ホテル

【ホテル - ダブルツリー・バイ・ヒルトン】シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ を実体験レポート!

目次

  1. シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ
  2. ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クライストチャーチの場所
  3. ホテルの駐車場
  4. ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クライストチャーチの入り口
    1. 駐車場側の入り口
  5. ホテルにチェックイン
    1. ウェルカムギフトにはオリジナルクッキー
    2. 荷物が多い場合はポーターさんが運んでくれる
  6. レセプションエリアには暖炉もある
  7. ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クライストチャーチ内のレストラン
    1. レストランでの朝食ビュッフェ
  8. ダブルツリーbyヒルトン・クライストチャーチの「お庭」
    1. クライストチャーチの魅力が凝縮されたようなガーデン
    2. 1階ベランダ付きのお部屋のベランダからはガーデンアクセスが可能
  9. ダブルツリー・クライストチャーチのプール
    1. 緑に囲まれたプール
    2. 晴れるとプールサイドはこんな感じ
    3. プール用のタオル
  10. ヒルトン シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ

シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ

【ホテル - ダブルツリー・バイ・ヒルトン】シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ を実体験レポート!

ニュージーランドのクライストチャーチ市内中心部、ノースハグレイ公園の麓に佇む、ヨーロピアンスタイルのヒルトンホテル「シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ / Chateau on the Park - Christchurch」。このヒルトンホテルのブランドは、ダブルツリーbyヒルトン。このダブルツリーのブランドコンセプトは「温かいおもてなし」。まるで故郷に戻ってきたかのような、心温まる宿泊体験をゲストに与えてくれる、ヒルトンの上質ブランドの一つだ。

そんなダブルツリーbyヒルトンの、クライストチャーチの低層階ホテル「シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ / Chateau on the Park - Christchurch」に、私達は年末年始の海外旅行の際に利用。このホテルの実体験レポートを、写真と一緒にお伝えしたいと思う。


ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クライストチャーチの場所

【ホテル - ダブルツリー・バイ・ヒルトン】シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ を実体験レポート!

このホテル、ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クライストチャーチの場所は、クライストチャーチの市内中心部にあるノース・ハグレイ公園(North Hagley Park)の北西角付近から道路を挟んで向かい側にある。ヨーロピアンスタイルの低層階の高級ホテルで、周りも静かなので、ゆっくりとクライストチャーチ旅行を楽しみたい旅行者におすすめの立地環境のホテルだ。


ホテルの駐車場

【ホテル - ダブルツリー・バイ・ヒルトン】シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ を実体験レポート!

このダブルツリー・バイ・ヒルトン・クライストチャーチは、敷地内にたくさんの無料パーキングスペースを確保。レンタカーがあるとクライストチャーチの旅行はより快適となるので、このヒルトンホテルを利用する際は、空港からレンタカーを使ってアクセスのがおすすめだ。なお、ニュージーランドは日本と同じ左側通行なので、日本の旅行者にとってもレンタカー利用は敷居が低く利用しやすい。


ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クライストチャーチの入り口

【ホテル - ダブルツリー・バイ・ヒルトン】シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ を実体験レポート!

ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クライストチャーチの入り口は2箇所。正面玄関から入ってきた入り口には、ちょうど年末年始シーズンだったので、クリスマスツリーやリースが飾られている。

駐車場側の入り口

【ホテル - ダブルツリー・バイ・ヒルトン】シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ を実体験レポート!

こちらはダブルツリー・バイ・ヒルトン・クライストチャーチの駐車場側から入った入り口の様子。通路の両側にはホテル敷地内の庭 / ガーデンがあり、緑が多いクライストチャーチの雰囲気によくマッチしているホテルデザインになっている。


ホテルにチェックイン

【ホテル - ダブルツリー・バイ・ヒルトン】シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ を実体験レポート!

チェックインレセプションがこちら。私達が訪れた時には、なんと!エミレーツ航空のCAさんやパイロットさんもこのホテルに泊まっていた。宿泊料金は1.5万円〜2万円ぐらいと、それほど高くはないので、ビジネスでの利用にも適しているのだろう。

ウェルカムギフトにはオリジナルクッキー

【ホテル - ダブルツリー・バイ・ヒルトン】シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ を実体験レポート!

このヒルトンオナーズのブランドである「ダブルツリー・バイ・ヒルトン / Double Tree By Hilton」では、どのホテルでも宿泊ゲストがチェックインする際に、ウェルカムギフトとして、温かいオリジナルクッキーを手渡してくれる。これがまた非常に美味しい♪

また、私達はヒルトン・オナーズVISAカードを持っているので、ヒルトンオナーズの会員レベルは「ゴールド」。

ヒルトン会員でシルバー以上のステータスがあると、クッキーと一緒に通常4.5ドルのミネラルウォーターをいただける。また、このホテルではラウンジは無いが、食事ができるビュッフェレストランを備えているので、ゴールド会員さんの場合は、その「レストランのビュッフェ形式の朝食(同伴者1名まで追加可能)」、もしくは「ボーナスポイント」をウェルカムギフトとして獲得できる。

荷物が多い場合はポーターさんが運んでくれる

【ホテル - ダブルツリー・バイ・ヒルトン】シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ を実体験レポート!

自分達の荷物が多い場合は、リクエストすれば、こうしてお部屋までポーターさんが荷物を運んでくれる。なお、ニュージーランドではチップの習慣が無いため、基本的にはチップを渡す必要はないが、重たい荷物を運んでくれた場合には、少し(2〜3ドル?)支払うと喜ばれるかもしれない。


レセプションエリアには暖炉もある

【ホテル - ダブルツリー・バイ・ヒルトン】シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ を実体験レポート!

レセプションエリアには暖炉も設置されている。黒い部分に触れると熱くて火傷するので注意。このクライストチャーチは、夏場であっても夜は冷えるので、こうした暖房設備は必須となる。夏の昼間は晴れるとプールで遊べるぐらいの気温だが、曇ったりすると肌寒い。ニュージーランド・クライストチャーチの夏の季節感は、そんな感じだ。


ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クライストチャーチ内のレストラン

【ホテル - ダブルツリー・バイ・ヒルトン】シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ を実体験レポート!

ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クライストチャーチの敷地内には、レストラン「The Garden Court Brasserie」がある。朝食付きプランなど、食事サービスは全てこのレストランを利用することになる。朝食はビュッフェスタイルとなるが、ランチやディナーではメニューから注文できる。価格帯はランチで21.5NZD(約1600円)〜、ディナーはメインディッシュで30NZD(約2,300円)前後。ホテルの食事としてはそんなに高くない。

レストランでの朝食ビュッフェ

【ホテル - ダブルツリー・バイ・ヒルトン】シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ を実体験レポート!

このレストランでの朝食ビュッフェはそこそこの品揃えが置かれているが、その様子については、下の記事を参考にして欲しい。

ホテル 【ホテル - ダブルツリー・バイ・ヒルトン】シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチの朝食を実体験レポート! ダブルツリー・バイ・ヒルトン(Double Tree By Hilton)のシャトー・オン・ザ・パーク・クライストチャーチ(Chateau On The Park - Christchurch)のビュッフェ形式の朝食を実体験レポート!

ダブルツリーbyヒルトン・クライストチャーチの「お庭」

【ホテル - ダブルツリー・バイ・ヒルトン】シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ を実体験レポート!

さて、このダブルツリー・バイ・ヒルトン・クライストチャーチの一番の見所を紹介したいと思う。それはこの敷地内にある「お庭」。私達が訪れた12月末〜1月始めは、ニュージーランドでは夏にあたる時期なので、ガーデンには様々な花が咲き乱れ、緑も生き生きとしている。

クライストチャーチの魅力が凝縮されたようなガーデン

【ホテル - ダブルツリー・バイ・ヒルトン】シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ を実体験レポート!

このガーデンは、様々な種類の花や植物が咲いていて、それを見ながら歩いているだけでも非常に楽しい、そんな場所になっている。このクライストチャーチの町は「緑の自然」と「町」の調和が見事な美しい場所。そのクライストチャーチの魅力がぎゅっと凝縮されたような、そんなステキなお庭が楽しめるいいホテルだ。

1階ベランダ付きのお部屋のベランダからはガーデンアクセスが可能

【ホテル - ダブルツリー・バイ・ヒルトン】シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ を実体験レポート!

ダブルツリー・バイ・ヒルトン・クライストチャーチで、一番私達がおすすめしたいお部屋は、この1階のベランダが付いたカテゴリーの部屋。そのお部屋のベランダからは、なんと!直接お庭にアクセスすることができるのだ。なお、お部屋に空きがあれば、ヒルトンオナーズのゴールド会員なら、このガーデンアクセスのお部屋に無料でアップグレードも可能となっているので、チェックインの際にリクエストしてみるのもおすすめだ。私達もチェックインの時にリクエストしてこのお部屋を使わせてもらった。

なお、気になるベランダ付きのお部屋(デラックスルーム)の詳細は、下の記事を参照して欲しい。

ホテル 【ホテル - ダブルツリー・バイ・ヒルトン】シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ でアップグレードされたバルコニー付きデラックスルームを実体験レポート! ダブルツリー・バイ・ヒルトンのホテル「シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ / Chateau On The Park - Christchurch」にて、ゴールド会員特典でアップグレードされたベランダ付きのお部屋を実体験レポート!サプライズなウェルカムギフトも♪

ダブルツリー・クライストチャーチのプール

【ホテル - ダブルツリー・バイ・ヒルトン】シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ を実体験レポート!

このダブルツリー・バイ・ヒルトン・クライストチャーチ / シャトー・オン・ザ・パークには、お庭だけでなく、そのお庭に囲まれた場所にプールも備わっている。

緑に囲まれたプール

【ホテル - ダブルツリー・バイ・ヒルトン】シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ を実体験レポート!

そのプールがこちら。よく管理された緑に囲まれた、とても感じの良いプールだ。深さは1.1mと子供でも楽しめる深さで、手前はもっと浅い。この写真は曇っている日に撮影したんだが、さすがに太陽が出ていないと、夏と言えどもクライストチャーチは、プールで遊ぶのには寒い。

晴れるとプールサイドはこんな感じ

【ホテル - ダブルツリー・バイ・ヒルトン】シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ を実体験レポート!

腫れた日のプールサイドがこちら。子どもたちもボールで遊んでいたりと、賑やかな雰囲気になる。プール自体も結構小さいので、人が多いとビーチチェアの空きがなくなったりもする。

プール用のタオル

【ホテル - ダブルツリー・バイ・ヒルトン】シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ を実体験レポート!

プール用のタオル貸出(無料)もあり、この設備の右側に使用前のビーチタオルのストックが置かれ、左側が仕様後のビーチタオルを返却するバスケットが設置されている。更衣室などは無いので、お部屋で水着に着替えてからやって来よう。


ヒルトン シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ

【ホテル - ダブルツリー・バイ・ヒルトン】シャトー・オン・ザ・パーク - クライストチャーチ を実体験レポート!

ダブルツリー・バイ・ヒルトンのホテル「Chateau on the Park / シャトー・オン・ザ・パーク」は、建物も低階層で圧迫感が無く、緑に囲まれてどこかのんびりとした雰囲気のヨーロピアンスタイルのホテルだ。お庭を見ながらのんびりと静かに過ごせる環境は、泊まっているゲストのクライストチャーチ旅行に、バカンス的な宿泊体験をプラスしてくれる、ステキなホテルだと私は思う。