータスラウンジはかなり人気なので、混み合う時は4人席などは相席になることもしばしばです。

ビジネスマンの姿も多いラウンジ

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

このロータスラウンジは私達のように観光目的の海外旅行者も多いですが、スーツ姿のビジネスマンの姿もかなり多く、ベトナム・ホーチミンという土地柄を良く表しています。

手荷物ロッカーとシャワー&トイレ

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

ラウンジの入口付近には、大きな荷物を閉まっておけるロッカースペースと、その奥にはトイレ、シャワールームも備わっています。シャワールームを利用したい場合は、レセプションカウンターに行ってシャワーを使い旨を伝える必要がありますが、このシャワールームは混み合う時間帯には、利用にかなり待つこともあるので注意しましょう。

マッサージチェア

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

ラウンジの一番奥のスペースにはマッサージチェアも置かれています。ただし、このマッサージチェアは1台しか無いので使えるかどうかは運次第。ちなみに使う時は靴は脱いで利用しましょう。


ベトナム航空 ロータスラウンジの食事&飲み物

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

ではお待ちかね!ベトナム航空のビジネスクラスラウンジ「ロータスラウンジ」に用意されている食事と飲み物を見ていきたいと思います。

ちなみにこれらの食事内容は時期やタイミングによって内容もマチマチなので、あくまでどんな感じの食事ができるかの参考程度にしてくださいね。

ドリンクバー

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

こちらはペプシとかセブンアップなどの炭酸飲料が飲めるドリンクバー。ドリンクバーの横には大量のミネラルウォーターのペットボトルも置かれています。

お酒コーナー

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

お酒コーナーには赤と白のワインが数本用意されています。ワインはチリ産のワイン(市場価格1本1,500円前後)が置かれていました。またワインの下の冷蔵庫にはトニックウォーターやジュースの他、ベトナムのビール「ビアレッドルビー - BEER RED RUBY」も冷えています。

以前はこのラウンジには「333 - バーバー」というベトナムビールが置いてあったのですが、コロナ後の現在は「ビアレッドルビー - BEER RED RUBY」がこのラウンジのビールになっているようです。余談ですが、このビアレッドルビーというベトナムビールは、市場価格で1缶40円程度という激安ビールで、世界最安値ではないかと言われていたりもします。安いですが味は普通にビールなのでご安心を。

ロータスラウンジ名物「フォー」

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

このベトナム航空 ロータスラウンジにはベトナムを代表する麺料理「フォー」も用意されています。ラウンジの食事メニューはその時によって種類も変わりますが、私の知っている限りではこのフォーは必ずロータスラウンジには置かれている定番メニューです。お碗に熱々のスープを注げば出来上がりの簡単調理でいただけます。

フォーといえば米粉を使ったあっさりとした味わいのベトナム麺料理。以前はこのロータスラウンジのフォーの麺は平麺だったのですが、この撮影時(2023年)には太丸麺が使われていました。食感は以前の平麺のほうが好きだったんですが、スープは出汁が程よく利いているので美味しくいただけます。お好きなトッピングを乗せていただきましょう。

唐辛子トッピングは要注意

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

しかしこのロータスラウンジ名物のフォー。トッピングで用意されている青い唐辛子には注意が必要です。私は今回のラウンジ撮影時はタイのバンコクからのトランジットでこのロータスラウンジを訪れたのですが、このフォーを見た時「やったー!」と思いながら張り切って色々と辛そうなトッピングをして食べたんですね。

でも、青い唐辛子がヤバい辛さで、さんざん激辛のタイ料理を食べてここに来ていたんですが、そのタイ滞在中のどんな激辛料理よりもこの青唐辛子が一番辛かったという…(笑)一体どんな青唐辛子だったのかは謎ですが、ここのラウンジで辛そうなトッピングを見たら辛いのが苦手の人は特に注意してくださいね♪

フライドライス

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

さて、他のラウンジ飯もチェックしていきましょう。こちらはフライドライス。手っ取り早くお腹を満たすのにはチャーハン系の料理はとても良いですね。

温野菜とゆで卵

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

こちらは温野菜とゆで卵。スパイシーなソースなんかをトッピングすれば美味しく食べられるかも。

スチームドライス

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

こちらはスチームドライスとソーセージのトッピング。スチームドライスはもち米になっています。

チキンの照り焼き

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

こちらはチキンの照り焼き煮込み料理。

フルーツとコールドカット

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

ラウンジ飯には、チーズやハムなどのコールドカットや、トースト、ロールパンといった主食、スイーツ、また南国らしくドラゴンフルーツ、パッションフルーツ、グァバといったうルーツもたっぷり用意されています。

東南アジアに行った際には、日本では高いトロピカルフルーツもふんだんに用意されていて、飽きるぐらい食べられるのが嬉しいところですね♪

…とまぁこれ以外にもちょっとしたおつまみのナッツが置いてあったりもしますが、タンソンニャット国際空港のロータスラウンジに置かれている食事はだいたいこんな感じになります。

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

トランジットでベトナム旅行気分を味わえるラウンジ「ロータスラウンジ」

ベトナム航空 ビジネスクラスラウンジ - LOTUS LOUNGE(ロータスラウンジ)@タンソンニャット国際空港

ベトナム航空のビジネスクラスラウンジ「LOTUS LOUNGE - ロータスラウンジ」のレポートはいかがでしたか? ラウンジ飯にはベトナム料理のフォーが置いてあったり、ちょっと癖がありそうな料理があったり、またドラゴンフルーツや、パッションフルーツ、グァバといった南国フルーツもたくさん置かれていて、トランジットの合間だけでもベトナム旅行を楽しめるような、そんなビジネスクラスラウンジになっていました。

ラウンジ内の華やかさはそんなに無いし、設備も年季が入った感じでキラキラ感は無いですが、ベトナムならではの雰囲気を楽しみつつ、次のフライトをリラックして待てるというのはとても魅力的です。しかしフライトが近くなると、このラウンジはかなり混み合って座席が無かったりもするので、そのあたりは注意が必要です。

それでは、ベトナム航空のハブ空港、タンソンニャット国際空港にあるビジネスクラスラウンジ「ロータスラウンジ - LOTAS LOUNGE」で、つかの間のベトナム旅行の思い出を!