もっとお得に旅しよう! - 旅行ブログとお得な旅行情報サイト「メジャートリップ」
info - 情報
更新日 2019年02月21日

テカポ湖周辺の観光情報【ニュージーランド】

 
ニュージーランド・テカポ湖 - Lake Tekapo

 ニュージーランドの南島、クライストチャーチから車で約3時間の場所にある、大人気の観光地

「テカポ湖 - Lake Tekapo」とその周辺の観光スポットを、私達の実際の旅行体験から紹介していきたいと思う。このテカポ湖周辺は、テカポ村という人口約500人程度(2019年現在)の小さな村があり、毎年、たくさんの観光客が世界中から押し寄せている。

 世界中の旅行者を惹きつけるこのテカポ湖、そしてテカポ村の魅力の秘密を、実際の旅行写真と一緒にお伝えしたいと思っている。ニュージーランドの旅行を計画する際、このテカポ湖の情報が参考になればとても嬉しい。

今回のお話の舞台場所は...

 
テカポ湖

 このテカポ湖周辺の一番の観光スポットといえば、何と言ってもこのミルキーブルーの色合いの美しい湖「テカポ湖」。その心が洗われるような湖の色は、いつまでも眺めていたくなるぐらい美しい。このテカポ湖の色合いは、氷河が削った岩石の粉が湖水に溶け込んでいるため、こんな風にとても青く見えるのだとか。写真は12月終わりから1月頭に掛けての湖の景色。この時期、ニュージーランドは夏。湖畔にはたくさんの草花が生い茂り、色鮮やかにテカポ湖を彩っている。

 
善き羊飼いの教会 - Church of the Good Shepherd

 テカポ湖のほとりに佇む、世界的に有名な観光スポット「善き羊飼いの教会 - Church of the Good Shepherd」。この教会は、1935年にテカポ村の入植者が周辺の石を積み上げて建てた教会で、その教会の窓からは、テカポ湖とその向こうに南アルプス山脈を臨む。

 
テカポ村の一番人気の和食レストラン - 湖畔

 この人口500人程度のテカポ村には、テカポ湖で養殖されている美味しいサーモンをいただける和食レストラン「湖畔レストラン - Kohan」。経営しているのは日本人で、そのお味も日本のお寿司そのもの。

 しかし、ニュージーランドのド田舎に、なぜか和食レストランがあるという不思議。実はこのテカポ村には、人口500人程度と言ったが、その10%にあたる約50人は日本人が住んでいるのだ。そしてお土産物屋さんや、この湖畔レストランのスタッフも日本人が非常に多く、日本語も普通に通じてしまうという(笑)。下手したらワイキキなんかよりも日本人の人口密度は多いんじゃないかなぁ?

 
テカポ湖の星空

 このテカポ湖は晴天率が高く、また空気が澄んでおり町(村)の光も少ないため、世界一美しい星空を眺めることが出来ると言われており、実際、ニュージーランド政府は、このテカポ湖の星空を無形文化遺産として、世界遺産に登録しようと活動を行っている。本当に世界遺産に登録されれば、「星空」としては世界初。2019年2月現在は、まだ登録はされていないが、世界遺産になってしまうとさらに大量の観光客が押し寄せてしまうので、このテカポ湖の星空を見てみたい人は、今のうちに行っておいたほうが良いかもしれない。

サムネイル info iPhoneで満天の星空の撮影方法とおすすめアプリ。天の川もなんとか撮れるよ! iPhoneを使って満天の星空を写真に収める撮影方法とおすすめアプリ、必要機材などを紹介。世界一美しい星空が眺められるニュージーランドのテカポ湖に訪れ、実際に満天の星空を撮影するために四苦八苦しながら編み出した私のとっておきの方法をこっそり教えます。

 なお、実際のテカポ湖の星空は本当に美しく、寝そべって星空を眺めていると、本当に星が降ってきそうな、そんな錯覚さえ覚えるほど。流れ星も簡単に見ることができる。ただしテカポ湖の晴天率は、私達は6泊テカポ湖で滞在したのだが、昨今の異常気象が原因なのか、満天の星空が見れたのは体感50%程度。

 テカポ湖も巡るパッケージツアーでは1日だけテカポ湖に滞在するプランが用意されていたりするが、その場合は運が悪いと曇り空で星が見えない・・・なんてことも。私としては、星空を堪能したいなら数日はテカポ村に滞在することをおすすめしたい。

 
トレッキングも楽しめる

 またテカポ湖周辺には1時間〜2時間で初心者でもトライできる、マウントジョン(Mount John / 標高1,031mだがスタート地点のテカポ村が標高700mほどあるため実際に登る高さは300m程度)のトレッキングコースもある。このマウントジョンの頂上には天文台もあり、そこで星空観察をする現地ツアーも人気。夜はツアーに参加しないと山に入ることは出来ないが、昼間はこうして自分で頂上まで歩いて登ることもできる。このマウントジョンから眺めるテカポ湖もとても美しいので、ここを訪れる際はぜひトライして欲しいトレッキングだ。

 
プカキ湖

 テカポ湖から車で約30分〜40分の場所に「プカキ湖 - Lake Pukaki」という湖がある。テカポ湖はミルキーブルーの色合いの湖だが、このプカキ湖の湖水は、より透き通った水色の色合いになっており、実はテカポ湖よりも美しい風景を眺めることができる。この写真は12月末のニュージーランドの夏場にに撮ったものであるが、湖の向こうには、ニュージーランドの最高峰「マウントクック - Mount Cook / 標高3,724m」を臨む。湖の湖面には南アルプスの山脈が鏡面反射して写っていて、それはそれは幻想的な風景を楽しむことができる。レンタカーでテカポ湖にやってきた際には、必ず訪れたい場所だ。

 
ルピナスの花について

 ニュージーランドの夏場(日本の冬の時期)に訪れると、このテカポ湖周辺には、あの有名なルピナスの花も咲き乱れている(11月下旬〜1月はじめ頃まで)。ニュージーランドの観光の写真などでもよく見かけるこのルピナスは、実は外来種の植物で、繁殖力が非常に強く、土地の固有種の植物を追いやってしまうため現地では害草として扱われており、善き羊飼いの教会周辺では除草剤が撒かれて駆除されている現状がある。(それでも少し離れた場所にはこんな感じでルピナスの花はたくましく育っている。)

 そのため、夏場に訪れたとしても、無数のルピナスの花に囲まれた、良き羊飼いの教会の風景は残念ながら見ることは出来ないので注意しよう。なお、このルピナスの花は1月頭頃になると、花は枯れ豆のような実を付ける。枝豆のような形をしていて食べられそうなんだけど、食べると毒があってお腹を壊すので気をつけよう。

 
テカポ湖の観光は数日滞在がおすすめ

 このテカポ湖は、美しい湖畔の景色だけでなく、信じられないぐらい美しい星空を眺めたり、自然の中をトレッキングしたり、美味しい食事をしたり・・・と、1日だけでは堪能しきれないたくさんの魅力が詰まっている場所。ニュージーランド南島の旅行を計画する際、このテカポ湖も訪れる際は、ぜひ数日、このテカポ村周辺に滞在して、この大自然の景色を堪能してほしいと思う。

 なお、このテカポ湖周辺の宿泊施設は、半年前には一杯になってしまうほど大人気なので、数日間滞在したい場合は、できるだけ早く、宿泊施設の予約をするように心がけたいところだ。それでは、ニュージーランドのテカポ湖で、忘れられない感動の旅行体験を♪

メジャートリップについて お得に旅する国内&海外旅行をテーマに、旅行に関するニュースや、旅行に強いクレジットカード情報、おすすめホテル、そしてみんな大好きハワイ旅行など、陸マイラーのモリオとミヅキが、実際の旅行を通してリアルな旅行情報や旅行記をお伝えするブログサイトです。おかげさまで月間50万ページビューを達成しました!これからもモリオとミヅキのメジャートリップをよろしくお願いします! Morio & Mizuki’s Measuretrip
COPYRIGHT (c) MEASURETRIP ALL RIGHTS RESERVED
 
HOME TOP