記事

マリオット アメックス プレミアムカードの旅行傷害保険を解説!カード保険だけで安心?

目次

  1. マリオットアメックスに付帯の旅行保険
  2. マリオット アメックス プレミアムカード・旅行傷害保険の内容
  3. 最高1億円補償は死亡・後遺症の事案のみ
  4. 海外での医療費は別で海外旅行保険がマスト!
  5. マリオット・ボンヴォイ・アメックスカードのお問い合わせ

マリオットアメックスに付帯の旅行保険

マリオット アメックス プレミアムカードの旅行傷害保険を解説!カード保険だけで安心?

マリオット アメックス プレミアムカード(正式名称:マリオット・ボンヴォイ・アメリカン・エキスプレス・プレミアムカード)は、そのカードが売りにしているマリオットのゴールド会員特典だけでなく、カードに付帯している国内&海外の旅行保険も手厚いと評判のクレジットカードだ。その保険金は最高で1億円となっており、それを聞くだけでもかなり安心、、、ではあるが、実はその手厚い旅行保険内容は、海外旅行と国内旅行では適用条件や適用範囲も異なってくるなど、様々な注意事項がある。本当にこのカード一枚の旅行保険だけで安心して海外旅行に行けるのか。徹底検証してみたいと思う。なお、マリオット アメックス プレミアムカードの詳細については、

記事 マリオット ボンヴォイ アメックスで旅費を劇的に節約!高級ホテルに無料宿泊&マイルで飛行機代も無料! シェラトンやマリオット、リッツ・カールトンに無料宿泊したり、部屋のアップグレードがあったり、無料でレイトチェックアウトできたり…。世界中を旅するモリオとミヅキの旅行をアップグレードさせた「 マリオットアメックス プレミアムカード 」の魅力とメリット、デメリットを交え詳しく紹介していきたい。

を参照してほしい。


マリオット アメックス プレミアムカード・旅行傷害保険の内容

マリオット アメックス プレミアムカードの旅行傷害保険を解説!カード保険だけで安心?

ではこのマリオット アメックス プレミアムカードに付帯している旅行傷害保険を見ていこう。

【国内旅行】旅行代金をカードで決済した場合
保険金の種類 本会員 家族 家族カード会員 家族カード会員の家族
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円 最高1,000万円 最高5,000万円 最高1,000万円
その他の補償 無し
【国内旅行】旅行代金でカード未使用
保険金の種類 本会員 家族 家族カード会員 家族カード会員の家族
全ての補償 無し

【海外旅行】【国内旅行】における旅行傷害保険はともに旅行のツアー代金、もしくは主要交通手段の決済、ホテル代金などをクレジットカードで支払った場合のみ(利用付帯)、傷害死亡・後遺障害に対して適用される。

【海外旅行】旅行代金をカードで決済した場合
保険金の種類 本会員 家族 家族カード会員 家族カード会員の家族
傷害死亡・後遺障害 最高1億円 最高1,000万円 最高5,000万円 最高1,000万円
傷害治療費用 最高300万円 最高200万円 最高300万円 最高200万円
疾患治療費用 最高300万円 最高200万円 最高300万円 最高200万円
賠償責任保険 最高4,000万円
携行品損害 最高50万円 / 1旅行中
救援者費用(最長90日) 最高400万円 最高300万円 最高400万円 最高300万円
【海外旅行】旅行代金でカード未使用
保険金の種類 本会員 家族 家族カード会員 家族カード会員の家族
全ての補償 無し

海外旅行の場合も、マリオットアメックスで決済を何もしていない状態では、海外旅行保険は無いので注意。

※ 旅行代金とは、国内旅行の場合、公共交通乗用具、宿泊料金、宿泊を伴う募集型企画旅行(パッケージ・ツアー)の料金のこと。海外旅行の場合、日本出入国のために時刻表に基づいて運行される国際航空機、または国際船舶のチケットやパッケージ・ツアーの料金をさす。

※ 家族とは、カード会員の配偶者、カード会員と生計を共にする子供・両親などの親族をさす。また親族とは6親等以内の血族、6親等以内の姻族の方のこと。


最高1億円補償は死亡・後遺症の事案のみ

マリオット アメックス プレミアムカードの旅行傷害保険を解説!カード保険だけで安心?

さて、この上の保険内容を確認して分かる通り、カードの旅行保険で大きく宣伝されている「最高1億円」の保険金が対応となるのは、クレジットカードで旅行代金を支払い、さらに後遺症が残る事故や病気、もしくは死亡してしまった「傷害死亡・後遺障害」の事案のみで、通常の旅行でお世話になる保険金は「傷害治療費用(事故) / 疾患治療費用(病気)」の保険金額となる。つまり、クレジットカードに付いている旅行保険は病気と事故の際に下りる保険金が一番重要となってくる、というわけだ。

このマリオット アメックス プレミアムカードに付帯している事故と病気の際の保険は、自動付帯が「200万円」、利用付帯が「300万円」。

「まぁ、200万ぐらいあったら万が一の病気や事故でもカバーできるか・・・」

普通はそう思うのだが、実は海外で病院のお世話になった場合、アジアで「300万円〜500万円」、ヨーロッパで「400万円〜600万円」、ハワイを含むアメリカでは「1000万円前後」の医療費が掛かってくる心配があるのだ。ハワイで日本人が傷害事件に巻き込まれた際に500万円以上の医療費が請求され問題になっているというニュースも少し前に話題となっていたが、つまり、クレジットカード1枚の保険だけでは、海外の医療費はまかなえない可能性が高い、ということだ。


海外での医療費は別で海外旅行保険がマスト!

マリオット アメックス プレミアムカードの旅行傷害保険を解説!カード保険だけで安心?

さて、クレジットカード一枚では海外での医療費がまかなえないという事実。これはクレジットカードと海外での医療費のことを知っている人にはお馴染みの問題であるが、コロナ前は自動付帯の旅行保険が付いているクレジットカードを複数枚持っていれば、治療費1,000万円ぐらいまではカバーできていたのだが、現在はクレジットカードの旅行傷害保険の殆どが利用付帯タイプに変わってしまったため、複数枚の旅行保険を合算させて海外の医療費をカバーすることは無理となってしまった。

そのため、海外旅行での「旅行傷害保険」については、クレジットカードに付いている保険を当てにせず、ちゃんと旅行出発前に別で旅行傷害保険に加入して出かけるのがマストとなっている。時代の移り変わりでクレジットカードの保険環境もかなり激変している昨今。安心のためにも、海外旅行に出かける際は必ず旅行保険に入ってから出発するのをお忘れなく。


マリオット・ボンヴォイ・アメックスカードのお問い合わせ

なおマリオットの上級会員資格を獲得できるマリオット・ボンヴォイ・アメックスカードに関するお得な入会方法などのお問い合わせについては、以下のメールアイコンをタップしてメールにてお気軽にお問い合わせください。